【徒然なるままDIARY】

映画、音楽、写真(カメラ)、ネコ、旅行、絵画、オーディオ等…作者「NOBU」の興味があることを書きます。

山の日でも好き勝手に書きます

 某番組での大林監督の言葉。

 「キズも表現者にとってはプラス」
 余命宣告された際、思ったとのこと。

 ガン細胞のみを標的にする新しい抗ガン剤が効いて、余命未定となります。
 「あと、30年は映画を撮ります」

 ポジテイブなんていう言葉を超越しています。
 死が間もない事を宣告された上でこういう事を思えるでしょうか。
 僕でしたら混乱しかないと思います。

 家内もすごい人でした。
 病気で倒れる前に、死について自分なりに整理がついていると語っていました。

 僕はまだまだです。
 心のキズをまだひきづっています。
 敬愛する大林監督から何を学んだのでしょう?

 今日は山の日です。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2017/08/11(金) 22:33:57|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
| ホーム | 火曜日でも好き勝手に書きます>>

コメント

ダ~も余命3ヶ月と言われてから自身がやっておかなくては
ならない事をやって行きました。
しかし、3か月が1か月となってしまいましたが、歩ける内に
私が路頭に困らないようにと色々な書類の整理までやって
行ってくれました。
喧嘩ばかりしていた夫婦でしたが、最後は本当に素晴らしい
ひとでした・・
自分の時にもダ~を見習って、家族が困らないようにして
行こうと勉強させられたものです。

でも、でもまだ一緒に居たかった・・・
  1. URL |
  2. 2017/08/12(土) 10:16:30 |
  3. 星峰 #rdwG4C.k
  4. [ 編集]

ありがとうございます

 星峰さん、こんにちは。

 ありがとうございます。

 コメントを読ませていただき、ぐっとくるものがありました。
 終活を実践されたご主人…すごいです。なかなか出来ないと思います。
 これこそ、本当の思いやりですね。素晴らしいです。

 一緒にいたかった…涙が出てきます。お気持ち、痛いほどわかります。
 よく、守ってくれている、元気でいれば故人も喜んでいるとおっしゃる方がいらっしゃいますが、配偶者を亡くした側としては「一緒にいたかった」「もっと話をしたかった」と思うだけではないでしょうか。慰めの言葉はありがたいですが、大切な方を亡くした喪失感や悲しみは自分で解決するしかありません。

 僕も見習って終活をしたいところですが、整理する必要があるものがほとんどないので、どうしたものかと思ってしまいます。終活不要かもしれません。
  1. URL |
  2. 2017/08/12(土) 23:20:55 |
  3. NOBU #bf2PXrYQ
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://movieboxnobu.blog113.fc2.com/tb.php/2076-8293e2fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NOBU

Author:NOBU
【徒然なるままDIARY】にようこそ!

 映画、音楽、カメラ、写真、美術、小説、旅行、グルメ等…好奇心が旺盛です(これだけが取り柄です)。

 相互リンク大歓迎です。よろしくお願いします。
 
 気軽にご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する