FC2ブログ

【徒然なるままDIARY】

映画、音楽、写真(カメラ)、旅行、絵画、オーディオ等…作者「NOBU」の興味があることを書きます。

日曜日でも好き勝手に書きます

 僕はドラマを見ないので、当然、「朝ドラ」も見ない。

 朝ドラで安藤サクラが人気とのこと(たぶん現時点では古めの情報だろう)。映画「 百円の恋」を観て、主演の安藤サクラは天才ではないかと思った。 「万引き家族」の安藤サクラもよかったが、100円ローソン的な店の、やや暗めの店内のような映画の雰囲気もよかったし、演技のうまさというべきなのか、場末感とでも言いたくなる「空気」を醸し出しているところが素晴らしかった。

 ちなみに、ダイソーのような100均ショップと、100円ローソンのような店は全く別物だと思う。
 前者の店内は明るい。後者の店内は、客にそれとわからない程度に照明が控えめだ。客の意識も違うのではないか。

 「空気」で思い出したが、数年前にDVDで観た「空気人形」が素晴らしかった。この作品も「万引き家族」の是枝監督作品だが、個人的には「空気人形」の方が僕の琴線に触れた。未見の方がいらっしゃるだろう。どんな映画かは書かない。

 母は晩年、認知症だった。インフルエンザで倒れてから認知症が急激に進んだ。
 認知症だと、喜怒哀楽が薄くなるのだろうか。母は朝起きて、看護師さんに髪を整えてもらったそうだ。いつもと同じように元気だったそうだ。もちろん、そうは言っても重度の認知症患者としての元気だ。それからベッドに横になった。

 看護師さんが次に母を看た時は、息をしていなかったそうだ。
 誰かが母の認知症をすすめて、よくがんばったご褒美で、眠ったように死なせてくれたのではないか…こんなことを思った。

 少し前に、弟がこんなことを言った。
 「お兄ちゃんは絶対に一人で生活出来ないね」

 だらしないから、そうかもしれない。
 「でも、最後は孤独死かもしれないな。死んで液体になって人に迷惑をかけたくないけどな」
 と、独り言のように弟に話す。

 もう10数年になるだろうか。家族同然の叔父が亡くなり、父、家内、母が亡くなった。
 順番からすると、次は僕になるが、憎まれっ子世にはばかるからか、まだもう少しだけ時間がありそうだ。

 人が生きていること、感情があること…それがどんなに奇跡的なことかは、よくわかった。
 僕の意識や感情が薄れていく時は、神様(?)のご褒美なのだろうか。

 ふだん、いつも起きてんだか眠ってんだかかわからないようなヤツだから、その日が来ても自分で気づかないうちに息を止めるような気がする。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2019/06/09(日) 22:38:02|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フル・ファルセット唱法 | ホーム | きっと咲く>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://movieboxnobu.blog113.fc2.com/tb.php/2128-b1fbf438
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NOBU

Author:NOBU
【徒然なるままDIARY】にようこそ!

 映画、音楽、カメラ、写真、美術、小説、旅行、グルメ等…好奇心が旺盛です(これだけが取り柄です)。

 相互リンク大歓迎です。よろしくお願いします。
 
 気軽にご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する