【徒然なるままDIARY】

映画、音楽、写真(カメラ)、ネコ、旅行、絵画、オーディオ等…作者「NOBU」の興味があることを書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

光と影


光と影1

光と影2

光と影3

光と影4

光と影5

(ソニー・α900、ミノルタAF50ミリF1.7、ISO:AUTO)

スポンサーサイト

テーマ:SONY α PHOTO - ジャンル:写真

  1. 2015/05/31(日) 20:17:26|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

月曜日でも好き勝手に書きます

 僕は気が滅入ることがあるが、本来は楽観的に出来ている。前も書いたと思うが、弟が言うには僕は「根拠が無い楽天家」なのだそうだ。父親の末期ガンであっても悩みなく毎日を笑顔で過ごした楽天性と、心配性で神経質な母親の気質の両方を引き継いでいる。アバウトで(自分で書くのも何だが)ノーテンキなところと、妙に気難しいところが自分の中にある。

 今日は復帰第一日目だが、予定した事を半分は出来、また予定していなかった事が急に決まってそちらの準備も行った。かなり充実して作業は出来た。

 チャッターという、社内交流の場がある。僕は、毎朝簡単なコラム(?)的な事を違うグルーう向けに2本書いている。書き始めてから、社長から他の人にも読んでもらうように設定することを薦められ、今は目を通してくれる方が増えている。内容は硬軟織り交ぜている(軟は少なめ)。おすすめのビジネス・ホテルチェーンや、花の見どころ情報は多少参考になったかもしれない。 

 これから夕食を作るが、風邪をぶり返さないように用心しよう。早めに横になって汗をかけたらと思う。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2015/05/18(月) 22:47:28|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

日曜日でも好き勝手に書きます

 最初の事務所に入った頃は、定期的に風邪をひいたものだった。
 熱もあって2,3日休むことが時々あった。しかし、ある美容師の先生のところに通ってから風邪をひかなくなった。
 その先生特有のやり方で、身体にもよい効果があるものだった。残念なだいぶ前にお亡くなりになった。今は、駅前の理髪店で済ませている。

 そのせいもあるのか、以前よりは風邪をひきやすくなっているようだ。
 しかし、そうとばかり考えずに生活習慣を再度見なおしてみようと思う。もう少し睡眠時間をとった方がいいかもしれない。本来であれば万田酵素を飲みたいのだが、かなり高い。転職があってあまりお金がないこともあり万田酵素は飲んでいない。

 (ちなみに、健康に留意されている方は万田酵素はおすすめです。酵素を手作りして摂っている方もいらっしゃいます。人間の免疫の70%は腸が関係しているそうです。腸内を健康にすることでより病気になりにくく、健康を保てる身体になることは間違いないでしょう。)

 仕事は試行錯誤しているけれど、前進している。少しでもよくしていこうという気持ちが伝わると嬉しい。
 
 母と弟が健康で幸せになって欲しい…当たり前と言うか、そんな事を毎日のように思っている。
 ポン吉とユキマルも呼び戻したい。どうしたらいいだろう。もう少し落ち着いたら、実家近くにマンション等を借りようと思っている。ポン吉、ユキマルもみられるし、母や弟の食事も作れるだろう。無理しないようにアドバイスだって出来る。

 熱が下がってきた。咳はまだ出る。今日は少し薄めの布団をかけて汗をかけるようにしよう。
 そろそろ、彼らが帰ってくる。夕食の準備をしておこう。
 それでは。

(体調が戻って落ち着いたらみなさんのところに寄らせていただきます。失礼ご容赦下さい)

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2015/05/17(日) 22:34:22|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

気管支炎

 ゴールデンウィークに風邪をひいて、いったんよくなったと思っていた。
 今週、郡山出張があり、出張中に咳がひどくなってきた。気をつけないとまずいと思っていた。翌朝、いつものように準備して出勤する。午前中、何とか資料に目を通して頭を整理したいが…何もまとまらない。そして、悪寒等でたまらなくなり、早退することにした。

 先週、地元のクリニックで診てもらったが、正直なところ薬はほどんど効かなかった。仕方がないので会社が入っているビルにあるクリニックで診てもらった(ここで定期健診も受けた)。肺炎だと嫌なだ…などと思っていたら、受診した結果は「気管支炎」とのこと。肺炎治療にも使う強めの抗生物質、痰切り、咳止め、総合感冒薬が処方された。

 帰宅するまでがかなり辛かった。風邪(気管支炎)でこれぐらい辛いのだから、より重度の方、難病の方の辛さは想像を超えるだろう。その日の夜、熱を計ると39.5度になっていた。翌日から熱は下がり始める。今回の薬は効いているように感じる。

 ということで今週は風邪で休んでいました。微熱になったので来週から復活出来ると思います。
 今度はぶり返さないように十分に注意します。みなさんも気をつけて下さい。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

  1. 2015/05/16(土) 16:42:35|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

週末でも好き勝手に書きます

 それにしてもスパム・メールは減らない。メインをGmaiにしてから、かなり正確にスパム・メールを選んでくれるようになったので、くだらないメールを目にすることは少なくなった。以前はすごかった。「あなたは性の奴隷に指名されました。報酬は4億円です」なんて爆笑もののメールがあったので、笑えるメールはちょっと読みたくもなる。すごいな…4億円あったらどうしよう、なんて欠片も思わなかったけれど。

 昨日の午後、実家みんながお世話になっている内科の先生が休診だったので、別のお医者さんに診てもらった。問診票に貧血で入院したことを書く。すると、先生は「男性で貧血で入院というのは珍しい」とメガネを輝かせた。アホらしい経緯を少しだけ話して、その後は全く問題ないことを説明した。風邪を早く治したいのはもちろん自分がつらい事もあるが、会社のみなさんに迷惑をかけたくないからでもある。前は体内殺菌と称して、お酒を飲んだり、ニンニクをたくさん食べたりした。今はお医者さんを信頼して、当たり前だが一番早く治す方法をとるようにしている。少しは進歩しただろうか?

 さて、体調がよくなったらカメラを持ちだして撮影しよう。ライカM6TTLにフィルムを入れている。何本撮ることが出来るだろうか?体調がよくても2~3本がいいところだろう。僕はデジタルでも、50枚以上撮ることは滅多にない。フイルムと同じようなリズムで撮っている。メモリの容量が大きいので、撮影可能枚数はいつも999となっていて、実際の撮影枚数と撮影可能枚数はよくわからない。

 ライカM6TTLの場合は、ピントリングの方向と絞りリングの方向をチエックして頭に入れる。何年経ってもライカ初心者であるからこその儀式だけれど、後は何てことはない。子供の頃撮っていたキャノネットと同じような感覚で撮ることが出来る。ここでまた脱線。某川崎方面のカメラ修理会社にキャノネットGⅢ17のオーバーホールを依頼したのはいいのだが…戻ってきたらすぐに巻き上げレバーが空回りするようになった。すぐに修理会社に持っていけばよかったのだが、機会を逸してしまった。キャノネットは単層膜コーティングのシンプルなレンズだが、写りが素晴らしい。近いうちにレバーを修理して撮影に持ちだそうと思っている。ここでまた脱線。小学生の頃は父親のミノルタ・ユニマットを借りて写真を撮っていた。40ミリF2.8のロッコールがついていた。写真を現像すると、派手さはないがとても自然に写っていたのを覚えている。このレンズの描写も素晴らしかった。

 休み時間にコンタックスT2を何気にググってみる。ゾナーは特殊なレンズは使っていないはずだが…某HOYAのガラス材を使っていて、なおかつドーピングしているらしいという情報を某ブログで目にする。なるほど、あの色はやはり普通のガラス材では難しいのだろう。このレンズは絶品としか言いようがない。人の肌の色がすごくきれいに撮れる。もちろん、青空も真紅のバラも素晴らしい。

 コンタックスGレンズを早く復活させたい。レンズアダプターを使って、デジタルで楽しんでいらっしゃる方は多いだろう。僕は興味なくはないが…そのレンズの画角を活かしたいし、オリジナルで撮影したいという気持ちがある。Gピオゴン28ミリと、Gプラナー45ミリF2はすごいとしか言いようがない。逆光時の描写、色バランス…ネガフィルムでも十分にわかる素晴らしさだ。

 さてさて…ここでまた脱線。コンタックスのプラナー85ミリF1.4で、フィルム一本を撮りきりたい。初めて撮った時は、何て明るいレンズなのだろうと驚いた。露出がオーバーになるのではなく、光や色が普通と明らかに違う。キャノンNFD85ミリF1.2Lと比較して撮ったことがあるが…キャノンは冷静な描写という感じだった。プラナーはお祭りのような描写という感じがした。このレンズは名玉と言われるだけの事はあると思った。

 冷静と言えば、ミノルタAF50ミリF1.7がまさにそんな描写をする。ミノルタMDレンズの描写とは違うように感じる。MD50ミリF1.4は自然であたたかみがあるが、AF50ミリはシャープでクールな色合いだ。

 M6TTLはズミクロン50ミリF2一本だけだが、このレンズで十分に満足している。最初、サービスサイズで現像した時に「密度感」が違うと思った。何てレンズだろう…と、思った描写は今でも(その印象は)変わっていない。コンタックス(ツァイス)のお祭り感はないけれど、凝縮したような密度感はすごい。

 テッサー45ミリF2,8はまだ特徴をつかめていない。絞りによる焦点移動が指摘されているけれど、実際の撮影ではほとんど問題ないと思う。パンケーキほどではないが、薄いレンズなのでピントリング、絞りリングがやや操作しずらいのは携帯性のよさとのひきかえだろう。

 さてさて…風邪を早く治して、写真三昧といきたいところだが…どうなるか。
 長文駄文乱文雑文、失礼しました。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2015/05/08(金) 23:40:12|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

GW最終日でも好き勝手に書きます

 ゴールデンウィークでよかったと思う。
 先週、会社で作業中に寒気がした。冷房が入っていたが、ゾクゾクとする感じだった。
 そして、一昨日…風邪をひいて発熱してしまった。

 前は滅多に熱なんか出なかったのだが、風邪をひきやすくなっている。
 微熱とは言えないような発熱なので、休み中にしっかり治そうと思っている。
 少しよくなったので、明日は大丈夫だと思う。

 ライカM6TTLにフィルムを詰めて撮り始めたところだった。
 こんなに素晴らしい天気の時に、しっかり写真を撮りたいと思っていた。
 まだ数枚だけれど、この続きは風邪を治してからやるようにしたい。

 仕事ではまだまだ迷いがある。形を整えて、無難にやるのは難しくない。しかし、それでは本当の意味で内部監査が役に立たないと思う。もっと突っ込んで、核心に触れてみなさんがやる気になるようにもっていく必要がある。来週、郡山と相模原で仕事がある。より積極的に物事をすすめていこうと思う。

 フィルムカメラはライカM6TTLは取り敢えず使える状態なので、持ちだしている。他のフィルムカメラはしばらくチェックしていない。コンタックスRTSⅢがちょっと心配だ。ニコンやキャノン、オリンパス、ペンタックスは大丈夫だろう。そうそう、某監査役にいただいたキャノンAE-1Pや、EOS620も手を入れて使えるようにしないといけない。いただいたカメラは大事に使わないとバチが当たる。

 ニコンから先日、クールピクスP900という機種が発売された。レンズは、35ミリ版換算で24ミリ~2000ミリとのこと。しかも、このレンズはとてもシャープで望遠側も実用になるそうだ。う~む…すごい時代になった。ズーム・レンズの利便性ここに極まれりという感じがする。

 それにしても実に恥ずかしい。風邪ひいて発熱なんて自己管理がなっていない証拠だ。
 連休中だったのがよかったと言えるだろうか。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2015/05/06(水) 11:28:29|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Godjila in Shinjuku


godjira1

godjira2

(1枚目:ソニー・α900、ミノルタAF50ミリF1.7、ISO:AUTO)
(2枚目:ソニー・DSC-W300)

  1. 2015/05/03(日) 21:55:00|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

NOBU

Author:NOBU
【徒然なるままDIARY】にようこそ!

 映画、音楽、カメラ、写真、美術、小説、旅行、グルメ等…好奇心が旺盛です(これだけが取り柄です)。

 相互リンク大歓迎です。よろしくお願いします。
 
 気軽にご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。