【徒然なるままDIARY】

映画、音楽、写真(カメラ)、ネコ、旅行、絵画、オーディオ等…作者「NOBU」の興味があることを書きます。

青梅・昭和幻燈館

 今日は午後母を連れて青梅に出かけた(母に青梅の昭和幻燈館やレトロ雑貨博物館を見せたかった)。

 ご存知の方がいらっしゃるだろう。
 青梅の街のあちこちに映画看板が掲げられている。
 街中、レトロな雰囲気にあふれている。

 昭和幻燈館は不思議な雰囲気がある。
 山本高樹氏による懐かしいジオラマが見事だ。

(ソニー・サイバー・ショット・DSC-W300)

昭和幻燈館①

昭和幻燈館②

昭和幻燈館③

昭和幻燈館④

昭和幻燈館⑤

テーマ:いろんな写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/05/05(水) 22:42:42|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<青梅・映画看板のある猫町 | ホーム | 三軒茶屋ぶらっと散歩・其の弐>>

コメント

懐かしい匂い・・・

NOBUさん こんばんは

便利になって快適なはずなのに、非合理的な時代が懐かしく恋しいのは何故でしょう・・・

ゆっくりと時間が流れていて・・・安らいでいられたのは子供だったせいでしょうか・・・

お母様もきっと 懐かしく、息子との安らいだ時間を過ごされたことでしょうネ^^
  1. URL |
  2. 2010/05/06(木) 00:25:15 |
  3. きつつき #bBmFigmc
  4. [ 編集]

こんばんは

旅先の民宿で夜中に目覚めて所在なく
そうだ!NOBUさんのブログを覗いて寝ようと。

やぁ、良いですね青梅。
今度、行こう絶対。
  1. URL |
  2. 2010/05/06(木) 03:05:33 |
  3. garamond #-
  4. [ 編集]

こんにちは

青梅にはこんなところがあるのですね。
青梅はマラソンしか知らなかったです^^;

ジオラマなど見るのが大好きなので
東京へ行く機会があったら寄ってみたいです。

お母様も喜ばれたかと思います^^
  1. URL |
  2. 2010/05/06(木) 08:40:04 |
  3. Choco #XCF/xwGU
  4. [ 編集]

幻燈はなつかしいですね~

古い機械で、手回しの映画を見たものです。

青梅にはこのような懐古がのこされているのですねー!

いつも、下町の安らぎを伝えてくださり、ありがたく思います。!
  1. URL |
  2. 2010/05/06(木) 13:34:08 |
  3. 荒野鷹虎 #-
  4. [ 編集]

ありがとうございます

 みなさん、こんにちは。

 >きつつきさん

 ありがとうございます。

 僕は大林宣彦監督の大ファンです。
 監督は不便なことは不幸ではない、不便さは人の知恵でカバーする。人の知恵・工夫が生活を豊かにすると話されています。

 コンビニがないから味噌や醤油がなくなったら隣に借ります。夕方、子供が外で遊んでいると(携帯電話がないから)お母さんが呼びに行きます。便利になるとコミュニケーションが希薄になりがちですね。昔の雰囲気は懐かしいだけでなく、人と人がふれあうことが多かった時代だったからこそ、どこか人の気持ちをホッとさせるのではないでしょうか。

 母はレトロ雑貨博物館(幻燈館以外に昔の雑貨類を展示している博物館があります。これはまた後でアップしますね)の展示を懐かしいと言いながら目を輝かせていました。幻燈館は残念ながら少し目がくらくらする(老眼用メガネが手元になかったです)と言って早めに出ましたが、後でジオラマをとても感心していました。

 >garamonさん

 ありがとうございます。

 青梅の街の中心部はあちこちに映画看板が掲げられています。
 青梅にはかつて映画館が3館あったそうです。
 その専属の看板絵師が腕をふるって懐かしい映画看板を描いているそうです。

 また、ご覧になったような「昭和幻燈館」は見応えがあります。
 他に赤塚不二夫記念館、レトロ雑貨博物館がありますが…展示のボリュームはそれほどでもないので、他の目的(奥多摩ドライブ等)と組み合わせると楽しいと思います。

 青梅の地元の方の話では「青梅は廃れてしまった」そうです。
 映画看板やレトロな雰囲気の博物館等で頑張って町おこしをされています。
 映画好き、レトロな雰囲気が好きな方は青梅を訪れる価値はあると思います。

 >Chocoさん

 ありがとうございます。

 青梅マラソンは有名ですね。
 それと名前にもありますが…梅林が近くにあります。
 梅が咲く季節はとてもきれいなのだそうです。

 博物館的な見どころは、「昭和幻燈館」「レトロ雑貨博物館」「赤塚不二夫記念館」の3館です。
 3館共通券は700円です。
 展示ボリュームはそれほど多くありませんが、他では見ることが出来ないと思います。

 きつつきさんのRESにも書きましたが、母はとても喜んでいました(幻燈館は後で感心していました)。

 >荒野さん

 ありがとうございます。

 「幻燈」という言葉が懐かしい響きがありますね。
 サイレント映画は手回しで映写したのですね…。

 青梅は往時はとても栄えたそうです。
 映画館が3館あって、賑やかだったのでしょう。
 ジオラマを見ると、その雰囲気が伝わってきます。

 代官山のようなおしゃれな街を撮るのも楽しいですが、懐かしい雰囲気のある街、スポットも大好きです。
 青梅は都心にはない懐かしさがあると思います。
  1. URL |
  2. 2010/05/06(木) 23:01:11 |
  3. NOBU #bf2PXrYQ
  4. [ 編集]

ジオラマ

NOBUさん おはようございます。

幻燈館のジオラマには見入ってしまいました。
青梅はちょっと遠いので簡単にはいけませんが、機会があれば是非寄ってみたいと思いました。
  1. URL |
  2. 2010/05/09(日) 05:26:34 |
  3. クロチャン #-
  4. [ 編集]

ありがとうございます

 クロチャンさん、こんにちは。

 ありがとうございます。

 昭和幻燈館は見応えがあると思います。
 幻燈だけでなく、館内には映画看板もあります。
 
 圏央道が出来て青梅はとてもアクセスしやすくなりました。
 以前は八王子から降りて一般道で行くしかありませんでした。

 機会がありましたら是非。
 それでは。
  1. URL |
  2. 2010/05/09(日) 16:44:42 |
  3. NOBU #bf2PXrYQ
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://movieboxnobu.blog113.fc2.com/tb.php/948-21c8866e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NOBU

Author:NOBU
【徒然なるままDIARY】にようこそ!

 映画、音楽、カメラ、写真、美術、小説、旅行、グルメ等…好奇心が旺盛です(これだけが取り柄です)。

 相互リンク大歓迎です。よろしくお願いします。
 
 気軽にご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する