【徒然なるままDIARY】

映画、音楽、写真(カメラ)、ネコ、旅行、絵画、オーディオ等…作者「NOBU」の興味があることを書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

浅草めぐり

 コンパクト・カメラをもって何度浅草を散歩しただろうか。
 フィルムを整理していたら、何本も浅草の写真が出てきた。

 浅草を歩くともやもやした気持ちが晴れる。
 僕は浅草の空気感、雰囲気を撮りたい。

(写真は数年前に撮ったものです。)

(コンタックスT2)

六区のウルトラマン

 いきなり浅草らしからぬ、ウルトラマンの勇姿。六区を歩くと必ず目に入る。ご覧になった方が多いだろう。ウルトラマンの周囲に子供がいない。リラックスした大人とウルトラマンの対比が意外に楽しい。

六区で現代的?

 六区は昔の雰囲気が残っているように思える。空を見上げてみよう。シャープな壁面が現代的…と、思ったら下町浅草らしい模様が見つかる。

魅力的な通り

 この通りの両脇には魅力的な飲み屋が並んでいる。煮込みと焼酎のゴールデン・コンビが何とも嬉しい。

浅草寺の定番

 浅草寺と言えばハトだ。僕はワンパターンを承知でハトを撮る。いいじゃないか…平和の象徴と、自己肯定する。

日がかげり出す

 日が傾くと仲見世は少しさびしくなる。この時間が好きだ。光がまぶしい浅草から陰がやさしい浅草にかわる。

路地の猫

 日が暮れると路地の猫の目が光る。そのままだとカメラには写らないのでフラッシュをたいた。少し驚かしたかもしれない(悠然としているようにも見える。さすが露天社会に適応している)。

隅田川で酔い覚まし

 誰もが「あれは何だ」と思ったに違いない。僕は初めて見たときは驚いた。あるフランス人観光客が「何て下品な」と言ったとか。デザインしたのはフランス人なのだ…(こいつは、もう定着したからいいでしょう)。

「場」の時間

 その「場所」によって時間の長さは違うと思う。「スタミナ中華」が目立つ看板。都心と同じ早さで時間が流れているだろうか。あえて「レトロ」なのではない。これがこの「場所」の現代なのだと思う。

また来よう

 誰もが見慣れている「雷門」。浅草の入り口、晴れの入り口。僕はまだ浅草の上っ面しか知らない。もっともっと深くて、情にあふれた浅草があるのだろう…と、そんなことを思う。

 ご覧になっていただき、ありがとうございました。

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/03/02(日) 17:11:55|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<尾道を歩きたい | ホーム | ライカで撮る>>

コメント

アサヒスーパードライホール

NOBUさん、こんにちは。

僕は、この建物好きです。
完成当時は、色々騒がれてましたよね。
僕は、地下鉄の駅を上がると真っ先に気になって見てしまいます。

  1. URL |
  2. 2008/03/04(火) 10:40:02 |
  3. NAO #bxvF113M
  4. [ 編集]

ありがとうございます

 NAOさん、こんにちは。

 ありがとうございます。

 これは、もう認知されていますね。
 ご存じかもしれませんが、このオブジェは山登りのプロが清掃するんですね。恐ろしいと思いながら、(ゾクゾクとして)TVを見ました。

 浅草は、観光地ですが…それだけではない魅力があるように思います。
  1. URL |
  2. 2008/03/06(木) 12:37:48 |
  3. NOBU #bf2PXrYQ
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://movieboxnobu.blog113.fc2.com/tb.php/178-b6206d92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NOBU

Author:NOBU
【徒然なるままDIARY】にようこそ!

 映画、音楽、カメラ、写真、美術、小説、旅行、グルメ等…好奇心が旺盛です(これだけが取り柄です)。

 相互リンク大歓迎です。よろしくお願いします。
 
 気軽にご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。