【徒然なるままDIARY】

映画、音楽、写真(カメラ)、ネコ、旅行、絵画、オーディオ等…作者「NOBU」の興味があることを書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

木曜日でも好き勝手に書きます

 お盆休みのせいか、街が静かだ。
 夕方、買い物に出かけたら虫の音が聞こえた。もちろん、セミも鳴いているが、立秋を過ぎて秋が近づいているのを感じる。

 先日、オークションでゲットした広角ズーム・レンズ(ミノルタAF24-50mmF4)は保護フィルター(MC-UV)を付けた。近々、試写しようと思う。このレンズはシャープで色乗りがよいという評判だ。レンズを眺めるとよく写りそうな気がする。

 僕は単焦点レンズを好むが、広角ズームはよく使っていた。Aiズーム・ニッコール25-50F4はお気に入りだ。明るさを無理していないせいか、シャープで開放から十分実用になる。ミノルタのレンズもほぼ同じ画角、F値なので、同じように使えるように思う。ちなみに、ニッコールはニコンF3HPに付けてニューヨークを撮った。ブログにもアップしている。初期のアーカイブで見られると思う。

 ミノルタAF50mmF1.7はとても安いレンズだが、手放せなくなっている。開放からややクールでシャープな描写で、収差も気にならない。50mmF1.4は開放はかなりソフトな描写とのこと。MFのミノルタ50mmF1.4を使っているが、確かにそんな感じがしたように思う。

 写真は面白いけれど難しい。僕は試行錯誤しながら撮っている。満足出来るように撮るのは難しいかもしれない。

 新宿のシネコン関係の事情が厳しい。歌舞伎町に真打ちともいうべき、TOHOシネマズが出来た。TOHOシネマズでも六本木は別として気合いが入っていると聞く。ピカデリーが対抗策として入場料を安くしているとのこと。これが若者に人気でピカデリーは入場者数が多いそうだ。TOHOシネマズは入場料でのサービスはあまり行っていないそうで、開館間もないが入場者数ははそこそことのこと。バルト9は厳しいと思う。立地も施設も中途半端だ。シートのすわり心地がそこそこなのにガッカリしたことがある。後発シネコンであったが、新宿初のシネコンということもあり、競合する相手がなかったことが中途半端な内容になった理由だと思う。

 タランティーノ監督の新作のプレミアム試写会は70mmフィルムで上映するとのこと。これを読んでいらっしゃる方の中で、70mmフィルムで映画をご覧になられた事がない方がいらっしゃるだろう。1960~1970年代は、SF大作等は70mmフィルムで公開されることが多かった。70mmフィルムは一般的な35mmフィルムの倍の幅があり、縦横比がワイドで画質も優れていた。しかし、アナモ・レンズの精度があがって、35mmフィルムでも横幅を圧縮して撮影し、上映時に元に戻す「シネスコ・サイズ」が一般的になった。70mmフィルムは使われなくなった。しかし、僕の記憶では70mm映画の厚みのある画質は大作には好適だったと思う。ちなみに、シネスコ・サイズは70mmフィルムよりもワイドな画面となる。ここもシネスコ・サイズが優位になった理由かもしれない。タランティーノ監督は根っからの映画マニアであり、70mmというフォーマットも見直したかったのだろう。しかし、一般公開ではデジタル上映されるとのこと。豪華なプレミアム試写会になりそうだ。

 ソニーα900を使っていて、フィルム的な描写が気に入っている。α100の方がパッと見ではシャープで派手な感じがするかもしれない。もちろん、これは設定で違ってくるのだろう。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2015/08/13(木) 23:24:42|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ミノルタAF24-50mmF4 試写 | ホーム | Night Walking 4>>

コメント

NOBUさんこんにちは。
タランティーノの映画、しかも西部劇ですか。
彼の映画では、「もう一度やってみようか」という時に、みんなで「だって映画が大好きだから!」と合唱する、というエピソードがありましたが、ほんとに映画が好きなんでしょうね。

50ミリの単焦点はレンズごとにとてもよく個性がわかるので楽しいですね。
1.7がうちでいちばん明るいレンズですが、それより無理して明るくする必要もないと思います。
そのくらいの方がやはり安定してよく写ります。
  1. URL |
  2. 2015/08/23(日) 08:43:11 |
  3. 狛 #OP.fI0wQ
  4. [ 編集]

ありがとうございます

 狛さん、こんにちは。

 ありがとうございます。

 タランティーノ監督は根っからの映画ファン(マニア)なんでしょうね。
 そんなエピソードがありますか。納得します。
 コダックの映画用フィルム製造中止をストップさせた映画監督の一人でもありますね。

 50ミリは切り取る事も出来ますし、寄るような撮り方も出来ます。よく言われることですが奥深いです。

 F1.7は大口径です。明るいレンズはもっとありますが…携行性が損なわれます。確かに、僕がよく使うミノルタのレンズも開放から画質が安定しています。
  1. URL |
  2. 2015/08/24(月) 00:12:22 |
  3. NOBU #bf2PXrYQ
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://movieboxnobu.blog113.fc2.com/tb.php/1986-9cafcaad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NOBU

Author:NOBU
【徒然なるままDIARY】にようこそ!

 映画、音楽、カメラ、写真、美術、小説、旅行、グルメ等…好奇心が旺盛です(これだけが取り柄です)。

 相互リンク大歓迎です。よろしくお願いします。
 
 気軽にご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。