【徒然なるままDIARY】

映画、音楽、写真(カメラ)、ネコ、旅行、絵画、オーディオ等…作者「NOBU」の興味があることを書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

僕なりの韓流

 ちょっと前になるが、久しぶりに新大久保を歩いた。

 数年前に、僕は新大久保から新宿周辺を歩いている(もちろん写真を撮った)。
 その頃は、人影はまばらで、とても寂しかった。
 ところが、先日歩いたときは…週末の下北沢以上に混雑している。
 数年間でこうも違うのかと、驚いた次第。

 僕は映画が好きだ。
 韓国映画だって、面白ければもちろん観る。
 
 昨年、ある韓国映画が公開された。
 テレビ番組で、ある方がこの作品を真顔で紹介していた。
 観なければならない…この思いを心の片隅に持ち続けた。

 残念ながら映画館では観ることが出来なかったが、DVDを借りて鑑賞することが出来た。

 映画は暴力と哀しみにまみれている。決して誰にでもすすめられる内容ではない。
 しかし、僕は魂を揺さぶられた。

 チンピラのすさんだ日々が描かれる。女子高生の息が詰まるような日々が描かれる。
 そんな中に…一欠片の家族の愛情…チンピラと女子高生の心の交流が描かれていた。
 家族への愛情を取り戻したチンピラは優しくなった。しかし、皮肉な運命が彼を待ち受けていた。

 ここで、これ以上の詳しいストーリーは紹介しない。
 はやりの韓流ではない。
 グサッと心に突き刺さる作品だ。

 これを読まれて、興味をもたれた方は…是非ご覧になっていただきたい。
 
 映画「息もできない」
 キャスト:ヤン・イクチュン、キム・コッピ、イ・ファン、チョン・マンシク、ユン・スンフン、キム・ヒス、パク・チョンスン
 監督:ヤン・イクチュン
 製作:ヤン・サンジン
 撮影:ユン・チョンホ
 美術:ホン・ジ
 編集:イ・ユエンジュン、ヤン・イクチュン
 音楽:インビジブル・フィッシュ

テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

  1. 2011/07/23(土) 20:14:27|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<赤坂の2つのお寺 | ホーム | 金曜日でも好き勝手に書きます>>

コメント

NOBUさんこんにちは。
話題にならない映画でもいいと思える物がたくさんありますね。
『芙蓉鎮』という映画、 もう一度見たいと思っていますが
レンタルショップにはありませんでした。
NOBUさんが感動なさったこの映画
予告編を観ました・・・・私はダメそうです。
  1. URL |
  2. 2011/07/24(日) 17:47:23 |
  3. 足袋ネコ #pR4S4du2
  4. [ 編集]

ありがとうこざいます

 足袋ネコさん、こんにちは。

 ありがとうこざいます。

 「芙蓉鎮」は中国映画ですね。
 僕は題名は聞いたことがありますが、映画は未見です。
 中国映画は名作・秀作が多いですが…ブームという状況ではないですね。
 テレビ等で放映するといいです。

 「息もできない」は、好き嫌いがあると思います。
 正直なところ、かなりきついと思います。
 それでも…最近の映画にはない、ド直球と言いますか…魂をえぐる凄みがありました。

 ありがとうこざいます。
  1. URL |
  2. 2011/07/24(日) 18:41:41 |
  3. NOBU #bf2PXrYQ
  4. [ 編集]

こんにちは~

興味あります!
流行りの韓流にイマイチ乗れていない私ですが、韓国の作品は本当に面白い!の一言に尽きますね。
韓流というと、恋物語が多く挙げられますが、私のおススメは恋物語とは無関係ですけど、『鉄の王キム・スロ』です。
久々にハマりましたね~。
今度ブログで紹介したいと思います★
  1. URL |
  2. 2011/07/25(月) 14:52:10 |
  3. ウダモ #-
  4. [ 編集]

ありがとうこざいます

 ウダモさん、こんにちは。

 ありがとうこざいます。

 僕は恋愛映画も観ますが…甘ったるいのは苦手です。
 韓国映画は、ドラマティックで面白い作品が多いですね。
 韓国映画と日本映画には…製作の環境が大きく違うそうです。

 韓国では映画業界に政府がお金を出していますね。予算の何パーセントか忘れましたが…かなりの金額です。
 日本では映画で大金持ちになりにくいですが…韓国では映画がヒットすると大金持ちになれます。大金持ちになれるのがよいかどうか…議論はあると思いますが、優秀な人材が業界に入ってくるとい利点はあるでしょうね。

 「息もできない」は監督、主演のヤン・イクチュンの入魂の作品です。実話ではないそうですが…彼の生き様が映画に反映されています。映画製作のために、自宅も売却したそうです。もっとも、売却する前にロケも行ったそうです(合理的です)。

 「鉄の王キム・スロ」ですね。BSフジで放映しているのですね。
 今はちょっと時間がとてませんが…出来たらDVDでまとめて観たいです。
 ブログに後ほど寄らせていただきますね。

 ありがとうこざいます。
  1. URL |
  2. 2011/07/25(月) 20:45:48 |
  3. NOBU #bf2PXrYQ
  4. [ 編集]

映画は好きで、洋画」でも邦画でもよく見に行きますが、
韓国映画は見たことがありません。
いちど見てみようか・・・そんな気持ちになりました。
  1. URL |
  2. 2011/07/26(火) 22:03:32 |
  3. 山彦 #2AuWRls6
  4. [ 編集]

ありがとうこざいます

 山彦さん、こんにちは。

 ありがとうこざいます。

 韓国映画は、僕も数多く観ているわけではありませんが、韓国映画やドラマは勢いがありますね。
 落ち着いたら、もう少し腰を据えて観てみたいです。

 「息もできない」は…万人にお勧めできる映画だとは思いません。
 暴力的な内容や、しんどい部分は少なくないです。
 しかし、ハッピーエンドが必須のハリウッド映画や、上っ面だけの作品とは大きく違うと思います。
 命がけで作った…そんな凄みを感じる作品です。

 映画は面白いですよね。
 秋以降は…もう少し映画を観られるようになっていたいです。
 ありがとうこざいます。
  1. URL |
  2. 2011/07/26(火) 22:43:51 |
  3. NOBU #bf2PXrYQ
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://movieboxnobu.blog113.fc2.com/tb.php/1309-5f5fe7ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NOBU

Author:NOBU
【徒然なるままDIARY】にようこそ!

 映画、音楽、カメラ、写真、美術、小説、旅行、グルメ等…好奇心が旺盛です(これだけが取り柄です)。

 相互リンク大歓迎です。よろしくお願いします。
 
 気軽にご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。