【徒然なるままDIARY】

映画、音楽、写真(カメラ)、ネコ、旅行、絵画、オーディオ等…作者「NOBU」の興味があることを書きます。

好き勝手に書きます⑭

 阿呆なことを書いていると我ながら呆れつつ、多少の情報的価値を認めてアップしようと思う。

(以前にHPで書いたものです。)



 新宿はションベン横町(正式名称:思い出横町)をたまに歩く。女性には試金石である。さて、堂々とあなたは歩いて店に入れるだろうか。
 遊び仲間の従妹は、ここを自由に歩く。「つるかめ食堂」が好きらしい。僕も「つるかめ食堂」を好む。しかししかし…新宿で「つるかめ」と言うと、歌舞伎町にもあるのだ。この両店の関係はどうなっているのであろうか。いつか聞いてみようと思っているのだが、すぐに忘れてしまう。ちなみに歌舞伎町の「つるかめ」は、「ジンギスカン定食」が安くてうまい。ご飯は頼めば麦飯にしてくれる。気軽に入れる大衆食堂である。
 そうそう、ションベン横町だが、学生時代は入り口(新宿駅寄りの方である。近くにペットショップがある)近くに鯨カツを食べさせる店があった。昔、友人とこの店に入ったが、薄っぺらでオイリーなそれは、600円で珍味であった。

 友人の奥さんは、「ションベン横町」で飲もうという話に激怒していた。「ここだけは嫌!」と言っていたが気持ちがわからないではない。雰囲気はかなりマニアックである。僕は、通ったことはないが、新宿ゴールデン街の雰囲気と少し似ているような気がする。ここも独特な雰囲気がある。あ、書き忘れていた。ションベン横町の火事は記憶に新しい。現在、数店舗は入れる建物が建てられている。しかし…再開発という三文字が立ちはだかるのではないか。密かに気に入っている有楽町駅から有楽町マリオンまでの年期が入った飲食店等が立ち並ぶ路地は、再開発が始まるのだとか。また、一つふわっとした空間がなくなる。料理でもあくをすべてとったら、味気なくなると思う。街をすべて機能的にし、きれいとは言いにくい場所を取り去ったら、あくが全くないスープになってしまうと(個人的に)思う。

 さて、あやしい路地で初めての店に入った時だが…刺身等を食べるのをためらう方がいらっしゃると思う。僕は、これで判断している。「しめ鯖」を注文する。虹色に輝くあやしい身。素知らぬふりをして、横を向く。1,2分たって、「しめ鯖」に振り向く。数ミリでも動いていなければOKである(………冗談なので、そこのとこよろしく)。
 あ、そうそう最近食べた料理だが、「ションベン横町」で立ち食いそばを食べた。まあまあだった。とりたてて騒ぐほどではない(店名を失念)。

 立ち食いそばと言うと…ここには革命が起きている(と思う)。女性客が増えているのだ。牛丼屋に女子高生が一人で入っているのを見てびっくりしたのだが、当たり前になってしまった(ちなみに、牛丼を食べ終わった後、化粧を直していた。すごい。世の中変わった)。話は変わるが、富士そばの「ネギ取り放題」がなくなったのは、確かにイカンと思う。某誌で富士そばの社長が、コスト面からであろう…そう語っていたのを読んで、時々感じていた違和感が表面に浮かび上がってきた。そうか…ネギが取り放題ではなくなったのである。
 立ち食いそばでも、普通のそば屋でもそうなのだが…僕は温かいそばはいただかない。冷たいそばしか食べない。もり、ざる等に加えて冷やし(たぬきORきつね等)そばが定番であろう。特筆しておきたいマニアックな店がある。浅草橋駅近くガード下の「ひさご」である。自家製麺。値段は確か300円以下だと思う。立ち食いのみ。狭い店内は、客がいっぱいである。ここの「冷やしそば」がうまい。

 銭湯でのお約束と言うと、鏡に向かって腰に手を当てて牛乳を飲み干すことである。僕は、子供の頃、必ず実践していた。白牛乳もいいが、フルーツ牛乳、コーヒー牛乳等が夏には好適である(乳酸菌飲料の名称は何と言ったか…)。
 瓶牛乳だが、秋葉原で乗り換えるたびに、ここが売上日本一ではないかと思う。白牛乳をぐいっと飲みながら、あんパン(牛乳とゴールデン・コンビを組む)をかじるサラリーマンの姿は、21世紀にも残った素晴らしいものの一つである。総武線の上下ホームとも、ミルク・スタンドがあるので、乗り換え等で利用される方はチェックしてみてほしい。ここほど、瓶の牛乳が消費されているところはないと思う。あ、少しだけマジなことを書くと…介護等の関係で瓶の牛乳の需要は伸びているという話である。

 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2008/09/06(土) 00:24:34|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<築地の食 | ホーム | 飛行少年>>

コメント

こんばんは

昔、よく行きました。
鰻屋から入って、様々なやきとり、やきとん屋で酒を呑んだり(笑)
私の好きな場所のひとつですね。
最近は少し遠のいてしまいました。
例の火事になってから、少し雰囲気も変わりましたが
東京はシャレた店ばかりになってしまいましたので
ああいう場所は貴重ですよね。
以前、NOBUさんが記事にされた
有楽町、銀座付近の高架下の店同様
東京の大切な名所だと思います。
明日、行ってみようかな(笑)
  1. URL |
  2. 2008/09/06(土) 00:50:14 |
  3. さすらい #-
  4. [ 編集]

ありがとうございます

 さすらいさん、こんにちは。

 ありがとうございます。

 ここは、ツルツルピカピカになってきた東京で、名所というべき横丁だと思います。
 鰻も焼き鳥もありますね。
 僕は学生の頃、お金がないときは「つるかめ」で救われたことが何回かあります。
 しばらく前に、「ソイ丼」を食べました。懐かしかったです。

 有楽町、日比谷のガード下にも昔ながらの店がありますね(レトロなまんぷく食堂も楽しいです)。

 「思い出横丁」の隣(線路側)は、焼き鳥横丁ですね。
 ここで、昔飲んだことを思い出します。

 今は、なかなか飲みに行くことが難しい生活ですが…落ち着いたら、この横丁で飲みたいです。

 >みなさん
 
 先ほど病院から帰りました。
 フコイダンで治る過程では、良くなったり悪くなる場合があるそうです。
 今、波が出ています。
 心配不要だと思いますが…やはり、心配してしまいます。
 もう少し落ち着いたら、ゆっくりみなさんのブログにお伺いできると思います。

 それでは。
  1. URL |
  2. 2008/09/06(土) 22:50:35 |
  3. NOBU #bf2PXrYQ
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://movieboxnobu.blog113.fc2.com/tb.php/310-a1e0e25b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NOBU

Author:NOBU
【徒然なるままDIARY】にようこそ!

 映画、音楽、カメラ、写真、美術、小説、旅行、グルメ等…好奇心が旺盛です(これだけが取り柄です)。

 相互リンク大歓迎です。よろしくお願いします。
 
 気軽にご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する