FC2ブログ

【徒然なるままDIARY】

映画、音楽、写真(カメラ)、旅行、絵画、オーディオ等…作者「NOBU」の興味があることを書きます。

映画「BU・SU」

 昨年、市川準監督が亡くなった。
 大好きな映画監督だった。

 みなさんは、映画「BU・SU」をご覧になったことがあるだろうか。
 市川準監督の劇場用映画デビュー作だ。

 主演は富田靖子。
 富田靖子は、半玉(芸者のインターン)を演じる。転校先の学校では、なかなか周囲に溶け込めず、誤解を生んでしまう。そんなうちに、学園祭で「八百屋お七」を演じることになる。

 題名の「BU・SU」は主人公の性格ブスを意味している。
 映画全体の調子は…正直、明るいものではない。
 それでも、他人と交流し…芝居に打ち込むうちに光り輝く姿は観る者の心をあたたかくする。

 彼女が、学園祭の舞台にあがる前に流した一筋の涙…ここに感じるものがあった。
 このシーンは劇中の白眉だと思う。

 市川準監督は、CMでも有名だった。
 「タンスにゴン」や「私はこれで会社をやめました」の「禁煙パイポ」は覚えていらっしゃる方が多いだろう。

 「BU・SU」に戻るが…一人の少女の成長をみずみずしい映像で描いている。
 久しぶりに映画館でこの作品を観たくなった。

 市川準監督作品で…僕は、「BU・SU」と「トキワ荘の青春」が好きだ。
 人に対する視線があたたかい。作品に捨て駒がない。

 素晴らしい作品の数々を僕は忘れない。
 ご冥福をお祈りします。

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

  1. 2009/07/15(水) 00:13:52|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<俺もそんな男に生まれたかったよ | ホーム | ポン吉・ユキマルとの生活>>

コメント

こんばんは。
市川準監督
私も好きな監督のひとりでした。
良い作品を創りますよね。
我々が巨匠と思っている世代の方々の
訃報が続きます。
そういう時期なのでしょうか。
「BU・SU」も面白い作品ですよね。

  1. URL |
  2. 2009/07/15(水) 01:27:05 |
  3. さすらい #-
  4. [ 編集]

ありがとうございます

 さすらいさん、こんにちは。

 ありがとうございます。

 さすが、さすらいさんですね…。
 市川準監督は、心に染みる外連味のない作品を作られました。
 まだ59歳です。
 あと、20年は頑張ってもらえる年齢です。
 若過ぎましたね…本当に残念です。

 僕が敬愛する大林宣彦監督も71歳になられました。
 まだ若々しい作品を撮られていますが…お身体に気をつけていただきたいです。

 「BU・SU」は埋もらせてしまうのが惜しい作品です。
 未見の方におすすめしたいです。
  1. URL |
  2. 2009/07/15(水) 20:50:10 |
  3. NOBU #bf2PXrYQ
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://movieboxnobu.blog113.fc2.com/tb.php/579-b90cde91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NOBU

Author:NOBU
【徒然なるままDIARY】にようこそ!

 映画、音楽、カメラ、写真、美術、小説、旅行、グルメ等…好奇心が旺盛です(これだけが取り柄です)。

 相互リンク大歓迎です。よろしくお願いします。
 
 気軽にご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する