【徒然なるままDIARY】

映画、音楽、写真(カメラ)、ネコ、旅行、絵画、オーディオ等…作者「NOBU」の興味があることを書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

軽井沢旧三笠ホテル

 軽井沢のクラシック・ホテルと言えば、現在営業はしていないが、旧三笠ホテルをはずせないと思う。

 昭和45年まで営業していたとのこと。ここも相当高級なホテルだったと思うのだが、客室数30に対して定員は40人だった…となると、シングル利用が多いということが考えられる。実際に客室を見学すると、意外に狭いことがわかる。

 木造西洋建築だが、どこか万平ホテルに似ている感じがしないでもない。調べたところ、実業家の山本直良氏(指揮者の故山本直純氏の祖父)は、ホテルの監督を佐藤万平氏(万平ホテルの主人)に依頼し、商売敵になるはずのホテルを建てるに当たって、万平ホテルも建てた小林代造氏(何でも軽井沢一の棟梁だそうだ)を紹介したそうだ。
 う~ん…万平さんがどのような気持ちで監督を引き受けたのかわからないが、さすがというか、素晴らしいと思う。

 三笠ホテルと万平ホテルの相似は、棟梁が同じだということで得心した。

 ところで、三笠ホテルの経営は、軽井沢駅までの送迎を黒塗りの馬車で行う等、非常に高級なサービスだったからか…経営は赤字続きで大正14年に手放され、昭和45年にはホテルとしての営業に幕を下ろすことになったそうだ。

 こんな高級ホテルが軽井沢にあったのだ…と、往事の華やかな様子を思い浮かべた。


(コンタックスT2)

旧三笠ホテル正面


旧三笠ホテル廊下


旧三笠ホテル窓

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2007/07/19(木) 12:39:21|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<病院に殺されるな | ホーム | 軽井沢万平ホテル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://movieboxnobu.blog113.fc2.com/tb.php/21-50eb0a13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NOBU

Author:NOBU
【徒然なるままDIARY】にようこそ!

 映画、音楽、カメラ、写真、美術、小説、旅行、グルメ等…好奇心が旺盛です(これだけが取り柄です)。

 相互リンク大歓迎です。よろしくお願いします。
 
 気軽にご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。