【徒然なるままDIARY】

映画、音楽、写真(カメラ)、ネコ、旅行、絵画、オーディオ等…作者「NOBU」の興味があることを書きます。

日々闘っています

 日が経つにつれて悲しみが深くなる…これは、まさしく真実です。
 身をもって実感しています。

 何とか、少しでも早く立ち直れたらと思いますが心と身体は正直です。

 クルマの運転が出来なくなりました。
 視野が狭くなり、周囲がよく見えません…先日、運転した時にまるで初めてクルマに乗ったような感じでした。心が身体に影響しているのだと思います。しばらく運転を控えるようにしています。

 これは経験した方でないとわからないでしょう(僕のような経験しない方がいいです)。
 これをお読みの方…配偶者の健康に気を遣ってください。

 写真を撮りたいと思いますが…もう少し時間がかかりそうです。
 
 二度と家内と会うことが出来ない…話すことが出来ない…この事実を受け入れる必要がありますが、頭ではわかっていてもまだ心が受け入れていません。

 亡くなってから2週間ちょっとですから、仕方がないと思っています。
 時間の経過が悲しみを癒してくれると思います。

 本当に素晴らしい人でした。
 7年前の12月1日に、偶然出会えたことに感謝します。
 出会えたことは後悔していません。

 今でも時々涙があふれてきます。
 家内は僕のすべてでした。
 それでも事実を受け入れて新しい生活を始めなければなりません。

 日々、悲しみ・つらさと闘っています。 
 大げさではなく、僕の人生の最大の危機でしょう。
 神様に試されている気さえします。
 何とか頑張って立ち直りたいです。

 カギコメしてくださった方も含めて、コメントをいただいて…まだ返信等が十分に出来ていません。
 みなさんの励まし、応援のお言葉に感謝します。
 少しずつでも返信等が出来るようにしたいと思っています。

 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2008/12/21(日) 02:46:17|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13
<<美絵蔵日記2008年9月9日 | ホーム | 立ち直り>>

コメント

NOBUさん おはようございます。

>視野が狭くなり、周囲がよく見えません…先日、運転した時にまるで初めてクルマに乗ったような感じでした。

私も同じようなことを経験しております。
一時的な離人症のような症状のように思えます。
強いショックや不安、抑うつなどから現実と非現実が交錯したり
色々な場面でも実感が感じ難くなったりします。

でも、それは辛い現実を受け入れようと心が必至に頑張っている事でもあります。
早く立ち直ろうと思われる気持ちはわかります。
ただそれには時間も必要かもしれませんね。

このままではおかしくなってしまうのでは?と思うほど苦しいですよね?
でも、必ず乗り越えられます。

以前書きました、私の大切な人を亡くした時は、何度も夢の中でその人の生前の姿をみて
「亡くなっていないんだ!」と錯覚したり~
お葬式の最中に生き返ってくる夢も何度もみました。
1年くらいかかって、夢の中でその人のお葬式をあげている夢をみれた時は
受け入れる事ができました。

でも、SNSにも書きましたが亡くなったけれど無くなったわけではないのですね。
それ以来は、私が困ったときに、呼ぶと出てきてくれます。
迷った時も相談もできます。
いつも見守られていると実感が持てています。

それまで私の場合は1年ほどかかりましたが・・・

レスや返事の事は気になさらないでくださいね。
時たまの日記更新でNOBUさんを感じておりますので・・・

そうですね、あまりに辛い時は車の運転は控えられるのは懸命ですね。
焦らなくていいですよ、むしろおかしくなるのでは?と思うほど今のうちしっかりと涙を流す事が
立ち直る近道だと思います。
  1. URL |
  2. 2008/12/21(日) 08:41:48 |
  3. papas #la5PUrQg
  4. [ 編集]

きょうは
太陽が冬の家を出て
夏の家へ向かう冬至です
太陽の再生。。

NOBUさんのココロが
少しでも楽になるように
祈っています。。
どうぞ 無理しないで 
ご自愛なさってね☆
  1. URL |
  2. 2008/12/21(日) 08:52:19 |
  3. 吟遊詩人☆ #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2008/12/21(日) 09:12:01 |
  3. #
  4. [ 編集]

こんにちは。

今は思いきり泣いて下さい。力を抜いて、我慢せず、自分を解放して下さい。私たちは見守ることしかできませんが、NOBUさんを応援していますから。
  1. URL |
  2. 2008/12/21(日) 13:54:03 |
  3. さすらい #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2008/12/21(日) 22:12:23 |
  3. #
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2008/12/22(月) 00:47:17 |
  3. #
  4. [ 編集]

オートトレーディング AT-1群馬自動車販売のブログ

ブログ拝見させて頂きました!
またお邪魔させて頂きま~す!!
  1. URL |
  2. 2008/12/22(月) 08:31:49 |
  3. 近藤 功 #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2008/12/22(月) 09:38:47 |
  3. #
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2008/12/22(月) 11:52:08 |
  3. #
  4. [ 編集]

ハッピーフライト

NOBUさんのブログを拝見して、早速ハッピーフライトを主人と見てきました。
映画が始まるまでの間、NOBUさんと、NOBUさんの奥様の話しを主人にしました。
主人は途中で泣き出してしまいました。多分、NOBUさんと自分があまりに重なってしまったのだろうと思います。
辛いのは私だけじゃないんだ、こうして隣にいる彼も日々苦しんでいるんだ、と心底思いました。

ところで、ハッピーフライト。
こちらは何も考えずに素直に楽しめる映画でしたね。以前は邦画をお金を払って映画館で見るなんてナンセンス!と思っていたけれど、最近は邦画もいいですね。マジックアワーも楽しい映画でした。邦画をさかのぼれば、中学生の頃見た蒲田行進曲もとても面白かったです。この映画、この子の七つのお祝いに(岩下志麻主演)の同時上映でいわゆる「ついで」っぽかったように記憶しているのですが、蒲田行進曲の方がすっかり有名になってしまいましたね。
  1. URL |
  2. 2008/12/22(月) 15:39:49 |
  3. くろママ #-
  4. [ 編集]

こんばんは。

NOBUさん、こんばんは。

NOBUさん、とにかく焦らずに、時間をかけて少しずつ前に進んでください。
今は我慢する事無く、心を開放し、自分の気持ちを押し殺さないで下さい。

悲しいのは当然です。今は悲しいと叫んでください・・・ここを訪れる多くの人が
それを色々な形で受け止めようとしています。
だから・・・変に頑張らないで下さい。NOBUさんのペースでゆっくりと。

そして、NOBUさんの深い悲しみが時間の中で
少しでも癒えて、とても素晴らしい素敵な思い出に変わる日が
訪れて・・・NOBUさんの心の波に静穏が訪れるのを祈っています。

NOBUさんの写真・・・また見れる日をとても楽しみに待っています。
  1. URL |
  2. 2008/12/22(月) 23:47:23 |
  3. わっち #-
  4. [ 編集]

ありがとうございます

 みなさん、こんにちは。
 RESが遅くなり、申し訳ありません。

 また、後ほど個別にRESさせていただきます。

 今、思うのは僕は家内を「心底愛していた」という事実です。
 一緒に生活して…どうしてこんなに心がきれいなのだろう、どうしてこんなに素晴らしい人なのだろう…と、思わされました。入院してからも同じです。2人部屋で一緒になった人は退院してからも、みんな遊びに来てくれました。病院の誰もが家内を愛してくれました。こんなに素晴らしい人と出会えたことに感謝します。

 だからつらいのです。

 いつか形にしたいと思いますが…入院中、家内は日記を書いていました。
 一言一言が宝物です。
 僕といつまでも一緒にいたい、幸せにしたいと書いてあります。
 思い出すと涙があふれてきます。

 僕と出会った時のことは、2003年のバレンタイン・デーに、日記にしてプレゼントしてくれました。
 結婚したのが2003年7月10日です(僕の誕生日です)。
 午前0時過ぎに世田谷区役所に婚姻届を出して、翌朝、NYに旅立ちました。
 5年ちょっとの結婚生活でした。

 やさしくて本当に素敵な人でした。
 近所の子供たちみんなから愛されていました。

 悲しいです。つらいです。
 でも、そうとばかりは言っていられません。

 僕は家内を愛したことに誇りを感じています。
 だからこそ、これからも家内を悲しませないように、しっかりと生きていきたいと思います。

 家内(美絵子)はクリスマスが大好きでした。
 クリスマス・ツリーをリビングに飾り付けて、とても華やかでした。
 昨年亡くなった父は、この飾り付けが大好きでした。

 僕は、家内のことを「美絵蔵ちゃん」と呼んでいました。

 ありがとう美絵蔵ちゃん…ゆっくり休んでおくれ。
 頑張って生きていくね。

 それでは。

  1. URL |
  2. 2008/12/23(火) 01:49:56 |
  3. NOBU #bf2PXrYQ
  4. [ 編集]

ありがとうございます

 みなさん、こんにちは。

 >papasさん

 ありがとうございます。

 離人症というのですね。
 確かに、同じ風景でも違って見えます。
 クルマの運転が出来なくなったのには驚きました。

 このままでは頭がおかしくなるように感じました。
 つらい、悲しいという言葉をこえたような、どうしようもない気持ちになりました。
 papasさんも経験されているのですね…。

 今朝も涙が流れました。
 まだ時間がかかると思いますが、乗りこえたいと思います。

 >吟遊詩人さん

 ありがとうございます。

 そう、冬至でしたね。
 病院に泊まっている時は、まだ暗いうちに病院を出て太陽がのぼるのを見ました。
 これから、日が昇るのが早くなります。

 気候があたたかくなるにつれ、気持ちもあたたかくなるかもしれません…。
 ここを乗り切りたいです。

 >さすらいさん

 ありがとうございます。

 気をつけなければならないのは健康だと思います。
 阪神・淡路大震災の時、仮設住宅で多くの男性が亡くなったそうです。
 家族を亡くされて、多量に飲酒して亡くなったのだとか。
 正直、僕も飲酒の量がかなり増えています。
 健康に気をつけたいと思います。

 >近藤さん

 お寄りいただき、ありがとうございます。

 >くろママさん

 ありがとうございます。

 ご主人はすごく心配されていると思います。
 僕にはよくわかります。
 
 「ハッピーフライト」をご覧になりましたか。
 矢口監督は、とてもバランス感覚にすぐれていると思います。日本映画はどこか暗いイメージがありましたが、矢口監督作品にはそれが全くありませんね。「ウォーターボーイズ」「スィングガールズ」はご覧になりましたか。もし、観ていらっしゃらなければDVDをレンタルしてください。とても面白いです。

 「蒲田行進曲」は面白かったです。映画にエネルギーがありました。
 懐かしいです。

 >わっちさん

 ありがとうございます。

 このような経験をされた方は、だいたい1年~2年で悲しみが感謝の気持ちにかわるそうです。
 不思議ですね。それでいいと思うのですが、悲しみが消えて欲しくないというような気持ちもあります。

 このつらさをどう表現したらいいでしょうか。
 太陽の光を見るだけで、胸が張り裂けそうになります。
 これを見られないのだ…この日を浴びられないのだ…。

 この時期を乗りこえたいと思います。

 >みなさん

 何とか乗り切りたいと思います。
 飲酒量は気をつけなければなりません。
 このままのペースでは、健康を害してしまいます。
 何か気持ちを落ち着かせる方法をさがさなければなりません。

 ありがとうございます。
 頑張って乗り切ります
  1. URL |
  2. 2008/12/23(火) 12:51:10 |
  3. NOBU #bf2PXrYQ
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://movieboxnobu.blog113.fc2.com/tb.php/386-07b3b9ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NOBU

Author:NOBU
【徒然なるままDIARY】にようこそ!

 映画、音楽、カメラ、写真、美術、小説、旅行、グルメ等…好奇心が旺盛です(これだけが取り柄です)。

 相互リンク大歓迎です。よろしくお願いします。
 
 気軽にご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する