【徒然なるままDIARY】

映画、音楽、写真(カメラ)、ネコ、旅行、絵画、オーディオ等…作者「NOBU」の興味があることを書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

水曜日でも好き勝手に書きます

 デジタル・カメラの情報サイトを見たら、ソニーから今年、ツァイスの50ミリF1.4のレンズが発売されるらしい。これは「買い」だと思う。もちろん、ミノルタAF50ミリF1.8も優秀だ。開放からシャープで、キリッとした締まった写真が撮れる。しかし、京セラ・ツァイスの50ミリF1.4のバックがフワッとした立体感と言うか、空気感まで撮れるような感じは若干希薄なような気がする(開放F値がF1.8と言うこともあるだろうが)。

 僕は前にも書いたが、ズーム・レンズはあまり好まない。どう撮っても、どこか中途半端になってしまう。本来であれば、自分が動いてフレーミングすればよいところを、ズームで済ましてしまう。こうなると…絞りとバックのボケ具合の関係がよくわからなくなってしまう。もちろん、その都度確認しながら撮ればいいのだろうが、そんなに悠長な事はしていられない。しかし、もちろんズーム・レンズの利便性を否定しているわけではない。機材が制限されていたら、一本で済ませたい。特に旅先ではなるべくレンズは少なくしたい。僕だってズーム・レンズを使う。ニッコールAi25-50ミリF4はズームでも好きなレンズだ。驚くほどシャープで、ズーム・レンズだということを忘れてしまう。しかし、やや歪曲収差が大きいのが玉にきずだ。あと、ズーム・レンズはレンズの構成枚数が多くなるのがどうかと思ってしまう。なるべくレンズ枚数が少なくして…光を多く通したい。シンプル・イズ・ベストだな、なんて思ってしまう。

 そういう事もあり、ソニーのツァイス50ミリには期待する。ライカのズミクロン50ミリとの描写の違いや、京セラ・コンタックスの50ミリとの描写の違いにも興味がある。どんな感じに写るのだろう。

 僕が好きなレンズ(の画角)は、28ミリ、35ミリ、50ミリの3本だ。これに24ミリ(または25ミリ)、85ミリがあれば、たいていのものは撮れる。マクロ・レンズも持っているが…まだマクロ的な撮り方に踏み込もうという気持ちはない。ミノルタのRF500ミリF8…いわゆる反射式のレンズも持っている。これでいつかカワセミを撮ってみたい(写真の師匠から譲ってもらったレンズだ。師匠はこのレンズでカワセミを撮っていた)。

 思いつくままに書いているが…コンタックスT2の38ミリという画角も絶妙に感じる。T2は寄れないし、シャッターのタイム・ラグが大きいので、瞬間を撮るのは苦手だ。しかし、ハマった時は驚くほど美しい写真を撮る事が出来る(写真の内容は別として、写りという意味で)。T2は今は激安で入手出来る。これほど優れたレンズを安く楽しめるのだから、フィルム写真を気軽に撮りたい人にはおすすめ出来ると思う。繰り返すがT2のゾナー・レンズは本当にすごい。Lサイズのプリントでその違いがわかると思う。

 ニッコールAi28ミリF2.8との付き合いは長い。学生時代から一番使っているのはこのレンズだと思う。開放からシャープで、期待を裏切らない。ぐっと寄ることも出来る。驚くような仕上がりになることはないが、期待を裏切られる事は一度もない。まさに、質実剛健のニッコールそのものだ。

 京セラ・コンタックスのプラナー85ミリF1.4というレンズはやはりすごいと思う。RTSⅡにつけて、四谷・荒木町を撮った時は、仕上がりを見て驚いた。明るさ…色の濃度、鮮やかさ…他のレンズとは明らかに違う。解放時のピントが難しいとよく言われるが…人物ポートレートを撮る場合はシビアになるのかもしれないが、スナップ的に使う程度ではよくわからない。それよりも立体感やこってりとした色彩の驚きの方が大きい。RTSⅢにこのレンズをつけると…超重量級になるが、その価値は十分にある組み合わせだと思う。

 京セラ・コンタックスでは、あと、伝説的な名玉の、ディスタゴン35ミリF1.4を使ってみたい。これも超重量級のレンズだが、学生時代からの憧れのレンズだ。

 ライカのズミクロン35ミリも使ってみたい。僕は、ライカ・レンズであっても最新式のものに興味がある。僕がライカ・レンズの魅力を知ったのは…ライカ・ミニ3というコンパクト・カメラなのだ。このレンズは、シャープで…しかも色が渋いのだ。発色が悪いという意味ではない。派手さはないがコクがあって、いつまでも見ていたくなる写りだ。ライカ・ミニ3で撮ったサンタモニカの写真(フィルム)を、フィルム・スキャナでスキャンして…それをディスプレイで拡大して鑑賞した。とてもコンパクト・カメラとは思えない写りだった。ライカ・ミニ3は一度紛失してしまったが…数年前に程度のいい中古を入手した。コンタックスT2の写りとは対照的だが、このカメラの渋い写りにも僕は魅力を感じている。

 またまた好き勝手に書いてしまいました。
 失礼しました。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2012/02/08(水) 23:47:02|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<木曜日でも好き勝手に書きます | ホーム | 熱海の街>>

コメント

私はつい最近ソニーのNEX-5を購入して撮った画像がブログのトップに載っている写真です。どうですかね?
私は望遠レンズよりも広角レンズが欲しいところです。
  1. URL |
  2. 2012/02/09(木) 07:44:18 |
  3. purotoko #-
  4. [ 編集]

ありがとうこざいます

 purotokoさん、こんにちは。

 ありがとうこざいます。

 青い花の写真でしょうか?
 光の当たり方がとても美しいです。
 コンデジとは違う、余裕のある写り方ですよね。

 望遠は使う機会は限られますが…広角系はスナップや普段撮りに使いやすいですよね。
  1. URL |
  2. 2012/02/09(木) 09:49:51 |
  3. NOBU #bf2PXrYQ
  4. [ 編集]

楽しく拝見しております

前の写真も楽しく拝見しました

上の記事、カメラ好きのワタクシには ヨクヨク 笑 解りマス 笑

>四谷荒木町

そこらへんも 歩くと いいとこですよネ! 
近所の四谷で オリというか、笑 ウィンドウの中に 
HONDA モンキー(初期型) とかあるところがあるんですよネ 笑

またお伺いいたします!
  1. URL |
  2. 2012/02/09(木) 20:09:00 |
  3. 田中ちゃん #R9qSi2Qg
  4. [ 編集]

ありがとうこざいます

 田中ちゃんさん、こんにちは。

 ありがとうこざいます。

 田中ちゃんさんは、京セラ・コンタックスの大ファンでいらっしゃいますから、同じ感想をもたれているところがあるだろうな…なんて勝手に想像します(失礼します)。プラナー85ミリF1.4は、リアル派というより、ある程度絵を作っているような感じがしますよね。実際よりももっと綺麗に撮れるような気がします。

 最近、ミノルタAFレンズを使う機会が多いです。
 素晴らしい描写だと思いますが…レンズのデザインはもう一つですね。
 もちろん、今はソニーに引き継がれています。ツァイス50ミリのデザインがどうなるか期待します。

 四谷荒木町は、大人の隠れ家的な街ですね。
 ウィンドウにモンキーがあるお店…今度、訪れた時に気をつけてみます。

 ありがとうこざいます。
  1. URL |
  2. 2012/02/09(木) 22:21:04 |
  3. NOBU #bf2PXrYQ
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://movieboxnobu.blog113.fc2.com/tb.php/1489-c3138981
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NOBU

Author:NOBU
【徒然なるままDIARY】にようこそ!

 映画、音楽、カメラ、写真、美術、小説、旅行、グルメ等…好奇心が旺盛です(これだけが取り柄です)。

 相互リンク大歓迎です。よろしくお願いします。
 
 気軽にご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。