FC2ブログ

【徒然なるままDIARY】

映画、音楽、写真(カメラ)、旅行、絵画、オーディオ等…作者「NOBU」の興味があることを書きます。

金曜日でも好き勝手に書きます

 映画「未知との遭遇」は、今はなき「新宿プラザ劇場」で70mm版をD150方式(新宿プラザ劇場独自の方式)で観た。
 あの時の感動は忘れられない。映画を鑑賞したというより体験したと言う方が適切だろう。

 その後、「特別篇」も観たが、こちらは観るまでもなかった。ラストでUFOの内部が映し出されるが、映画的には意味がない。
 また、35mmフィルム・ビスタ・ビジョンで上映されたのには本当にガッカリした。映画が小さくなった。

 実は近年、一部だが、70mm映画に再び光が当たっている。

 平成生まれの方は、LPレコードという言葉を聞いたことはあっても実際に見たり、手にしたことはないかもしれない。
 しかし、こちらもかなり盛り上がっている。海外はもちろん、国産メーカーからもLPプレイヤーの新製品が続々と新発売されている。ダイレクト・ドライブの老舗、テクニクスは昨年からもう何機種、新製品を発売しているだろうか。ヤマハのGT-2000は僕も保有しているが、今年、GT-5000の発売が予定されている。ごつい、GTプレイヤーだが、新製品はベルト・ドライブだ。ティアック、オーディオテクニカ、デノン、ラックスマン等、手頃なモデルから高級モデルまで手に入る時代だ。もちろん、カートリッジも健在だ。カートリッジの高級モデルとなると、50万円を超えるものも珍しくない。

 先日、レコード針(交換針)で有名なナガオカから、カセットテープの新製品が発売された。カセット・デッキはさすがに新製品の発売はないが、中古の良品は高値で取引されている。手軽さ、目新しさからか、若者にカセットテープが人気なのだそうだ。

 フィルム・カメラも再人氣とのこと。ライカはフィルム・カメラのM型の新製品をちょっと前に発売した。フィルムの独特な発色等がこれまた若い世代に受けているとのこと。インスタ映えするのだろう(恥ずかしながらインスタグラムをやっています)。個人的には良質なフィルム・スキャナーを入手出来たら、またフィルム・カメラを使いたいと思っている。もちろん、フィルム代、現像代等、撮るのにお金が必要だが、フィルムで一枚を大事に撮る充実感は捨てがたい。

 さて、様々なアナログ的機材等が再人氣だが、もちろん、主流はデジタルに決まっているが良質なデジタル写真や音楽が高級なアナログの感触に近づくというのが面白い。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2019/08/02(金) 20:54:01|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<火曜日でも好き勝手に書きます | ホーム | 気功動画をお試しあれ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://movieboxnobu.blog113.fc2.com/tb.php/2134-b535babc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NOBU

Author:NOBU
【徒然なるままDIARY】にようこそ!

 映画、音楽、カメラ、写真、美術、小説、旅行、グルメ等…好奇心が旺盛です(これだけが取り柄です)。

 相互リンク大歓迎です。よろしくお願いします。
 
 気軽にご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する