FC2ブログ

【徒然なるままDIARY】

映画、音楽、写真(カメラ)、旅行、絵画、オーディオ等…作者「NOBU」の興味があることを書きます。

「小さな恋のメロディ」の思い出

 水曜日から千里丘・茨木に出張だった。
 大阪から京都方面にちょっと戻ると千里丘だ。

 某社の工場での仕事が終わって、工場のみなさんと会食だった。
 ホテルの中華だったが、なかなかの味だった。

 ホテルの部屋に戻ってテレビをつけると、懐かしい「小さな恋のメロディ」が放映されていた。途中からだったが、ラストまで観てしまった。

 中学2年生の時だった。
 その日は恒例の自主休校と決めて、水道橋の後楽園シネマで自習することにした(要は学校をさぼって映画を観ていたのだ)。併映は覚えていないが…ここで観たのが「小さな恋のメロディ」だったのだ。

 「ロードショー」や「スクリーン」の熱心な読者だったが、時々、トレイシー・ハイド特集が組まれるのが気に入らなかった。何故大人の俳優ではなく子供がこうも人気があるのか…と、思って反発していた。
 
 映画が始まって…レンガ色のアパートからトレイシー・ハイドが顔をのぞかせるシーンで、「いよいよ登場か」と思って腕組みしていた(と、思う)。

 「ビー・ジーズ」の音楽が素晴らしい。そして、子供たちが活き活きとしていてワクワクする。

 観終わって…僕は、すっかり主演のトレイシー・ハイドに惹かれていた。近所の図書館に行って、「ロードショー」や「スクリーン」のバック・ナンバーの記事をすべてチェックした。

 それから何度も名画座に足を運んだ。「大塚名画座」では、同じく「小さな恋のメロディ」の主演のマーク・レスターが大人っぽい恋をする「楡の木陰の愛」という不思議な作品と併映だった。この二本…今から考えるとかなり無理がある番組だったと思う。

 久しぶりに「小さな恋のメロディ」を観たら、とても新鮮だった。僕が少年だった頃は、作品のすべてを肯定出来た。大人になると妥協がつきもので、純粋な気持ちがなくなる…こう考えていた。作品をご覧になった方はおわかりだと思うが、登場する大人に悪人はいない。大人はみんな、子供のためを思って行動している。淀川さんがこの作品を「子供に媚びている」とおっしゃっていたが…間違っていないと思う。そして…登場する少年、少女の表情が誰もが活き活きとしていることに驚く。子供への媚びというマイナス要素を、少年・少女の輝きが減殺して、全体的には大きくプラスとなっている。

 トレイシー・ハイドは賢明な少女だった。ある雑誌の記事を覚えているが、この作品の後、急にからだが大人になって、そういう面が強調される作品のオファーが続いたのだそうだ。それで映画出演を断っていたのだとか。TV番組の出演は何本かあったそうだが…映画は事実上、「小さな恋のメロディ」のみだ。

 この映画のことを語るのはちょっと気恥ずかしい。
 でも、十代の頃…この作品に夢中になれたことは、大切な思い出となっている。

小さな恋のメロディ

テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画

  1. 2007/11/18(日) 21:52:50|
  2. 映画
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4
<<浅草 | ホーム | 出張から帰りました>>

コメント

こんばんは。

懐かしいですね「小さな恋のメロディー」。
私はテレビで見たことしかありませんが、
可愛いトレシー・ハイドちゃんに胸がドキドキしましたね。
自分では絶対に女の子に声などかけられないと思っていた頃なので、
この映画からはなんだか勇気をもらったような気がします。
もらっただけで、中々実践はできませんでしたが。
今見ると、きっと照れくさいでしょうね。
  1. URL |
  2. 2007/11/19(月) 00:19:06 |
  3. ながれ星 #-
  4. [ 編集]

勇気

 ながれ星さん、こんにちは。

 ありがとうございます。

 懐かしいですよね。
 先日、観たのはNHKの衛星放送でした。

 観て思ったのは、なかり過激な映画だということです。
 解説で山本監督もそのように発言されていました。

 生きていくには勇気が必要ですよね。 
 大好きなチャップリンの言葉にもあります。
 この作品には、そんな勇気をもらえるような力があったような気がします。
  1. URL |
  2. 2007/11/20(火) 12:53:36 |
  3. NOBU #bf2PXrYQ
  4. [ 編集]

すっごく懐かしいです・・・このマークレスターの大ファンで(笑)
何度も見ました!!
この後の「にれの木陰の下で」という映画にもマークが出てて
中1でしたが、当時の私にはかなり過激な内容だったかと思いますが
覚えてるのは・・・彼がとってもステキだった事です(笑)
  1. URL |
  2. 2007/11/28(水) 00:36:33 |
  3. うさぎ #Wbk1lLzE
  4. [ 編集]

覚えています

 うさぎさん、こんにちは。

 ありがとうございます。

 覚えてらっしゃいましたか。
 「楡の木陰の愛」ですね。大塚名画座で、「小さな恋のメロディ」と二本立てでした。
 知りませんでした…。この作品、イタリア映画なのだそうです。

 かなり刺激的でしたね。
 マーク・レスターは、「オリバー!」で一躍脚光を浴びましたね。
 残念ながらジャック・ワイルドは昨年でしたか…口腔癌で亡くなってしまいました。二人の名コンビは、「オリバー!」だけでなく、「小さな恋のメロディ」でも光っていました。
  1. URL |
  2. 2007/11/29(木) 21:07:35 |
  3. NOBU #bf2PXrYQ
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://movieboxnobu.blog113.fc2.com/tb.php/154-a316576c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小さな恋のメロディー

私は中学生なのですが・・私はある男子からかなり集中的にちょっかいをだしてきて...私は中学生なのですが・・私はある男子からかなり集中的にちょっかいをだしてきて、私は結局その男子を好きになってしまったのですが・・・・・。なかなか素直になれなくて、目があったら..
  1. 2007/12/14(金) 17:43:13 |
  2. 恋愛心理勝利術

プロフィール

NOBU

Author:NOBU
【徒然なるままDIARY】にようこそ!

 映画、音楽、カメラ、写真、美術、小説、旅行、グルメ等…好奇心が旺盛です(これだけが取り柄です)。

 相互リンク大歓迎です。よろしくお願いします。
 
 気軽にご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する