【徒然なるままDIARY】

映画、音楽、写真(カメラ)、ネコ、旅行、絵画、オーディオ等…作者「NOBU」の興味があることを書きます。

久しぶり好き勝手に書きます

 僕は、写真がへたくそだ。
 マンネリだし、いつもどこか中途半端な感じがする。
 それでも、少しでも楽しみにしている方がいらっしゃると励みになるし、また撮ろうという気持ちになる。

 まあ、下手の横好きという言葉があるし、僕はその典型だ。
 気持ちにもっと余裕が出来たら、必ず撮りたくなると思う。

 思いもよらず入院したことで、僕は自分が社会的な存在であることを知らされた。
 主治医グループの先生方が、我々がついているからと励ましてくれる。ありがたい。
 新たな関係性が世界を拡げてくれる。血液内科という専門性を僕は知らなかった。
 
 敬愛する大林監督の新作は未見だ。長岡の花火を扱っていると聞く。これは楽しみだ。
 その前の、余命宣告された妻と家族の「その日」までを描いた作品(「その日のまえに」)は、まだとても観る事が出来ない(「送りびと」も観る事が出来ない)。作家は成熟するに従って、普遍的な「生と死」というテーマを取り上げる傾向があるように思う。大林監督も例外ではなく、映画作家としてここしばらくは「生と死」に取り組んで来られた。ご自身で数年前にリメイクした「転校生」は、生と死の物語だった。僕は映画館で観たが、あまりの展開に唖然としてしまった事を思い出す。思いやりと成長の物語であった、オリジナル「転校生」の面影は、リメイク版の後半では見つける事が出来ない。残念ながら決して成功したとは言えなかったが、チャレンジする姿勢は素晴らしいと思う。

 映画は総合系術であり、技術の進歩と密接な関係がある。黒澤監督は、「夢」でハイビジョン合成にチャレンジした。保守的な技法にこだわるやり方もあるが、技術の進歩は表現の幅を拡げる。超ベテランの挑戦が嬉しいじゃないか。

 普遍的な「生と死」をテーマとする映画作家がいる一方、お涙ちょうだい的な安易な作品が作られるのも現代だ。涙を流すことがストレス発散となり、それを求める観客がいることも事実。しかし…難病の家族をもった身としては、ふざけるなと言いたくなるのもこれまた事実。僕はお涙ちょうだい的な作品は観たくない。「生と死」を小手先で扱って欲しくない。

 長くなってしまいました。
 この当たりで失礼します。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2013/06/16(日) 12:19:27|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<映画だらけの日 | ホーム | 今日もほんの少し考えます>>

コメント

NOBUさんへ!!

NOBUさんの写真は相当評判がよいと思いますよ・・!
私も大林監督の映画を見た事がります。素晴らしい内容と思いました。
確か(転校生)だったと思いますが忘れました。‼汗)
主役が男女入れ変わるという内容でしたが…確かではないです。ゴメンナサイ汗)
  1. URL |
  2. 2013/06/16(日) 14:55:52 |
  3. 荒野鷹虎 #-
  4. [ 編集]

ありがとうございます

 荒野さん、こんにちは。

 ありがとうございます。

 謙遜しているわけでも何でもなく、いつもへたくそだと思って写真を編集しています。
 もっとも、それでも好きだからやっていると言えます。
 まだ、落ち着いてカメラを持って出かける心境ではありません。もう少し、気持ちに余裕が出来たら出かけたいと思います。

 そうです。男の子と女の子が入れ替わるのは「転校生」です。ちなみに、この作品から大きな影響を受けました。個人的に大林さんの最高傑作だと思っています。余談ですが、それだからこそリメイク版に期待しました。しかし、記事にも書いたように肩すかしといいますか、テーマそのものが入れ替わっており…男女の入れ替わりだけではないんだ…と、ガッカリした事を思い出します。大林監督作品は素晴らしい作品がある一方、駄作が少なくありません。

 大林監督作品をはじめ、映画もたっぷり観たいです。
  1. URL |
  2. 2013/06/16(日) 19:53:40 |
  3. NOBU #bf2PXrYQ
  4. [ 編集]

NOBUさん こんばんは   ^^   お久しぶりです
随分 大変でしたね。  栄養もとって元気でてきましたか

映画を語るNOBUさん  なんだかイキイキしてる表情が見えてくるような・・・  気のせい?
写真 また街を歩いて撮る    雰囲気のある世界を見たいですよ 。   ぼちぼちね  。

私は相変わらず  とぼけた設定ミス写真を撮っています
今年は春から気候が変よね    早くも30度越えなので、 水分こまめにとって無理なさいませんよう  (*^▼^*)/
  1. URL |
  2. 2013/06/16(日) 22:07:45 |
  3. とよちん #r1jRaFlY
  4. [ 編集]

ありがとうございます

 とよちんさん、こんにちは。

 ありがとうございます。

 しっかり食欲があります。

 ヘモグロビンの数値は、たぶん改善されているように思います。
 あとは白血球の数が問題です。

 映画は大好きです。
 好きになった映画監督の作品を追って観る事が出来ると嬉しいです。
 大林宣彦監督は、学生時代から大ファンでほとんどの作品を観ています。
 ハリウッドでは、ジョージ・ロイ・ヒル監督の大ファンです。
 
 設定ミスは撮れない等の、絶対的な設定ミスでなければ大丈夫ですね。
 僕は、いろいろな機能をいかしていません。デジタルはもちろん、余裕が出来たらフィルム写真も撮っていきたいと思います。
  1. URL |
  2. 2013/06/17(月) 16:44:03 |
  3. NOBU #bf2PXrYQ
  4. [ 編集]

よかったです

お元気になられて良かったです。
写真・・・うまい下手があるんですか?技巧的にスキルを伴うモノもあるかもしれませんが、
それとこれは違いますよね。
写真って個人技だから自分がいいと思えばいいし、ダメって思えばだめなんでしょう。
それって自分の、個人のイメージ通り撮れたか撮れないかでしょうし。
大勢の人がいいと言えばいいのか?ダメなのか???それなら善悪と同じになってしまいますよね、ある意味。
ですから、好きか嫌いか、というか良いなって思うか何も思わないかって言うほうが的を得てる気がします。

NOBUさんの写真は見てしまいます。言葉を聞こうとしてしまいます。
だから良い写真です・・・私にとって^^

とよちんさんの写真もそうです。
始めの頃と今とでは雄弁な写真になりましたよね^^お元気そうでよかったです、とよちんさんも。

NOBUさん、違うカメラを使うっていうのも気分が変わっていいですよ。
何かのきっかけで、生活に張りが出るっていいですね。
ゆっくりとご自分のペースを取り戻されて下さい。
  1. URL |
  2. 2013/06/17(月) 18:46:33 |
  3. ねじ屋 #BFeQxfwk
  4. [ 編集]

ありがとうございます

 ねじ屋さん、こんにちは。

 写真は、プロフェッショナルで撮られる方は別として、やはり好きか嫌いかで違ってきますね。僕は、撮る時の気持ちと仕上がって編集している時の気持ちで差があるというところだと思います。

 ねじ屋さんの桜撮影のアドバイスは、撮ってみてその通りだと思いました。
 ミノルタ・レンズの自然な発色は、桜にピッタリです。

 ネガ・フイルムであっても、発色の違いはよくわかります。
 デジタルの時代になって、その差が小さくなっているのでしょうか…。
 今でもフィルムに惹かれるので、デジタル用のレンズは増えないように思います。

 まずは生活を安定させたいです。
 その上で、好きな事に取り組みたいと思います。

 お忙しいとの事。ねじ屋さんもお身体に気をつけてください。
  1. URL |
  2. 2013/06/17(月) 19:40:06 |
  3. NOBU #bf2PXrYQ
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://movieboxnobu.blog113.fc2.com/tb.php/1684-ed71652b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NOBU

Author:NOBU
【徒然なるままDIARY】にようこそ!

 映画、音楽、カメラ、写真、美術、小説、旅行、グルメ等…好奇心が旺盛です(これだけが取り柄です)。

 相互リンク大歓迎です。よろしくお願いします。
 
 気軽にご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する