FC2ブログ

【徒然なるままDIARY】

映画、音楽、写真(カメラ)、旅行、絵画、オーディオ等…作者「NOBU」の興味があることを書きます。

築地の食

 以前に、HPで築地市場内の食関係について書きました。

 再掲します。



 築地の食

 本屋に寄ると、グルメ本が店頭にあふれている。そりゃあ、おしいだろうさ。極上食材を、丁寧に調理するのだから。値段はですね、この内容で一人一万円…お手頃うんねんとある。おいおい、高くてうまいのは当たり前だろうと言いたくなる。
 そして、B級グルメなどと名乗るものもある。記憶では、田沢竜二さんが最初に、この手のB級グルメ本を出したのではないか。もう10年ちょい前のことだ。
 B級グルメ本では、必ず築地の場内の飲食店が紹介されている。「豊ちゃん」は、築地市場の老舗洋食店だが、前にも書いたけれど、ここの「オムハヤシ」がこれらの本で取り上げられて有名になった。

 さて、今回はB級グルメ本が書かない築地の食べ物のことを紹介しようと思う。素人が本を読んで、期待して築地市場に乗り込む。そして、評判の店で並んで本で紹介されているメニューを注文する。「あれ、こんなものか」「大したことないな」と言う人が多い(実際、こういう声を僕はよく聞く。もちろん、直接にだ)。ちょっと待ってくれ。築地市場内の飲食店は高級レストランではない。場外の飲食店は、町の料理店とは違うのだ。市場だからこその要請に応えなくてはならない。ここを取り違えてもらっては困る。

 築地でラーメンと言うと、「井上」が有名だ。さあ、「食」に興味がある方は手許のラーメン店の紹介本を開いて欲しい。ラーメンなのに、チャーシューが何枚ものっていて、まるで「チャーシュー麺」のよう…なんて解説がないか。そう、この通りなのだ。他の店だったらチャーシュー麺で通る内容のものが、ここのラーメンなのだ。
 「井上」は築地場外にある。市場内のラーメン店ではないが、市場で働く方のためのラーメン店である。先日、年末に築地に出かけた某氏が、ここのラーメンを食べて、「こんなものかと思った」と話していた。おいおい、その通りだが、「こんなもの」が大事なのだ。ここに気づかないで語って欲しくない。
 「井上」にはドアがない。店は歩道に面している。その前にいくつか椅子がある。そして広めの歩道に、ちょっとしたテーブルと椅子があるだけの店だ。混んでいる時は、みんな立ったままでラーメンを食べる。椅子に座っても、仕事があるからさっとラーメンをすすり込む。ラーメンは、スープがたっぷりなので、店で受け取るときは注意が必要だ。
 あなたは、この時気づくだろう。やけどしないように、スープの温度を若干下げていることを。そう、スープの温度を下げざるを得ない「ハンディ」があるのだ。ラーメン店としては、熱々のやけどするようなスープでいきたいところだろう。しかし、スペース等の関係でそれが出来ない。そして、もう一つ重要なことは、市場で働く人にとってもメリットがあるということだ。そう、早く食べられること。これが大事なのだ。
 誤解しないでいただきたいのは、ぬるいわけではないということだ。やけどしない程度にしてあるという点を強調しておきたい。
 さて、味の方だが、醤油味でさっぱりしていてくどさがないものだ。一口食べるうなる絶品ラーメン、満足感にひたれる、月に一度は食べたい…これじゃ困る。毎日食べてもらうラーメンでないと、市場ではやっていけない。ここで毎日のように働く人のためのラーメンだから飽きる味では困るのだ。「井上」のラーメンの味が「こんなもの」であるのは、こういう理由があると思う。市場の店は食通のためにあるのではない。働く人のためにある。

 前にも書いたが、有名な「豊ちゃん」についてもふれておく。この店は場内にある(一般の方も食べることが出来る)。
 有名な「オムハヤシ」。真っ白い皿の上に、炊きたてのご飯が多めに盛られる。その上に、玉子を三個は使っているのではないかと思われる図体のでかいオムレツがのる。オムレツには、上品とは言えぬやや大きめの肉が入っている。その上から、ハヤシソースがどばっとかけられる。付け合わせは千切りキャベツのみである。ハヤシソースは、凝っておらず手を抜いていない抵抗感のないものだ。毎日食べるものだから、「ほどほど」でないといけない。
 これが珍しかったのだろう。B級グルメ本等で取り上げられて、有名になった。今では一部のファミリー・レストラン等のメニューで「オムハヤシ」を見かけることがあるから、一般的になりつつあると言えるかもしれない。
 これを、無愛想なオヤジ連中が一生懸命に作る。職人技としか言いようがない作り方(要は、いつも同じ味だということ)で手早く作られる。
 その他では、ここの「カツ丼」も有名だ。某TV局の貧乏な店を助けるという番組で、「カツ丼」の指導をしたのは、ここの主人だった。「カツ丼」は、肉が厚く、玉子は半熟で、彩りで添えられた三つ葉の香りが食欲をそそるものである。しかし、繊細さはない。
 「豊ちゃん」でも言えることなのだが、美味であるには違いないのだが、飽きるものではいけないということだ。そして、ボリュームがあって味付けは濃いめのものだ。

 築地市場の場内、場外は、市場で働くため通うための方の店である。味のプロが通うのだから、うまいに違いない。これは間違っていない。やや高めの値段ながら、味そのものを追求している店もある。しかし、多くの店は早く食べられて、ボリュームがあって、毎日食べても飽きないという点を考慮している。もちろん、場内(場外であっても)は、スペースに限りがあるから、ゆったりと食べられるような状況ではない。

 食通は、来なくてよい。築地の食べ物を「こんなもの」としたり顔で言う輩には、その手前の銀座で電車等を降りていただきたい。

 築地場内・場外の店は市場で働く方々、ここに通う方々のための店である。おじさん、おばさんが、そういう人たちのために、額に汗して一生懸命に働いて作っているのだ。
 食通なんて来なくていいが…あなたが、元気がないときは、築地に来ることをおすすめする。狭いけど、肩を寄せ合って、元気・活気も一緒に味わおう。

 こう思う…築地に、安っぽいグルメなんて言葉は似合わない。

テーマ:グルメ情報!! - ジャンル:グルメ

  1. 2008/09/07(日) 07:40:56|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<ニューヨークを撮りたい | ホーム | 好き勝手に書きます⑭>>

コメント

う~~ん確かにNOBUさんの言う通りですね~
ただ、一般庶民は本や、TVで見ると上手そう~って思ってしまう。
でも実際に行くと、なにこれって言うのが大方の感想です。
味覚の問題もあるが、なにか勘違いをして食べにいくのかもしれませんね。

的外れなコメントですが、ぶすっとした親父が、食べさせてあげるって言う感じの
店は私は許せません・・・
どんなに美味しくてもお金を払って食べに来てくれるお客さんに
対して失礼だと思いませんか??笑顔はただですよね~~
  1. URL |
  2. 2008/09/07(日) 11:37:00 |
  3. 星峰 #rdwG4C.k
  4. [ 編集]

こんにちは(^-^*)/

正直に言いますと、評判のお店に行って「あれ、こんなものか、、、」と思うことは少なくありません。
ただ、そのことをことさら他人に言うこともありません。
もし言うとしたら「自分の口には合わなかった」でしょうか。
生まれ育った土地柄や環境、家族の嗜好や自分の暮らしぶりによって「美味しい」という定義は千差万別だと思います。
しけった煎餅やぼけたリンゴが美味しいという方もいれば、ウニやイクラは大嫌いという方もいますから。
グルメを語りたいなら美味しかったお店の楽しかった話だけにしてもらいたいです。
自分の味の物差しに合わないものはダメというのはなしにして欲しいですね。

ふたつ前の記事の「パーマン」と「落下傘花火」、両方とも懐かしいです☆
  1. URL |
  2. 2008/09/07(日) 18:31:47 |
  3. スマイリー #cZT7jKwg
  4. [ 編集]

ありがとうございます

 みなさん、こんにちは。

 >星峰さん

 ありがとうございます。

 築地というのはちょっと特殊なところで、味付けが濃かったりボリュームが多めです。
 市場で働いている方が召し上がるので、こうしないとダメという事情があります。
 それと、待たせる事も出来ません。注文を受けてから早く提供しなければなりません。
 市場では食のプロが食べるぐらいだから何でも美味しいだろう…と、思って来られると期待はずれとなるかもしれません。

 無愛想なだけというのは厳しいですね。
 築地のお店は、たいていは愛想がよくありませんが…通うとこれが違ってきます。かといって、馴れ馴れしいとか、いかにも常連という感じにはなりません。ところが、しばらく姿が見えないと「身体を悪くしたのではないか」とものすごく心配します。僕は長いこと、築地市場を訪れていますが…これが「築地気質」だと思っています。

 単なる無愛想なだけのお店は、次回入りたいという気持ちになりませんね…。

 >スマイリーさん

 ありがとうございます。

 スマイリーさんは、さすが食に通じていらっしゃいますね。
 食は習慣ですし、文化ですから、すぐになじめない場合が多いです。

 僕がこれを書いたのは、某グルメサイトで築地市場内のお店のことをひどく書いているレビューが多かったからです。言いたいことはわかるのです。確かに、繊細な味ではないし…街中のお店のようなサービスは受けられません。しかし、それは、市場内という特殊な立地だからこその内容ですし、サービスであるということを忘れたものでした。違うよな…と、思って書きました。

 すぐになじめない味は、二度三度足を運べば解決します。しかし、そうではなくて…作り手の気持ち・心が感じられない粗雑な料理は怒りを感じます。築地市場内のお店の料理は、繊細ではありませんが、粗雑ではありません。きちんと作り手の気持ちが感じられます。

 落下傘の花火とパーマンは懐かしいですね。今、家内が「20世紀少年」のコミックを読んでいますが…昭和40年代のことが出てくるそうです。モノは今と比べて貧弱でしたが、どこかワクワク感があったと思います。
  1. URL |
  2. 2008/09/07(日) 21:43:47 |
  3. NOBU #bf2PXrYQ
  4. [ 編集]

こんにちは

NOBUさん、こんにちは。
私はよく、創作料理の店に行きます。
高級というよりも、有機栽培、無農薬の新鮮な食材で、
尚且つ生産者は何処の誰、と表記されていて顔写真
まで載せられている徹底ぶりから、安心して口に出来
るのが好きです。
食べ物については味覚に個人差があるので、やはり
自ら足を運び、自分の舌で確認するのが確かですね♪
  1. URL |
  2. 2008/09/09(火) 16:00:14 |
  3. 伊織 #4DOcPobI
  4. [ 編集]

ありがとうございます

 伊織さん、こんにちは。

 ありがとうございます。

 超高級料理店で牛肉の産地を偽っていたり、使い回しをしていたニュースは記憶に新しいです。
 有機栽培、無農薬はコストがかかると思いますが、安心できますね。

 安心出来て、なおかつ作り手の気持ちが伝わると嬉しいです。
 世間の評判がよいから、あるいはメディアで紹介されていたから美味しいのではなく、自分で味わって美味しく思える料理、店が一番ですね。

 ここ数年で一番美味しかった料理は、清水港近くの定食屋でいただいたアジフライです。
 定食だったのですが…アジの小骨と皮はすべて処理されており、なおかつ、他のフライと違ってパン粉が細かくひいてあります。新鮮なので生臭みは皆無です。口に入れると衣がサクッとして、アジの身がフワッと柔らかいです。噛むとアジのうまみが口に広がります。サカナのフライというより、何か特別に美味しいモノを食べているという感じでした。
 愛想のない店主ですが、気持ちがこもっていました。
 感動して、涙が流れてきました(恥ずかしいので、下を向いて食べました)。
  1. URL |
  2. 2008/09/09(火) 21:54:18 |
  3. NOBU #bf2PXrYQ
  4. [ 編集]

NOBUさん、こんばんは。
深夜に読んでいて、何度もおなかが鳴りました(笑)。
こういうときこそ……おなかが減っていて、食べるということにシンプルに集中できるときこそ、上で出てきたようなお店にお世話になりたいものです。

ああ、おなかがすきました……。
  1. URL |
  2. 2008/09/10(水) 02:36:32 |
  3. 狛 #OP.fI0wQ
  4. [ 編集]

ありがとうございます

 狛さん、こんにちは。

 ありがとうございます。

 築地市場内は活気があって面白いです。
 最近は外国人観光客がとても多いです。
 
 清水港の定食屋は、ちょっと変わっていますが…基本的には日本一美味しい焼き魚定食を食べさせるお店だと思っています。いつか、焼き魚ではなくアジフライが出ました。これが絶品でした。
  1. URL |
  2. 2008/09/10(水) 23:23:26 |
  3. NOBU #bf2PXrYQ
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://movieboxnobu.blog113.fc2.com/tb.php/311-fcbda314
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NOBU

Author:NOBU
【徒然なるままDIARY】にようこそ!

 映画、音楽、カメラ、写真、美術、小説、旅行、グルメ等…好奇心が旺盛です(これだけが取り柄です)。

 相互リンク大歓迎です。よろしくお願いします。
 
 気軽にご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する