【徒然なるままDIARY】

映画、音楽、写真(カメラ)、ネコ、旅行、絵画、オーディオ等…作者「NOBU」の興味があることを書きます。

そしてまた好き勝手に書きます

 朝、早く起きてちょっとだけテレビでニュースを見る。
 もう一度寝ようとしたところ、寝室のドアからポン吉がするりと入る。
 仕方がないのでドアを開けてそのままにしておくと、白くてでかいヤツ(ユキマル)が入ってくる。

 ベロベロ攻勢をかいくぐり、何とか眠りにつく。
 2時間ほど経っただろうか。起きると、僕の上半身にポン吉が密着し、ユキマルが下半身にぴったりくっ着いて寝ている。派手に寝返りしたら彼らを巻き込むこと必至だ。

 今もポン吉とユキマルがそばにいる。
 よくネコは気まぐれといわれる。確かに否定できないが、人間と同様、嫉妬や複雑な感情で行動が左右されることが多い。ポン吉の前でユキマルをなでたり抱き上げると、ポン吉の目(黒目)がタテに細くなる。これは驚いたり、嫉妬するときの反応だ。逆にユキマルの前でポン吉をかわいがると、ユキマルは目を細くしてにらむような表情になる。前にも書いたが、こういう時にユキマルの名前を呼ぶと「関係ないね」(ちょっと古いが柴田恭兵調で…)と横を向く。彼らが高度な感情をもつ立派な生き物だとわかる。ネコを虐待するなんてとんでもない。

 ネコでさえこうなのだ。人間の子供を虐待するなんて考えただけでもおぞましい。
 最近、ニュースを読み、聞きすると気分が悪くなることが多い。
 子供が絶望して亡くなる瞬間の気持ちを想像すると、気が遠くなりそうになる。

 現在はダイエット中なので食事量を制限している。今日は朝食しか食べていない(ビタミン、ミネラル類は摂っている)。週末、家にいるときは一日一食に制限して外に食べに行く(今朝は実家の家族と朝食をとった)。どこかに出かけたい気分ではあるが…近々、気合いを入れなければならない出張があり、自宅で作業している。そう、昨日のことだった。最近、近所にできた「肉そば」(ラーメンの上に薄切り肉がのっている)のお店に行ってきた。一口…京都のラーメンに近い。僕は美味しくいただいたが…東京ではもう少しダシが前面に出る方が受けるような気がする(京都でいただくラーメンの方がダシがきいているような気がする)。

 先日、「ラーメンガール」のことを書いたが…地元にラーメンに魅せられてラーメン屋をはじめたアメリカ人男性(「ラーメンボーイ」または「ラーメンマン」か?)のお店の初めての支店ができた(本店は別の街にある)。なかなかの評判らしい。今度は、ここに食べに行こうと思う。

 高級な料理をいただくこともあるが…ラーメンや大衆的な料理の方が好みだ。
 「あなたは安く太った」というのが家内の言葉だった(もちろん冗談で言っていた(真実だけれど…))。
 高い料理は美味しくて当たり前だと思う。安いけれど美味しく食べてもらいたい…この(作り手の)気持ちに僕は共感する。

 さて、一休みしてからもう少し作業しよう。

 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2010/10/31(日) 22:47:34|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

今日もまた好き勝手に書きます

 先日、出張先でPCの調子が悪くなった。液晶画面が暗くなり、左側に縦スジが入った。
 液晶そのものか…あるいは配線等の接触が悪くなったのかはわからない。
 事務所に代替機があったので、取り替えてもらった(ソフト等はすべて入れ替え作業になるので大変だ。Kさん…ありがとうございます)。
 
 PCの入れ替えで困るのは、メールを移し替え忘れた時だ。以前、いただいたメールは保存しているが…移し替え忘れると、アドレスを失ってしまう。ある方がケガをなされて…連絡をとりたいのだが、メール・アドレスがわからず失礼している。

 今、これを書いているのはAcerのネットブックだ。ワイヤレスのマウスにしてから操作しやすくなった。
 Googleの日本語入力ソフトをしばらく使っているが、僕にはATOKの方が使いやすい。ということで、ジャストシステムから「一太郎」を購入・ダウンロードしながら書いている。一太郎にはもちろん、ATOKもついている。ワープロ・ソフトは仕事ではワードを使っているが、個人的には一太郎のよさは捨てがたい。自宅PCにも最新版をインストールしているがネットブックにもインストールすることにした(これでどんどん書いていこうと思う)。

 午前中、Amazonに注文していた本が届いた。ドアを開けると、雨の中、某宅配便の方が笑顔で品物を持ってきてくれる。そして、いつものように…「これで大丈夫ですから」と言ってクルマに戻ってしまった。ああ、また受領サインをかわりに書いてくれるのだな…と、ありがたく思いつつ若干複雑な気持ちになる。この方が気を遣わないようにしなければならない(園芸スペースも部屋も片付けよう)。

 ご存知の方もいらっしゃるだろう。「アバター」は第2作、第3作が製作されることが20世紀FOXから正式に発表された。続編(第2作)は2014年公開ということなので、しばらく待たなければならない。

 「アバター」の3D映像は画期的だった。飛び出る描写より奥に拡がる3D効果が印象的だった。従来の3D映像では「飛び出る効果」が強調されたが…「アバター」も含めて、最近の3D映画ではここが抑えられている。これは心臓に疾患がある人やショックに弱い人への配慮なのだそうだ(それでも「アバター」をご覧になって亡くなられた方がいる)。これが、結果的に3Dであっても大人っぽい表現というか…より映画らしい表現につながっているのは皮肉というか、好ましいことだと思う。

 いつもながらここまで書いて内容がないことにハタと気づく。
 まあいいやと思ってアップする自分に唖然とする。
 失礼しました。

 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2010/10/30(土) 22:52:26|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

深夜でも好き勝手に書きます

 いわき出張時は、「いわき」ではなく手前の「湯本」で下車した(ここが出張先の最寄りだ)。

 湯本駅をおりると、「フラガール」を思い出す。
 そう、湯本駅は2006年に公開された「フラガール」の舞台となった「スパリゾートハワイアンズ」(旧名:常磐ハワイアンセンター)の最寄り駅でもある。

 ご覧になった方は多いと思う。
 僕は、(この映画の)ど真ん中ストレートの速球にノックアウトされた。
 こういうまっすぐな映画が最近少ない。

 「フラガール」のモデルとなったみなさんの努力と、出演者の(ダンス練習等の)努力が重なる。
 映画は嘘のかたまりだけれど…出演者、作り手の努力、情熱が嘘の隙間から真実をあふれ出させる。








 今日(正確には昨日)の昼前、ある青年が事務所を訪ねてきた。
 クライアントのある方の息子さんだ。
 大学3年生で就職活動中とのこと。いろいろ相談したいということで…先輩を訪ねてきた。
 僕と、もう一人のメンバーが同席する。

 食事しながら話を聞く。
 その青年は映画が好きで映画配給会社に就職したいと話す。

 映画は芸術でもあるが、一方、ビジネスでもある。
 映画評論家は芸術、アート面から語る方が多い。しかし、どんなに芸術的にすぐれた映画でもビジネスにならないと、少なくとも劇場で公開する映画としては難しい。

 青年に映画ビジネスの基本的な知識を身につけることをアドバイスする(映画ビジネス関連の書籍は書店で購入出来る。僕も何冊か持っている)。

 映画を語るのは楽しい。
 先輩やもう一人のメンバーの話も聞きつつ、青年にプレッシャーにならない程度にアドバイスをする。


 昨日、弟から「アイアンマン2」と「ブルース・ブラザース」のDVDをもらった。
 どちらもお客さん(映画会社の方)からいただいたそうだ。

 後者は僕のバイブルのような作品だ。もう何十回観たかわからない(場面だけだったら数百回になるだろう)。 手元には友人からいただいたビデオがあり、大切にしている。このDVDには1時間近いメイキングが収録されているそうだ。今から観るのを楽しみにしている。

 そう、「アイアンマン」の第一作は楽しかった。ロバート・ダウニー・ジュニアはいろいろあったけれど…第一作を観て完全復活を確信した(この方…敬愛するチャーリー・チャップリンを演じているのだ)。

 またまた好き勝手に書いてしまいました。
 失礼しました。

 それでは。

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

  1. 2010/10/29(金) 01:28:49|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

台場的日常風景

 今日は実家の家族と一緒に夕食をとった。

 弟とどこにしようか携帯で話し合う。
 母がお台場が好きだったことを思い出した。
 「台場小香港」のお店で軽く食べる。

 その前に時間が少しあったので、久しぶりにぶらっと歩く。
 
 当たり前の風景を当たり前に撮る。
 とても懐かしい。

(ソニー・サイバー・ショット・DSC-W300)

台場的日常風景①

台場的日常風景②

台場的日常風景③

台場的日常風景④

台場的日常風景⑤

台場的日常風景⑥

台場的日常風景⑦

台場的日常風景⑧

台場的日常風景⑨

台場的日常風景⑩

台場的日常風景⑪

台場的日常風景⑫

台場的日常風景⑬

台場的日常風景⑭

台場的日常風景⑮

台場的日常風景⑯

テーマ:夜景・夕景 - ジャンル:写真

  1. 2010/10/27(水) 23:32:59|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

いわきに行ってきます

 みなさん、こんにちは。

 日曜日はバタバタと過ごしていました。
 出張準備等の作業がありました。

 今日、明日はいわきで仕事です。
 これから出張に出かけます。

 後でみなさんのところに寄らせていただきます。

 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2010/10/25(月) 07:29:56|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

祭りの跡~「ラーメンガール」のロケ地を歩く~

 「ラーメンガール」のロケは主に円山・神泉で行われた。
 
 最寄りの井の頭線・神泉駅を降りる。
 トンネルに挟まれた駅は、さながら街中の谷のようだ。

 黄昏せまる街を歩くと、僕は映画の中に迷い込む。

 祭りの音は遠い。
 街歩きを終える頃、やさしい月の光が街を照らしていた。

(ソニー・サイバー・ショット・DSC-W300・ワイドコンバージョン・レンズ)

祭りの跡①

祭りの跡②

祭りの跡③

祭りの跡④

祭りの跡⑤

祭りの跡⑥

祭りの跡⑦

祭りの跡⑧

祭りの跡⑨

祭りの跡⑩

祭りの跡⑪

祭りの跡⑫

祭りの跡⑬

祭りの跡⑭

祭りの跡⑮

テーマ:ロケ地ツアー - ジャンル:映画

  1. 2010/10/20(水) 23:38:54|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

THE RAMEN GIRL

 西田敏行がインディーズ系のハリウッド映画に出演したのをご存知だろうか。

 我が国では2009年に単館(テアトル新宿)で公開されている。
 題名は「ラーメンガール」(原題:「THE RAMEN GIRL」)だ。

 僕は、日本映画専門チャンネルで観た。
 DVDでも出ているので興味をもたれた方はレンタル店で手に取ることが出来ると思う。

 彼氏(イーサン)を追って日本にやってきた女性(アビー)が、(彼氏にふられて)あるラーメン店にふらっと入ったところ…ラーメンに魅入られ、主人に弟子入りを嘆願する。この主人(マエズミ)が頑固者で言葉の壁もあり、女性は戸惑いつつ次第にラーメンの世界に入っていく。恋愛あり、笑いありという異色のロマンティック・コメディになっている。

 正直なところ…映画としての出来はそれほどでもない。いや、むしろ少なくない欠点のために映画世界に入り込めない人が多いだろうと思う。頑固者の店主の描き方が極端なのだ。脚本、監督はアメリカの方だが…主人のキャラクタをやや誇張し過ぎたきらいがある。他にも突っ込みどころ満載で、箇条書きにしたら10を超えるだろう。

 しかし…それでも、僕にはこの映画は「魂」があると思った。
 人の想い、人と人の交流…映画にこれを感じた。

 主人公の女性をブリタニー・マーフィが演じる。かわいらしいだけでなく、どこか凜とした風情も感じる。
 西田敏行は、前述したようにキャラクタ設定がやや意固地過ぎる感はあるが…ラストのお祭りの時に見せる表情は素晴らしいと思う。

 キャメラが素晴らしいと思ったら…大林映画の常連の阪本善尚さんだった。
 お店のある円山・神泉の雰囲気が画面から感じられる。

 そして…とても残念というか、びっくりしたのは主演のブリタニー・マーフィは、もうこの世にいない。
 2009年12月に亡くなってしまった。

 オリジナルは日本公開版よりも20分長いそうだ。
 バランスがもう一つだし…ご覧になると、後半の展開がやや唐突に過ぎると感じられるだろう。 
 オリジナルだとここが違うのだろうか。

 出来がいいとは言えない映画だが…僕は心に残った。
 アビー…ブリタニー・マーフィの笑顔が心に染みる。






 映画の舞台は(渋谷近くの)円山・神泉だ。
 僕はいつか、この街を歩いた。
 ロケ地となったお店はどうなっているのか…これを知りたくて、日曜日にまた歩いてきた。
 この時、撮った写真は後でアップしようと思う。

 それでは。

テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画

  1. 2010/10/18(月) 23:08:04|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

Oh!キャティー

 映画「アイコ十六歳」の挿入歌。
 ラストにかかるこの歌を覚えていいらっしゃる方…いないかな…。

 とても懐かしい。
 そして、何故か聴いていると元気になる。






テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

  1. 2010/10/17(日) 07:26:05|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日帰ります

 みなさん、こんにちは。

 ようやく最終日です。
 今回はいろいろ大変ですが、頑張ってやりたいと思います。

 今日、東京に帰ります。

 後ほどみなさんのところに寄らせていただきます。

 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2010/10/15(金) 06:44:09|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

仙台牛タン

 残念…せっかく「味太助分店いまい」で牛タンの写真を撮ったが、写真が不鮮明(ピンぼけ?)だった(不鮮明なままアップします。失礼します)。

 携帯カメラは、シャッターぶれ防止機能があるが、ピントは気をつけなければならない。

 仙台の「太助」は牛タン焼きの元祖的存在。
 東京の牛タンとは比較にならないほと厚くてジューシー。

 とても美味しかった。

「味太助分店いまい」の牛タン焼き

テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ

  1. 2010/10/13(水) 00:50:18|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

今日もまた好き勝手に書きます

 今日は、いつもお世話になっている新宿の美容院に行ってきた。

 クルマで出かけたが…近所でお祭りがあり、新宿に出るまでかなり時間がかかってしまった。
 美容院の後、行きつけの随園別館で遅めのランチをとる。

 今日は「五目あんかけご飯」と水餃子を半分いただいた。
 体調が悪かったこともあり、きちんとした食事はなかなかとることが出来なかった。
 「五目あんかけご飯」は麺用のドンブリに入っている。すごいボリュームだ。
 これに大きめの器に入ったスープ(ほうれん草と玉子のスープ)がついてくる。

 いつもなら簡単に完食するが…残念ながら残してしまった。
 それでも久しぶりにきちんとした食事が出来て嬉しかった。

 そうそう…8月から始めたダイエットだが…スタート時から15キロ体重が減った。
 目標体重まではまだまだなので、体調に気をつけながら続けようと思う。

 帰りのクルマの中でラジオを聴く。
 TBSをつけると…爆笑問題の番組が放送されていた。
 ちょうどジョン・レノンでカラオケでよく唄われる歌のベスト10をやっていた。

 「ウーマン」「イマジン」なんか聴くと、涙があふれて運転に気を遣う。

 帰りは比較的スムースに運転出来た。
 久しぶりに獅子丸に乗った。
 たまに乗ってやらないと調子が悪くなるだろう。

 そう、少し気になることを思い出した。
 某宅配便の方なのだが…家内がいるときからうちの地区の担当だった。
 
 残念ながら玄関には新聞が山積みになっていて整理しなければならない。
 園芸スペースも荒れ放題だ。

 そんな状況からだろうか…その方は品物を渡すと「これで大丈夫です」と言って早足でクルマに戻ってしまう。

 受領印またはサインをしていないのだ。
 僕の想像だが…僕が気にしないように、この方が代わりに受領のサインを書いてくれているように思える。
 たいした物を注文していないから…まあいいか、なんて思ってしまうが…さてどうだろう。

 某宅配便の方はとても気を遣われる方なのだと思う。
 早くこの方が気を遣わなくてもよいようにしなければならない。

 またまた好き勝手に書いてしまいました。
 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2010/10/10(日) 21:02:22|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

ポン&ユキマル


ポン&ユキマル①

ポン&ユキマル②

ポン&ユキマル③

(すべて携帯カメラで撮影)

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

  1. 2010/10/09(土) 11:58:43|
  2. ペット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今日復帰しました

 みなさん、こんにちは。

 体調を崩してしまい、仕事を休んでいました。
 今日、事務所で仕事をすることが出来ました。

 コメントしていただき、また立ち寄っていただき、ありがとうございます。
 長く返信出来ず、大変失礼しました。

 早く元気になりたいと思います。

 少し落ち着きましたら、みなさんのブログに寄らせていただきます。

 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2010/10/08(金) 18:57:50|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

土曜日でも好き勝手に書きます

 10月1日からタバコが値上がりした。

 僕はタバコは吸わない。
 喫煙者のみなさんにとっては「痛い」というところだろうが…ニューヨークではタバコは一箱10ドルする。
 値上げしても日本はまだ安いと言えるのではないか。

 僕は、他の方に迷惑をかけなければ喫煙は認められると思っている。
 健康維持は自己責任だし、タバコが吸いたい人はしかるべき場所で吸えばよい。

 しかし…道にタバコを投げ捨てるのはどう考えてもおかしい。
 僕はディープな「MINTIA」のファンだが、パッケージのフィルムを落としたら間違いなく拾う。これを道に投げ捨てる勇気は僕にはない。喫煙者のみなさんがすべてそうではないと思うが…どうして道にタバコを投げ捨てることが出来るのだろう(自分の家でフロアに投げ捨てればいいではないか)。


 もう20年以上前になるだろうか…映画「アイコ十六歳」を三軒茶屋の映画館で観た。
 ご存知の方も多いだろう。数年前、(この映画の)今関監督には残念な事件があった。

 それでも、大傑作ではないが…僕はこの作品は素晴らしいと思う。

 堀田あけみの原作ではアイコの敵役の紅子を最後まで悪く描いている。
 ところが、映画では敵役ではあるが…アイコと紅子が心を通じさせるシーンを描いている。

 僕は(例の長台詞は別として)このシーンが映画「アイコ十六歳」の白眉だと思っている。






テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2010/10/02(土) 20:19:09|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

小牧からです

 昨夜、仙台から小牧に移動しました。

 新幹線を乗り継ごうかと思いましたが…仙台の工場の方が「えっ?」と意外に思われた一言で変更です。
 夕方、仙台空港から中部国際空港に飛びます。

 中部国際空港から名鉄(特急)で小牧まで1時間半で移動出来ます。
 犬山からは各停ですが、ほとんど座席指定でとても楽です。

 と言うことで、8時過ぎにホテルにチェックインすることが出来ました。

 ホテル近くの居酒屋でややさびしく一人飲みです。
 まあ、これも気楽ではあります。

 さあ、今日も頑張ってやります。
 それでは。

小牧・居酒屋にて

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2010/10/01(金) 06:03:04|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

NOBU

Author:NOBU
【徒然なるままDIARY】にようこそ!

 映画、音楽、カメラ、写真、美術、小説、旅行、グルメ等…好奇心が旺盛です(これだけが取り柄です)。

 相互リンク大歓迎です。よろしくお願いします。
 
 気軽にご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する