FC2ブログ

【徒然なるままDIARY】

映画、音楽、写真(カメラ)、旅行、絵画、オーディオ等…作者「NOBU」の興味があることを書きます。

新潟・白根を歩く(その3)

 僕らは本間屋さんと呼んでいた。
 このお店ではおもちゃと駄菓子を売っていた。
 老夫婦がお店をやっていた。
 うちの遠縁に当たる。

 残念…本間屋さん(本間商店)は店を閉じていた。
 近所のお店で聞いたら、おじいちゃんがだいぶ前に亡くなって店を閉じたそうだ。
 ロサンゼルス・オリンピックが開催された年、僕と弟は懐かしい本間屋さんに寄った。
 小学生の時以来だった。

(コンタックスT2)

白根を歩く21
 これが本間屋さん。懐かしいという言葉では表現しきれない。
 僕らの「聖地」だ。

白根を歩く22

白根を歩く23

白根を歩く24

白根を歩く25

白根を歩く26

白根を歩く27

白根を歩く28

白根を歩く29

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/21(日) 14:39:49|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<新潟・白根を歩く(その4) | ホーム | 新潟・白根を歩く(その2)>>

コメント

こんばんは

NOBUさん

自分は横浜で生まれずっと横浜です。
子供のころ、夏休みや冬休みにみんなが田舎に帰るのに
なぜうちには田舎がないのだろう、きっと貧乏だからだと
本気で思っていました。
鶴見の実家のそばには、子供のころもんじゃや駄菓子を
買いに行った駄菓子屋さんが店構え、形態は変わりましたが
まだあります。
やはり懐かしいです。
帰る場所があるというのはいいことですね。
  1. URL |
  2. 2009/06/21(日) 22:03:24 |
  3. コロ #HSo7gLBY
  4. [ 編集]

ありがとうございます

 コロさん、こんにちは。

 ありがとうございます。

 まだ鶴見は歩いたことがありませんが、沖縄料理店が多いそうですね。
 昔ながらの駄菓子屋はいい感じです。

 コロさんの横浜の写真を拝見して、僕がイメージする横浜はごく一部だと思いました。
 横浜で生まれ育っていらっしゃるからこそ、広く深く横浜を知っていらっしゃるのだと思います。

 白根は母が生まれた町ですが、僕は生まれも育ちも東京です。
 世田谷がふるさとです。
 街を歩いても懐かしいという気持ちになりませんが、懐かしい町並みはしっかり心に残っています。
  1. URL |
  2. 2009/06/21(日) 22:17:57 |
  3. NOBU #bf2PXrYQ
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://movieboxnobu.blog113.fc2.com/tb.php/555-47c92c2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NOBU

Author:NOBU
【徒然なるままDIARY】にようこそ!

 映画、音楽、カメラ、写真、美術、小説、旅行、グルメ等…好奇心が旺盛です(これだけが取り柄です)。

 相互リンク大歓迎です。よろしくお願いします。
 
 気軽にご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する