【徒然なるままDIARY】

映画、音楽、写真(カメラ)、ネコ、旅行、絵画、オーディオ等…作者「NOBU」の興味があることを書きます。

好き勝手に撮ります②

 先日、尾道の写真を整理してみた。

 と言うわけで、尾道の写真を少しだけアップしようと思う。

夏の尾道①
(ニコンF3HP、Aiズーム・ニッコール25-50ミリF4)

 志賀直哉の旧居。ここから眺める景色は素晴らしい。

夏の尾道②
(ニコンF3HP、Aiニッコール28ミリF2.8)

 何故、壁掛時計が外にあるか…不思議だ。時が止まっているようだ(そういう意味では尾道らしい)。

夏の尾道③
(ニコンF3HP、Aiズーム・ニッコール25-50ミリF4)

夏の尾道④
(ニコンF3HP、Aiズーム・ニッコール25-50ミリF4)

 御袖天満宮境内で撮影。

夏の尾道⑤
(ニコンF3HP、Aiズーム・ニッコール25-50ミリF4)

 尾道のネコは比較的スリムなのが多い。

夏の尾道⑥
(ニコンF3HP、Aiズーム・ニッコール25-50ミリF4)

夏の尾道⑦
(コンタックスT2)

 昔と違うのは、橋が2本かかっているところだ。
 遠くだとからわからないが、こうしてみるとよくわかる。

夏の尾道⑧
(コンタックスT2)

夏の尾道⑨
(コンタックスT2)

 夏の尾道は暑くて大変だけれど、また訪れてみたい。

 ご覧になっていただき、ありがとうございました。

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/08/21(木) 06:53:00|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<最強伝説~ポン吉・ユキマル軍団~ | ホーム | ある日どこかで>>

コメント

尾道いいですね

お早うございます。

もう1ヶ月もすると、探索も気持ちよく行えるのでしょうが。
この暑さも、また来たいと言った言葉になるいい感じの町ですね。

ただ、あの坂とこの暑さは私には少し?だいぶん無理みたいですが。

何時も、何かを思い出させてくれるいい空気なんです、この場所は。

9月の後半に、私も再度行く予定です。
  1. URL |
  2. 2008/08/21(木) 08:05:47 |
  3. 乃楽里来裸狸 #-
  4. [ 編集]

こんにちは

振り子時計!、今では骨董価値がありそうですね。
私は新築した時に古い家から取り外して新しい家に
掛けようとしましたが、インテリアとしてのバランスが
今一と感じたので、ゼンマイを緩めたまま押入れに
保管し眠らせたままの状態で今日に至っております。

尾道は仕事で、年に一度程度行くことがあります。
古い方の橋はそのまま島人の生活道としてそのまま
残されていますね、私はどちらも渡りましたよ。

特に下から二番目の写真は尾道らしい、勾配のある
景色に惹かれました。とても素敵だと思います。
何時か、仕事ではなくプライベートで訪れたい地です。
当然、カメラを担いで・・・
  1. URL |
  2. 2008/08/21(木) 11:54:26 |
  3. 伊織 #4DOcPobI
  4. [ 編集]

ありがとうございます

 みなさん、こんにちは。

 >乃楽里来裸狸さん

 ありがとうございます。

 広島からでしたら、尾道はお休みの時に通える距離ですね。
 うらやましいです。

 夏の尾道は暑いです。
 どこも暑いのでしょうが…古寺めぐりは、階段や坂を上り下りします。
 頭をさえぎるものはありませんから、汗を流しながら歩くことになります。

 暑さが一段落したら、気持ちよく散策出来るでしょうね。

 ブログで尾道の写真を拝見出来るのを楽しみにしています。

 >伊織さん

 ありがとうございます。
 
 うちの居間には、骨董品というべき振り子時計があります(写真の時計よりもはるかに古いものです)。
 当初は、SEIKO製の最新式電波時計があったのですが…家内の趣味で交換されてしまいました。
 うまく調整すれば、かなり精度が出ますが…定期的にゼンマイを巻かなくてはなりません。

 伊織さんの振り子時計は、休眠状態ですか。
 インテリアとの相性がありますよね…。

 3年前に訪れた際、向島の民宿に泊まりました。
 ホテルだと味気ないですし、旅館だと夕食を外で食べられません。
 新旧の橋を僕も渡りました。使い分けがなされているのですね。

 お仕事で尾道に行かれるとのこと。
 デジタル一眼レフは、そっとバッグに入れてというレベルではありませんね。
 プライベートで行きたいというお気持ち、よくわかります。

 >みなさん

 少しずつブログに寄らせていただいていますが、時間的に難しいものがあります。
 今週末は時間をとれそうです(楽しみにしています)。

 それでは。
  1. URL |
  2. 2008/08/21(木) 16:57:05 |
  3. NOBU #bf2PXrYQ
  4. [ 編集]

尾道の記憶

NOBUさん こんばんは

尾道は観光で一度行ったことがあります。
随分昔なので、記憶も薄れかけていたのですが、写真を拝見しその時の雰囲気を思い出しました。
  1. URL |
  2. 2008/08/21(木) 22:04:44 |
  3. クロチャン #-
  4. [ 編集]

NOBUさん

いいですね。
尾道の雰囲気が、空気が写真から溢れています。
尾道を感じられます。
  1. URL |
  2. 2008/08/21(木) 22:32:58 |
  3. コロ #HSo7gLBY
  4. [ 編集]

こんばんは。

NOBUさん、お邪魔します。

色々な写真を見たり、テレビで見たり・・・
結局一度も行ったことがありません。

坂が多く、風情ある町並みなのですね。一度は行かなくては・・・と思い
長い年月が経ってしまいました。
NOBUさんの写真を見ていて、行きたくなりました。
  1. URL |
  2. 2008/08/21(木) 23:13:49 |
  3. わっち #-
  4. [ 編集]

夏の尾道もいいですね。
NOBUさんと同じ場所を僕も訪れたのに、写真の撮り方が全く違うことが興味深いです。

名前は失念しましたが、志賀直哉邸の近くに物凄いカメラマニアの方がお住まいなんですよね。
家がそのままカメラ博物館になっているような。
ずっと写真に撮ってたい。そんな魅力のある街だと思います。
また行きたいな。
  1. URL |
  2. 2008/08/21(木) 23:16:11 |
  3. スメハッチャン #-
  4. [ 編集]

ありがとうございます

 みなさん、こんにちは。

 >クロチャンさん

 ありがとうございます。

 今回アップした写真は…尾道らしいのは少しですね。
 観光でいらしたことがあるんですね。
 クロチャンさんが、現在の尾道にいらっしゃったら…駅前は驚かれると思います。
 再開発でかなりかわりました。

 尾道らしさと、利便性のバランスとりが尾道の課題のような気がします。

 >コロさん

 ありがとうございます。

 尾道は、それほど大きくない街ですが、何度歩いても新しい発見があります。
 ここ数年は、尾道を盛り立てようという活動が活発で、以前にはない新しいカフェを見つけたりします。
 そうそう…思い出しました。数年前まで尾道駅前に「尾道松竹」という映画館があったのですが、閉館になってしまいました。尾道に映画館を作る活動がありまして…「尾道松竹」に常設館が出来る予定です。

 尾道は映画、文学、美術の街でもあります。
 文化的なところが素敵です。

 >わっちさん

 ありがとうございます。

 僕のところよりも、わっちさんの方が尾道に近いですが…それでも、やはり遠いですね。
 被写体の宝庫ですから、機会がありましたら、尾道はおすすめです。

 尾道の楽しみは色々あると思いますが…食べ物が美味しいです。
 瀬戸内の魚介や、尾道ラーメンは美味しいです。

 >スメハッチャンさん

 ありがとうございます。

 同じオバQの十円木馬を撮っていましたね。
 あれは尾道の名物になっていると思います。

 撮り方に個性の違いが出ますね。
 ここが写真の面白いところだと思います。

 確か、ロシア製のカメラ等を収集されている方がいらっしゃいました。
 見学した記憶があります。
  1. URL |
  2. 2008/08/21(木) 23:46:13 |
  3. NOBU #bf2PXrYQ
  4. [ 編集]

ある日どこかで
NOBUさんの記事を読ませていただいていたら
また 観たくなりましたょ。。

確かに
懸命に生きるほど 
真摯に見つめるほど
辛いほうへ ココロが強く振れてしまうとき
あるかもしれませんね
だけど
だから
強く しなやかに 生きることができる
わたしも
そう 信じたい

尾道の猫^^*
NOBUさんの猫フォトは
とっても いい貌 いい目してますね~~♪
  1. URL |
  2. 2008/08/22(金) 22:57:10 |
  3. 吟遊詩人☆ #-
  4. [ 編集]

ありがとうございます

 吟遊詩人さん、こんにちは。

 ありがとうございます。

 「ある日どこかで」はDVD化されています。
 僕はビデオやDVDでしか観たことがないのですが…一度映画館で観てみたいです。

 人を想う気持ちが強ければ…辛い方向へ向くこともあります。
 しかし、そうではない、別の形のものもあると思います。
 「ある日どこかで」で描かれたものは、一つの形であって絶対ではありません。

 ロバート・レッドフォードは、子供の頃は映画(撮影所)が大嫌いだったそうです。
 嘘っぱちの空の書き割り…本物ではない空が嫌だったそうです(今はたぶん違うと思いますが…)。

 映画は、嘘の中で真実を描く芸術だと思います。
 真実にもいろいろとありますが…「ある日どこかで」で描かれる人を想う気持ちは嘘ではないと、僕は思いました。

 尾道にはネコがたくさんいます。
 「何だこいつ」という顔しているでしょう。
 必要以上に警戒するでもなく…「ちょっと見たことがない顔だな」と心中つぶやいていると思います。
  1. URL |
  2. 2008/08/23(土) 00:34:45 |
  3. NOBU #bf2PXrYQ
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://movieboxnobu.blog113.fc2.com/tb.php/301-35f77195
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NOBU

Author:NOBU
【徒然なるままDIARY】にようこそ!

 映画、音楽、カメラ、写真、美術、小説、旅行、グルメ等…好奇心が旺盛です(これだけが取り柄です)。

 相互リンク大歓迎です。よろしくお願いします。
 
 気軽にご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する