【徒然なるままDIARY】

映画、音楽、写真(カメラ)、ネコ、旅行、絵画、オーディオ等…作者「NOBU」の興味があることを書きます。

久しぶりに料理しました

 たった今、実家から自宅に帰りました。
 ポン、ユキマルが出迎えてくれます。

 母と弟はお店です。
 午後、母とスーパーに買い出しに行き…僕が、のっぺ(汁)や雑煮、あんこを作る事になりました。
 久しぶりに料理らしい料理をします。

 あまり切れない包丁で里芋をむくのは大変です。里芋やタケノコ、こんにゃく等を短冊切りにします。雑煮は、大根、ゴボウ、鮭と最後にイクラを入れます。僕の考えで、あとビーフシチューを追加しました。それと、意外と大変だったのは小豆を煮る事です。ひたすらあく取りを繰り返します。

 とにかく、こんな大変な作業をずっと母は大晦日にやっていたという事です。その大変さを少しも感じずに食べるだけでした。僕は、のんきと言いますか…何も考えていなかったんですね。

 母と弟の少しは役に立てたと思います。
 彼らには迷惑ばかりかけていますから…ほんの少しの罪滅ぼしです。

 気がつくと、新年まで2時間を切りました。
 ポン、ユッキーと新年を迎えます。

 みなさん、よいお年をお迎え下さい。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2012/12/31(月) 22:24:27|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ありがとうございました

 いよいよ大晦日です。

 今年は苦しい事が多かったですが、おかげさまで何とか有職(?)で年末年始を迎える事が出来ました。
 正直なところ、仕事に慣れたとはまだ言えません。僕は、キャリアは長いですが、給与ソフトやその他のソフトの使い方に慣れなければなりません。でも、頑張ります。

 みなさんの応援や励ましには本当に感謝です。ありがとうこざいました。
 僕は、ブログにはありのままを書いています。自分を飾っても仕方がないですし、元々は、家内の闘病のかたわら、心のバランスをとるために始めたブログです。それでも、励ましのコメント等は、とても心強かったです。

 今年を振り返るのはやめたいと思います。
 イヤな事がたくさんあるので、逆に来年に目を向けた話でもしたいです。

 今、入院予備軍は、キャノンGⅢ17(巻き上げレバー故障)、ライカ・ミニ3(レンズ作動不良)、コンタックスS2(クイック・リターン・ミラー故障)の三台です。これらは、修理して現役に復帰してもらうと思います。

 僕は、元々はフィルムで撮る方が面白かったのですが…デジタルの画質が上がり、ツルツルとした画質ではなく、とてもナチュラルに撮れる事を知ってから、デジタルも使うようになりました。デジタルは、ニコン・クールピクス5000、ソニー・DSC-W300、ソニー・α900の三台が現役です。どれもそれぞれ特徴があって、手放したくありません。また、今のところデジタルを追加するつもりもありません。

 フィルム機も、デジタル機も、現在の機種を大事に使っていこうと思います。但し、レンズは追加したいと思っています。マクロ・レンズはキャノンしかありません。マクロ的な撮影にもチャレンジしてみたいです。ライカM6TTLには、35ミリを追加したいところです。しかし…ズミクロンは高すぎます。コシナのツァイスもいいですし…ズミクロンの中古でいいものがあればと思っています。

 そうですね…僕の基本中の基本というと、やはり、ニコンF2フォトミックASとニコンF3HPでしょう。これらと、Aiニッコール28ミリF2.8の組み合わせで、いろいろなものを撮りました。ニッコールの28ミリは開放からシャープですし、グッと寄れます。28ミリは、一番使っているかもしれません。

 レンズの味で思い出しました。子供の頃は、どこかに出かける時は、父の「ミノルタ・ユニオマット」を借りました。このカメラにはロッコール45ミリF2.8がついていました。写りがとても繊細で、ナチュラルな色調でした。キャノンGⅢ17で撮った写真は青空の色がロッコールとまるっきり違います。ロッコールが日本の空らしく映るのに対して、キャノンはまるでアメリカ西海岸の空のように写ります。カメラ・メーカーによって、(レンズの)写りが違うのを意識したのは、これら2台のフィルム・カメラによってです。

 仕事を一生懸命頑張って、プライベートも充実させたいです。

 写真以外では、やはり映画をもっと観たいと思います。今年は、映画館はもちろん、DVD等でもなかなか観る余裕がありませんでした。中学から高校にかけてが一番映画を観ていたと思います。年間300~500本ぐらいは観ていたでしょう。映画によって、僕は更生しましたし…人生の勉強もしました。

 みなさんにとって、今年一年はどんな年でしたか?
 来年は、今年同様、あるいはもっと素敵な年になるといいですね。

 繰り返しになりますが、今年はありがとうこざいました。
 来年もよろしくお願いします。
 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2012/12/31(月) 12:29:00|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大晦日イブ(?)でも好き勝手に書きます

 今年もシングルベルだったな…。実はちょっと前まで、少しの間お付き合いした人がいた。20代の女性だったけれど…やはり気が合わなかった。僕を知っている人は…会話中、くだらないい冗談が多いのはよくご存知だと思う。飲むと愉快な気分になって、阿呆な事を言ってしまう。亡くなった家内はよく、この冗談について来たと思う。いや、たまに僕以上にすごいユーモア精神を発揮していた(僕はとてもかなわない)。

 家内は、必ずお嫁さんをもらってと言っていた。どうして?と聞くと、僕の事をいい人だからと言う。とても自分のことを「いい人」なんて思えない。イライラして、イヤな感情がわき上がることもある。言わなければならないと思ったら、皮肉だろうが、批判だろうが口にする。先日、某法律事務所で法廷外交渉を行った。年輩の弁護士が(若い弁護士が)法廷で口にした和解額の半分以下の金額を主張する。僕は、そんな金額ではない。法廷ではこう話していた。と言うと、若い弁護士は「言っていない」とあわてて弁解する。もう書記官が記録しているから、弁解しても仕方がないのがだが…僕は「嘘をつくのが弁護士の仕事なんですね」と続ける。「会計士業界では考えられない」と言うと、2人は沈黙する。これで話し合いは終わりだと思って、僕は席を立つ。もちろん、弁護士によって違うのだろうが…こんな仕事を引き受けなければならないのは可哀想だ…と、思った。こう考えると怒りも、呆れることもない。

 と言うことで、来年は仕事はもちろん、プライベートも充実させたい。

 取りあえず、仕事に就けて年末年始を過ごす事が出来てよかった。昨年の今頃は、体調もすぐれず…途方に暮れるような気持ちで年末を迎えた。

 今年になってかわったことは…ポン吉、ユキマルとの付き合いもある。より濃密になったというか、家族感が増している。就活中、一緒にいる時間が多かったからかもしれない。今は、日によってポンは布団に潜り込んで僕のウデを枕にして寝ている。そのわきでユキマルが横になる。別に彼らを人間視しているわけではないが、ちゃんと考えるし、感情だって人並みにある。僕は彼らのニャン生をもらっている。その重みは感じている。

 あと、もっと世の中をしっかり考えたかった。被災地のみなさんの気持ちをわかっているつもりでも、実感出来ていない。自分の事で精一杯だった。人は余裕がないと、まずいと思う。

 あ~あ…まだまだだな…。
 いい歳をして、本当の意味で大人になっていない。

 長くなりました。
 このあたりで失礼します。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2012/12/30(日) 21:46:56|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

スカイツリー


スカイツリー

(ソニー・DSC-W300、ISO:1600)

テーマ:夜景・イルミネーション - ジャンル:写真

  1. 2012/12/29(土) 18:35:48|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

木曜日でも好き勝手に書きます

 地下鉄内で吊り広告を見る。「魔性の女」という文字に目が行く。
 「魔性の男」は何故いないのか?ましてや(前も書いたけれど)「魔性のオヤジ」という言葉は聞いたことがない。でも、実際に「魔性のオヤジ」がいたらどんな感じなのだろうか?ただいま、若干の疲れで想像力が欠如しているので、漫画チックな姿しか思いつかない。

 前に「富士そば」の事を書いたけれど…しばらくお店に入っていない。早朝、演歌が流れる店内で、おそばをいただくのも悪くない。自分1人かと思いきや、グループで話し込んでいるお客がいる。なんか、しみじみ「富士そば」だな…なんて、こんな時思う(意味不明だと思います。すみません…)。

 毎朝、僕は事務所が始まる30分前ぐらいに駅に着く。近くのカフェに入って、日経新聞の一面と社説を読んでから、あとのページにさっと目を通す。就職活動中は、新聞は全く読む気がしなかった。仕事を始めたら、仕事モードに身体や頭がなるのだろう。

 新政権には経済再建を期待したいが…さて、どうなるやら…(期待するとガッカリするのでやや傍観気味)。就職活動中は、景気の悪さや雇用状況のひどさを身をもって感じた。本当に驚くほどひどい。月曜日の朝、ハローワークに行ってみるとわかる。職を求める人が多くて、パソコン検索は「待ち状態」になる。

 今、就職活動中の方がいらっしゃったら、アドバイスしたい。ハローワークで数時間かけても、5件程度しか応募出来ない(一度に多くの紹介状を出してくれない)。ハローワークの紹介状があっても、企業側はそれを特別視するかというと、そうでもない。信頼出来る求人サイトに登録して、そこで応募した方が効率がいいし、面接を受ける機会も多いと思う。もちろん、ハローワークでの求職を否定しているのではない。相談員に雇用状況を聞くことが出来るし、履歴書の書き方セミナー等を受けるのはとても有用だ。僕は、ハローワークのセミナーで、履歴書等の書き方を教えてもらった。これはとても役に立った。要は、サイトとハローワークの使い分けをうまくやるといいと思う。

 今の事務所は、僕の経歴とテストの結果がよかった事で採用してくれたようだ。試用期間が3か月あるとは言え、正社員としての採用だから、僕のがんばり次第でいろいろな展開がある(と思う)。僕は、細かい作業をやるよりも、人と話したり、相談を受ける方が向いている。もちろん、会計監査では資料が正しいかどうかをチェックする作業もあるから、不得意ではない。それでもやはりクライアントの方と話している方が(個人的に)楽しいと思う。

 以前、ある会社の研修を連続ではないが、2年間やった事がある。本社だけでなく、全工場でも研修をやる。半日程度時間をとってくれるので、僕は研修時は5時間ぐらいは話した。「空間を無駄な言葉で埋め尽くす男」というのが、当時の僕のキャッチフレーズだった(自虐的…)。教える事は、多くを学ぶことにつながる。会計や経理を、いかに専門用語を使わずに説明するか、苦労した。この時の経験はとても勉強になった。また、この会社の経理レベルやその他の業務レベルは、後年驚くほどに向上している。微微力ながら、少しでも研修で貢献出来たのではと、自負している。

 仕事から離れよう。もう明日で年内の仕事は終わりなのだ。

 さて、年末年始をどうやって過ごすか…。一つは、ある仕事をしなければならない。これは実家のためだ。さびしいけれど、カメラを持って街をぶらつこうか。それと家の中を整理・掃除しないと…。今までは気持ちに全く余裕がなくて、何も出来なかった。ようやく、これからまともな生活を送れるような気がする。

 それはそうと…僕がこうやって立ち直れたのは、応援してくれたみなさんのおかげです。本当に、ありがとうこざいました。今でも立ち直り中ではありますが、体調はよくなりましたし、仕事も始められました。感謝します。

 長くなりました。このあたりで失礼します。
 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2012/12/27(木) 21:24:50|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

水曜日でも好き勝手に書きます

 ブラッと旅したい。

 弁護士事務所であまりにも低レベルな話し合いをした後は、怒りもしないし、呆れもしなかった。ああ、こんな事に人生の大切な時間を使うのだったら、ブラッとどこかに出かけたい。

 2ニャンを置いていくのも可哀想だから、リードをつけて一緒に旅しようか。
 ユキマルは大喜びだろうけど、ポン吉がビビりまくるかもしれない。
 1人と2ニャンの珍道中だ。

 年内の仕事はあと2日となった。
 前の事務所では、締めの日はクライアントが続々と訪れ…飲み、食べて、唄ってもらった。僕は午前中から午後11時頃までお酒を飲み続けた記憶がある。カラオケ係りもやっていたから、事務所とカラオケ店(事務所の近くにある)を行ったり来たりしていた。楽しいとは言えなかったな…。体力勝負で、接待する側だから気を遣った。

 今年は、事務所を掃除して終わりなのだそうだ。
 
 そうだな…久しぶりにNYにも行きたいな。
 1人でブラッと、写真を撮りながら歩きたい。さすがにポンとユキマルは厳しいかな。結構、NYのニャンたちと仲良くなったりして…。でも、平和で優しいヤツらだから、強面のニャンに出会うとビックリするだろう。

 カメラは何を持っていこうか。香港は、コンタックスG2だけを持っていった。Gシリーズの28ミリ、45ミリの写りはさすがだった。一台に絞るのであれば、今度はα900だろうか。あるいは、M6TTLでもいい。コンタックスRTSⅢはさすがに重すぎるか…。こうやって迷うのが楽しい。

 僕の妄想旅は続く…。

 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2012/12/26(水) 22:07:31|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリスマスイブでも好き勝手に書きます

 今日は、クリスマスイブだ。独身者でなおかつパートナーがいない者にとっては、特別な気持ちはない(さびしい?)。

 「浅草・米久」は、写真的に凝って撮ったわけではないけれど…僕は、一本の映画を意識して撮った。これを読み取ってくれた人がいたら、とても嬉しい。それは「異人たちとの夏」だ。母とあとどのぐらい一緒に食事が出来るだろう。弟が病気にならずに、こんな風に楽しく食事が出来るだろう…僕は、そんな想いで牛鍋をいただいた。今、この瞬間が既に懐かしい…滅多にないが、たまにそんな気持ちになる時がある。

 小津安二郎監督のお墓には「無」と記してあるらしい。戦場で仲間が次々と目の前で亡くなるのを見て、「無常」を感じたとのこと。「東京物語」を小津監督の心情をくんで観るとまた違った感動がある。「無常」でありながら、それをこえた心の交流もある…そんな小津監督の気持ちが伝わってくる。同様な想いを大林宣彦監督にも感じる。所詮、人間は孤独であり、愛したり互いを想う事は幻のようなものだ…そうだけれど、愛情を信じたい…。僕は、大林監督作品からこういうメッセージを感じる。ちなみに、「異人たちとの夏」の監督は大林さんだ。

 写真は「写心」だと思う。あくまでも記録的に撮ると、なかなかそうは言えないかもしれないが…撮る者の心が写真には表れる。しかし、後から写真を修正したり、加工することががいくらでも出来る時代だ。こうなると、一概に「写心」とは言いにくくなる。それでも、僕は写真は「写心」だと信じたい。

 今、ポンが足の上にのっている。ユキマルは足下にいる。無垢な心をもつ彼らとの交流は、濁った僕の心を少しでもきれいにしてくれるような気がする。もちろん、ネコでも嫉妬するし、怒りもする。でも、意地悪や他(人?)をだまそうなんていう気持ちは全くない。

 もうずいぶん前になるけれど…ある掲示板に、クリスマスの時だけは世界が平和になる事を願おうと書いた人がいる。同感だ。今でも政府軍の空爆で60人以上の市民が亡くなる国がある。そんな事実を知った上で、平和の大切さをあらためて感じたい。

 今日…ポンとユッキーの前で、僕は「おまえらのようになりたいな」なんて言った。こんなに心がきれいな存在になれたらと、思う。しかし、本当にそうなったら…毎日、心がズタズタに傷つくのだろうな…とも思う。

 かたい話になって申し訳ないと思うが…クリスマスイブにこんな事を思った。

 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2012/12/24(月) 22:58:12|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浅草・米久


米久1

米久2

米久3

米久4

米久5

米久6

米久7

米久8

米久9

米久10

米久11

米久12

米久13

(ソニー・DSC-W300、ISO:1600)

テーマ:食べ物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/12/23(日) 17:33:32|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

独り言

 今年もシングルマスになりそうです…。ポン吉、ユキマルとクリスマスを過ごそう…(哀)。

 それとも寒いけどイブは、写真でも撮っているかな…。

 ご家族やパートナーのいらっしゃる方がうらやましいです。

 健康こそ大事です。僕もクリスマスらしい気分をどこかで(MIKIMOTO?)味わおうと思います。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2012/12/20(木) 20:22:11|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

木曜日朝でも好き勝手に書きます

 一昨日、昨日は実家が休みだった。

 一昨日の夜は、前から弟が行きたがっていた、浅草の米久で母、弟と食事をした。
 ご存知の方がいらっしゃると思う。米久は、創業から100年を超える牛鍋の老舗だ。
 木造の店内は、レトロ感というか…歴史が刻まれた(本物の)雰囲気が漂っている。
 牛鍋はもちろん関東式。割下を使うが、少し甘めで美味しい。牛肉は、「トク上」でばなく「上」にしたが、それでも十分に美味しい(もちろん霜降りだった)。
 一人前が三千円台なので安くはないが、高級すき焼き店と比較すればお手頃感があると思う。

 家族を待つ間に、ブラッと夜の浅草を歩いた。米久も含めて、コンデジで撮ったので、後でアップしようと思う。

 昨日は、弟が用事があるので、僕が母を夕食に連れて行こうと思った。しかし、仕事がのびて早く帰られなくなった。仕方がないので、母に連絡してあるものを食べておいてもらう。早く終われば、新宿高島屋の天國の天ぷらでも、食べてもらおうと思っていたが…残念(天國は母が好きな店です)。

 コンデジのよいところは、カバンに入れておいてサッと撮れるところにある。まさか、毎日、α900を持ち歩くわけにはいかない。この日は、ソニーのコンデジを使った(キャノンのコンデジは弟にあげた)。広角側が35ミリまでだが、スナップでは十分に感じる。もちろん、28ミリあれば、画角なりの効果は出るが…さっと構えて撮る時は、広角効果が弱い方が自然に撮れる。

 それにしても、浅草は大きく変わりつつあることを実感した。六区の再開発がすさまじい。ドン・キホーテの大型店が建設予定だ。その前に、全国の物産店を集めた大型店が再来年オープンする。また、浅草名物の映画館が閉められていた。後の建物に映画館が入るかはわからない。浅草は映画の街でもあったが…様変わりする可能性がある。

 時代がかわるのだから、街もかわらなければ集客という意味で、ダメなのだろう。それでも、浅草らしさを感じるお店や空気感は残って欲しいと思った。

 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2012/12/20(木) 07:02:40|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月曜日でも好き勝手に書きます

 よく、ライカのピント合わせは二重像を合致させるので、やりやすいという記事を読む。そうかな…と、僕は首をかしげる。よくできた一眼レフの明るいファインダーの方が、ピントは合わせやすいと思う。二重像合致方式は、枝にフォーカシングすると、どの枝を一致させるのかが一瞬わかりにくい。こう思う人は他にいないだろうか。

 もちろん、ライカの「コトン」と表現したくなるシャッターは、とても魅力的だ。手ぶれがしにくくて、周囲にも(音が小さいので)やさしい。

 この前、ニコンF2フォトミックASを使ったが…あの「バシャッ」というシャッター音(もちろん、ミラーの音も含めて)は、非常にカメラ的というか、存在感のある音がする。歯切れがいいが、この音は場所を選ぶ。僕のように街をぶらぶらして撮るぐらいなら問題ないだろう。お寺では気をつけた方がいい。このカメラのいいところは、ミラー・アップが出来る。これでシャッターを切ると、クイック・リターン・ミラーの音がないから、静かになる。

 高級なカフェに入る余裕はないが、安いカフェには時々入る。スターバックスもいいが…僕は、「VELOCE」を好む。180円でフレッシュなコーヒーを、Sサイズでも大きめのカップに入れてくれる。店内で騒ぐ人がいないので、新聞等を読んでゆっくりくつろげる。ドトールは…もういいかな、と思う。僕はタバコを吸わない。タバコの煙が漂っていると、気分が悪くなる。思いだした。今の事務所は喫煙派が多い(換気扇の近くで吸っているが、煙はこちらに流れてくる)。僕は、タバコだけはダメだ…。女性でタバコを吸う人は多い。僕は、喫煙する女性とはお付き合い出来ない。

 お酒は極力控えている。と言うか、自宅では飲まない。お付き合いで飲む程度にしている。気持ちがどうにもならない時は、一日に、ウィスキーのボトルを1~2本を飲んでいた。こんな事を続けて、身体にいい筈がない。今は自宅内にウィスキーのボトルはないし、ビールの空き缶もない。普段はお茶か水、コーヒーを飲んでいる。

 前も書いたが…たまに、ジャンク・フードと言っていいのだろうか…ピザが食べたくなる。宅配ピザは高いし、待つ時間がイヤだ。と言うことで、ブフッブフッおじさんと出会った(?)、シェーキーズにたまに入る。アメリカンな美味とは言いにくいピザだが…何故か時々、身体が求める。ピザを何枚か食べていくと…美味しいと感じられない時が来る。ここで、僕はストップする。無理してそれ以上は食べない。たいてい、新宿店に入るが…それからカメラを持ってぶらつくことが多い。

 少しずつ気持ちも回復してきたが…まだ映画を積極的に観る気力がない。もちろん、絵を描く気持ちもわかない。そうだ…美術館に足を運ぶ気持ちもわき上がってこない。少しずつ、気持ちを充実させていきたい。

 それでは、このあたりで。
 またまた、失礼しました。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2012/12/17(月) 21:18:58|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

続・初冬の新宿・新大久保


初冬の新宿・新大久保11

初冬の新宿・新大久保12

初冬の新宿・新大久保13

初冬の新宿・新大久保14

初冬の新宿・新大久保15

初冬の新宿・新大久保16

初冬の新宿・新大久保17

初冬の新宿・新大久保18

初冬の新宿・新大久保19

(ペンタックスKX、SMCペンタックス55ミリF1.8、AGFA200)

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/12/17(月) 20:04:15|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

投票所速報

 僕は、東京都世田谷区在住です。

 先ほど、投票所に行ってきました。
 驚きます。投票所に行列が出来ています。
 投票するまで20分かかりました。

 民意の高まりは相当なものでしょう。
 投票所で行列するのは生まれて初めてです。

 僕の予想は…善し悪しを抜きにして、某党の圧勝だと思います。
 
 身体の調子が悪い方等を除き…忘れずに投票に行きましょう(僕が書くまでもないですね…失礼)。
 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2012/12/16(日) 12:35:01|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

日曜日でも好き勝手に書きます

 mixiに入っている方がいらっしゃると思う。僕は、しばらく気持ちに余裕がなくて、mixiにはログイン出来なかった。ちょっと前から書き込み等を再開出来た。ちなみに、拙ブログで分けてアップする写真は、mixiでは面倒臭いので(申し訳ない…)、一気にアップしている。名前は同じ、NOBUなので検索すればすぐにわかると思う(もし、mixiをやられていて、興味がある方はアクセスして下さい)。

 東京簡易裁判所について、一言。食堂が美味しくない…。公共施設に行くと、食堂やレストランは必ずチェックする。下手すると、食後であっても入る。我ながら変な趣味だと思うが、魂の叫びに身体が反応するので仕方がない。業者に改善を申し入れるか、別業者にかえるか判決を下さないと…(僕の興味はせいぜいこんなもんです)。

 世の中知らない事ばかり…日々、勉強だとつくづく思う。裁判の事にしても、実際に当事者になって、あの場につかないとわからない。ブフッブフッおじさんだって、実際に横に座らないと、こういう人がいると知る事が出来ない。2ニャンと暮らして…ネコを少しはわかったような気がするけれど、彼らはあまりにもネコらしくない(今、ポンが僕の足の上で寝て、ユッキーが僕の足に密着して寝ている)。

 法廷で思いだした。僕は小学生の頃、級長や班長をやったことがあるが…クラス会等を思いだした。学年全体の会議で、いくら僕が主張しても、それに耳をかさない先生がいた。あの裁判官と重なる。しかし、国レベルと小学校の学年レベルでは話が違うが…でも、大人の態度として共通するものを感じる。その先生は、僕の担任ではなかったが…憎たらしく思えた(子供なので単純な考えご容赦)。そして、こんな大人にはならないようにしようと思ったものだ。久しぶりに、「あの大人」に出会ったのかもしれない。

 またしても連想思い出し…僕の初恋は、小学校3年生の時だった(この年齢になるとこんな事書いても恥ずかしくない)。「伊知子ちゃん」という女の子だった。休み時間になると、黒板に本当はこう書くんだろう、なんて言って、「一子」とデカデカと書いた。「そうじゃないもん」と(彼女が)言い返すのが楽しくていつもからかっていた。しかし…何がきっかけだったかわからないが、ある日を境にその子の前ではうまく話せなくなった。友だちが、その子が僕をいいと言っていたと…からかわれたが、顔がポッと熱くなった事を覚えている。「や~い…両想い」などと言われ、益々意識するうちに卒業してしまった。

 連想ではないが、思いだした。今日は選挙日だ。これから行ってこよう。
 数日前に、駅前に野田さんが来ていたらしい。この人は、人柄というか人物的には嫌いじゃない。でもねぇ…。これ以上はやめておこう。

 それではこのあたりで。失礼しました。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2012/12/16(日) 11:36:48|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

正直に裁判の事を書きます

 昨日は、前に書いたように給与未払いの裁判日でした。

 とても疲れました。
 正直なところ、民事裁判は「真相」を究明するのではなく、早く終わらせたい一心で関係者を説得する場なのだという事がよくわかりました。

 前日(!)に、先方から書状を送ったそうです。郵便受けを見ても何もありません。後でわかりましたが、FAXで送付したとのこと。今はメールでやりとりするので、FAXはほとんど使用していません。仕方がないので、書状のコピーを開廷前に書記官にもらって目を通します。

 大声で笑ってしまいました。もし、開廷後にもらっても大声で笑ってしまうでしょう。

 労働契約の事実はない。原告は、会社に来て経理作業をやっていただけだ。

 書状は会長の話を聞き取り、弁護士がまとめたのでしょう。100%嘘なのはまだしも論理的に矛盾だらけなのです。

 面接した会計事務所の某氏は、原告(=僕)の経理能力の欠如を心配して、I氏を採用した。

 前に労働契約はないと書いているのに、これでは前に僕を採用したことを肯定しているようです。
 I氏を最終面接したのは僕です。僕の下で働いてもらうのに、(会計事務所の方が)使いやすいかどうかを心配して、僕が最終面接をしました(僕より年齢が上です)。この方は、自分の立場をよりよくするために後に好ましくない言動がありましたが、あと10年経理をやりたいという気持ちはわかりました。しかし、結局、8月に辞めたか、辞めさせられたようです。

 さて、開廷します。まず、先方の弁護士が和解の話を持ち出しました。具体的な金額を言いましたが、もちろん請求額より低いです。そして、裁判官と司法委員は強烈に和解をすすめます。

 これから裁判を続けて、控訴、上告と…最後は最高裁までいく可能性がある。しかも相手は法律の専門家だ。あなたはそれでもいいのか?

 まるで脅しのように話すのが裁判官です。裁判官は、どちらの言い分に正当性があるのか…真偽はどうなのかを見極めるものだと思いましたが、早く終わらせる事しか頭にありません。相当なお歳なので現役ではないかもしれませんが、弁護士の司法委員のおじさんも、和解をすすめます。

 僕は、和解なんて全く考えていなかったので、それはないと話すと…法廷内は僕と司法委員だけが残され、司法委員が僕に和解するように説得します。大声でべらんめえ調の憎めないおっさんです(取りあえず、先生と呼びましたが)。

 そんなにこだわってはダメだ。もらえるときにもらっておいた方がいいんだ。

 この人とは、こういう場でなければきっと仲良くなれるな…なんて思いました。僕は、弁護士が言った和解額と請求額の間の金額でなら和解を受け入れると言いました。これを数ヶ月、何年もやるのは嫌気が差します。結局、その後、司法委員と弁護士が話し合い、僕が提示した額に決裁がおりるかわからないので、この日は閉廷となりました。

 裁判官は、僕が書いた陳述書や資料を目を通して、「エネルギッシュだ」と言いました。そして、私(裁判官)や司法委員が、あなたの気持ちをわかったのだからいいじゃないか…と、続けます。僕は気持ちをわかってもらいたくて、陳述書等を書いて、法廷に来たわけではありません。もちろん、証人はいます。しかし…法廷で証言することで、少なからず今の仕事に影響がある人や、なるべく会社に関わりたくないだろう人たちばかりです。それを考えると…証人を呼ぼうという気持ちになれません。しかし、非はあちらにあり、嘘だらけの書状を目にして和解額を弁護士の言う通りにはしたくありません。それで提示された和解額と請求額の間をとりました。

 若い弁護士でとても感じのいい人です。法廷外で何度か話し合いになりそうです。僕は、たくさんお金をもらいたいのではなく…相手に否があることを結果として残したいのです。

 何だか肩すかしにあったような気持ちで閉廷します。次回は、年明けに第二審があります。その前に、法定外の話し合いで決着することもあり得ますが…取りあえず、昨日は結論が出ないで終わりました。

 裁判所の出口まで司法委員と話します。とても面白いおっちゃんです。相手に僕が言った額をのんでもらって、その後に値引くのはどうだ…と言います。「それは詭弁でしょう?」というと、「おれはいつもそうやってきた」と笑顔で言います。本当に憎めません。

 帰宅途中、弁護士事務所に連絡を入れます。都合がいい時に、(その弁護士から)僕に連絡して欲しい旨を伝えます。帰宅後、電話があります。僕は、某会計事務所のTさんがこの件のキー・マンだと伝えます。彼に連絡して、会長には話さないからと伝えた上で、話を聞けば、書状の内容が全て嘘だと言う事がわかりますよ…それで立場をかえる必要はないし、そのままでいいから(当たり前ですね…)、会長を説得する気持ちのベースにしてくださいと話しました。「承知しました」と言っていましたが…さて、本当に連絡するかはわかりません。逆に僕が、T氏に連絡して、弁護士に話してもらおうかとも思っています。裁判官は、真相を究明しようなんて思っていません。一刻も早く終わらせたい…この一心で臨んでいる事がわかりました。司法ってこれでいいのでしょうか?

 という、徒労感いっぱいで終わった一日です。
 勝ちでも負けでもありません。
 のれんに腕押しです。

 陳述書や証拠資料を読んだ感想が「エネルギッシュ」はないと思いますよ。どちらの言い分が正しいか…この視点が決定的に欠如していました(僕の認識が間違っていたのかもしれません)。刑事事件だと違うのでしょうか。

 僕が一番多く話しました。何とか裁判官と司法委員を説得しようと思いましたが…無理でした。
 とても残念ですが、法廷外で弁護士と交渉します。第二審の前に終わらせたいと思います。

 応援してくださった皆様、ありがとうこざいます。
 正直なところ、敗北に近い引き分けという気分でいます。

 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2012/12/15(土) 18:09:14|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

いよいよ勝負

 みなさん、こんにちは。

 今日は、勝負の日(裁判日)です。

 頑張って勝ちたいと思います。

 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2012/12/14(金) 06:28:18|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

火曜日でも好き勝手に書きます

 昨夜の夢はハチャメチャだった。

 某社の経理部長が、工場長になっていた。何やら、油絵風の印刷を施した容器や、オブジェを開発・製造して、工場は活気づいていた。お互いにニコニコと笑いながら挨拶をかわず。懐かしい気持ちがわき起こる。さすが、よくこんなところに目を付けましたね…と、油彩の厚塗りを再現したマグカップを手に取り感心する。大きな工場を案内してもらう。すると、ブー、ブーという大きなサイレンが工場中に鳴り響いた。ドンドンという音がしたと思ったら…数十メートルの、半ばサイボーグのような巨大なゴジラが用水路を回転ジャンプしながら、工場に飛び込んだ。ここで目が覚める。面白いところだったのに…。ポンが僕の顔をなめ回している…。まさか、ポンをゴジラと勘違いしたのではないと思うが…。それにしても、僕のような年齢の男が見る夢ではない。小学生とあまりかわらないのではないか?(ちょっと不安…)

 何故かよくわからないが…怖い夢を見るときは、必ずゴジラが登場する。ゴジラ映画は全作観ている。もちろんガメラも観ている。ガメラはほとんど夢に出てこないが、恐怖の象徴が僕にとってはゴジラなのだろうか。思いだした。家族同然の叔父が、初めて観たゴジラがどれほど怖かったかを話してくれた。それを聞いて、実際にゴジラ映画を観る以上に恐怖を感じた事があった。これも影響しているのかもしれない。

 ポンの横顔は、ゴジラというよりガメラに似ている。今朝は驚くなかれ…午前4時に起こされた。早すぎる…。

 最近、水曜日の夕食はよくビュッフェ・レストランに行く。母が、いろいろなものを少しずつ食べるのが好きで…ビュッフェを喜ぶ。僕と弟は根がいやしいから…とにかくいろいろな種類の料理をたくさん食べる。最後に苦しいと言って帰るのが常となっている。「お兄ちゃん。この前さあ、松屋に入って大盛り食べたんだけれど、足りないんだよ。毎週、ビュッフェに行っているからかな」…これは正解かもしれない。これがいい大人の会話だろうか(少し疑問…)。

 ビュッフェで思いだした。ちょっと前に、「シェーキーズ」に入った。これまた、ピザが食べ放題のお店だ。僕の隣に座っていた、40代ぐらいの男性が「ブフッ、ブフッ」と言いながら食べていた。ちょっと怖いな…と思っていたが、咳払いかもしれない。僕が3回目のおかわりをして、席に座ろうとした時だった。「よく食べるな」と、ボソッとその男性は小声で言った。余計なお世話だ。しかし、僕は大人(?)なので、何くわぬ顔でペロッと食べて、もう一度おかわりした。そうしたら、その男性は何も言わず、「ブフッ、ブフッ」とだけ音を発していた。

 このシーンは…夢に出てきそうな気がする。
 あの「ブフッ」は、咳払いにしてはリズミカルで続くし…鼻息にしてはすごすぎる。
 
 明朝、起きたら…目の前のポンが「ブフッ!」…まさか。

 失礼しました。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2012/12/11(火) 21:35:33|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3

初冬の下北沢


初冬の下北沢1

初冬の下北沢2

初冬の下北沢3

初冬の下北沢4

初冬の下北沢5

初冬の下北沢6

初冬の下北沢7

初冬の下北沢8

初冬の下北沢9

初冬の下北沢10

初冬の下北沢11

初冬の下北沢12

初冬の下北沢13

(ソニー・α900、ミノルタAF28ミリF2.8、ISO:AUTO)

テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

  1. 2012/12/11(火) 19:29:24|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

月曜日でも好き勝手に書きます

 ペンタックスKX(フィルムの方)を使って、とてもよく出来ているカメラだと再認識した。露出もピントもマニュアルだが、今となっては、これだからこそ「よい」と言える(機械式なのでメンテナンスさえすれば長く使える)。ファインダーは見やすくて、ピントを合わせやすい。巻き上げレバーの感触がもっと滑らかだといいが…これは、当時の標準的なものだったのだろう(後年の発売になるが、ニコンF3は特殊と言えるほど滑らかだ)。

 実は、翌日(つまり日曜日)も、短時間、ソニーα900(28ミリF2.8をつけていた)を持って、下北沢をぐるっと回った。いつも、立ち止まる八百屋がなくなっていた。対面販売をするもう一店舗は頑張っているが…とても残念だ。

 先日は、VIVIDで撮影したが、画質をクリアに設定した。確かに(JPEGだが)、透明感があがったような気がする。撮影した枚数はそれほど多くないが、編集出来たらアップしようと思う。

 日曜日の朝食と、水曜日の夕食は、出来るだけ実家家族ととるようにしている。いつも書いているが、健康状態はどうか、何か変わったことはないか等々をお互いに知る事が出来る。そして、母や弟の食欲旺盛な姿を見ると、嬉しくなってくる。僕は、7月から9月に2度、大きく体調を崩したが…食べる事の重要さを痛感した。栄養を摂るというだけでなく、きちんと口から食べ物をとり、咀嚼することで人は元気になる。食べて話して笑って…また食べる。僕らのテーブルは、全員がよくしゃべるのでうるさいかもしれない。そういえば、亡くなった家内ともよく食べて話した(さすがに口にモノを入れて話さないが)。出会ってから、最後に会話するまで…僕らには、話題がなくて無言になることはなかった。

 朝食を食べ過ぎたので…昼食をパスして、夕方はバナナ程度ですませた。無理はしないように、標準体重にするためだが、ビタミンやその他サプリメント類を摂るようにしている。きちんと食べた方がいいに決まっているが、体重をセルフコントロール出来るようにしたい(いつも、意思が弱くて挫折している)。

 そうそう…これから婚活も頑張ろう。僕がコンカツと言うと…「ロースですか、ヒレですか?」と言われそうだ。ああ、またくだらない事を書いてしまった…。

 失礼しました。

(「初冬の新宿・新大久保」は、続編があります。下北沢もあるので…どちらを先にするか考えます)

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2012/12/10(月) 20:13:09|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

初冬の新宿・新大久保


新宿・新大久保1

新宿・新大久保2

新宿・新大久保3

新宿・新大久保4

新宿・新大久保5

新宿・新大久保6

新宿・新大久保7

新宿・新大久保8

新宿・新大久保9

新宿・新大久保10

(ペンタックスKX、SMCペンタックス55ミリF1.8、AGFA200)

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/12/09(日) 17:18:14|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土曜日でも好き勝手に書きます

 新職場での初めてのフル一週間が終わった。

 20代前半ぐらいの真面目な女性の先輩が、僕に与える仕事の連絡を電話でしている。賞与計算とのこと。すると「出来ますかね?」と、その先輩は不安そうな声をあげる(もちろん、電話の相手にだ)。何とも微妙な気持ちになる。もちろん、出来るが…しかし、この事務所では僕の事を誰もがよくご存知ないわけだから、グッとこらえる。何も言わず、賞与計算を仕上げる。昨日、その方は、僕に仕事を与えてくれた。簡単な仕事だったが、心配になったのかもしれない。外出先から電話をくれる。もちろん、ほぼ完璧に仕上げた(というほどのものではないが…)。今のところは、こういう積み重ねが重要なのだと思う。

 さて…午前中に、某所に電話を入れる。残念。先週、頼んだモノがまだ出来ていなかった。火曜日頃まで出来れば何とかと思うが…裁判にはもしかしたら間に合わないかもしれない。それでも、十分に準備はしているので、これがなければダメというわけでない。

 今日は、一つやろうと思っていたことがあった。フィルムでも写真を撮りたいと何回か書いている。
 4年前に一度撮ってから、次の撮影の機会がなかったカメラがある。それは、ペンタックスKXだ(デジタルではなく、フィルムの方)。家内が闘病中、僕は毎日病院に通っていたが…どこかで息抜きしないとやっていられなかった。中古で買ったKXを、ペンタックスを得意としている修理先でOHしてもらい、新大久保をぶらっと歩いて撮った(確か、秋ぐらいだったと記憶していますが…もし、興味をもたれた方は、2008年のアーカイブで見られると思います)。新大久保は、今のようなブームにはなっていなくて…まだ人がまばらで寂しかった。しかし、韓国料理店や、エスニックのお店が多く、独特な雰囲気が僕は気に入った。

 今日、やろうと思った事は、KXで再度、新宿、新大久保を歩く事だ。SMCペンタックス55ミリF1.8で撮ったが、比較的に色のりはあっさりしており、素直な描写だったと記憶している。今回は、AGFAのフィルムを入れて、ややポップ系で、クールな色調を狙った。フィルムが少し古い事が影響しているかもしれないが、不思議な雰囲気に仕上がった。予想通りなところと、そうではないところがあるのが、フィルム写真の楽しいところだと思う。

 写真のスキャンが終わって、現在、編集中です。今日中のアップはお約束出来ませんが、近日中には必ずアップします。なるべく、普通(?)に撮ろうと思ったのですが…スキャンしたのを見ると、僕のクセが出ていますね…。クセが悪いとは思っていませんが、もっと表現の幅を拡げたいと思っています。ですから、少しでも新味を感じていただけたら幸いです。

 明日も写真を撮りたくなってくる。もちろん、本も読まなければならないし、いろいろとあるが…今まで出来なかった事をやっていこう。ペンタックスを持ち出してやるのに、4年もかかった。やはり、本当の意味で復活するのに、まるまる4年かかったのだな、なんて今思う。

 ちょうど4年前の今頃…月と惑星が、ピース・マークのように並んでいた事を思い出す。
 毎晩、スーパーで弁当を買って、空を見上げながら病院まで歩いた。不安と不思議な静けさがあった。

 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2012/12/08(土) 19:39:45|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水曜日でも好き勝手に書きます

 昨日の忘年会は…僕はよく飲んだが…とても残念だった。
 カラオケ大会というか、チーム対抗戦と言うことだが、いろいろな人と話したかったのだが…そんな機会をもてなかった。仕事はみんなが忙しくて、なかなかゆっくり話す機会はない。僕は新入りだし…それでなくても、別業界出身と言うことで、非情にシビアな目で見られている。昨日から来る事になった税理士が、今日は姿を見せなかった。何故かはわからないが…事務所の厳しさ、シビアな感じは伝わったと思う。みんな忙しすぎて、新しく入ってくる人を歓迎するムードは皆無だ(挨拶しても返さない人が多い)。僕は、この程度の事は何とも思わないが…あまり経験のない人は厳しく思って、辞めてしまうのだろう。初日に、自分の机を開けて驚いた。ある人の辞職届けが入っていた。何とか頑張ってやってきた人もいるが、多くの人がついてこられなくて辞めているようだ。
 僕は、会計監査では修羅場をくぐり抜けてきた。この程度の事は、何とも思わない。仕事だって、必ず出来ると思う。忙しいと、気持ちがささくれ立ってくる。僕が少しでも力になって、今いる人の負担が軽くなるようにしたい。

 昨日は、亡くなった家内の命日だ。
 もう4年も経ってしまった。
 僕は、一生、家内を忘れない。奇跡のような人だった。

 さて、裁判が来週に迫ってきた。今度の証拠資料が最終だ。土曜日には書記官宛に発送しようと思う。
 準備はほぼ完璧。あとは、最終証拠を送った後、想定問答を作成しておく。
 
 さてと、明日も頑張ろう。

 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2012/12/05(水) 22:58:56|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

お気に入りの1枚

 ズミクロン50ミリF2をつけた、ライカM6TTLを持って、晩夏の遊歩道を歩いた。

 空蝉がまるで木の葉になっているようだ。

 夏の終わりを感じて、シャッターを切った。

空蝉

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/12/04(火) 07:16:38|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

月曜日でも好き勝手に書きます

 明日は、事務所の忘年会だ。要注意だ。僕は飲むと、愉快な気分になり、くだらない冗談を言うクセがある。ブログをお読みの方で、「そうだそうだ」と納得されている方が何人かいらっしゃると思う。本当は違うのだよ。僕は、ニヒル、クール、ハードボイルドという言葉が似合う、渋い男なのだ……んなわけない…失礼。

 一緒に飲んで、イヤなのは絡み酒かな…。飲んだ上の事とは言え、退席したくなる。次は、泣き上戸。飲んで泣き出す人が実際にいる。なぐさめても仕方がないし…どうしていいのかわからない。

 まあ、くだらない冗談は…無視していいから、ご容赦いただきたい。

 カラオケもあるそうだが…チームを作って、点数で勝敗を決めるそうだ。前の事務所にはすごい人がいた。シンガー・ソングライターと言いたくなる。歌を聴いていると…あれ、この歌って、こういうメロディだったっけ…と、思うが、新曲として聴くとそこはかとない趣きがある(悪い事を言っている…)。僕は、サザン、アリス世代なので…何を唄おうか迷う。ベテラン勢が多い時は、森進一も唄うが…若い人が多いから…何がいいかな。BEGINが好きだけれど、ちょっとマニアックになるかも。まあ、いいや。その時の流れで…。

 そういえば、しばらくお酒を飲んでいない。う~ん…危険な予感。翌朝、女性スタッフの冷たい視線が目に浮かぶようだ。まあ、いいか。早めに慣れてもらわないといけないから(セクハラはないので、そこんとこよろしく)。

 閑話休題。

 ライカから、新しい50ミリ・レンズが発売されるというニュースを読んだ。僕のズミクロンは、一つ前の世代になるのかと思ったが…新レンズは、60万円以上(!)なのだそうだ。スペシャル過ぎる…。どういう人が、こういうレンズを買うのだろう?(お金持ちに決まっている…)。

 意外と思われるかもしれないが、フィルム(しかもネガ)で、各社のレンズの色乗りや傾向がわかる。ただ、僕が使っているレンズのほとんどは、フィルム時代のものだから、デジタル時代となると違ってくるのだろうか。デジタルでも各社の個性が違うと楽しいと思うが…僕には、ここはよくわからない。

 さて…今度は、コンタックスG2でも持ち出して、撮影途中となっているフィルムを撮りきろう。撮影途中となっているカメラ(フィルム)は、全て前の事務所を退所する前に撮ったものだ。となると1年半近く前になる。フィルムは熟成しても、美味しくならない…。

 このあたりでやめておこう。
 失礼しました。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2012/12/03(月) 20:55:21|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お気に入りの1枚

 真鶴が好きで、時々寄っていた。

 ある日…三つ石の近くで、まるでロケットが発射されたような、飛行機雲を見た。
 写真の右下に小さく釣り人が写っている。
 飛行機雲のスケールが伝わるだろうか。

 この時は、キャノンF-1NにFD28ミリF2をつけていた。

 しばらく、飛行機雲を見続けた事を覚えている。

飛行機雲

 

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/12/02(日) 20:42:09|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日曜日でも好き勝手に書きます

 久しぶりに、ライカM6TTLを持ち出した。

 入っているフィルムは…たぶん昨年、いやもしかすると一昨年のものかもしれない。十数枚残っていたので撮りきって、現像に出した。なるほど…と、思ったのは前に撮った写真は変色し、解像度もよくない。しかし、昨日撮った分については、色もシャープネスも問題ない。フィルムは、先日、ニコンF2フォトミックASで撮ったものと同じだ。相性やその時間の色温度が影響しているかもしれないが…いずれにせよ、新しいフィルムで撮ったらすぐに現像に出すことが重要だとあらためて思った。

 M6TTLには、シャッターにボタンを付けていた。これで、軽くシャッターが切れ、ぶれにくくなる。撮ろうとしたところ、ボタンがないことに気づく。ボタンのねじが緩んで、どこかに落としたのだろう。これがあるのとないとでは、シャッター・ボタンを押す感触がまるっきり違ってくる。もちろん、ある方が(僕にとっては)いい。
 ライカMシリーズをお使いの方は、もちろん、このボタンはご存知だと思うが…結構、効きます。一度お試しあれ。

 さて、裁判準備だが…裁判官の心証に決定的に影響を与える資料をコピーし、今朝発送した。本当にふざけるなと言いたい。僕は本気で準備している。来週、また、裁判官の心証にズドンと影響を与える資料を送付する(予定)。ギリギリまで考えられる限りの対応策をとる。ああいうのを世の中にのさばらしてはいけない。今回の裁判は、とても小さいものになると思うが…少なくとも、雇用して解雇を繰り返し、給与を未払いとする行動には影響を与えるだろう。ヤツに決定的なダメージを与えるのは、前に書いた某違法行為の有罪判決の控訴審だと思う。もしかしたら、上告するかもしれないが…この裁判が決定的なダメージを小悪党に与えると確信する。


 今日はこんな天気なので、もう出かけないで、明日からの準備にあてようと思うが…フィルム撮影は、またやりたい。取りあえず、中途半端に撮ってあるカメラ(フィルム)が何台もある。これをきちんと整理してから、基本通りに「フィルムは生もの」として扱おうと思う。

 家内が遺したものの中に、KIEVというカメラがある。一眼レフでニコン・マウントだ。ついているレンズは、黄色く写るそうだ。これで撮ったらどうなるだろう…と、興味津々だ。F3HPにでもつけて撮ってみたい。

 12月はいろいろな意味で勝負の月だと思う。目一杯、頑張ろう。

 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2012/12/02(日) 15:39:49|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

幸よ来い


幸よ来い1

幸よ来い2

幸よ来い3

幸よ来い4

(ライカM6TTL、ズミクロン50ミリF2、KODAK100)

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/12/01(土) 18:12:21|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

土曜日朝でも好き勝手に書きます

 かなり強力な証拠資料になると、ふと思いつき…獅子丸をとばして入手手続をとってきた。
 この前と違い、獅子丸は忠実に反応してくれた。

 僕は普段はぼんくらだが…集中すると(多少の)力を発揮する。
 絶対に、ああいう反社会的な存在には負けない。

 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2012/12/01(土) 10:52:27|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

NOBU

Author:NOBU
【徒然なるままDIARY】にようこそ!

 映画、音楽、カメラ、写真、美術、小説、旅行、グルメ等…好奇心が旺盛です(これだけが取り柄です)。

 相互リンク大歓迎です。よろしくお願いします。
 
 気軽にご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する