FC2ブログ

【徒然なるままDIARY】

映画、音楽、写真(カメラ)、旅行、絵画、オーディオ等…作者「NOBU」の興味があることを書きます。

金曜日でも好き勝手に書きます

 メキシコでは、3リットルのペット・ボトルに入ったコカ・コーラが売られている。どんなにコーラ好きなのかと思っていたが、メキシコのコカ・コーラは日本のものと違うそうだ。何でもメキシコのコカ・コーラはサトウキビから作った砂糖が用いられているが、日本のコカ・コーラはコーンシロップ(果糖ぶとう糖液糖)で甘みがつけられている(アメリカのコカ・コーラも同様)。メキシコのコカ・コーラはさっぱりしていて、とても美味しいそうだ。

 スーパーやコンビニで売っている、紙パック入のジュースを美味しいと思われるだろうか?
 ご存知の通り、100%果汁と書かれていても、「濃縮果汁還元」であって、元の果汁ではない。果汁を濃縮するのはコスト削減(物流・保管費等)のためだ。濃縮後の果汁は水飴のような濃度になる。それに水を加えて100%にする。国産でも輸入品でも一部の缶ジュース等に「ストレート果汁」のものがある。値段は高くなるが、味や香りは濃縮したものと大きな差があると思う。

 一部のファミリー・レストラン等で、(ベンディング・マシンで供される)ジュースが100%果汁なのに薄く感じたことはないだろうか?
 ベンディング・マシンで供される際、濃縮果汁が希釈されるが、希釈時の濃度を下げれば味は薄くなるがコストは下がる。意図的な設定かどうかはわからないが、コスト優先経営の店ならばありえると思っている。

 昔、吉野家が事実上倒産したことをご存知だろうか。牛丼の原材料に一部、乾燥肉・乾燥調味料を用いて味が落ちて客離れが起きた。物流費等のコスト削減を狙ったのだろうが、単純な料理だからこそ客にはすぐわかったのだろう。もちろん、今はチルドのアメリカ産バラ肉が使われている。

 コスト削減と味の両立は難しい。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2019/10/18(金) 20:13:27|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<土曜日深夜でも好き勝手に書きます | ホーム | 伊豆の国市>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://movieboxnobu.blog113.fc2.com/tb.php/2167-fb7b762c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NOBU

Author:NOBU
【徒然なるままDIARY】にようこそ!

 映画、音楽、カメラ、写真、美術、小説、旅行、グルメ等…好奇心が旺盛です(これだけが取り柄です)。

 相互リンク大歓迎です。よろしくお願いします。
 
 気軽にご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する