【徒然なるままDIARY】

映画、音楽、写真(カメラ)、ネコ、旅行、絵画、オーディオ等…作者「NOBU」の興味があることを書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ラーメン博物館

 もうだいぶ前になるが…出張の帰りに、ふと「新横浜ラーメン博物館」に寄りたくなって新幹線を新横浜で降りた。

 館内は昭和33年の下町を再現している。
 確かに「にせもの」なのだが、何故か懐かしい気持ちに包まれる。

(オリンパスOM-1、OMズイコー28ミリF2.8MC)

ラーメン博物館①

 東宝特撮映画はかなり観た。看板は雰囲気がとてもよく出ている。

ラーメン博物館②

 この写真だけを見たら、どこかわからないと思う。

ラーメン博物館③

 「三丁目の夕日」の世界に通じるものがある。

ラーメン博物館④

 にせものだけれど、この世界を作った人の気持ち・情熱があるからこそ、どこか感じるものがあるのだと思う。

ラーメン博物館⑤

 これまた(言われないと)どこの街かわからない。よく出来ている。

ラーメン博物館⑥


ラーメン博物館⑦


新横浜

 外に出ると、現代の「新横浜」に戻る。
 
 昭和は遠くなったか?
 いやいや、そうではない。
 僕は、人の心の中にあると思う。

 ご覧になっていただき、ありがとうございました。

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/28(月) 23:16:33|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<【衝撃スクープ】ポン吉ヤンキー時代の写真発見 | ホーム | 尾道の猫>>

コメント

青梅もおもしろかったです

ラーメン館の古い町の再現もおもしろそうですね。残念ながら行ったことはありませんが・・・。町並みではありませんが、青梅は町おこしで、町中に古い映画の看板を掲げていました。車で通り過ぎただけでしたが、結構惹かれました。
  1. URL |
  2. 2008/04/28(月) 23:47:54 |
  3. ueda #-
  4. [ 編集]

こんばんは

もう6、7年経ちますかね。
開設当初、並んで行きました。
最初の頃の出店には無条件で全部味見しました。
もちろん、併設している駄菓子屋も行きました。
細部に渡って様々な演出がありましたね。
30年代を生きたことはありませんが
次の40年代を経験した者にとっても懐かしく思いました。
現代の新横ですが
写真の新横プリンスホテルは宿泊したことがあります。
この辺では眺めもよく
横浜全体を見渡せます。
新横は日産スタジアムがあり
2002年にはワールドカップで盛り上がりました。
開催中、付近のコンビニは一日におにぎりが
千個単位で売れたようで
バイト代も破格だったみたいです。
(バイト経験者から聞きました)。
しばらく新横には行っていませんが
街自体も懐かしく思えました。
素敵な写真です。
  1. URL |
  2. 2008/04/29(火) 01:35:36 |
  3. さすらい #-
  4. [ 編集]

NOBUさん

家から道路が空いていれば15分くらいで行ってしまうところなのですが一度も入ったことが
ありません。
一度だけ暑いときに、今なら比較的人が少ないだろうとカミさんと行ったのですがすごい行列
でした。炎天下に並ぶのも嫌ですごすごと帰ってきました。

横浜に住んでいて行ったことがないというのも嫌だし、話の種に一度は行ってみたいと思って
います。
  1. URL |
  2. 2008/04/29(火) 07:20:50 |
  3. コロ #HSo7gLBY
  4. [ 編集]

こんばんは(*´∀`)ノ

このところ昭和レトロが人気ですよね。
スマイリーも昭和の雰囲気が懐かしいです。
昭和30年代~40年代よりも現在の方が圧倒的に豊かな暮らしだと思いますが、なぜか昔の方が楽しかったように感じるのは自分だけでしょうか。
最後の写真にハッとさせされました。
まさしく現代を象徴する風景ですね。
スマイリーの心の中にもきっと昭和は残っていると思います☆
  1. URL |
  2. 2008/04/29(火) 21:21:02 |
  3. スマイリー #y4xOulEw
  4. [ 編集]

こんばんは

タイムスリップしたような、不思議な感覚になりました。
忠実な再現なのでしょうね。ネットもケータイも無かった当時の娯楽は映画館だったのでしょうか。
ニコン「F」が誕生したのは昭和30年代だったのですね。夢中になって調べました。
  1. URL |
  2. 2008/04/29(火) 22:03:05 |
  3. 伊織 #4DOcPobI
  4. [ 編集]

ありがとうございます

 みなさん、こんにちは。

 >ueda君

 ありがとうございます。

 青梅は面白いですね。
 昨年、春というにはまだ早い時期でしたが、青梅をぶらっと歩きました。
 赤塚不二夫会館や昭和レトロ商品博物館等を見学しました。
 中でも、やはり映画の看板が面白いですね。
 街のいたるところに掲げてある映画看板を見て、とても嬉しくなりました。

 「ラーメン博物館」は、独特な雰囲気があって面白いです。

 >さすらいさん

 ありがとうございます。

 「新横浜ラーメン博物館」が出来てからもうそんなになりますか。
 僕は、写真を撮ったときは一杯程度しか食べませんでしたが、その次に訪問したときはミニサイズのラーメンを何店舗かでいただきました。

 館内の工夫・演出は面白いですね。
 写真にもありますが、街の路地みたいなところもあります。
  
 新横浜プリンスホテルは、新横浜のランドマークですね。
 宿泊したことはありませんが、上層階はとても眺めがよさそうです。

 >コロさん

 ありがとうございます。

 コロさんは、横浜をよく撮っていらっしゃいますね(写真をいつも楽しみにしています)。灯台もと暗しと言いますか、地元だとなかなか足を運びにくい面があります。

 僕が最初に入ったのは平日の夕方でした。
 空いていました。これが土、日曜日となると大変なんでしょうね。

 >スマイリーさん

 ありがとうございます。

 「3丁目の夕日」シリーズが大ヒットして、昭和レトロがブームから定着したような感があります。

 現代は圧倒的に便利ですし、モノも豊富です。
 僕が子供の頃は、100%のジュースはありませんでした。初めて100%のジュース(ポン・ジュースが初めてだったような気がします)を飲んだときの感激は忘れません。今は当たり前ですね…。不便だからこそ、知恵をはたらかせたと思います。
 コンビニがないから、正月用の食材(パン等)を買っておきます。近所の酒屋に、一升瓶をもって醤油やソースを買いに行きます(小学校の2~3年まではこうしていた記憶があります)。プラスチックのゴミは出ません。酒屋の方とのコミュニケーションもあります(味噌がないと隣にかりにいくのは、不便だからこそ生まれるコミュニケーションでしょうね)。人とのつながりが密にあって、楽しさにつながっていたような気がします。

 >伊織さん

 ありがとうございます。

 僕が物心がついた頃は、既に斜陽産業だったようですが…それでも、地元には映画館が2館ありました(今はありません)。
 昭和20年代の後半から昭和30年代の半ば頃までが日本映画の最盛期だったと思います。この頃に、「七人の侍」「東京物語」「ゴジラ」は製作・公開されています(「七人の侍」「ゴジラ」が昭和29年、「東京物語」が昭和28年公開です)。もはやクラシックと言っていい名作が生まれた時代です。

 ニコンSPからニコンFへの流れ、誕生もこの時期ですね。
  1. URL |
  2. 2008/04/30(水) 13:01:18 |
  3. NOBU #bf2PXrYQ
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://movieboxnobu.blog113.fc2.com/tb.php/206-21ce677a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NOBU

Author:NOBU
【徒然なるままDIARY】にようこそ!

 映画、音楽、カメラ、写真、美術、小説、旅行、グルメ等…好奇心が旺盛です(これだけが取り柄です)。

 相互リンク大歓迎です。よろしくお願いします。
 
 気軽にご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。