FC2ブログ

【徒然なるままDIARY】

映画、音楽、写真(カメラ)、旅行、絵画、オーディオ等…作者「NOBU」の興味があることを書きます。

火曜日でも好き勝手に書きます

 荻窪の某有名中華そば店でのこと。普通のラーメンが1杯千円近くもするが、東京ラーメンの代表的存在で世評では「絶対的名店」とされている。僕が入った後に、中年男性と若い女性のカップルが入ってきた。どうやら中年男性は常連らしい。フランクに店員さんに声をかけるが忙しい店員さんはそこそこの挨拶&返事。中年男性は超有名店の常連であることを女性に自慢したいのだろう。店にまつわるうんちくを披露している。それだけならいいのだが、「どうだ」と言わんばかりに僕や他の客のことをチラ見する。よくこんなラーメンが好きだよな…と感心こそしろ、名店の常連である嬉しさはあまりよくわからない。正直、高くてまずい!(某H屋)。コシがなくうま味調味料のパンチがきいていて、植物油を浮かしているような…とにかく油っぽい(脂っこいのではない)。もし、このお店のファンがいらっしゃったら申し訳ないが、僕の口には合わなかった。

 今は豊洲に移転したが、築地市場にあった時によく入った中華F店。経営者がかわって、味がよくなったらしいが僕の記憶にある以前のFの醤油ラーメンはすごかった。何しろ、本当に「醤油の味」しかしない。そう、生醤油ラーメンとでも言いたくなるほど、ダシの味がしない。麺にはコシという概念がない。ここの醤油ラーメンこそ、その名の通りの味だと言いたい。今は結構普通にダシがきているらしい。残念無念。まずくても何故かそこそこ客が入る代表的な店だった。

 築地で思い出した。場外にあった超有名ラーメン店「i」。数年前の火事で店は全焼した。僕はこの店で数回食べているが、ある意味エライと思う。メディアではチャーシュー麺と言ってもいいぐらいの内容で、サッパリして美味しいと紹介される。僕がエライと思うのは客の目の前で、仕上げに魔法の白い粉をたっぷりふりかけること。隠すどころか、うちはこれだけ入れていますよと明示している潔さ。そうでありながら嫌な後味がしない。白い粉をガシガシ入れていてこのサッパリ感は稀有だと思った。しかし、立ち食いで食べる方のために、スープの温度をやけどしない程度に低くしているところがマイナスポイントだった。立ち食いの限界だろう。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2020/04/07(火) 22:08:00|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<木曜日でも好き勝手に書きます | ホーム | 続・日曜日でも好き勝手に書きます>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://movieboxnobu.blog113.fc2.com/tb.php/2255-898af067
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NOBU

Author:NOBU
【徒然なるままDIARY】にようこそ!

 映画、音楽、カメラ、写真、美術、小説、旅行、グルメ等…好奇心が旺盛です(これだけが取り柄です)。

 相互リンク大歓迎です。よろしくお願いします。
 
 気軽にご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する