FC2ブログ

【徒然なるままDIARY】

映画、音楽、写真(カメラ)、旅行、絵画、オーディオ等…作者「NOBU」の興味があることを書きます。

尾道の夏

 尾道を初めて訪れたのは、1983年の8月28日だった。

 映画「転校生」を観て後頭部を殴られたようなショックを受け…尾道に行かなくてはいけないという気持ちがわきおこり、近所の喫茶店でアルバイトを始めた(当時は学生をやっていた)。

 喫茶店のアルバイト代がたまり、ニコンF3HPにフィルムを詰め込み、新幹線で尾道に向かった。

 その後、何回も尾道を訪れている。10回以上訪れているのは間違いないが、何回になるかは途中で面倒くさくなり数えるのをやめた。

 春、秋、冬の尾道もいいが…僕にとっての尾道は「夏」だ。
 坂道や階段を歩き回った。
 僕は映画の中にいた。

 一昨年の夏、尾道を訪れた際…1983年の夏を思い出して歩いた。
 僕は、映画の中にまた入っていく。

(ニコンF3HP、ズーム・ニッコール25-50ミリF4)

尾道の夏①


尾道の夏②


尾道の夏③


尾道の夏④


尾道の夏⑤


尾道の夏⑥


尾道の夏⑦


尾道の夏⑧


尾道の夏⑨


尾道の夏⑩


尾道の夏⑪


尾道の夏⑫

 ご覧になっていただき、ありがとうございました。

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/10/28(日) 09:25:10|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18
<<自由なユキマル on レコード・プレイヤー | ホーム | カザ・ポン・ユキ>>

コメント

こんにちは!

NOBUさんは若い頃から行動派ですね~!
尾道へは行ったことがありませんが、坂の多い風情のある街といったイメージです。
スマイリーの生まれ故郷である小樽と似ているかな。

「転校生」はなぜか「時をかける少女」とごっちゃになってしまいます。
原田知世がちょっとだけ好きだったからかもしれません。

ブルースリーの人形が写っていたような気が、、、。
そっちの方が夢中だったかもしれません☆
  1. URL |
  2. 2007/10/28(日) 14:59:03 |
  3. スマイリー #y4xOulEw
  4. [ 編集]

ありがとうございます

 スマイリーさん、こんにちは。

 ありがとうございます。

 小樽が生まれ故郷なんですね。
 僕も何年か前に訪れましたが、よいところでした。

 映画「転校生」の原作は、児童読物作家の山中恒さんです(「おれがあいつであいつがおれで」)。
 山中さんの出身は小樽です。山中さんは、小樽を舞台に原作を書かれたそうです。
 脚本の剣持さんは、故郷の小田原を舞台に脚本を書いて…それを大林さんが故郷尾道で映画化しました。
 スマイリーさんが、尾道を小樽に似ていると書かれているのは、風景等もそうですが、原作者等の関わりともつながると思いました。

 「時をかける少女」は少し後の撮影でしたが、尾道だけでなく、竹原の雰囲気が色濃いかもしれません。
 原田知世は可愛かったですね。

 ブルース・リーの人形は、商店街を歩いているときに撮りました。
 あるお店に不思議なディスプレィがあったので、パチリです。
 ブルース・リーも大人気でしたね。
  1. URL |
  2. 2007/10/28(日) 20:36:46 |
  3. NOBU #bf2PXrYQ
  4. [ 編集]

お早う御座います。

NOBUさん、足跡有難う御座います
尾道へいかれたんですか、私は行った事ないので全然分かりませんが
7枚目の写真は何の植物でしょうか?
ネットを通じて色んな写真が見れることは嬉しいことです。
  1. URL |
  2. 2007/10/29(月) 09:01:35 |
  3. keyaki #m9V19nm2
  4. [ 編集]

一度行ってみたいと思いました

NOBUさんの撮った尾道の写真はどれも、いい味が出ていて、素敵ですね。
私もいつか一度是非行ってみたいと思います。

古いものが並んでいるはずなのに、さびれていなくって。。
『中野時計店』の看板。すごく好きです。

その場所に行くと、色んな思い出がつまっているんですね!
たくさんの思い出。そこにまた訪れるのっていいですね。
私も、ちょっと思い出探検してみようかな。☆
  1. URL |
  2. 2007/10/29(月) 11:52:19 |
  3. くぅまる #-
  4. [ 編集]

今晩はNOBUさん、
素敵な写真ですね。尾道って風情のあるいい街ですね。
またどこか懐かしい感じがします。
私も写真を見て行ってみたくなりました。

尾道と聞くと尾道ラーメンを思い浮かべるのですが、
やはり本場のラーメンは美味しいのでしょうか?

  1. URL |
  2. 2007/10/29(月) 20:33:07 |
  3. hidden hide #gCBQAbbg
  4. [ 編集]

ありがとうございます

 みなさん、こんにちは。

 >Keyakiさん

 ありがとうございます。

 尾道はいいところです。機会がありましたら、是非。
 尾道は瀬戸内に面しています。温暖な気候なので、ヤシに近い植物が植えられています。
 これはあるお寺の境内で撮りましたが…植物名はわかりません(すみません)。
 面白い形をしていますね。

 僕も、色々な方のブログやHPに寄らせていただき…とても写真が上手だったり、記事が面白いのに驚かされます。
 いながらにして、視野を広げられるのがいいですね。

 >くぅまるさん

 ありがとうございます。

 尾道は、古いものが当たり前に残っている街です。
 昔ながらの商店に入ると、マニアの方が喜びそうなものが売っています。
 「中野時計店」の看板は年季が入っていますね。
 意識して保存しているというより、無意識で古いものが残っている…これが尾道のよさだと思います。

 尾道から三原で乗り換えて呉線で揺られていくと…竹原に着きます。
 ここは昔ながらの街並みが保存されています。
 尾道も竹原も歩くとホッとしますよ。


 それでは。
 
  1. URL |
  2. 2007/10/29(月) 20:33:38 |
  3. NOBU #bf2PXrYQ
  4. [ 編集]

ありがとうございます

 hidden hideさん、こんにちは。

 ありがとうございます。
 書き込みが入れ違いになったようです。

 尾道は世界遺産登録を目指しているそうです。
 駅前開発等…ちょっと遅いかな、と思うところもありますが、まだ尾道らしさは街のあちこちに感じられます。
 ただ、一つ懸念されるのは、空き家問題です。住民の高齢化が進み、坂道や階段で不便な尾道から他に引っ越す人が多いそうです。空き家を他人に貸すにも…知らない人には貸したくない人がいるそうで…空き家問題が課題となっています。家は人が住まないと廃れてしまいます。有志の方々がこの問題解決に取り組んでいらっしゃいます。

 尾道のラーメン店で有名どころというと、「朱華園」です。
 スープは鶏がら主体で背脂が浮いています。麺は自家製で、やや平べったい感じです。
 小魚は使っていません。尾道ラーメンの特徴は、スープに小魚を使っていることがあげられますが…これは、尾道ラーメンを盛り上げようということで、後から「特徴」に加えられたものだそうです。昔から人気のある「朱華園」では小魚を使っていません。好みもありますが、とても美味しいです。大林宣彦監督曰く、「日本一のラーメン」です。
  1. URL |
  2. 2007/10/29(月) 20:41:44 |
  3. NOBU #bf2PXrYQ
  4. [ 編集]

いいですね。
自分も尾道という言葉を聴くとすぐに反応します。毎年行きたいと思っているのですがなかなか実現しません。
近いうちにぜひもう一度行ってみたいと思います。

ところでepsonのr-d1の中古を頼んでしまいました。ここのところ結構散財してしまったのでレンズまでまわりません。2本のレンズをbessaと共有して使うつもりです。
  1. URL |
  2. 2007/10/29(月) 22:51:53 |
  3. コロ #HSo7gLBY
  4. [ 編集]

尾道ラーメン

そうなんですか!
近所の『尾道ラーメン』は細メンで小魚でダシをとってますと宣伝してたのですが、本場は違うのですね。
ずっと勘違いしてました。貴重な情報ありがとうございます!^^

「朱華園 日本一のラーメン」食べてみたいです...

NOBUさんが尾道を盛り上げてると『世界遺産』も夢じゃないかもしれませんね!

  1. URL |
  2. 2007/10/29(月) 23:23:41 |
  3. hidden hide #gCBQAbbg
  4. [ 編集]

こんばんは、NOBUさん。

どれも素敵な写真ですね!
見覚えある風景に、
尾道の空気や匂いを、無意識に思い出しました。
すでに懐かしさみたいなのも覚えましたよ(笑

私は尾道に行ったのは二回ですが、
何度も行ってしまう気持ちすごくわかります。
私も来年の夏また行くでしょう。

余談ですが(汗
私はヴィムヴェンダースが尾道に訪れたと去年知って、
それが引き金になって行きました。
尾道に心ひかれたのはごく最近だったりします。
  1. URL |
  2. 2007/10/30(火) 00:41:54 |
  3. アルゼテ #eqP7eH0Y
  4. [ 編集]

行き違いです…

先週、尾道に出張で3泊してきました。
ラストの踏切には見覚えありです。
初めてでしたが、何もないが、何かありそうな、歩いていてわくわくするような街でした。
また、通学の女子高生同士の会話で「~じゃけんのう」と普通に話されていたのが、たいへん印象に残っています。

話題に出ているラーメンですが、どこかいいところをと聞くと、たくさんあるが看板に"尾道ラーメン"と書いてあるところはやめなさい。尾道ラーメンは観光用に広まった名で、地元の人はそんな呼び方はしません、とのことでした。
NOBUさんの書かれていることと合致しそうですね。
「朱華園」は行ってみたかった…。

あと、観光誘致が目的の世界遺産申請ってどうなんでしょうか。
背伸びせず、こんごも変わらずで行ってほしいのですが…(よそ者の身勝手)。
  1. URL |
  2. 2007/10/30(火) 02:26:04 |
  3. 中将姫光学 #-
  4. [ 編集]

こんにちは

この一連の写真の流れ、心地いいですね♪
尾道の街って、時間が止まってるのでは・・・と錯覚してしまいます。
穏やかな、何気ない風景に味がある。
何回も訪れられてるNOBUさんだからこそ
この「何気なさ」を切り取れるんでしょうねー。
  1. URL |
  2. 2007/10/30(火) 04:09:46 |
  3. hiro #GZYdxhRI
  4. [ 編集]

こんばんは

新入社員研修の後、広島に赴任し、ここが担当だと言われたのが、
尾道、三原、竹原、因島とその郡部でした。
連れて行かれて先ず食べたのが「朱華園」のラーメン。
地元の人曰く、好みは別れてるようで賛否両論です。
でも、取り敢えず初めてくる人には案内するのも「朱華園」です。
個人的には、お隣の三原にあるラーメン(尾道ラーメンと言って良いと思います
。)が好きでした。
お店の名前は忘れましたけどね。

最後の上にお城とホテルが写ってる風景。覚えています。なつかしぃなぁ・・・。
  1. URL |
  2. 2007/10/30(火) 21:33:14 |
  3. Don #RP04bWZQ
  4. [ 編集]

NOBUさん  こんばんは。
尾道は知りませんが、いずれ訪れる気持ちになりました。
NOBUさんは、いつもユニークな写真を撮りますね。

石畳の猫が可愛いです。
その上の青虫ですが、よく目に留まりましたね。
  1. URL |
  2. 2007/10/30(火) 21:37:09 |
  3. 山彦 #2AuWRls6
  4. [ 編集]

ありがとうございます

 みなさん、こんにちは。

 >コロさん

 ありがとうございます。

 尾道は、「おのみち」という響きがいいです。
 海があって山があって…坂道と階段の街…どこを見ても、絵になります。
 僕は映画でこの街を知りましたが、とてもよかったと思います。

 R-D1…すごいですね!
 レンジファインダーでデジタル…登場した時は驚かされました。今でも一線級です。
 使い心地、試写等…また、色々お知らせください(ブログに寄らせていただきます)。

 >hidden hideさん

 ありがとうございます。

 「朱華園」は、小魚をダシに使っていませんが…すべてのお店が使っていないかはわかりません。
 でも、元祖といえる店がこうですから…いわゆる「小魚のダシ」は、ご当地ラーメンを盛り上げるために付け加えられた「特徴」だと思います。
 東京でも何回か「尾道ラーメン」を食べましたが、僕にはほとんどが生臭くてダメでした(水道橋のお店は美味しく感じました)。

 「朱華園」は、行列が出来る店です。ラーメンは今でも400円台で食べられると思います。大盛りはありません。僕のようにここのラーメンが大好きでたくさん食べたい人は、誰もが2杯注文します(これでも1,000円しません)。

 世界遺産はどうかわかりませんが…せっかくのよさを、もう再開発等でなくして欲しくないと思います。

 >アルゼテさん

 ありがとうございます。

 写真は…どれも脈絡がありませんが、尾道を歩いていて「面白い」と思ったものを撮りました。
 尾道らしい写真は少ないと思います。また、別の機会にもっと尾道らしい写真をアップしたいと思います。

 アルゼテさんも、尾道がお好きですよね。
 この感覚…おわかりだな、なんて思うと嬉しくなります。

 ヴィム・ベンダースが尾道を訪れたのですか。
 小津さんの「東京物語」をご覧になって、尾道に寄りたくなったのでは…と、想像します。
 ロケ地になった、竹村家や浄土寺等はまだ残っています。

 >中将姫光学さん
 
 ありがとうございます。

 出張で尾道に行かれましたか!
 そうですね…尾道は、何があるというより、街全体が尾道である…そんなところだと思います。
 写真は、どれも尾道的なものというより、別の視点で撮ったものが多いです。ラストの写真は、中将姫光学さんもご覧になられたでしょう。駅近くの踏切ですね。目の前にそびえるように、家々が並んでいます。山の上には尾道城(個人が建てたと聞きます。博物館になっていたそうですが…今は営業していないかもしれません)が見えます。

 地元の方は、確かに「尾道ラーメン」という呼び方はしないでしょう。「朱華園のラーメン」は「朱さんのラーメン」で通じるそうです。僕はラーメン店にはいくつか入りましたが…やはり「朱華園」が一番美味しいように感じました。次回は、是非(時間をずらすとよいようです)。

 世界遺産は、この街並み、雰囲気を後世に残すというのでしたらわかりますが、観光目当てでしたら(気持ちはわかりますが)、ちょっと違いますね。

 >hiroさん

 どうもありがとうございます。

 尾道のよさは、お化粧をしていない普段の姿そのものにあると思います。
 観光地然とするのではなく、ここに住む方が知恵を絞って不便を克服し、よいものは大事に使う…結果として「懐かしい雰囲気」が醸し出される…これが尾道の魅力だと思います。

 写真は、それぞれ一枚だけ取り上げると「尾道」かどうかわからないものもあります。
 暑さで汗が流れますが、それでも面白いと思って歩いてしまいます。


 それでは。
  1. URL |
  2. 2007/10/30(火) 21:37:42 |
  3. NOBU #bf2PXrYQ
  4. [ 編集]

ありがとうございます

 みなさん、こんにちは。

 ありがとうございます。
 書き込みが入れ違いになりました。

 >Donさん

 Donさんは、尾道や周辺を担当されていたんですね。
 「朱華園」は僕は美味しいと思いますが、賛否が分かれますね。
 友人が尾道に行く機会があって、「朱華園」を教えたところ、あまり口に合わなかったようです。
 三原のラーメン…よさそうですね。
 三原は、僕も出張で行くことがありますが…会食等が多くてラーメンはなかなか食べられません。今度は、是非、ラーメンを食べてみたいです。

 >山彦さん

 僕の写真は…後から見ると、とても大人が撮った写真に見えないような気がします(自ら断言してしまいます)。
 それでも、街を歩いた時に「面白い」と思ったので、「まあいいや」とアップしています。

 ネコはすごいですよ…尾道のあちこちにいます。招き猫美術館には看板ネコの「小梅」がいます。この小梅はですね…メスですが風格があって、有名な福ネコです。身体をなでると福が訪れるそうです。ここ、結構楽しいです。色々と美術館の方と話し込んでしまいました。
 

 それでは。
  1. URL |
  2. 2007/10/30(火) 21:48:20 |
  3. NOBU #bf2PXrYQ
  4. [ 編集]

おひさしぶりですo(*^▽^*)o

尾道少し前に行きましたが景色のいい街ですよね♪

そしててっぺんにあるお城がとっても気になる街です(笑)

ラーメンも大好きですヾ(*´▽`*)ノ彡☆

のぶさんの写真見てるとまた行きたくなっちゃいましたo(*^▽^*)o
  1. URL |
  2. 2007/10/31(水) 21:31:38 |
  3. 紅茶林檎 #1n9Tsjm2
  4. [ 編集]

ありがとうございます

 紅茶林檎さん、こんにちは。

 ありがとうございます。

 夕方から夜にかけて、千光寺公園にのぼります。
 尾道水道をとおる船や、街の光がとてもきれいです。
 街に降りると、千光寺の玉の岩が光って、これまたきれいです。

 尾道城は目立ちますね。
 近くに行くと、ちょっとがっかりしますが…。

 ラーメンは、他では食べられない独特な味です。
 僕は結構好きです。
  1. URL |
  2. 2007/10/31(水) 22:20:11 |
  3. NOBU #bf2PXrYQ
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://movieboxnobu.blog113.fc2.com/tb.php/145-d18698ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NOBU

Author:NOBU
【徒然なるままDIARY】にようこそ!

 映画、音楽、カメラ、写真、美術、小説、旅行、グルメ等…好奇心が旺盛です(これだけが取り柄です)。

 相互リンク大歓迎です。よろしくお願いします。
 
 気軽にご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する