【徒然なるままDIARY】

映画、音楽、写真(カメラ)、ネコ、旅行、絵画、オーディオ等…作者「NOBU」の興味があることを書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

金曜日でも好き勝手に書きます

 僕は裁判の時に、是非弁護士に聞いてみたいことがある。
 本件に関係ないので却下…となるのは間違いないと思うが、興味津々なのだ。

 「労働基準監督署でも手に負えないと言われている悪質な会社の弁護をするお気持ちってどうですか?」

 答えてくれたら愉快だけれど、まずありえないな…。

 「他にもたくさん給与が未払いになっている人がいるのを知っていますか?」
 これも聞きたいな…。

 僕は、弁護士が2人ついたって、何にも怖くはない。
 心配なのは二審となって入金が遅くなることだ。
 二審とさせないためにはどうしたらいいか…これを考える。
 取りあえず、追加証拠資料として一つ思いついている。明日まで準備出来ればすぐに発送しよう。

 社会正義を実現したいだろうに…あんな小悪党に、金でつながって(信用関係はゼロの筈。信用している弁護士はあの人にはいない)、こんな裁判なんかやりたくないだろうに…と、僕は同情する。

 もちろん、まだまだ準備が終わったなんて思っていない。どんな手段でせめてくるのかわからない。考えられる限りの、対抗手段をうっておく。僕の次に(給与未払いとなっている)人が続けるようにしたい。


 誤解しないでいただきたいのは…僕は、正義漢でも何でもない。ごくごく、自然な気持ちとしてわき上がっているものを、社会の仕組みの中で解決したいだけだ。フラフラになるまで何十人も面接して…報酬がゼロなんて、あり得ない。初日に面接したのは15人だ!帰りは思考停止になった。会社の事をよく理解していないのに、しているふりをして面接しなければならない。もちろん、やるからには真面目にきちんと評価したつもりだ。こんなにやっても、実績が出ていないの一言で済まされる。ここも逆に弁護士に聞いてみたい。

 前の記事で…こいつは何台カメラを持っているのだろう…と、思われた方がいらっしゃると思う。その通りであって…総数を把握していない。買わないと、ありがたい事に、人からカメラを譲っていただく。いただいたカメラは大事にしなければならない。もちろん、機械だから使わない事にはカメラをダメにしてしまう。

 コンタックスS2が故障者(?)リストに入っている。シャッターを切って、ミラーが戻らない(レンズをはずすと戻る)。前に書いたように、ライカ・ミニ3も故障している。スイッチをオンにしても、レンズがどこかに引っかかって出てこない。これは、銀座のレモン社に修理に出そう。

 最近、ポン、ユッキーと寝ることが多い。一昨日、昨日とも、一緒に寝た。どちらかが、必ず起こしてくれるから、目覚時計いらずと言える(もちろん、万一の事があるからセットはしておく)。よくペットを家族同様というけれど、本当にそんな生活をしているので…違和感がなく家族と言える。今だって、ポンは僕の足の上に寝ているし、ユキマルは僕の右そばで横になって寝ている。

 新職場の机に、ポンとユッキーの写真を飾ろうと思う。そうすれば、働いている時も一緒にいられる(僕はどこかが育っていないのだ。自覚しているので、そこんとこヨロシク)。

 あ~あ~…いつか、内容のあることを書きたい。
 超がつく希薄文…失礼いたしました。

スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2012/11/30(金) 20:10:41|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

木曜日でも好き勝手に書きます

 今はお金がないから当たり前だけれど…今あるものを大事に使いたいと思う。
 どうしても、「これは」というものだけを買うつもりだ。

 ソニーから、来春、ツァイス50ミリF1.4が発売される。
 これは、必ず買おうと思っている。

 僕は、基本的には、レンズは、28ミリ、35ミリ、50ミリ、85ミリがあればいいと思う(もちろん、これは人によって違ってくる)。

 中でもよく使うのは、28ミリと50ミリだ。35ミリもいいのだけれど…この画角は、一緒に持っていくコンパクト・カメラにまかせたい。コンタックスT2は、38ミリのゾナーがついている。このレンズが絶品で…個人的には、一眼レフの35ミリよりよく撮れるように感じる。ちなみに、TVSⅡは売ってしまった。あのズーム・レンズはどうしても好きになれなかった。カメラ全体の質感等はとても素晴らしかったけれど、レンズの描写は、好みに合わなかった。

 僕は、50ミリを使う度に思うが、使い切っていないと言うか、下手くそだな…と自認する。50ミリの面白いところは、自然な感じに撮れるし、広角や望遠的な効果も出せるところにある。それと、明るいレンズを安く入手出来るので、バックをぼかしたり…夕方や夜間に撮るのに便利だ。50ミリでもっと基本をかためたいと思っている。ツァイスの鮮明さは大きな魅力だ。この気持ちもあって、50ミリには期待している。

 僕は、海外に1人で撮影旅行になんて行くと…一日に、8時間以上は歩く。香港を歩いた時は、コンタックスG2に、ビオゴン28ミリか、プラナー45ミリをつけていた。この軽さはありがたかった。重かったら、8時間も歩けなかったと思う。

 α900は軽くはないが…単焦点レンズだけなら、たぶんかなり歩けると思う。

 僕が考えるベストの組み合わせは、デジタル、フィルムと関係無しに…一眼レフ一台と、レンジファインダー又はコンパクト・カメラの組み合わせだ。僕は今も申し訳なかったという、思い出がある。台北のお寺で、コンタックスRTSⅡのシャッターを切っていた。ふと横を見ると、熱心にお参りをしているおばあさんが、シャッター音に、とても不快な表情をされていた。大変申し訳なく思い、そこを立ち去った。ここを撮るには、今度はライカを持ってこようと思った。あるいは静かなコンパクト・カメラでもいい。一眼レフの「バシャッ」は、お寺では控えなければならない(もちろん、音の大小とは関係なく、撮影を控える場所・状況を考慮するのは重要だ)。

 こういうこともあって、上記の組み合わせを考えた。α900とライカM6TTL…又は、コンタックスT2もいいな…。
 フィルムで揃えるとなると…選択肢が多くて難しい。コンパクトさを重視すれば、一眼レフはニコンNewFM2になる。あるいは、オリンパスOM-1だろうか。こうやって迷うのが楽しいところだ。

 α900は外せないから…ライカM6TTLと組み合わせようか。これなら、お寺でも撮れる。待てよ…α900にツァイス50ミリだと、ズミクロン50ミリとバッティングする。Mレンズは50ミリしか持っていない。となるとT2か…。

 コンタックスG2もありだ。ビオゴン28ミリとプラナー45ミリの描写はすごすぎる。コンパクト・カメラで、ライカ・ミニ3も捨てがたい。故障しているので修理しなければならないが…このレンズの味は、ライカそのものだと思う。やや地味な発色だが、深みがあってとても素晴らしい。「LEICA MINI3」で検索すると、海外でいかにこのカメラのレンズが評価されているかがわかる。

 キャノンF-1Nももっと使いたい。85ミリF1.2は、ツァイスほどの色乗りはないが…素直でとても素晴らしいレンズだと思う。A-1だと、ちょっとバランスが悪いが…F-1Nだとちょうどいい。キャノンで思いだした。キャノンEOS(フィルムの方)と、キャノンAE-1プログラムを某監査役からいただいたのだ。デジタルで撮るから要らないとおっしゃって、わざわざ持ってきていただいた。これを活用しないとだめだ。しかし…キャノンは、AFレンズは持っていない(EOSについている標準ズームのみ)。これも少しずつ楽しむようにしていこう。

 気持ちが落ち着いてくると、カメラ・レンズの迷いが出てくる。少しずつ…50ミリを中心に、基本に戻って撮っていこうと思う。もう少し、マシな写真を撮りたい。

 また長くなりました。
 失礼しました。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2012/11/29(木) 21:24:35|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水曜日でも好き勝手に書きます

 今日は実家が休みなので、母、弟と夕食をとった。

 「お兄ちゃんは説明が下手なんだよ」と、弟に叱られる…。

 自宅に帰ると…ポンの目が少し吊り上がっている。
 怒っているのだ。寒いのに2ニャンは暖房なしで留守番だった。

 逃げるポンを追って、「ごめんな…ポン!」と、謝る(今はポンは僕の足の上だ)。

 叱られたり、怒られたり…いろいろ大変だ。

 ユキマルの抗議の仕方が、これまた面白い。
 ジャンプして、僕にパンチをくらわせる格好だけする(もちろん、引っ掻いたりパンチはしない)。
 悪い事をしたと思うのだろう(あるいは叱られると思うのかもしれない)。この後、椅子の下に潜り込んでジッとしている。ユキマルらしいな…なんて微笑んでしまう。

 僕の足の上にポン吉がのり…右わきにユキマルが横たわっている。
 これから実況中継…ユッキーが仰向けになった。おなかをさすってやる。すると…右前足をぐんとのばす。
 「やった、ユッキー…自由の女神にゃん!」と言うと、まさに、自由の女神のような格好をする。もちろん、オスネコなので女神ではないが、これが面白くて、ユキマルが仰向けになると、いつもおなかをさするのだ。

 ポン吉があくびをすると、僕も同じようにあくびをする。ポンが口を開けると同じように口を開ける。ポンは内心「こいつは何をやっているのだろう」と思っているに違いない。こうしているうちに、ポンは理解不能に陥り、僕に抱きついてくる(本当に人間のように抱きついてくるのだ)。

 と言うように…弟に叱られ、ネコに怒られる日であった。
 反省…。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2012/11/28(水) 23:07:11|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

火曜日でも好き勝手に書きます

 誤解がないように説明しておきたいと思う。

 僕が裁判を起こした相手は、給与未払いなんて何とも思っていないに違いない。
 詳しくは書けないが、労働基準監督署の方が、詐欺的行為で利益を上げてきた…と言っていた。
 つい最近、ある違法行為の裁判で有罪判決が出ている。

 悪党と表現したのは、給与未払いどころか…もっと、ひどい行いをしているからだ。
 これは僕のミスだが…明らかなリサーチ不足だった。繰り返しになるので、ここでは控えるが…僕は、自分を必要としているところがあると思って喜んでいた。ところが、調べてみたら…とんでもない、相手だった。

 猜疑心が異常に強く、人を信用することが出来ない。その場に、(その)人がいなくなると、罵倒しまくる。今から考えると、異常者としか思えない。だから、今も雇用しては解雇という行為を繰り返しているのだ。某サイトでは、まだ経理責任者の求人を出している。あの様子では、一生探しても気に入る経理責任者はあらわれないだろう。

 弁護士を2名つけたのは、明らかな僕に対する威嚇行為だと思う。あるいは嫌がらせというレベルかもしれない。1名だろうが、2名だろうが…僕には関係ない。今日も早朝に、僕が在籍中にこなした仕事、業務の内容を詳細に記述した陳述書を作成した。僕が弁護士の立場だったら、報酬を払うに足らない業務内容、あるいは勤務態度であると主張するに違いない。これを先んじて論じておくのだ。


 取りあえず、新職場の初日が終わった。
 今日は、給与データの入力作業だったが…僕に指示した方は、午前中で終わるかもしれない…なんて言って出ていったが…とんでもない!ものすごいボリュームで、午後6時前になってようやく入力が終わった。
 なかなかの歯ごたえ…こうこなくっちゃ!

 周囲の目がシビアなので…僕の入力作業が遅いと思われると困る。ボリュームの大きさ等は十分にアピールしておいた。明日は、正確に入力されているかをチェックする。これは、会計監査でつちかったチェックの目がいかせると思う。


 それにしても帰りは寒かった。駅前で、ものすごく短いホットパンツ(と言うのだろうか…)をはいた女性を見かける。足が長くて格好いいと思うが…寒すぎるのではないか、なんて思っていたら、足をこすってジャンプしていた(前を歩いていたのでわかる)。あの格好は何を目的としているのだろう?どこかのお店の人には見えないが…。

 ニコン・クールピクス5000というコンデジが使える状態になった。背面の液晶のアングルが可変で、なおかつかなりのマクロで撮影出来る。花やネコを撮るには最適だと思う。

 生活のサイクルが落ち着いたら、もっと写真を撮りたい。
 デジタルでもフィルムでも、もっと撮りたいな…。

 長くなりすぎるので、このあたりにしておきます。
 お読みいただき、ありがとうこざいました。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2012/11/27(火) 21:07:26|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ニート最後の夜

 ついさっき、事務所で明日の仕事の打ち合わせを終えて帰ってきた。
 雇用契約書にサインをする。

 3か月時給とのこと。僕はキャリアがあるので他の人よりも単価が高いと言うが…20年前の時給よりも遙かに低い。驚くことばかりだが、謙虚な気持ちで取り組むしかない。

 最初の仕事は「給与計算」と「年末調整」。
 何も言わない…。グッとこらえて早くやり終えてしまおう。
 
 僕は、この事務所にお世話になろうと決めたのは、税務会計とコンサルティングをやりたかったからだ。
 会計監査ばかりやっていると、会計人としてかたよった能力、キャリアとなるような気もする。
 ここでは書けないが…僕は、会計以外でもやってみたいことがある。
 そのためには、会計をもっと広く、深めなければならないと思っている。

 久しぶりの仕事開始を前に、感慨深い…。
 ニート最後の夜だ。

 ポンは僕の足の上で、ユキマルは右足のそばで気持ちよさそうに寝ている。
 僕は、自宅ではお酒を飲んでいない(飲まない事にした)。

 彼らは寝ているので仕方がない…1人で乾杯しよう。

 アイス・コーヒーで乾杯!

 応援してくださった方、励ましのお言葉をいただいたみなさんに感謝いたします。
 折れそうだった心がぐっと踏ん張れました。
 ありがとうこざいます。

 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2012/11/26(月) 21:48:01|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

日曜日でも好き勝手に書きます

 昨夜、新たな試みをした。
 午前5時台にどうせ起こされるなら…2ニャンと一緒に寝てしまおう…と、思い立ち、早めに眠くなったため、リビングでのんびりする彼らに向かって「おい、二階に行くぞ。寝るからな」と言って、寝室に向かう。程なく、ユッキー、ポンの順にやってきて、少しうろうろしていたが何故か素直に自分の場所に横になる。僕はすぐ寝入ってしまった。

 午前5時台…予想通り、ユキマルが僕の顔を舐める。しかし、頑として無視。しばらく寝ることとする。ユキマルも同様に寝たようだ。

 午前7時過ぎ起床。「おい、おまえら起きろ。下に行くからな」と言って、ポン、ユキマルを起こす。僕がリビングに降りた後、若干眠そうな顔をして2ニャンが降りてくる。僕はテーブルの上のモバイルPCを立ち上げ、メール・チェックをする。2ニャンが両脇に陣取る。室内が冷えているので、ガス温風器をつける。

 よし、よく人の言うことを聞いた(と言っても寝ただけだが…)という褒美に、2ニャンに向かって「やろうか」と言う。この言葉を聞き、ユキマル、ポン吉の目が大きくなり、「ニャン!」「ミュウ」と声を上げる。昨日は、フリスキーズのミート缶だったが、今日は久しぶりのまぐろグルメ。もちろん、ガツガツと食べ…早めのポン脱落後、いつものようにユキマル完食。

 その後、ポンは僕の足の上にのってリラックスし、ユキマルは右わきに横たわる。

 久しぶりというか…たぶん、あまり記憶にない、2ニャンとの睡眠だった。

 さてと…僕はPCのワードを立ち上げる。先日、裁判準備として「追加陳述書」を書いたが、社内打ち合わせや、その他の事柄を「追加陳述書(2)」としてまとめる。前回である程度書いたつもりだったが…意外と重要な点が抜けている事に気づく。弁護士の立場から、どのような質問があるかを考えた場合、説明しておいた方がよいという事柄が頭に浮かんでくる。それを時系列に沿いながら、事実関係のみを正確に記述する。

 半分ぐらい書き進んだところ、実家に連絡する。ファミレスで朝食を母、弟と摂る。
 母、弟とも、とても元気。しかし、弟は今日は忙しそうだ。夜は早く終えて寝て欲しい。

 自宅に戻り、「追加陳述書(2)」を書き終えたら、早速プリンタで出力し、郵送出来るようにまとめる。
 ディーラーに、電話で獅子丸を取りに行くことを告げる。

 僕が着替えて、出かける準備をすると…何故か階段の中程にいた、ポンとユキマルが何となく不安そうな顔をして僕を見つめている。「早く帰ってくるから」「心配するな」と言って出かける。

 近所の郵便局(大きな支局なので、日曜日も郵便を受け付けてくれる)で、郵送手続を終え、ディーラーまで徒歩で行く。

 ディーラーに到着。出していただいたコーヒーを飲み、獅子丸を受け取り、帰宅する。途中、ガソリンを入れる。54リッター入った。今年になってから2回目の給油だと思う。いかに僕がクルマに乗れていなかったかがよくわかる。

 と言うことで、獅子丸、無事退院。
 艶消しとまでいかないが…微妙にツヤを控えているボディが格好いい(?)。
 弟からは、フッ素コーティングでもしなよと言われている(ハハハ…)。

 帰宅後、少し休んでから、「給与計算」の本を読み進める。

 と言うことで、ちょっとだけ日記らしい内容になった。
 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2012/11/25(日) 19:01:20|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

夜間銀座的写真・其の弐

 銀座シネパトスのある地下道。
 昭和が色濃く残る、この地下道は間もなく再開発で見られなくなる。

夜間銀座的写真11

夜間銀座的写真12

夜間銀座的写真13

夜間銀座的写真14

夜間銀座的写真15

(ソニー・α900、ミノルタAF50ミリF1.7、ISO800)

テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/24(土) 20:19:28|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

金曜日でも好き勝手に書きます

 すごいな…。昨日、曜日を一日間違えて書いていた(修正済み。失礼しました)。ニートが長くなると、日にちと曜日が曖昧になる。

 たった、8日間だったが(6月下旬から7月上旬まで)、働いたときはとても楽しかった。
 早めに家を出て、会社近くに来ると自販機で飲み物を買って一息つく(近所にカフェがなかった)。
 道路の柵に腰をかけ、真っ青な空を眺めているだけで、「さあ、今日もやるぞ」なんていう気分になる。
 
 まさか…この会社相手(と言うか、オーナー会長相手)に裁判をやるとは思いもしなかった。
 先方は、弁護士を2人も代理人に立てた。給与未払いの裁判で、弁護士2名というのはどうなのだろう…異例ではなかろうか。もちろん、昨日も追加証拠資料を準備し、その概要書もきっちりと書き上げた。証人となる人の連絡先を具体的にあげ、調査官の助けになるようにする。弁護士費用は、間違いなく数十万円にはなるだろう。僕の債権以上になる筈だ。もちろん、僕が負ければその弁護士費用を負担しなければならない。当日までには念を入れて、想定問答を作成しておこうと思う。

 と言うことで…働くと言うことは本当にありがたいことだと思う。ニート生活を経験して、これを身に染みて感じる。

 そう、今日は「勤労感謝の日」だ。生まれて初めて感謝の気持ちを実感した(感謝には別の意味もあるだろうが…今の僕には働ける事自体に感謝したい)。


 家内は時々「あなたはカタカナが致命的だ」と言った。
 「何っ?」と思ったが、思い当たる節が数多くあり、言い返せない。
 丸の内のライトアップは「ミレナリオ」という。しかし、僕はこれを覚えられず…「プラナリア」と何回も言い間違えた(プラナリアはあの不思議な生物である)。

 最近…カメラ雑誌を読んでいて、気がついた。
 コシナのレンズのシリーズは、「フォクトレンダー」が正しい。僕は、今までずっと「フォトクレンダー」だと思っていた。違うじゃん…なんて思ってしまったが数年間、そう思っていたのだから我ながらすごい。


 今日は雨なので、昼食以外どこにも出かけず、雑事や来週からの準備にあてていた。

 疲れてくると、少し横になりたくなり…ポン、ユキマルに声をかける。
 「おい。一緒に寝るか?上に行こう」
 こう言うと、ポン、ユッキーは、階段を上ってついてくる。僕がベッドに横になると、2ニャンもベッドに上がり、ちょっとだけ僕の顔を舐めてから、各自のポジションにつく。ポンは足の方…ユッキーは頭の方で、僕の右わきにタテになって寝転ぶ。しばし、1人と2匹で睡眠。起きると、「おい。下に行くよ」と行って、リビングに降りる。2ニャンももちろん、ついてくる。これを煩わしいと思ったら、彼らと生活は出来ない。


 昼食は、地元の「大勝軒」に入る。そう、あの東池袋「大勝軒」の、のれんわけのお店だ。
 もりそばの中を、麺かためで注文する。ここのもりそば(つけ麺)は、酸味、甘み、辛みが微妙にバランスされているが…僕には、辛みが絶対的に足りない。ラー油、一味、胡椒をかなり多めにかける。ピリッとした刺激が心地よい。「大勝軒」は「中」でも麺の量が多い。ペロッと完食。食に関してはほぼ完全復活したと言えると思う。

 人は年齢とともに味覚がかわってくる。僕は、辛いものが平気というか、益々好きになってきた。
 行きつけの本格インド・カレー店では、必ず激辛を頼む。しかし、これでも僕には甘く感じる。レッドペッパーを振りかけて、ようやくちょうどよくなる。カレーとナン…最近の僕のお気に入りだ。

 人間が甘口なのに…食だけが辛口になっていく。どういう事なのだろう?

 さて、相変わらずの長文かつ希薄文に唖然として手を止めるが、これでアップするのが我ながらすごい。
 大変、失礼いたしました。

 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2012/11/23(金) 18:46:21|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

木曜日でも好き勝手に書きます

 獅子丸入院中。獅子丸って何?と思われる方がいらっしゃると思う。
 うちの独逸製の大中古車を獅子丸(家内命名)と呼んでいる。

 先週の水曜日に、母を鰻屋に連れて行くため、獅子丸に乗ろうとした。
 キーの赤外線でロックが解除されない。
 仕方がないので、キーでドアを開ける。エンジンを始動しようとしたところ、うんともすんとも言わない(反応がない)。

 バッテリー上がりを確信(遅い…)。
 仕方がないので、近所でタクシーを拾い、帰りもタクシーを利用した。

 以前に、バッテリー上がりを経験したときは、バッテリーを外して、ガソリン・スタンドで充電してもらった。ところが、獅子丸の場合はバッテリーはトランク側に積まれており、素人が手を出せるようなものではない。仕方がないので、JAFに来てもらい、エンジン始動をしてもらう。その後、販売店のサービスに、エンジンを止めないようにして持っていく。

 僕が確信するのは…この版売店の顧客では、最貧ユーザーであることだ。車検等を受ける際…見積もりが出て、連絡をもらうと、1円でも高くなると申し訳ないような口調・様子が如実に伝わってくる。もちろん、安全につながるものは、躊躇なく交換等をお願いする。しかし、値が張る部品の場合…携帯から、「申し訳ない光線」でも発射されているかのごとく、最貧ユーザーに対する気の遣いようが手に取るようにわかる。申し訳ない…。

 弟にこの話をすると、大笑いした後…逆に安くやってくれそうだからいいじゃない、などと言う。ちなみに、弟のクルマは、ディーラー担当者が知り合いであることもあり、見積もりで言わないパーツまで勝手に交換されるらしい(だいたい、クレーム対応なので無償とのこと)。いいなぁ…獅子丸は、車体は黒に近い濃紺だが…最近、艶消しバージョンになりつつある。

 と言うことで、今回はバッテリー交換に加えて、ジェネレイター(発電機)交換という、高額修理コースとなった。まあ、体調を崩したこともあり、半年も乗れなかったのが悪いのだが…発電機まで交換というのは頭になかたった。バッテリー交換は覚悟していたが…(ちょっとというかかなり痛い)。

 それでは、クルマを手放せばよいかというと、そういうわけにはいかない。
 弟が不在の時、母に何かあったら…あるいは、母を食事に連れて行くにはクルマはやはり必要となる。毎回、タクシーでもいいかもしれない。しかし、緊急時の可能性を考えると、クルマを手元に置いておきたい。家内が入院した際、ほとんど毎日通う事が出来たのは、獅子丸のおかげだ。

 寝室のドアの重しを強化した。しかし、ユキマルはやや時間をとったが見事に突破。もちろん、午前6時前のこと。ユキマルの攻撃を受けた後、ポンが続く。2ニャンが、僕をねぶりまくって、満足感を得た後…ベッド上で、タテに2ニャンが並んで横になる。敗北…。しかし、昨夜の寝不足があり、起き上がる気力がない。性別・種族を超えた愛の実現。あと何ヶ月で新しい子供が僕に…(悪い冗談)。

 ああ、くだらないな…。
 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2012/11/22(木) 21:11:46|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

家族が大事

 みなさん、こんにちは。

 たった今、夕食から帰りました。
 母、弟とファミリー・レストランで朝食を摂ります(今日は実家が休みです)。
 それから、神宮外苑の銀杏並木(いちょう祭り)を見に行きました。

 僕は帰宅後、裁判準備やその他雑事をこなし、夕食をまた母、弟ととりました。
 新宿の「鍋ぞう」という、すき焼き、しゃぶしゃぶが安いお店でいただきます。
 食べ放題で、久しぶりのタンパク質補充です。結構美味しかったです。

 母は高齢ですが、食欲旺盛です。弟も健康状態に問題ありません。
 こうやって、お互いの顔を合わせて食事をとるのはとても大切な事だと思いました。

 命とは比較出来ません。世界一大切なものは、家族だと思います(もちろん、友人はとても大切です)。
 僕は、身近な家族を失いました。また、いつか家族を増やして…もっとにぎやかにしたいと思っています。

 みなさんも、ご自身の健康はもちろん、ご家族の健康に留意して下さい。
 
 それでは。

(今日は何だか吐き出したくなる気分でいろいろ書いたり、アップしました。何だかかたい事を書いています。こんな時もあります。ご容赦下さい)


テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2012/11/21(水) 21:53:12|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水曜日でも好き勝手に書きます

 何たること…。どうも画像が眠いと思っていたら…古いKODAK100を使ってしまった。
 僕の中で、この1年半は時が止まっているようだ。
 今週は、新宿花園神社で酉の市があったが、昨年の酉の市がつい最近のように思える。。

 フィルムは生ものだ。新しいフィルムを補充しよう(みなさん、すみません…)。

 今朝、弟とクルマの中で話した(神宮外苑に移動中)。
 どの街が落ち着くか…母は新宿と言う。僕も弟もそれには同感。僕が渋谷は波長が合わない…下北沢は楽しくて落ち着くと言うと、弟は「あそこは若者の街だから」と答える。「全然違和感がないよ」と言うと、弟は「お兄ちゃんは、KY(=空気が読めない)なんだよ」と言う。何だかよくわからないが、結構年輩の人もいるようだが…確かに圧倒的に若者が多い。

 僕は、正直なところ…(年齢的に当然)「WAKAMONO」ではなく「BAKAMONO」かもしれない。
 別に卑下して書いているのではない。7月の不当解雇の後、(2度も)10日間、モノが食べられず、眠れず、アルコールのみを摂取してボロボロになるまで悩み苦しんだのは、家内が指摘していた僕の欠点そのものだ。僕は、どちらかというと人を信じたいし、自分で出来る事を(仕事時は)真剣に考える。真面目に会社の改革に取り組み始めたつもりだったが、それが理不尽な壁にぶつかり、1人でもがき苦しんでいた。今から思えば、あんな悪党のために悩み苦しむなんて、単なる無駄・徒労と言いたくなるが…僕はあの時は本気で取り組んでいた。家内の言う「危うい」ところが出てしまったのだろう。

 こんな「BAKAMONO」ではあるが…性格なので直せない。
 でも、「BAKAMONO」のいいところは、自分の立場・年齢等をいったん消して、入っていける事だ。ある年齢に達したから、合わないなんて思わない。自分が気に入れば、その世界に入っていく…。要は、大人になりきっていないのだと思う。ある程度に線引きをして、行動することが出来ない。それが仕事であれば集中するし、趣味であれば楽しみたい。それをどう人に言われたって構わない。人に「これだけやっていますよ」なんて、アピールするのは嫌いだ。

 僕が下北沢が好きなのは、街の人々がきちんと知恵をはたらかせて生活している空気感が伝わってくるからだ。人は若者が夢を見る街だと言うけれど、それだけじゃないと思う。大人だって、日々、売上アップを図ろうと努力する。より、オシャレに陳列するにはどうしたらいいか…限られたスペースで知恵を働かせる。そこには、したり顔で線引きする姿はない。みんなで徹夜で文化祭の準備をしているような、素人くさい懸命さが感じられる。

 要は、大人になりきっていない街なのだと思う。
 だから、僕には居心地がいい。

 閑話休題。

 今日、『日本カメラ』の最新号を買う。掲載されている写真を見て、新製品情報や、ベストカメラ2012なる記事を読む。モノモノモノであふれている。このカメラは、作り手はワクワクして作ったのではないか…こちらは、ライバル会社の動向を横目で眺め、コスト、残業・時間の制約等に悲鳴を上げて作ったのではないか…などと想像する。僕が最近思うことは、以前はカメラを見たら、それだけしか見えなかった。今は作り手の気持ちや、背景を考えてしまう。理想を追いたいけれど、コスト面で諦める。別のアイデアで、技術の壁を乗り越える…。カメラは(電子)機械ではあるが、作り手のワクワク感や想いが詰まっている。

 ただ…ドドっと、新製品の情報を見・読むと…頭がクラクラしてくる。
 要は、絞りとシャッターと、ピントだよな…光を化学的な反応で記録するか、電気的なもので記録するか…これだけじゃないか。と、思いつつ…最新技術の暗号のような言葉の羅列にクラッとする。この洪水は、日本経済を活性化させる…なんて、矛盾したような、妙な気持ちになって、ユキマルを本台にして読んでいた『日本カメラ』を閉じる。

 神宮外苑の銀杏並木を歩き、携帯しかなかったので写メで撮る。そうか…写メでも、古いフィルムよりよく撮れるのだな…なんて、妙な感心をして帰路につく。

 ずいぶん長く書いてしまった。ここまで読んでいただいた方…ありがとうこざいます。
 そして、アッと驚く内容の希薄さ。まあ、いいっか…(弟に「お兄ちゃんは妙なところでアバウトなんだよね」と言われた事あり。アイツの方が大人だ)。

 それでは。

 

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2012/11/21(水) 16:58:54|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コリアン・タウン


コリアン・タウン1

コリアン・タウン2

コリアン・タウン3

コリアン・タウン4

コリアン・タウン5

コリアン・タウン6

コリアン・タウン7

(ニコンF2フォトミックAS、Ai-sニッコール50ミリF1.4、KODAK100)

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/21(水) 15:33:14|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神宮外苑・いちょう祭り


いちょう祭り1

いちょう祭り2

いちょう祭り3

いちょう祭り4

(SH02-A)

テーマ:紅葉 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/21(水) 15:18:05|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お気に入りの1枚

 みなさん、こんにちは。

 「お気に入りの1枚」は、過去にアップした写真のうち、僕が気に入っているものをアップします。

 この写真は犬吠埼で撮りました。

 コンタックスRTSⅡに、ディスタゴン28ミリF2.8を付けて撮影しています。

 光がふってくるような光景に感動しました。

お気に入り2

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/20(火) 22:27:04|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新大久保の公園にて


新大久保公園1

新大久保公園2

新大久保公園3

新大久保公園4

(ニコンF2フォトミックAS、Ai-sニッコール50ミリF1.4、KODAK100)

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/20(火) 20:16:49|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

歌舞伎町


歌舞伎町1

歌舞伎町2

歌舞伎町3

歌舞伎町4

歌舞伎町5

歌舞伎町6

歌舞伎町7

歌舞伎町8

歌舞伎町9

歌舞伎町10

歌舞伎町11

歌舞伎町12

(ニコンF2フォトミックAS、Ai-sニッコール50ミリF1.4、KODAK100)

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/20(火) 13:25:43|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニート生活延びる

 今度勤める、会計医事務所から連絡があって、始動日が来週に延びました。
 しかも、3か月は試用期間で、時給なのだそうです。

 士気に影響するし、時給はイヤですが仕方がありません。
 いろいろ、僕の主張も伝えました。

 でも、担当者は好んで伝えたのではないでしょう。
 あとで、大変な役割をご苦労様でしたということと、よろしくお願いしますと伝えました。

 ぐっと我慢です。この期間は、税務の勉強にあてます。

 頑張ります。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2012/11/19(月) 21:32:00|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

信じられない

 みなさん、こんにちは。

 ニコンF2フォトミックASを持って、新宿~新大久保を歩いてきました。
 新大久保に近づくにつれ、コリアン・タウンと言うべきエリアは、すごい人出でした。
 平日なのに、若い女性も多かったです。

 信じられません。
 簡易裁判所の書記官から連絡がありました。
 あちらは、代理人(弁護士)をたてたそうです。そして、代理人は用事があって裁判日を変更して欲しいという事でした。要はドタキャンです。弁護士は、直前になってオーナー会長に無理を言われたんでしょうね。どう考えたって、あちらが勝てるわけがありません。また、まだ裁判準備が出来ていないのも、変更理由なのだそうです。しかも、少額裁判ではなく、通常裁判への変更を希望しているのだとか。

 僕は、思いつきました。
 労働基準監督署の「手に負えない状況」を、追加陳述書に記載しようと思います。
 また、顧問弁護士に給与未払いの状況を改善指導して欲しいと書いて送ったメールのコピーも、証拠資料として追加します。代理人を立てなければ、ここまで思いつきませんでしたが…徹底的に追い込んでやろうと思います。

 給与未払いとなっている方は僕以外にもたくさんいます。
 その方々のためにもとは、僕は言えませんが…少なくとも参考になる事例を作っておきたいです。
 
 フィルムからの取り込み(スキャン)は終わりました。
 編集が終わり次第、アップしようと思いますが…少し気分を害していることもあり、アップは今日とお約束は出来ません。

 と言うことで、以上、ご報告まで。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2012/11/19(月) 20:09:48|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりに基本

 みなさん、こんにちは。

 ニート生活の末期に近づき…これから忙しくなると思います。

 今日は、基本に戻って…僕が初めて持ったカメラ(機種)とレンズを持ち出してやろうと思います。
 手元にあるカメラで一番古いのは、ニコンF3HPですが、最初に買ったのはF2ASです。
 F2ASを売って、F3HPを買ったのですが…あのぶこつで、堅実なF2ASを忘れられず、大阪出張時に、中古でF2ASを買いました(もちろん、時間外…ホテルに戻ってからです)。

 F2ASと、Ai-S50ミリF1.4が僕の基本です。
 
 フィルムで撮るのは久しぶりです。
 編集出来ましたら、後ほどアップしますね。

 それでは。

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/19(月) 13:06:20|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ユキマル三態

1.バリア役立たず

 今朝も、例のごとくユキマルに起こされる。目覚まし時計を見ると、午前5時40分。おまえは生体時計か?
 前も書いた通り、ドアにはズボンプレッサーを重しにしてユキマルが入ってこられないよう、ブロックしている。前回までは、ドアノブを引き下げて、ロックを開けてから体当たりしていた。今回は、ドアノブを引き下げると同時に体当たりしている。最初の「ドン」で起きたが…入ってくるまで10秒程度だった。おまえはサスケ・オールスターズか?

 ベッドに上がると、即、キス&顔舐め攻撃。布団をかぶって隠れる気にもならない。仕方がないので、リビングに降りる。ユキマル完勝。もう、このバリアは役に立たない。

2.人間のよう

 ユキマルの独特な「ミュウ」(ネコの普通の鳴き声ではない)が聞こえる。「何だよユキマル!」と、言い…鳴き声のする方向を確認すると、キッチンで座って鳴いている。ハハァ…ネコ缶のおねだりだな、とわかる。

 ユキマルとポン吉に向かって、「やろうか」と言うと…2ニャン揃って「ニャン!「ミュウ!」と声を上げる。ポン吉もキッチンまでダッシュで来る。まぐろグルメなる、安価なネコ缶を缶切りで開ける(安いのでイージー・オープンではない)。二つの皿に分けて、エサトレイ(食事処?)まで持っていく。僕の前を(ウキウキした感じで)2ニャンが小走りする。

 ガツガツと表現したい食べっぷり。間もなく、ポン吉が脱落。ポンは小食だ。ユキマルはひたすら食べ続ける。自分の分が終わると、ポン吉の残した皿に取りかかる。5分ぐらいかかっただろうか…。ユキマル完食。

 食べ終わってから、僕の方に歩いてくる。後ろに座ったので、振り向いて「美味しかったか?」と声をかける。

 すると、ユキマルは「ゲプッ」と大きなゲップをした。コヤツ………。

3.視線の温度

 ニートにテレビは不可欠の存在だ。テレビをつけていたら、きゃりーぱみゅぱみゅのCMが流れる。

 「100%~♪♪」

 僕は、何気にそのCMソングを口ずさみながら、振りを真似した。
 すると、目の前のユキマルの目が一気に細くなり…僕を睨み付けた。

 黒目がほとんど見えず、目がブルーの一直線になる(そのように見えた)。

 ネコに白眼視(青眼視?)されたのは初めてだ。まあ、仕方がないか…。
 何故、僕がきゃりーぱみゅぱみゅ…(哀)

僕がユキマル

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

  1. 2012/11/17(土) 13:11:55|
  2. ペット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

お気に入りの1枚

 以前にもアップしましたが…僕のお気に入りの1枚です。

 ニコンF3HPに、ズーム・ニッコール25-50ミリF4を付けて撮りました。

 ローマの教会です。銀塩の階調が豊かな描写が気に入ってましたが、今のデジタルだったら、このぐらい撮れますね(技術の進歩はすごいです)。

お気に入り1

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/17(土) 09:50:36|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

近所散撮(タテ版)


近所散撮8

近所散撮9

近所散撮10

近所散撮11

近所散撮12

近所散撮13

近所散撮14

(ソニー・α900、SIGMA SUPER WIDEⅡ24ミリF2.8、ISO:AUTO)

テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/16(金) 22:26:00|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

近所散撮(ヨコ版)

 
近所散撮1

近所散撮2

近所散撮3

近所散撮4

近所散撮5

近所散撮6

近所散撮7

(ソニー・α900、SIGMA SUPER WIDEⅡ24ミリF2.8、ISO:AUTO)

テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/16(金) 22:05:53|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

I LOVE SHIMOKITAZAWA


SHIMOKITAZAWA1

SHIMOKITAZAWA2

SHIMOKITAZAWA3

SHIMOKITAZAWA4

SHIMOKITAZAWA5

SHIMOKITAZAWA6

SHIMOKITAZAWA7

SHIMOKITAZAWA8

SHIMOKITAZAWA9

SHIMOKITAZAWA10

SHIMOKITAZAWA11

SHIMOKITAZAWA12

SHIMOKITAZAWA13

SHIMOKITAZAWA14

SHIMOKITAZAWA15

SHIMOKITAZAWA16

(ソニー・α900、ミノルタAF28ミリF2.8、ISO:AUTO)

テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/15(木) 00:08:20|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

今日、アップします

 みなさん、こんにちは。

 すみません…今、下北沢の写真を編集中です(デジタルなのですぐ出来ます)。

 今日、お約束通り、アップします。

 それでは、また後ほど。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2012/11/14(水) 23:10:16|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

やっぱり…下北沢

 みなさん、こんにちは。

 急に思い立ち、下北沢を歩いてきました。
 ニート生活が末期に近づき…平日の下北沢を歩く機会はあまりないと思ったからです。
 あと、もう一つ…銀座は嫌いではありませんが、やはり、僕にはどうもしっくりこない街です。

 あるカップルとすれ違いざま…男性が「シモキタって、チープだよな」と言います。

 「何っ!」と、僕の中で火花がパチッと光った途端、もう1人の自分が「その通り」と頷きます。
 下北沢はチープですが、(精神的に)リッチだと思います。
 
 そして、自分を呆れました。
 電車の中で…α900の裏面をチェックします。
 「C」とある、ボタンを押すと…「ニュートラル」「VIVID」「夜景」「夕景」「ポートレイト」等が選択出来ます。ええっ?…α900って、こんな設定が出来るんだ…コンデジだけではないんだ…などと、妙な感心をします。

 僕は、JPEGで「撮って出し」で撮影していた事はわかっていましたが…工場出荷時設定のみで撮っていたわけです。α900にまさに銀塩感覚そのもので接していたことになります(デジタルに慣れていないだけでしょうが)。

 イヤー…イヤー…イヤー・オブ・ザ・ドラゴン(すみません…こんなヤツです)…と、心中、己に呆れました。

 今回は、VIVIDに設定して撮りました。まだRAWを知らないので、JPEGで撮影しています。
 そして、銀座の時より、(心で)ニコニコして撮っていた事に気づきます。

 やっぱり、下北沢(シモキタではありません)はいいな…と、あらためて思いました。
 後ほど、下北沢の写真をアップしますね。

 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2012/11/14(水) 17:25:14|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

夜間銀座的写真・其の壱


夜間銀座的写真1

夜間銀座的写真2

夜間銀座的写真3

夜間銀座的写真4

夜間銀座的写真5

夜間銀座的写真6

夜間銀座的写真7

夜間銀座的写真8

夜間銀座的写真9

夜間銀座的写真10

(ソニー・α900、ミノルタAF50ミリF1.7、ISO800)

テーマ:夜景・夕景 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/13(火) 17:56:39|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

久しぶりに写真を撮りました

 みなさん、こんにちは。

 久しぶりに写真を撮りました。

 夜の銀座を1時間ほど歩き、ソニーα900で撮ります。
 ご存知の通り、α900はフルサイズ機ですが…シャッターを切ると、大きなクイック・リターン・ミラーが動いている感じがします(フルサイズを意識します)。ところが、フィルム機は、全てフルサイズなのですが…この感覚がありません。α900で撮ると、いつもここが不思議です。付け加えますと、α900のシャッター音は、それほどひどくありません。頑張ってますよ…という感じがして、個人的には好感が持てます。

 ソニーのAレンズは、ツァイスの50ミリF1.4が来春、発売されるそうです。
 これは買いたいです。でも、今使っている、ミノルタのAF50ミリF1.7も相当、優秀なレンズです。
 ミノルタのレンズに関する技術はすごいですね。α900を使い始めて、あらためて感心しました。
 唯一、ミノルタAFで感心出来ないのはレンズのデザインです。MFは格好良かったのですが…。

 と言うことで、夜の銀座の写真を近々、アップします。
 写真はうまくなることもなく…変わり映えのないものですが…興味がある方は、後ほどご覧になって下さい。

 それでは。

テーマ:夜景・夕景 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/13(火) 00:08:41|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カメラよもやま話

 フィルムの面白さは、数十年前のカメラであっても、最新のフィルムを入れると、高画質になることだ。当たり前に思われるかもしれないが…結構、これって趣味的にはすごいことだと思う。多く撮影される方は、フィルムや現像代は馬鹿にならないだろう。しかし、僕のように、一枚一枚、じっくり撮影すると、36枚撮りは一日分としてちょうどいいように感じる。もちろん、海外に行けば、2~3本は撮る。何が言いたいかと言うと、フィルムだって、普通に撮影するスタイルならば、ランニング・コストはそれほどかからない(という事を言いたい)。

 僕の好きなスタイルは、カメラ一台にフィルム一本…そして、レンズも一本というもの。レンズはズームが便利だけれど、単焦点を持ち出す。今日は50ミリ…また違った日は28ミリの目(頭)になり、街を歩きシャッターを切る。これだから、フィルム撮影であってもコストは大した事はない。もちろん、いろいろな撮影の仕方があるから、それを否定する気はない。デジタルになって、枚数を気にせずに写せる世界だってあるに違いないから。

 ソニーからα99が発売された。予想通りの内容で食指が動かない。α900の、コストがかかったファインダーを捨ててしまった…(ライカM3が今でも名機と言われるのはあのファインダーあってこそではないか?)。動画撮影に力が入れられている。「トランスルーセントミラー・テクノロジー」が導入されているため、画像素子前に、半透明のミラーを光が通過する。画像素子に到達する光はロスがあるが、それを画像エンジン等で十分に補っているのだろう。それでも、光が画像素子に到達する前に何かを通すというのは、感覚的にしっくりこない。α900を正常進化させたものなら、購入対象となるが…α99は、デザインも含めて、僕の好みから大きくはずれてしまった。α900を大切に使い続けようと思う。

 ライカというと高いというイメージがあると思う。現行のMシリーズは、フィルム機で50万円以上、デジタルでは70万円以上もする。レンズも高いし、よほど余裕がなければおいそれとは買えるものではない。ちなみに、僕はだいぶ前の円高時の並行輸入機を買った。その当時の国産高級一眼レフと同程度だったので、特別高くはなかった。

 中古カメラ・ショップのサイトを見ると…ライカM6やライカM6TTLは、10~13万円程度で売られている。その中で、程度のよいものを買えば…本物のライカを味わえる。もつと重みがあり、ガタは一切ない。精密なギアが噛み合って、「コトン」とやさしい音のシャッターが切れる。僕は、最初にM6TTLのシャッターを切った時は感動した。一眼レフのクイック・リターン・ミラーがある音とは異次元の世界だ。

 ライカのレンズは高いけれど、中古でさがしたり…あるいは、コシナ・ツァイス(ライカよりずっと安い)で、ツァイスを味わうのもいいように思う。

 僕は、もうずいぶん前に、ニコンのクールピクス5000というコンパクト・デジタル・カメラを買った。コンパクトではあるが…グリップはごついし、外装はマグネシウムのごついカメラだ。このカメラは、ニコンにとっては渾身の一台だったようだ。何より、レンズが素晴らしい。当時は広角側が28ミリというのは珍しかったが、28ミリがついており、またF値が明るい(F2.8)。500万画素しかないが、写真を見ると…今でも十分に通用する高画質だ。コンパクト・デジタルは、ソニーのDSC-W300を常用しているが、5000をまた復活させようと思っている。

 オリンパスのPENシリーズ(デジタル)は大ヒットした。こんなときだからこそ、初代のOM-1を格好良く使いこなすといいような気がする(近々、稼働予定)。ペンタックスKX(フィルムの方)を街に持ち出した時は、周囲の注目がすごかった。中には「いいカメラを持っているね」と話しかけてくる人もいた。フィルム一眼レフの黄金時代に生まれた機種は、独特の雰囲気があるのだと、その時思った。

 すみません。だらだら書きすぎました。
 ここでストップします。それでは。

テーマ:料理の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/11(日) 20:24:24|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

早く上がりたい

 僕は、家内に叱られた事があった。

 「何でもっとネコを可愛く撮ってくれないの?」
 「あなたは、ネコを人間だと思って撮っているでしょう」

 その通りだ。
 今頃、気づいたのだろうか…と、その時は言い返したような気がする。

 当時のうちの序列をお教えしよう。

 家内>ポン吉>ユキマル>僕

 もちろん、左の方がえらい。
 家内の言葉が懐かしい。

 「早く上がってきなさい」

 となると…うちで今、一番上位なのはポン吉(!)なのだ。
 僕よりユキマルの方が上…道理で、背中を前足でたたくときの馴れ馴れしさと言ったら…。

 僕がネコを撮るときは、表情が出るようにしている。
 そして、えらそうに一つ加えるとすると、キャッチ・ライトが(目に)入るようにしている。

 な~んだ…やはり、人を撮るときと同じじゃないか…と、今さらのように思ってしまう。

 ネコを自分と同じ目線で見るということは…逆を言えば、自分はネコ並と言うことになる。

 ちょっと微妙だ…。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2012/11/10(土) 23:05:07|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

NOBU

Author:NOBU
【徒然なるままDIARY】にようこそ!

 映画、音楽、カメラ、写真、美術、小説、旅行、グルメ等…好奇心が旺盛です(これだけが取り柄です)。

 相互リンク大歓迎です。よろしくお願いします。
 
 気軽にご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。