【徒然なるままDIARY】

映画、音楽、写真(カメラ)、ネコ、旅行、絵画、オーディオ等…作者「NOBU」の興味があることを書きます。

近況報告

 母が入院してから脱水状態と血液の状態は改善された。
 しかし、水を飲むのが禁止されている。誤飲して肺に水がいって肺炎になるリスクがあるからとのこと。

 嚥下練習で朝昼晩、小さなゼリーを食べている。食事は一切摂っていない。
 内科では病院の責任になるリスクを考慮して、積極的な治療は何一つしてくれない。

 認知症の関係で、精神科の先生方がチームを組んで母を診てくれた。
 今は4階だが、6階に移動して明日から鼻から栄養を摂るようにするそうだ。ちなみに、今は個室で差額ベッド代がかかるが、6階は精神科のフロアだからだろうか、個室だが差額ベッド代がかからない。これもありがたい。しばらくしたら4人部屋に移る予定とのこと。4人部屋は1日、2,000円の差額ベッド代がかかるが、負担がぐっと減る。チームで検討して治療もしてくれる。

 たった、3ヶ月前まで補助が必要だが母は自分の足で歩いた。毎日、店に出てお客さんの相手をしていた。
 
 弟は、母は高齢だから覚悟も必要だと言う。過度な期待もしないほうがいい、とも言う。
 そうなんだろうか。僕は精神科の先生方の治療で多少違ってくるように思える。
 鼻からではあるが、栄養を摂り胃腸から吸収することで元気が出るのを期待している。

 今年は桜を撮らなかった。
 そんな気持ちになれない。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2018/04/08(日) 21:45:47|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

入院しました

 今朝、弟が母の様子がおかしいと言いました。
 肺炎だと大変です。

 在宅診療で診ていただいている先生に来ていただき、診察してもらいました。
 脱水状態とのことです。メイバランスという栄養飲料を飲ませていましたが、ここ数日は飲むのを嫌がります。
 先生から近くの病院に連絡してもらい、入院することになりました。

 脱水状態は点滴で解消されます。
 体調が回復したらリハビリをやってもらいたいです。

 重篤な状態で入院したわけではありません。
 もう少し早く、入金出来ればよかったです。

 24時間看護ですから、安心します。
 明日、弟と病院に行きます。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2018/03/24(土) 20:12:50|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

近況報告

 みなさん、こんにちは。

 母の微熱はまだありますが、37.5度を超えることはなくなりました。
 しかし、今も寝たきりです。
 在宅診療を受けています。血液検査は問題ないです。大きな問題はないとのことですが、自律神経がうまく機能していないそうで、体温の調整が出来ていません。

 在宅診療のクリニックは在宅リハビリも行っています。医師に相談し、在宅リハビリをやっていただくことになりました。
 自分で起き上がれるようになって、以前のように補助があれば歩けるようになるのが目標です。

 今は弟と力を合わせて、母の快復に努めています。
 母に負担になるようなことは避けたいですが、頑張ってやっていきます。
 
 また、ご報告します。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2018/03/12(月) 23:19:39|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

振替休日でも好き勝手に書きます

 2/9日から体調がよくなかった。咳が出て悪寒がする。
 翌日、起きたら発熱・咳がひどい。会社の安全イベントがあるが欠席するしかない。
 すぐに医師に診てもらい、インフルエンザでないことを確認した。何でも、A型に感染してB型にも感染する人が増えているとのこと。
 当日は38.5度まで熱が上がる。風邪なのだがきついことはきつい。

 母は食欲が出て元気になってきてはいるが、微熱が続いている。
 36.6度~37.9度の間だが、夜になると体温が高めになる傾向だ。父の治療で効果的だった万田酵素を摂っている。また、店のお客さんからいただいた生ローヤルゼリーも飲ませている。37.5度以上になるとつらそうなので、抗生物質と解熱剤を飲ませている。

 弟はすごいと思う。母が粗相した時は、僕は何をどうしていいかわからなくなってしまうが…弟は手際よく、洗濯や紙おむつ交換等をすすめる。僕は片付ける際、同じような状況になる。何をどうしていいかわからなくなる。弟は、こんなことは全く苦にならない、むしろお母さんのためにやれるのをありがたいと思う、と話す。その言葉を聞いて涙があふれた。

 僕はどこか欠陥がある。片付けられないし、母の面倒を見る時に、粗相となるとどうしていいか頭が真っ白になる。もちろん、欠点はこれだけではない。しかし、欠陥としか思えないのは自分の行動力のなさ・機転の利かなさだ。

 弟と話す。地元のK病院に入院させたら即ご臨終だろう、とのこと。昔からよくお世話になっている某病院に入院できれば一番いいのだが、このような病人を受け入れてくれるだろうか。それと、自宅でない場合は痴呆症が進む可能性が否定できない。微熱の様子をみて、入院についても真剣に考えていくことにする。

 仕事は順調とは言いにくい。内部監査は強制力がない。提案事項をいくら実行しなくても滅多なことではお咎めがない。それでも、諦めずに状況が好ましくないところは何度でも足を運ぶ。前任者は内部監査は何も言われないからと話していたが、何も言われないような存在感だったら意味がないと思う。僕のキャリアや経験からアドバイス出来ること、提案出来ることは被監査事業場の責任者の様子等を考慮して、投げかけていこう。

 母がまだ子供の頃、結核で弟、妹が次々と亡くなったそうだ。母は13人兄弟(姉妹)の長女で、母親が末っ子を産んで亡くなってから兄弟を育てたそうだ。もちろん、弟や妹が結核にかかった時は看病したそうだが、結果的に母は結核にならなかった。身体が強かったのだろうか。当時は、実家の前を人が通る時は、口に手をやって早足で歩いたそうだ。母はそれが悔しかったといつか話していた。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2018/02/12(月) 22:17:30|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日々闘い

 今年は写真を復活させたいと書いた。
 みなさんのブログにも寄りたいと書いた。
 今は無理だ。出来ない。

 母がインフルエンザにかかってからしばらく経つ。
 微熱がひかず、ずっと寝たきりだ。トイレにも行けない。

 僕と弟は協力して母が元気になるように努めている。
 寝たきりではあるが、もちろん寝ていない時は意識はあるし話も出来る。

 早朝の弟の涙。
 出張先で不安が顔を出す。

 医師はインフルエンザが抜けきっていないと話す。幸い、肺炎ではない。
 もともと、母は風邪はひかない体質だったが、いったん罹患すると長引く傾向があった。
 インフルエンザは高齢者の死亡率が高い。命に関わる怖い病気だと認識している。

 生きて欲しい。
 また、起き上がって欲しい。

 明日も明後日も、大げさではなく日々闘いが続く。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2018/02/02(金) 20:41:37|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

プロフィール

NOBU

Author:NOBU
【徒然なるままDIARY】にようこそ!

 映画、音楽、カメラ、写真、美術、小説、旅行、グルメ等…好奇心が旺盛です(これだけが取り柄です)。

 相互リンク大歓迎です。よろしくお願いします。
 
 気軽にご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する