【徒然なるままDIARY】

映画、音楽、写真(カメラ)、ネコ、旅行、絵画、オーディオ等…作者「NOBU」の興味があることを書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

月曜日でも好き勝手に書きます

 僕は、スキャナ作業が嫌いではない。
 フィルムを十分に注意してスキャンする。

 現在は、キャノンのフラッと・ヘッド・スキャナを使っている。
 スキャナ・ソフトに不満があり、サード・パーティのもっと幅広くレンジのあるスキャナ・ソフトにしたい。
 落ち着いたら、フィルムはスキャナ・ソフトとを入れ替えようと思う。
 キャノンの純正スキャナ・ソフトには驚きがない。中間のグラザーションももう一つだ。

 スキャナを時間をかけてやると、レンズの個性の違いを強く感じる。
 ライカのレンズは長くスキャンしたくなる。
 単純じゃないのだ。鮮明で単純な写りではない。

 遠いビーチの景色が懐かしさを感じる渋さだ。
 屋内型の回転木馬が時代を感じるように写る。

 ライカ・ミニ3というコンパクト・カメラは、ズマール32mm/F3.2 3群4枚という単純なレンズがついている。その後、ライカM6TTLとズミクロン50ミリF2(現行型)でスキャンしたときの写真と傾向が同じなのだ。色の純度はさほどではないが…薄墨をたらしたような、深みを感じる。ライカ・ミニ3でサンタモニカを撮った時は、やや暮れ始めた光をしっかり撮っていた。渋い光がノスタルジックな雰囲気を色濃くする。ツァイス・レンズだとこの雰囲気は出なかったのではないだろうか?ズミクロンも同様の渋みがあり、長く写真を見ていたいという不思議な気持ちにさせられる。

 ツァイスは純度が高く、スコーンと抜けるような描写をする。レンズにもよるが、パステル調に濃厚に描写する場合もある。ずっと眺めたなるノスタルジーは感じない。しかし、ひやっとした空気感やその場の爽やかな風までも思い出すような、雰囲気描写がある。同じく、西海岸をT2で撮った時は、爽やかな風までも思い出すような写りだった。

 最近はミノルタAFレンズを使う事が多い。単焦点の50ミリF1.7は、キッチリと撮れる。色が自然なので、桜や梅がそのままの雰囲気で撮れる。しかし、AFズームとなると意外に濃いめに写る。桜だったら染井吉野ではなく、八重桜に合うような感じがする。ツァイスの単焦点も追加されそうなので…ミノルタとツァイスの誓いを、ソニーのデジイチで楽しめると思う。

 最初に戻る。ライカのレンズ描写は、その渋みがたまらない。ライカ・ミニ3はとても安く買えるし…コンパクト・カメラだったら他にもあるだろう。もちろん、M用のレンズでも違いははっきりとすると思う。高いけれど、さすがの描写のライカ・レンズを楽しむのもありだと思う。

 好き勝手に書いてしまいました。
 失礼しました。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2012/04/30(月) 20:01:30|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<金曜日でも好き勝手に書きます | ホーム | 青い空を美しいと感じたい>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://movieboxnobu.blog113.fc2.com/tb.php/1548-d62b5ec9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NOBU

Author:NOBU
【徒然なるままDIARY】にようこそ!

 映画、音楽、カメラ、写真、美術、小説、旅行、グルメ等…好奇心が旺盛です(これだけが取り柄です)。

 相互リンク大歓迎です。よろしくお願いします。
 
 気軽にご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。