【徒然なるままDIARY】

映画、音楽、写真(カメラ)、ネコ、旅行、絵画、オーディオ等…作者「NOBU」の興味があることを書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日曜日でも好き勝手に書きます

 オカルト、超常現象の特別なファンではない。僕は、多少興味がある程度だと思う。

 それにしても世の中は知らないことに満ち溢れている。
 1万年以上前から、月や火星で建造物があり、知的生命体なのかわからないが、何かが活動していたのかと思うと好奇心が刺激される。いや、これは現在進行形なのだろう。

 月面に長方形の穴が見つかった。何のためだろうか?
 自然に長方形に穴が開くものだろうか。

 NASAの映像にもあるが球形の物体は何なのだろう?月の裏側の映像には気味が悪いぐらいにこの球形の物体がウヨウヨしている。このような物体が映像に映り込まないように、宇宙飛行士が手でレンズを隠そうとしているものがある。

 未知の飛行物体や建造物、知的生命体の存在は、一般市民の不安を掻き立てる可能性があるので、NASA等は公式にはそれらの存在を認めていないのだと思う。僕は、月や火星の画像や映像を見ると、もはや「何かの存在」は信じざるを得ない。しかし、宇宙人にさらわれた、宇宙人とコンタクトがとれる、宇宙人は地球人に紛れ込んでいる等の説には首をかしげたくなる。まだ自分の目で映像や画像を確認したわけではない。月や火星の建造物的なものは、調査機等の映像・画像で確認出来る。中には人間の形をしたものが見つかることがあるが、これは人の形に似た岩かもしれない。何かと結びつける思考(志向)が強くなると、眉唾的な情報としか思えない。このようなUFO等の情報にありがちな「まがまがしさ」が月や火星に目を向けにくくさせているのではないか?

 しかし、火星で円錐形のタワーのようなものが三つ並んでいるという画像は…自然に出来たものとは思えない。
 このような映像・画像を見て、火星や月で、我々が知らない「何者」かが数万年前から活動していたかもしれないと想像するのは楽しい。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2017/02/12(日) 23:04:17|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<金曜日でも好き勝手に書きます | ホーム | 日曜日でも好き勝手に書きます>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://movieboxnobu.blog113.fc2.com/tb.php/2050-ae85c323
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NOBU

Author:NOBU
【徒然なるままDIARY】にようこそ!

 映画、音楽、カメラ、写真、美術、小説、旅行、グルメ等…好奇心が旺盛です(これだけが取り柄です)。

 相互リンク大歓迎です。よろしくお願いします。
 
 気軽にご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。