【徒然なるままDIARY】

映画、音楽、写真(カメラ)、ネコ、旅行、絵画、オーディオ等…作者「NOBU」の興味があることを書きます。

飛行少年

 以前に、飛行機に乗った時のことを書きました。
 今でも窓側に座るのを好みます。
 
 窓から景色を見ているだけで、楽しいです。



 飛行少年

 夕暮れ前に飛行機に乗り込もう。太陽は東から西に移動する。沈む太陽を追いかけながら、西へと移動する。
 窓側に座ったら、空を眺めよう。刻々と変化する空の色がエンターテインメントである。

 誰しも「飛ぶ」ことに憧れた時があると思う。あなたが男性だったら、こんな思い出はないか。風呂敷をマントにして、走る。町中が舞台になって、自身が主人公となる。「スーパーマン」あるいは、僕と同世代の方なら、それをパロディにしたTVアニメーションの「パーマン」を思い出すかもしれない。塀に上がっては飛び降りる。マントがない時と違いはないのだが…着地するまでの時間が多少長くなったような気がしたものだ。

 機内のヘッドフォン(と言うか、イヤホンと言うべきか…国際線ではヘッドホンになるが)を耳にねじ込む。機内誌の最後の方に音楽のチャンネルが記されている。落語や演歌は、ちょっと気分的に合わない。僕らしくないかもしれないが、このときだけはクラシックを選択する。
 小さな窓から外を見ると、遙か向こうに飛行機が見える。雲の上をゆっくり滑るように飛んでいる。僕らは西に、彼らは東に移動している。

 花火で面白いのは落下傘だ。ただし、これは夜ではなく昼打ち上げる花火である。
 短い筒状のそれに、点火する。なるべく広いところがいいが…都会では難しいかもしれない。僕らの打ち上げ場所は、実家の店の前にあった駐車場である。「ポンッ」という音とともに打ち上がる。上がってもせいぜい30メートルほどではないか。それでも僕には、とても高く感じた。
 落下傘が開いて、ゆっくりと落ちてくる。僕らは、それを追いかける。拾ってみると大したことはないのだが…気分が多少高揚しているのだろう。「キャッチした」という達成感がある。
 空を飛びたいという憧れが、落下傘に反映されていたのだろうか。

 富士山の上空を通過するときは、ちょっとした「イベント」だ。雄大ではあるが、富士山がパノラマ模型のようにコンパクトになっていることに驚く。見てはいけないものを見たような気がする。富士山は、やはり見上げる山だ。
 遠くを見ると藍の下に青があり、紫、黄、橙と変化する。雲は、手でちぎって空に浮かべたよう。

 自分が飛べないことに気づくと(遅い?)、飛行機へと興味が移る。新聞広告は、大切な航空資源である。つるつるとした紙、しっかりとした紙等…様々だが、それがありがたい。滞空型にするか、距離型にするか…前者ならば、翼の面積を大きくした方がよい。後者は、細長くして空気抵抗を減らした方が有利だと思う。友達と競って作る。日頃の草野球で鍛えた肩がものを言う。全力で空に向かって投げる。いったん、急上昇した紙飛行機は、ゆっくりと弧を描いて地面に落ちてくる。

 空を藍と紺が支配する。地平線に橙がしぶとく抵抗する。飛行機は、地球の自転の速度には勝てないらしい。
 ぽっかりと月が浮かんでいる。太陽が沈んで、自分の出番だと主張しているかのよう。月らしいのは、それが控えめだということ…。
 ヘッドホンからは、タイミングよくドビュッシーの「月の光」が流れてくる。ピアノの一音一音が、涼しい風になる。
 切れ切れの雲は流れるが、月はしっかりと僕らについてくる。

雲の上
(コンタックスT2)

 そして、時間が止まる。飛行機も何もなくなって、僕は空にぽっかりと浮かんでいる。
 月がピッタリと空に張り付いて、僕以外誰もいない。ピアノの伴奏が、BGMとなる。本当にそんな感じがしたのだ。力が抜けて、僕は空を飛んでいる。

 一秒が永遠のように感じられる。しかし、やがて空は闇に包まれる。

 ドビュッシーの「月の光」を聴くと、いつもこの時のことを思い出す(……でも、風呂敷のマントはしていないのだ)。

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/09/02(火) 23:49:27|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18
<<好き勝手に書きます⑭ | ホーム | たまには花の写真でも>>

コメント

とても楽しいく・・・

NOBUさん、こんばんは。

とても楽しく読みました。
子供の頃、贅沢にケント紙を買い込んで、すっかり「設計者」気取りで
紙飛行機の図面を書き、それを組み立て飛ばしていたのを思い出しました。
結果は・・・・・ご想像の通りです。(笑)

飛行機の窓越しの写真もまた、旅情へと心を誘います。
紺碧の雲海をの中を進む飛行機・・・「ジェットストリーム」の城達也氏のナレーションが
聞こえてきそうです。今「哀愁のヨーロッパ」をJAZZのピアノトリオで聞いています。
  1. URL |
  2. 2008/09/03(水) 00:36:03 |
  3. わっち #-
  4. [ 編集]

こんばんは

私にとってのドビュッシーの月の光は、大きくなってからの子守唄です(´▽`)

風呂敷マント・・・ 飛行速度91km/hの時代のパーマンですね♪
  1. URL |
  2. 2008/09/03(水) 00:44:00 |
  3. 松本麗香  #N.vW.TCs
  4. [ 編集]

こんばんは

いやあ、気持ちの良い写真ですね。
バックに月の光で心が落ち着く感じです。
また見せてください。
ありがとうございました。
  1. URL |
  2. 2008/09/03(水) 01:51:58 |
  3. さすらい #-
  4. [ 編集]

私も初めて国内線で富士山を真上から見た時の箱庭的な感動
を今でも覚えています。
そして国際線でアラスカ上空tからみた一面真っ白なアラスカを
見た時の素晴らしさも覚えています。

でもどんなに感動しても地面に足が着いてるときが一番でした(笑)

毎回NOBUさんのブログを読ませて頂き、文章の上手さ、写真の綺麗さに感動してしまいます。
  1. URL |
  2. 2008/09/03(水) 07:51:20 |
  3. 星峰 #rdwG4C.k
  4. [ 編集]

フシギな雲の光景。。

一瞬 ラピュタ人になったような
気がしますょ

月の光♪
そんな 
永遠の飛行少年NOBUさんの
月のフォト
見てみたいな~って 思いました。。
  1. URL |
  2. 2008/09/03(水) 08:53:21 |
  3. 吟遊詩人☆ #-
  4. [ 編集]

いつもながらとっても素敵な写真ですね。
私もこんな写真を撮ってみたいですっ♪
  1. URL |
  2. 2008/09/03(水) 09:46:09 |
  3. jubilee #tXRb3YJQ
  4. [ 編集]

雲の上はいつでも青空なんですよね・・・。
そう思って雨の日も曇りの日も眺めました。
夢の中ではよく空を飛ぶ夢を見ますが
急降下で落ちる時は怖いですね~(汗)
国際線はもう何年も乗ってないのですが
空の上で飛行機がすれ違う・・・
すごいなぁ~みてみたいな~と思いました。


  1. URL |
  2. 2008/09/03(水) 18:27:19 |
  3. 京卯子 #Wbk1lLzE
  4. [ 編集]

ありがとうございます

 みなさん、こんにちは。

 >わっちさん

 ありがとうございます。

 ケント紙で飛行機…いいですね。
 こうするとよく飛ぶかな、と思いながら線を引くのは楽しそうです。

 紙飛行機は、毎日のように作って飛ばしていました。
 距離を稼ごうとすると、「コンコルド」に似てきます。
 子供ながら、工夫して遊んだことを思い出します。

 飛行機の窓から眺める景色は飽きません。
 僕も聴いていました…「ジェットストリーム」。
 城達也さんのナレーションあってこそですよね。
 香港の夜景はこんなだろうか…なんて想像しながら聴いていました。

 >松本さん

 ありがとうございます。

 「月の光」は、CMでもよく使われていますから、題名をご存知ない方でも「あ、あの曲」とおわかりになりますね。
 確かに、静かな雰囲気がありますから子守唄にいいかもしれません。
 
 「パーマン」は、そう時速91キロです。
 「パーマン」や「怪物くん」が大好きで、番組が終わる時は数日間哀しくて泣いた記憶があります。

 そうそう…時々観ているのですが…Gyaoで放映している「アメリカン・ヒーロー」が楽しいです。
 「スーパーマン」のパロディ的なコメディです。
 この番組(シリーズ)が大好きです。

 >さすらいさん

 ありがとうございます。

 出張に行くときは、いつもコンパクト・カメラを機内に持ち込んでいます。
 雲の形や、空の青さ(紺色に近くなります)に惹かれます。

 月が浮かんでいたり、もっと変化がある方が楽しいと思います。
 そうですね…ご存知だと思いますが、飛行機から眺める夕焼けは本当に見事です。
 
 >星峰さん

 ありがとうございます。

 富士山を上から眺めると、驚きがありますね。
 上から見ても形がいいです。
 箱庭的ですね…。麓から眺めたときの途方もない大きさは影を潜めます。

 アラスカを上からご覧になったのですね…。真っ白な大地を想像します。
 ドイツ出張時に、トランジェットでウィーン空港に降りました。
 畑がパッチワークのようで、とてもきれいでした。
 オーストリアは、畑までおしゃれだ…と、感心したことを思い出します。

 >吟遊詩人さん

 ありがとうございます。

 この時は、音楽を聴きながら目を閉じると、本当に空を飛んでいるような気がしました。
 目を開けると、日が落ちて空が紺青色です。
 
 今日は、病院に向かう高速道路で、とてもきれいな三日月を見ることが出来ました。
 きれいな月を撮りたいです。
 秋は、月がとてもきれいです。
 
 そうそう…もう少しで、ペンタックスKXの修理がおわります。
 カメラを持って歩きたいです。

 >jubileeさん

 ありがとうございます。

 秋の京都はいいでしょうね。
 一度、京都の紅葉を撮ってみたいです。

 飛行機の窓からの眺めが好きです。
 雲の中に入って、それを抜けると真っ青な空と真っ白な雲が目に入ります。
 カメラを持っていない時(時々忘れます)は、ガッカリしながら外を眺めます。

 >京卯子さん
 
 ありがとうございます。

 国内線と国際線では、空の青さが違うような気がします。
 国際線の方が、飛行する高度が高いです。
 青が濃くなり、紺色に近くなるような気がします。

 飛行機に乗ると、必ず晴れます(当たり前ですね…)。
 雲の上もいいのですが…雲がないと、地面を見てどこを飛んでいるか考えるのも楽しいです。

 飛行機がすれ違う場合ですが…(当たり前ですが)向こうの飛行機はかなり離れています。
 向こうの飛行機から、こちらを見ているかな…なんて思って眺めていたことを思い出します。
  1. URL |
  2. 2008/09/03(水) 23:44:40 |
  3. NOBU #bf2PXrYQ
  4. [ 編集]

機内から撮った雲海が素敵ですね。
撮り辛かったでしょうが良く撮れてます。

ご心配かけたトラが少し元気になりました。
ありがとうございました。
  1. URL |
  2. 2008/09/04(木) 22:18:52 |
  3. 山彦 #2AuWRls6
  4. [ 編集]

ありがとうございます

 山彦さん、こんにちは。

 ありがとうございます。

 飛行機の窓からの眺めは楽しいですね。
 最近は、病院通いがあるので出張出来ませんが、出張出来るようになりましたらまた撮りたいと思います。

 トラ君が元気になりましたか!
 よかったですね。
 ネコは家族です。うちの2匹が具合が悪くなったら心配でたまらないと思います。
 
 >みなさん

 ストレスをうまく発散しなければなりませんね…。
 忙しいのと、いろいろと心配もあってストレスがたまります。

 せっかく立ち寄っていただいるのに、みなさんのブログにまだ寄らせていただいていません。
 後ほど、じっくり寄らせていただきたいと思います(楽しみにしています)。
  1. URL |
  2. 2008/09/05(金) 13:00:17 |
  3. NOBU #bf2PXrYQ
  4. [ 編集]

こんばんは

NOBUさん、こんばんは。
雲の上の写真、素敵ですね♪
初めて飛行機に乗った時、こんな非日常的な雲の上の風景を
見て、とても感動しました。
地上からでは雲の上の風景なんて考える事すらなかったので、
あの、「ジャックと豆の木」の物語を思い出しましたよ(笑)

昼間に打ち上げる落下傘の花火、私もよく追いかけてキャッチ
を楽しんでいました。今でも自然にやってしまうかもです・・・

NOBUさん、お忙しそうですね。休養をシッカリ摂ってお身体を
十分に労わってくださいませ。


  1. URL |
  2. 2008/09/05(金) 19:53:45 |
  3. 伊織 #4DOcPobI
  4. [ 編集]

ありがとうございます

 伊織さん、こんにちは。

 ありがとうございます。

 飛行機からの眺めは、「非日常」ですね。
 分厚い雲に覆われている時でも、雲を抜けると真っ青な空が広がります。
 綿のような雲は、地上からは見えません。

 「ジャックと豆の木」…なるほど、そうですね。
 
 落下傘の花火は、今も売っているのでしょうか。
 楽しかったです。
 また、やってみたいです。

 先ほど病院から帰ってきました。
 家内の体調に波があって、ここ数日間、とても心配でした。
 フコイダンで治る過程では、良くなったり悪くなったりする時期があるそうです。
 九州のフコイダン研究で有名なお医者さんのコメントを読んで、少しホッとしています。

 週末は少し休みたいです。

 それでは。
  1. URL |
  2. 2008/09/05(金) 23:41:11 |
  3. NOBU #bf2PXrYQ
  4. [ 編集]

風呂敷マント・・・・私も経験がございます。
より高い所から飛び降りれば,それなりの飛行感を味わえたのでしょうけど
なにせ,運動オンチなものですから
せいぜい,ジャングルジムの中段くらいから・・・ですね、 落ちていました。
夢の中では 上手に飛び回っています。
まるで水中にいるような感じでゆっくりと飛ぶ事ができるのです。

飛行機に乗った経験は少ないのですが
稲妻を見下ろした事があります。
飛行機が大揺れでシートベルトサインが付いていて
稲妻が雲と絡んでとても美しい風景なのに,あまり楽しめませんでした。
一度、コックピットという場所で空を眺めてみたいですね~

  1. URL |
  2. 2008/09/06(土) 14:20:10 |
  3. 足袋ネコ #6V87/fGE
  4. [ 編集]

ありがとうございます

 足袋ネコさん、こんにちは。

 ありがとうございます。

 風呂敷マントは、楽しかったです。
 ジャングルジムの中段は、結構な高さです。
 僕は、自宅前の駐車場のコンクリート塀に登って飛び降りていました。

 飛ぶ夢は楽しいですね。
 僕は何故か低空飛行で、ふらふら飛ぶ場合が多いです。
 水中にいるような感じ…これは楽しいです。

 稲妻が雲と絡んで美しい…同感です。
 稲妻は見えませんでしたが、雲が部分的に光る様子を見たことがあります。
 眼下の雲がピカッと光って不思議な雰囲気があります。

 コックピットで空を眺めたらきれいでしょうね。
 前方をさえぎるものが一つもありません。
 真っ青な空と真っ白な雲…想像するだけでもワクワクします。
  1. URL |
  2. 2008/09/06(土) 22:59:25 |
  3. NOBU #bf2PXrYQ
  4. [ 編集]

画像素晴らしいですね。
雲海見るといつもなんか「歩けそう」って思っちゃいます。笑
ドビュッシー聴きながらなんてとても贅沢ですね。
素敵な画像ありがとうございました。

プロフィールのところに「相互リンク大歓迎です。」と書いてあったんで、
相互リンクして頂けないでしょうか?
よろしくお願いします。
  1. URL |
  2. 2008/09/11(木) 21:42:15 |
  3. こんこんぶつゆ #-
  4. [ 編集]

ありがとうございます

 こんこんぶつゆさん、こんにちは。

 ありがとうございます。

 飛行機が離陸します。雲の中を通り抜けて青空が見える瞬間が好きです。
 写真の雲はかなり分厚いです。
 本当に歩けそうな感じがしますね。

 僕はクラシックには明るくないですが、ドビュッシーは好きな作曲家です。
 「月の光」を聴くと、気持ちが静かになります。

 リンクの件、どうもありがとうございます。
 僕の方でも喜んでリンクさせていただきたいと思います。
 よろしくお願いします。
  1. URL |
  2. 2008/09/11(木) 23:34:29 |
  3. NOBU #bf2PXrYQ
  4. [ 編集]

リンクありがとうございました。

ブログタイトルが長くて収まりが悪い場合は、
「洋楽×洋楽」か「こんこんぶつゆの洋楽紹介サイト」のどちらかでお願いします。

確かに「月の光」を聴くと、気持ちが静かになりますよね。

ときどき遊びにきます。ありがとうございました。
  1. URL |
  2. 2008/09/11(木) 23:58:41 |
  3. こんこんぶつゆ #-
  4. [ 編集]

よろしくお願いします

 こんこんぶつゆさん、こんにちは。
 
 こちらこそ、リンクありがとうございます。

 特におさまりが悪いということはないと思いますので、このままにしておきます。

 僕も、また寄らせていただきます。
 よろしくお願いします。
  1. URL |
  2. 2008/09/12(金) 12:57:18 |
  3. NOBU #bf2PXrYQ
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://movieboxnobu.blog113.fc2.com/tb.php/309-524e243d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NOBU

Author:NOBU
【徒然なるままDIARY】にようこそ!

 映画、音楽、カメラ、写真、美術、小説、旅行、グルメ等…好奇心が旺盛です(これだけが取り柄です)。

 相互リンク大歓迎です。よろしくお願いします。
 
 気軽にご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する