【徒然なるままDIARY】

映画、音楽、写真(カメラ)、ネコ、旅行、絵画、オーディオ等…作者「NOBU」の興味があることを書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

海を見ていたい

 ずっとずっと海を見ていたい。

海を見ていたい

(ソニー・DSC-W300)

スポンサーサイト

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/27(日) 17:14:08|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

ホテルの朝食

 ホテルや旅館でいただく朝食ほど食欲をそそられるものはない。
 ただ、これが出張となると…気分がまるっきり違ってくる。

 プライベートだと気持ちが開放的になるのだろう。

ホテルの朝食

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2011/11/24(木) 21:09:33|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ゴエモン

 僕が深夜に起きていると、右隣にはユキマルが、左隣にはポン吉が座るか横になる(身体を僕に密着する)。こうすることで、彼らが安心するのかもしれない(いや、僕を安心させてくれているのかもしれない)。
 
 もう亡くなって4年になるが…ゴエモンは立派なネコだった(21歳半で亡くなった)。
 僕は、今でも後悔していることがある。

 寝室にはネコを入れないようにしている。睡眠を確保するためだが…そのかわり、普段はめいっぱい可愛がってやる。ある日、ゴエモンがベッドの上にあがってきた。「ダメだよ、ゴエモン」と言って、ゴエモンの身体を持ち上げてベッドからおろした。その時、ゴエモンの身体がすごく軽かった。この頃はゴエモン、カザチョク、ポン吉と、ネコが3匹いた。ゴエモンの食欲が落ちている事に気づかなかった。

 それから、僕は出張に出かけた。夜、家内から電話連絡があった。ゴエモンが発作を起こしたと涙声で言う。携帯電話でゴエモンの声を聞かせてもらった。「ウウゥー」とうなるような…苦しんでいる声だった。そして、2度目の発作を起こして、ゴエモンは動かなくなった。

 ゴエモンをベッドから下ろすとき…彼の目に涙がにじんでいた。ゴエモンは極度の人見知りで、来客があっても姿を見せなかった。しかし、初めてゴエモンが家にやってきた時…僕と目が合ったら、駆け寄ってきて膝の上にのって僕の顔を舐めたのだ。家内は、こんな奇跡的な事はないと話していた事を思い出す。

 軽くなったゴエモンをベッドに入れてやればよかった。ゆっくりゆっくりお別れの挨拶が出来た筈だ。

 ゴエモンの骨壺はリビングの棚に置いてある。弟分のカザチョクの隣だ。

 ネコにはニャン格がある。
 ゴエモンはロシアに住んだ事もあったそうだが…ロシア人もビックリするほどのニャン格者だった。

 ごめんな…ゴエモン。
 彼の涙ににじんだ目を思い出すと…今でも涙があふれてくる。

 後輩のポン吉、ユキマルを見守って下さい。
 ゆっくり休んでおくれ…ゴエモン。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

  1. 2011/11/23(水) 17:31:59|
  2. ペット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昇る日


昇る日1

昇る日2

昇る日3

(ソニー・DSC-W300)

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/23(水) 07:28:33|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

海を見ていた

 正直なところ…今は、父と前妻の闘病時を除いて…人生で一番つらい時期だと思う。
 とことんまで落ちる…落ちてしまえと自分に言いたくなる。

 それでも海を見ると気持ちが穏やかになる。
 よく言われる事だが、我々の祖先は海からやってきたに違いない。

 今は、本当につらい。
 それでも、母や弟…亡くなった家内の事を考えて頑張ろうと思う。

(なかなか気分的に落ち着きません。みなさんのブログに寄れず失礼しています。落ち着きましたら、寄らせていただきたいと思います。お寄りいただき、ありがとうこざいます)

熱海のスナップ

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2011/11/21(月) 09:16:20|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

大涌谷


大涌谷1

大涌谷2

大涌谷3

(ソニー・DSC-W300)

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/20(日) 15:04:15|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カレー・ライス二種

 小涌谷に、洋食MOIというお店があります。
 何でも別荘に住んでいらっしゃる方がよく利用されるのだとか。

 知る人ぞ知るという存在なのでしょう。
 僕はカツカレーを、弟はステーキカレーを注文しました(母は海老フライです)。

 ステーキを一切れもらって味見したところ…グリルで焼いてあり、とても香ばしいです。
 美味しかったです。

MOI・カツカレー

MOI・ステーキカレー

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2011/11/19(土) 11:04:24|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

稲取から南伊豆を眺める


稲取から南伊豆を眺める1

稲取から南伊豆を眺める2

稲取から南伊豆を眺める3

(ソニー・DSC-W300)

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/17(木) 18:14:40|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

熱海「わんたんや」で昼食

 昨日の昼食は、熱海の「わんたんや」でいただきました。
 
 とても美味しかったです。

わんたんや・チャーシューワンタン麺

わんたんや・餃子

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2011/11/16(水) 21:08:56|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ただいま。

 みなさん、こんにちは。

 先ほど帰りました。
 伊豆稲取温泉に行ってきました。

 実家家族と出かけました。
 以前は、父や前妻も一緒でとてもにぎやかでした。
 少し寂しくなりましたが…母、弟の健康の大切さを思います。

 また、後で書きますね。

 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2011/11/16(水) 17:21:27|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ちょっと出かけてきます

 みなさん、こんにちは。

 これから、実家家族と一泊で出かけてきます。
 なかなかそんな気分ではない日々ですが…気分転換になればと思っています。

 帰りましたら、ご報告します。

 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2011/11/15(火) 10:54:35|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テレビ大好き・ポン吉


テレビ大好き・ポン吉1

テレビ大好き・ポン吉2

テレビ大好き・ポン吉3

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

  1. 2011/11/14(月) 08:09:37|
  2. ペット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

抱き合う日々

 ネコ飼いなら、ネコをなでて抱っこするのは日常の事だろう。
 あるいは、ネコを飼っていなくてもネコカフェで楽しむ事が出来る。

 ポン吉とユキマルはどちらもオスネコだ。
 僕もオス(?)なので、一軒家に3匹のオスが住んでいる。

 うちでは抱っこするというレベルではない。
 ポン吉、ユキマルに不公平にならないように…彼らと毎日抱き合っている。
 さすがに真正面からだと彼らが苦しいので、抱き上げて身体全体を抱え込むようにする。
 ポン、ユキマルが甘えてきたときにこれを何度か繰り返す。
 
 2ニャンの心臓の音がする。
 「グルグル」とのどを鳴らす。ぐっと抱きしめて、お互いの体温を感じ合う。

 抱き下ろすと、ユキマルは僕の足をなめる。
 ポン吉は、身体を横たえるのでゆっくりなでてやる。

 彼らと暮らしてわかったことは…僕はオスネコにすごくもてるという事だ。
 メスネコにも、ましてや人間の女性にももてないのに…何故かオスネコにもてる(ゴエモンにもすごくもてた)。

 3匹で抱き合う日々だが…長い目で見ればこれも瞬間の出来事だと…少し寂しくなる。
 長生きしてくれな…ポン吉、ユキマル。

じゃれ合う2ニャン1

じゃれ合う2ニャン2

(写真は以前にもブログでアップしたものです)

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

  1. 2011/11/12(土) 09:02:08|
  2. ペット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日も仲良し


今日も仲良し1

今日も仲良し2

今日も仲良し3

今日も仲良し4

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

  1. 2011/11/10(木) 19:41:57|
  2. ペット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水曜日でも好き勝手に書きます

 僕は寅さん映画(「男はつらいよ・シリーズ」)の大ファンだ。

 ご存知の通り、寅さんは女性に恋をしてふられ続ける(寅さんがもてる作品もあるが、恋は実らない)。
 最近、よく言われる草食系男子は寅さんを見習う方がいい。恋愛は…最終的には実るのが望ましいが…失恋はとても大事な経験だと思う。よく言われる事だが、失恋することで痛みを知って相手に対して優しくなれる。

 自慢じゃないが、僕は寅さん並とは言わないが…学生時代から失恋の連続だった。失恋する理由はいつも同じだった。女性の好意に気づかず…後からそれを知って好きになるというパターンが多かった。男と違い、女性は潔い。どんなに好意を持った相手でも、離れる時はきっぱり気持ちを整理する。気持ちが離れてから好きになっても後の祭りなのだ。

 失恋もせず、学校で恋愛や失恋を教えてくれるわけもなく…そのまま大人になったら、不幸だと思う。そんな時に役立つのが「寅さん映画」だ。人間はどうあるべきか…人を思いやる気持ちとはどんなものか…寅さんがすべて教えてくれる。

 前も書いたと思うが…再度、書く。
 僕は、中学二年生の時に「寅さん」を初めて観た。寅さんの世界に衝撃を受けた。この頃は、人嫌いまっしぐらで…心にたくさんトゲがはえていた。心のトゲがポキリと折れて、いつしか僕の人嫌いはなおってしまった。

 毎月、柴又まで足を運んだ。ラジカセを持って行き…帝釈天や参道で街の音を録音した。
 いつか、寅さんに会える…そんな気持ちだったと思う。

 トゲトゲしい現代だからこそ…寅さん映画が必要だな…なんて思う。
 もう新作は撮られる事はないけれど、48本の宝物を大切にしていきたい。

 またまた好き勝手に書いてしまいました。
 失礼しました。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2011/11/09(水) 22:29:23|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

月曜日でも好き勝手に書きます

 前も書いたけれど…最近、自転車の交通法規違反が目に余る。

 先日、クルマで新宿に行く用事あった。帰りの道で横を走っていた自転車が赤信号で躊躇することなく直進する。当然、こちらは止まっている。信号が青になり加速して自転車を抜く。また赤信号で止まると…自転車はそのまま真っ直ぐ相当な速度で突っ走る。30代ぐらいの男性だったが…あり得ないと思って、呆れて見ていた。

 歩道を歩いていると、「チリンチリン」と大きな音がする。中高年の女性が僕の脇ギリギリを自転車で走り抜ける。近所の歩道だが…自転車通行可ではない。ほとんどぶつかりそうな感じで追い抜かれるのでヒヤヒヤする。

 無灯火走行は当たり前だ。横断歩道を渡っていたら、無灯火で走っていた自転車が目の前を走り抜けた。ぶつかりそうになったので、思わず腰が引ける(女子高生だったと思う)。無灯火だったので、僕は自転車に気づくのが遅れた(節電で街灯を消しているのが影響している)。横断歩道を渡ろうとして…自転車が止まった事がない。本当にこれでいいのだろうか?

 スポーツ・タイプの自転車は速度が出る。道路の左を走って欲しいが…ど真ん中を走り、クルマで抜くときにものすごく気を遣う。

 これをお読みの方は、問題なく自転車に乗っていると思うけれど…一般的に注意が必要だと、マジで思う。

 またまた好き勝手に書いてしまいました。
 失礼しました。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2011/11/07(月) 22:48:49|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

青函ワールド・おまけ


青函ワールド・おまけ1

青函ワールド・おまけ2

青函ワールド・おまけ3

青函ワールド・おまけ4

青函ワールド・おまけ5

青函ワールド・おまけ6

(ソニー・α900、ミノルタAF28ミリF2.8、ISO:1600)

テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/05(土) 20:34:21|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

「糾励根(きゅうれいこん)」の世話になる

 今朝、ベッドで起きようとしたところ…腰をひねったのだろうか…腰の右側の筋肉が痛くなった。

 治すのに時間をかけたくないので、「糾励根(きゅうれいこん)」という漢方の湿布薬を水で練って、ガーゼに塗布して患部に貼った。今、じわっと温かくなっている状態だ。

 この湿布薬は本当にすぐれもので、市販のどの湿布薬よりも効く。

 後で、どれだけ効果があるか報告出来ると思う。

糾励根

 それでは。

テーマ:ダイエット・美容・健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2011/11/05(土) 12:52:33|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

太田裕美

 太田裕美の「木綿のハンカチーフ」は名曲だと思う。

 でも…僕が一番好きな曲は「南風」。





テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

  1. 2011/11/05(土) 08:28:52|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金曜日でも好き勝手に書きます

 近所のスーパーで、サツマイモとカボチャを買ってくる。

 どちらも拍子切りにして、5分程度茹でる。
 水気を切って、塩胡椒をしてからマヨネーズを少なめにかける。
 これでサツマイモ・カボチャのサラダの出来上がり。

 皿に盛ってフォークでいただく。
 電子レンジで調理するより、やはり茹でる方がしっとりとした仕上がりになる。
 旬の食材が一番美味しいし、値段が安くて栄養がある。

 キャベツの千切りは…ちょっと自慢。僕の千切りキャベツはとんかつ屋よりも細かい。
 キャベツは切り方によって味がまるっきり違う。細かく千切りにするとソフトでキャベツの甘みを引き出す事が出来る。これに、ドレッシングを軽くかける。カニかまぼこがあったら…細く裂いてのせれば味がアップする。

 家庭用のガスで作るのが難しいのがチャーハンだ。
 素人の僕でも簡単に出来るチャーハンの作り方は以下の通り。

 温かいご飯をボウルによそって、玉子一個を割り入れる。ざっくりとご飯と玉子を混ぜ合わせておく。
 ショウガ一かけを千切りにしておく(出来るだけ細くする)。チャーシューやハム、長ネギを刻んでおく。

 フライパンを熱して、サラダオイルを大さじ1杯ぐらい入れる。
 焦がさないようにショウガの千切りを炒めて香りを出す。

 次に玉子を混ぜ入れたご飯を投入する。この時の留意点は…火は中火ぐらいにすることだ。プロは強火で仕上げるが、家庭ではそれが難しい。中火で焦げないようにご飯を炒めて、パラパラにする(玉子を混ぜてから炒めると必ずパラパラになる)。塩胡椒、鶏ガラスープの素や味覇(ウェイパー=中華の万能調味料)で味をつける。薄味に仕上げたいので味見をしながら調味料を入れる(僕は勘で入れてしまうが)。チャーシュー、ハム等を入れる。最後に、長ネギのみじん切りを入れてサッと火を通す。これで、簡単パラパラ・チャーハンの出来上がり。 

 またまた好き勝手に書いてしまいました。
 失礼しました。

テーマ:男の料理 - ジャンル:グルメ

  1. 2011/11/04(金) 23:07:25|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

花園神社・酉の市


酉の市1

酉の市2

酉の市3

酉の市4

(ソニー・DSC-W300)

テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/03(木) 14:56:02|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

水曜日でも好き勝手に書きます

 最近気がついたが(?)…どうやら僕は「バツイチ」らしい。
 確かに、そう言われればその通りなのだ。

 後輩に「再婚しないのですか?」と言われた時は、「再婚」という言葉にドキッとした。
 そうか…次に結婚するときはそうなんだ…と、あらためて思った。

 晩婚化がすすみ…男女とも、40代でも独身は珍しくなくなった。
 結婚に躊躇する人が増えている。いろいろな理由があるだろう。
 結婚は人生の墓場…どこかで聞いた事がある。本当だろうか?

 配偶者は絶対的な味方であり、容赦のない批判者だ。
 こういう存在を結婚せずに得られるのであれば幸福だと思うが…一般的には、結婚すればこそだと思う。

 前妻は、ロシア美術の専門家だった。知識だけではない。審美眼はすごいとしか言いようがなかった。
 恥ずかしながら、僕は毎年、搬入ギリギリに油絵を描いて…サークル(日本公認会計士協会東京会)の展覧会に出品していた。
 もちろん、時間をかけていないから納得する出来ではない。それでも、短時間である程度のレベルにまとめたという自負はある。前妻は、僕の絵を見て「薄っぺらい」と言い放った。「この絵は、巨匠が描いたと言えばありかもしれないけれど…すごく薄っぺらい」とのたまう。悔しいが、反論できない。その通りだ。

 資本主義と共産主義・社会主義のことを前妻と徹夜で議論した。
 キリスト教に話が及んだ際、「キリスト教の事をきちんと勉強もしないで、そんな事言わないでくれる!」と明け方叱られた事もある。その時はカチンときたが、これもその通りだ。ロシア美術を理解するためには、ロシア正教を理解しなければならない(宗教画が重要なのだ)。そのため、前妻は仏教徒でありながら、キリスト教をしっかり勉強していた。

 確かに結婚するには経済的にある程度余裕がないと出来ない。若者が結婚に踏み切れないのは、この要因が大きいのかもしれない。しかし…子供が生まれたら市町村で補助制度があるし、2人で協力すれば何とかなると、僕は思う(贅沢しなければやってけるのが現代ではないか?)。

 結婚は墓場なのだろうか?
 正解はないだろう。人による…としか書けない。

 それでも…僕は、結婚は素晴らしいと思う。
 この人と人生をともにしよう…こう決心することが出来る相手がいることが素晴らしい。
 相手を尊重し、尊敬する気持ちがあれば…一生をともに出来ると、僕は信じる。 

 またまた好き勝手に書いてしまいました。
 失礼しました。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2011/11/02(水) 13:43:39|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

船の科学館・展示物


船の科学館・展示物1

船の科学館・展示物2

船の科学館・展示物3

船の科学館・展示物4

(1、3~4枚目:ソニー・DSC-W300)
(2枚目:ソニー・α900、ミノルタAF28ミリF2.8、ISO:AUTO)

テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/01(火) 23:07:47|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

NOBU

Author:NOBU
【徒然なるままDIARY】にようこそ!

 映画、音楽、カメラ、写真、美術、小説、旅行、グルメ等…好奇心が旺盛です(これだけが取り柄です)。

 相互リンク大歓迎です。よろしくお願いします。
 
 気軽にご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。