【徒然なるままDIARY】

映画、音楽、写真(カメラ)、ネコ、旅行、絵画、オーディオ等…作者「NOBU」の興味があることを書きます。

水曜日も好き勝手に書きます

 昨夜のサッカーは残念だった。

 僕のようなにわかサッカー・ファンがとやかく言うような試合ではない。
 立派だったと思う。

 
 今日は実家店が休みだ。
 弟はゴルフなので僕が母を夕食に連れて行った(ついさっき帰った)。

 母は鰻が好物なので大塚の某鰻店にした。
 このお店は「櫃まぶし」が名物だ。

 僕は名古屋、熱田神宮そばの「あつた蓬莱軒」の大ファンだ。
 ここの櫃まぶしは絶品だと思う(出張時、プライベートで何回かいただいている)。

 残念ながら大塚某店の櫃まぶしはあつた蓬莱軒に遠く及ばない。
 しかし、それなりに雰囲気・味を楽しめたと思う。
 母は「珍しいものを食べることが出来た」と言いつつもやはり鰻重の方が好みのようだ。

 
 昨夜、書斎(作業部屋)に入ろうとしたら…ポン吉がすっと横から入ってきた。
 先日撮影したポンとユキマルの写真をポン吉に見せた。
 
 ポンはユキマルや自分の写真をディスプレイで見ると身体を乗り出そうとする。
 そして…目を見ると、虹彩がタテに細くなっている(驚いているのだろう)。
 ポンは明らかに写真に写っている自分たちを認識している。
 

 ポンのことをもう少し書くと…最近は寝るのが一苦労なのだ。
 そろそろ寝ようと思い、階段を上がっていくとポンがそれを察して先回りする。
 寝室ドアの前で僕の足下をぐるぐる回る。
 ドアを開けようとするとポンはドアの隙間から寝室に入ろうとする。
 寝室に入ったポンはベッドの下に潜り込む。僕が横になるとベッドの上に上がってきて顔をなめ出すのだ(眠れない)。だから、寝室には入れられないのだが…毎晩のように僕をブロックする。仕方がないのでもう一度一階に下りて2ニャンの相手をする。そして彼ら(特にポン吉)が油断しているうちに、早足で二階に駆け上がる(何でこんな対応をしなければならないか…と思う)。


 ちょっとおそろしい話(と言うか僕がだらしないだけなのだが…)。

 スーパーで6枚切りの食パンを買う。
 2~3日は大丈夫だろうと思い、冷蔵庫ではなく電子レンジの前に置く。
 先日、それを少し忘れてしまった。

 買ってきてから4~5日経っただろうか。
 これはまずいと思い、冷凍庫に保存した。こうしておけばしばらくもつ。

 朝、凍ったパンを2枚焼いて食べる。
 凍っている分、トースターの時間を少し長めにする。
 そして…また次の日にパンを焼こうとしたところ…パンの下が緑色になっているではないか…。
 そう、凍らせる前に青カビが生えていたのだ。

 その前に食べたパンはどうだったのだろう。
 青カビが生えたまま食べてしまったのか(青カビはパンのミミのところなのでよくわからない)。

 一人暮らしが復活してもう2年とちょっと経つ。
 これでいいのかと自問する。

 みなさんもこの季節…パンのカビには気をつけてください。

 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2010/06/30(水) 22:24:17|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

頑張れポン吉兄ちゃん


頑張れポン吉兄ちゃん①

 ユキマルのこのフワフワに顔をうずめると気持ちがいいニャン。
 僕はユキマルの兄ちゃんだけれどこの気持ちよさには負けてしまうんニャ。

頑張れポン吉兄ちゃん②
 
頑張れポン吉兄ちゃん③

 ユキマルは僕よりもおおきいんニャ。
 でも、たった1ニャンの弟だから可愛がってあげないと…。

(ソニー・サイバー・ショット・DSC-W300)

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

  1. 2010/06/29(火) 21:57:38|
  2. ペット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

続・梅雨間の馬事公苑


続梅雨間の馬事公苑①

続梅雨間の馬事公苑②

続梅雨間の馬事公苑③

続梅雨間の馬事公苑④

続梅雨間の馬事公苑⑤

続梅雨間の馬事公苑⑥

続梅雨間の馬事公苑⑦

続梅雨間の馬事公苑⑧

続梅雨間の馬事公苑⑨

(コンタックスG2、ビオゴン28ミリF2.8、KODAK100)

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/06/27(日) 12:27:37|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

見つめる男

 今朝は母、弟とファミリー・レストラン(デニーズ)で朝食をとった。

 ファミリー・レストラン業界も大変なのだろう。
 デニーズは善戦していると思っていたが…朝食のメニューが簡略化されている(メニュー自体が見開きではなく一枚になった)。

 弟、母といろいろな話をする。
 吉野家等の外食産業の動向を弟に話す。
 僕らのテーブルは話が途切れることがない。

 左斜め前から視線を感じる。
 夫婦で来ているのだろう…男性(旦那)の方が何故か僕をじっと見ているのだ(誤解がないように…妙な意味の視線ではない)。失礼なと思って抗議の視線を送っても意に介することはない(僕はその人をもちろん全く知らない)。

 そして…驚くことに(その夫婦は)一言も会話していないようなのだ。
 やることがないから他人を見ているのだろう。
 
 夫婦でもカップルでも会話は大切だと思う。
 僕は家内とよく話した。
 ファミリー・レストランに入れば、料理を口に運ぶ時以外はいろいろな話をした。
 お互いそれが楽しかった。

 弟や母と食事する時でも途切れることなく会話が続く。
 しかも、「そうなのか」「なるほど」など…日頃疑問に思っていることがそれで解消される。

 家庭の様々な事情はあるだろう。
 会話がなくてもお互いの信頼感、あうんの空気があるのかもしれない。

 しかし、他人を観察(?)し続けるというのはどうかと思う(見られる方は気分がよくない)。
 
 立ち上がって精算するときまで僕の方を目で追っていた。
 その前で奥さんはおとなしくしている。

 人生は長いようで短い。
 大切な人と過ごす時間は限られている。
 他人を見続ける暇はないはずだ。

 大切な人であればこそ、一緒に過ごす時間を充実させたいと思う。
 それがその人へのマナー、感謝の表現ではないだろうか。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2010/06/27(日) 10:39:48|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

梅雨間の馬事公苑

 僕が通った小学校、中学校の近くに馬事公苑がある。
 
 この日は用賀方面からぶらっと歩いて馬事公苑にたどり着く。
 残念ながら馬を見ることは出来なかった。

 馬事公苑の花畑でバラやその他の花々を見る。

(コンタックスG2、ビオゴン28ミリF2.8、KODAK100)

梅雨間の馬事公苑①

梅雨間の馬事公苑②

 馬事公苑と書いておいて…この2枚は馬事公苑ではない。
 用賀の(クルマの)ディーラーにクルマを預けてぶらっと街を歩く。
 僕が住む街とは違い、道がとても整備されている。
 団地の前に紫陽花が咲いている。
 平凡な紫陽花なのだが…頑張って咲く紫陽花のけなげさに惹かれる。

梅雨間の馬事公苑③

 馬事公苑の「グラスアリーナ」。
 毎年、7月下旬に馬事公苑で「世田谷区民祭り」が開かれる。
 普段は世田谷区民を意識しないが…この時はそれを意識する。
 
梅雨間の馬事公苑④

 馬事公苑の「花畑」はバラが満開だ。

梅雨間の馬事公苑⑤

 馬事公苑の「メインアリーナ」。
 残念ながらこの日は馬を見ることが出来なかった。
 ここで定期的に馬術競技等が行われる。

梅雨間の馬事公苑⑥

梅雨間の馬事公苑⑦

梅雨間の馬事公苑⑧

 僕は花より団子の典型だが…カメラを持つととたんに花好きに変身する。
 人が手入れをしているとは言え、一生懸命咲く姿に心打たれる。

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/06/27(日) 07:21:14|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

本日もまた好き勝手に書きます

 クルマの修理が終わってディーラーに取りに行った。

 パワー・ウィンドウの操作板はきっちり直っていた。
 それと一ヶ月早めに12ヶ月点検をしてもらった。

 ディーラーからすぐに自動車用品販売店に向かう。
 オイル&オイルエレメントを交換する。
 ディーラーでオイル交換すると料金が高い。
 と言うことで、いつも行きつけの「イエロー○ット」というお店でオイル交換してもらう。

 オイル交換後いったん自宅に戻る。
 ご存知の方がいらっしゃるだろう…オイル添加剤の「マイクロロン」を入れる。「マイクロロン」はエンジン内をフッ素でコーティングして摩擦を減らす効果がある。新車等はあまり効果が感じられないそうだが、うちの「獅子丸」のような大中古車にはバッチリ効果がある(エンジンの吹け上がりがよくなり燃費もよくなる)。

 説明書通りにマイクロロンを入れていくが…この後30キロ以上走らなければならない。
 フッ素をある程度エンジンに定着させるためだと思うがこれが面倒だ。
 自宅でいろいろやることがあるので、遠出することは出来ない。

 東名高速にのって横浜青葉インターチェンジで降りる。それから新横浜方面へ走り、第三京浜の港北インターチェンジからのって自宅に戻った。ちょっとしたドライブだった。

 自宅でいろいろ作業してから…フィルムを現像に出しに行く。
 現像する間、モスバーガーにハンバーガーを買いに行く(何となくモスバーガーを食べたくなった)。
 この店では十数分でフィルムを現像してくれる(ありがたい)。

 あちゃ…やっちまった…(28ミリをつけた)コンタックスG2は花を撮るのに向いていない…。
 あまり寄れないのだ。
 まあ仕方ないか…と思って本を読む合間に作業をすすめる。

 スキャン出来ましたら後ほどアップします。

 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2010/06/26(土) 21:02:48|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平和な番組

 バタバタとした毎日が過ぎていく。

 なかなか気持ちに余裕がなくてふらっと飲みに行くような気分にならない。

 帰宅して2ニャンに囲まれてテレビをつける。

 最近、楽しみにしているのが「吉田類の酒場放浪記」。

 なんてことはない。

 酒場詩人の吉田類さんが居酒屋で飲んで食べる番組。

 実に平和だ(最後の俳句が心に染みる)。








テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2010/06/25(金) 21:56:57|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

週末も好き勝手に書きます

 もう何年前になるだろうか…。実家においてあった『マンボウの刺身』という本がとても面白かった(弟がお客さんからもらったのだろう)。
 
 本はテレビ制作、週刊誌に関わった著者が館山で漁師になる話だ。
 飾りのない文章でいきいきと著者が漁師にひかれる様子が描かれている。

 僕は岩本隼さん(著者)のファンになった。

 館山に「磯料理 多津味」というお店がある。
 『マンボウの刺身』にも紹介されているお店で料理がとても美味しい。
 4年ほど前に家内と一緒にお店を訪れた。

磯料理 多津味

 帰り際、女将さんに『マンボウの刺身』を読んでお店に寄るのが楽しみだったことを伝えると…岩本さんは体調を崩したらしくて最近はなかなかお店にいらっしゃらないと話される。「そうなんですか」と少し心配になり、店を後にした。

 しばらく前になるが、深夜、岩本隼さんでネットを検索してみたらオフィシャル・ページがヒットした。

岩本隼オフィシャルサイト

 今、どうされているのだろう…これが一番気になった。
 著作は2005年で途切れている。また、未発表作品も2004年が最後で後は更新されていない。
 
 そして…ネット検索をすすめたところ、最近はライター養成講座等の講師をやられているようだ。
 ご病気でなくてよかった。
 
 先日、Amazonで未読の岩本隼さんの著作を数冊発注した。
 また落ち着いたら館山の「多津味」に寄ろう。
 一人だと少し寂しいけれど…寂しさを味わうのもいいと思う。
 

 みなさんもご覧になったと思うが…僕もしっかり仮眠をとってからW杯の「日本・デンマーク戦」を観戦した。
 素晴らしい試合だった。
 この試合を見て勇気をもらった。
 
 試合後の選手のインタビューがいい。
 浮かれた表情の選手はいない。地に足がついている。
 決勝トーナメントも期待出来ると思う。

 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2010/06/25(金) 18:33:40|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ユキマル2態

 NOBUは時々失礼なことをするニャン。

 床に寝転んでいると、頭をおなかにのっけて気持ちよさそうにしているんニャ。

気持ちいいニャン

 いつもこうじゃないことはわかってほしいんニャ。

 僕だってキリッとする時があるニャン。

たまにはキリッとするニャン

(ソニー・サイバー・ショット・DSC-W300)

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

  1. 2010/06/24(木) 00:26:36|
  2. ペット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

火曜日もまた好き勝手に書きます

 今日も蒸し暑い一日だった。

 西新橋で仕事だった。西新橋をぶらっと歩くと、古いお店や商店があって楽しい。
 いつかぶらっと歩いた愛宕山にも近い。

 帰宅すると…ポンとユキマルの出足が鈍い。
 ポンは座卓の下にしばらく横たわっている。
 ユキマルはプレイヤーの上であくびをしている。

 どうやら昼間の暑さがきつかったようだ。
 エアコンのリモコンを見ると気温は29度だ(しかも湿気がすごい)。
 早速エアコンを入れた。
 しばらくすると、ポンもユキマルもいつものように集まってきた。

 昼食は鰻だった(会社の担当の方が連れて行ってくださった)。
 西新橋の鰻店はにぎわっていた。
 ありがたいと思う。もちろん美味なのだが…鰻をいただいても子供の頃の「ハレの日」的な気分と違う。

 今でも覚えている。
 小学生の頃、父が僕と友人を神宮球場の巨人・ヤクルト戦に連れて行ってくれた。
 弁当は鰻弁当だった。今日いただいた鰻の半分ぐらいだろうか…小さな鰻の周りの白いご飯の面積が大きい。
 しかし…当時は僕にとって鰻は大のごちそうだった(お客さんに出す出前の鰻は僕は食べられなかった)。小さな鰻を小さめに一口…鰻を飲み込まないうちに多めのご飯を口に運ぶ。バランスを崩さないように大切に鰻とご飯を食べすすめる。これが美味しかった。

 慣れというものはおそろしい。
 今日は仕事だったが…プライベートでも時々鰻をいただけるようになった。
 当たり前のように「美味しい」とは思うが、あの時の「一口」の感激・美味しさとは違う。

 両親は店が休みの夜はよく外食に連れて行ってくれた。
 何気ない洋食店のビーフシチュー、エビピラフ、エビフライが絶品だった(店名は「清水レストラン」だった)。後から知ったが、お店のご主人は都内の一流ホテルで料理長をしていたそうだ。前にも書いたが…ここでいただいた料理のすべてを記憶している。

 子供の頃には戻れない。
 
 西新橋の鰻は美味しかったけれど少し切なかった。
 僕はいつしか大人になってしまった。
 子供の頃の感激・感動は忘れたくはない。

 でも、今だったら…あの小さな鰻でバランスよくご飯を食べることは出来ないかもしれないな…。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2010/06/22(火) 23:29:59|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ポン吉・ユキマル~僕らは兄弟~

 ポン吉は4歳になった。
 横須賀で保護されたノラネコだった。

 ユキマルは3歳になった。
 つくばのブリーダーさんに育てられたちょっとかわったラグドールだ。

 2ニャンは本当の兄弟ではないけれどとても仲良し。

(ソニー・サイバー・ショット・DSC-W300)

僕らは兄弟①

僕らは兄弟②

僕らは兄弟③

僕らは兄弟④

僕らは兄弟⑤

僕らは兄弟⑥

僕らは兄弟⑦

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

  1. 2010/06/20(日) 22:08:13|
  2. ペット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

美容院&クルマ修理

 今日は午前中、新宿の美容院に行ってきた。
 ここの先生は3年前に亡くなってしまったがスタッフのみなさんが頑張っていらっしゃる。

 S先生はすごい人だった。
 髪の毛をさわるだけで、その人の性格、生活や身体の悪いところがわかってしまう。
 僕が人間関係で悩んでいる時、それがわかっていたのだろう。さりげなくアドバイスしてくれた。

 新宿にはクルマで出かけたが…運転席に座って驚いた。
 サンルーフを操作するところが経年変化だろう…コードだけつながってぶら下がっているのだ。
 さすが大中古車故だが、これではさすがに運転しずらい(と言うかかっこ悪い)。
 右後ろドアのロックが壊れていることもあり、美容院の帰りにディーラーに寄ることにした。

 美容院ではいろいろな話をする。
 僕が起きている時は常時2ニャンに甘えられるか(あるいは監視される)ことや、彼らの仲がよいことを話す。毎晩互いに抱き合ってなめている状況から…とうとう性別を超えたと話すと店中笑いがおきた。

 美容院からディーラーに行く前に食事をとる。
 行きつけの「随園別館」で「あんかけ五目かた焼きそば」と「ラムの串焼き」(今日のおすすめ)を注文した。
 このお店は北京料理でほとんど日本人向けにアレンジしていない。
 本場の味を手軽に楽しめる。

 さて…クルマに乗り込む。
 目の前左にダラッと垂れ下がるサンルーフ操作板がうっとうしい。

 ディーラー到着。
 修理と12ヶ月点検を依頼した。
 ピカピカまぶしい新車が展示されている。どれも素敵なのだが…僕には今のクルマが一番だと感じる。
 とても買い換える気にはなれない(もちろんそんな余裕もない)。

 修理の依頼をしてからG2を肩からぶら下げて馬事公苑まで歩く。
 久しぶりに馬事公苑内を散歩する。
 花畑で季節の花を愛でる(写真を撮りました。明日以降になりますが、後ほどアップします)。

 馬事公苑では毎年夏に「世田谷区民祭り」が開かれる。
 もう何年前になるだろうか…家内と出かけて海援隊のコンサートを聴いたことを思い出す(武田さんは馬事公苑からそれほど離れていないところに住んでいらっしゃるとのこと)。

 帰りに農大一高のわきを通る。
 懇意にしていただいたK先生を思い出し、ちょっとしんみりする。

 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2010/06/20(日) 17:55:31|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

日曜日も好き勝手に書きます

 残念ながらオランダ戦は負けてしまったけれど…日本代表チームはよくやったと思う。

 何より、攻撃する姿勢があったのが素晴らしい。
 チーズ、ニシン、ジャガイモをガシガシ食べる猛者を相手にするのだから体格やパワー面は大変だっただろう。
 臆せずゴールを目指そうという姿勢こそ潔い。

 残念だけれど拍手したくなるような試合だった(サッカー・ファンのみなさん…超ド素人の戯言、失礼します)。


 ipod touchのアプリを少しずつインストールしている。
 昨日は「Reader」というRSSのアプリをインストールした。
 価格は350円と安い。
 Googleのニュース等をRSSに設定し、未読のニュースやトピックスを簡単に読むことができる。

 既にipod touchをお使いの方はご存知だと思うが…産経新聞は毎日朝刊の全紙面を無料で読むことが出来る。
 ipadだと画面が大きいのでもっと楽に読むことが出来ると思うが、電車の中で読むことを考えると僕にはipod touchの方が好ましい。ipadもいいが…自宅ではPCを使うので(いつかは試してみたいとは思うが)、今のところipod touchで十分だ。

 
 ズミクロンとプラナーの撮り比べをした結果は別記事をご覧になっていただきたいが…普段、僕が感じている通りの結果になった。

 ズミクロンは色に派手さはないが、飽きの来ない味があると思う。シャープだけれどもボケにかたさがなく、とても素晴らしい描写だ。プラナーは原色がとてもはっきりと出る。また、空間描写というか立体感がとてもすぐれている。
 両レンズと当たり前のように比較したが…価格面ではズミクロンはプラナーの3~4倍するのだ(プラナーはツァイス設計だが日本で製造された)。ズミクロンの鏡胴の作りや操作感はさすがだと思う(コストがかかっているだけのことはあると思う)。プラナーは安いけれども安っぽさは微塵もない。適度なトルク感のあるピント・リングはさすがだ。

 
 昨夜、ポン吉とユキマルを撮った。彼らは本当に無邪気で素晴らしい性格だと思う(意地の悪いところが皆無だ)。

 写真は後でアップします。
 それでは。


テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2010/06/20(日) 09:08:17|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

金曜日も好き勝手に書きます

 夜中、テレビをつけると日本映画専門チャンネルで「あの夏、いちばん静かな海。」を放映している。
 ラスト近くだったので最後まで観る。

 涙があふれて仕方がない。
 死はドラマではない。日常の出来事だ…映画公開時は頭ではわかっているつもりだったがどこか他人事だった。
 今はそれを実感出来る(もちろん最初に観た時も涙があふれた)。

 北野武という人は本当にすごいと思う。
 僕はこの作品を観てあまりの美しさ素晴らしさに驚愕して、何人かにビデオを貸した。
 そして誰もが「どこが面白いの?」と言いながらビデオを返してくれた。

 淀川さん、黒澤さんがこの作品を絶賛されていたが…きっと後年、映画史で正当な評価がなされると思う。


 明日はいよいよW杯のオランダ戦だ。
 僕は半日だけアムステルダムに滞在したことがある。
 カフェでいただいたサンドイッチのチーズがすごかったことを思い出す。
 何でも、オランダ人はチーズを年間14キロも食べるらしい。
 なるほどと思う。
 そして…平均身長は180センチを超え、世界一なのだそうだ(これだけチーズを食べれば背が高くなるだろう)。

 アムステルダムというと運河の街だ。
 自転車があちこちに駐められている。しかも、太いチェーンでしっかり盗難防止がなされている。
 今朝のワイドショーでも誰かが言っていたが…自転車で足腰が鍛えられているだろう…これも納得する。

 さて…にわかサッカー・ファンは日本チームを応援してはいるが、あまり詳しいことはわからない。
 それでも、明日はテレビで応援しようと思う。


 以前も同じような写真をアップしたことがあるが…今回も撮ってしまった。
 夜の六本木を歩くとこの風景を眺めるのが好きだ。
 表通りの喧噪が薄れ時間の流れが遅くなる。

六本木路地裏の風景

(ライカM6TTL、ズミクロン50ミリF2、FUJI NATURA1600)

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2010/06/18(金) 22:36:41|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

東京夜間彷徨~ズミクロンF2篇・其の弐~


東京夜間彷徨ズミクロン⑪

東京夜間彷徨ズミクロン⑫

東京夜間彷徨ズミクロン⑬

東京夜間彷徨ズミクロン⑭

東京夜間彷徨ズミクロン⑮

東京夜間彷徨ズミクロン⑯

東京夜間彷徨ズミクロン⑰

東京夜間彷徨ズミクロン⑱

(ライカM6TTL、ズミクロン50ミリF2、FUJI NATURA1600)

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/06/18(金) 21:19:58|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

東京夜間彷徨~プラナー50ミリF1.4篇・其の弐~


東京夜間彷徨プラナー⑪

東京夜間彷徨プラナー⑫

東京夜間彷徨プラナー⑬

東京夜間彷徨プラナー⑭

東京夜間彷徨プラナー⑮

東京夜間彷徨プラナー⑯

(コンタックスRTSⅢ、プラナー50ミリF1.4、FUJI NATURA1600)

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/06/16(水) 21:15:12|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ズミクロン VS プラナー 撮り比べ(中締め)

 取りあえず、「撮り比べ」の中締めです。

 同じような写真を並べます。
 ズミクロン、プラナーの順です(ご存知かと思いますが…ズミクロンはライカMシリーズの標準レンズ(現行型)で、プラナーは京セラ・コンタックス(カール・ツァイス)の標準レンズです)。

 みなさんはどちらが好みでしょう。

(ライカM6TTL、ズミクロン50ミリF2、FUJI NATURA1600)
(コンタックスRTSⅢ、プラナー50ミリF1.4、FUJI NATURA1600)

撮り比べズミクロン①

撮り比べプラナー①

撮り比べズミクロン②

撮り比べプラナー②

撮り比べズミクロン③

撮り比べプラナー③

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/06/15(火) 22:25:47|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

東京夜間彷徨~プラナー50ミリF1.4篇・其の壱~

 プラナー50ミリはF1.4なのでそのままではズミクロンF2と比較出来ない。
 プラナーの絞りはF2に固定した(ズミクロンは絞りは開放(F2)で撮った)。
 もちろん、それでも厳密な比較にはならない。気分的な問題と言っていいかもしれない。

 プラナーの方が大口径だからだろうか…若干こちらの方がゴーストが生じやすい(フィルターの関係?)。
 全体としてはカッチリ写るズミクロン、立体的で色乗りがよいプラナーという印象がある。

 一眼レフとレンジファインダーを交互に撮影すると…写す際の精神性というか違いがはっきりとわかる。
 RTSⅢの視野率は100%だが、M6TTLはたぶん80%台だろう。
 後者は写る範囲をイメージしながらシャッターを切る。

(コンタックスRTSⅢ、プラナー50ミリF1.4、FUJI NATURA1600)

東京夜間彷徨プラナー①

東京夜間彷徨プラナー②

東京夜間彷徨プラナー③

東京夜間彷徨プラナー④

東京夜間彷徨プラナー⑤

東京夜間彷徨プラナー⑥

東京夜間彷徨プラナー⑦

東京夜間彷徨プラナー⑧

東京夜間彷徨プラナー⑨

東京夜間彷徨プラナー⑩

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/06/14(月) 23:19:20|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

東京夜間彷徨~ズミクロン50ミリF2篇・其の壱~


東京夜間彷徨ズミクロン①

東京夜間彷徨ズミクロン②

東京夜間彷徨ズミクロン③

東京夜間彷徨ズミクロン④

東京夜間彷徨ズミクロン⑤

東京夜間彷徨ズミクロン⑥

東京夜間彷徨ズミクロン⑦

東京夜間彷徨ズミクロン⑧

東京夜間彷徨ズミクロン⑨

東京夜間彷徨ズミクロン⑩

(ライカM6TTL、ズミクロン50ミリF2、FUJI NATURA1600)

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/06/13(日) 22:32:47|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

撮ってきました

 みなさん、こんにちは。

 今日は午前中から作業等をすすめました。
 一段落してからカメラを持って出かけます。

 以前に予告しましたように、プラナー50ミリF1.4とズミクロン50ミリF2との撮り比べをしてきました。
 
 もちろん、撮り比べと言ってもすべて同じもの、同じ状況で撮ったわけではありません。
 それでも何カ所かでは同じような状況で撮ることが出来ました。

 カメラは、プラナーはRTSⅢにつけます。ズミクロンはライカM6TTLです。
 2台なのでやや重かったですが…それでも問題なく撮ることが出来ました。
 ちなみに使用したフィルムはNATURA1600です。
 超高感度フィルムで東京の夜を撮りました。

 テーマを書いておきましょうか…「東京タワー」です。
 もちろん東京タワー以外も撮りましたが、東京タワーを多めに撮りました。
 明日、現像に出します。スキャンでき次第アップしますね。

 時間がないので早めに歩きました。
 少し疲れました。
 後ほどみなさんのところに寄らせていただきます。

 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2010/06/12(土) 23:16:03|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

一山越えたら

 みなさん、こんにちは。
 今日は多摩にある会社にお伺いしています。

 一山越えたと思ったのですが…一昨日は長時間のミーティング、昨日は某クライアントの決算慰労会で遅く帰宅しました。両日とも自宅でネットに接続していません。

 せっかく立ち寄っていただき、またコメントしていただき…ブログに寄ることが出来ず、失礼しています。
 後ほどお伺いできると思います。

 いろいろやることがあって時間を自由にとれませんね…。
 週末は半日は難しいですが…少し時間をとれればと思っています。

 僕が遅くなってもポン吉、ユキマルが出迎えてくれます。
 ユキマルは朝も寝室のドアの外で待っていてくれます。
 十分にかわいがってやれないときは彼らに悪いと思いますが…また時間があるときに相手をしてやろうと思っています。

 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2010/06/11(金) 13:20:38|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Shall we ダンス?

 映画「Shall we ダンス?」は完璧な作品だった。

 大貫妙子が唄う主題歌が素敵だ。

 ハリウッドでリメイクされたけれど…あれは別ものだった。
 ハリウッド版では(オリジナル版の)役所広司演じる主人公と草刈民代が演じる社交ダンスの先生とのような微妙な心理が全く描かれていない。まさしく「Yes」か「No」のアメリカ的な世界だ(そうでないと観客が納得しないのかもしれない…)。
 
 Youtubeでたまにこの曲を聴いているが…何故かニャンが寝ている。
 そして微妙にこれが合っている(日本的ニャン世界とでも言うべきか…)。







テーマ:心に沁みる曲 - ジャンル:音楽

  1. 2010/06/08(火) 21:29:16|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

本日もまた好き勝手に書きます

 先週のこと。お昼にクライアントのみなさんがいらっしゃって近所の中華料理店で会食があった。
 上海で有名な料理店の支店なのだそうだ。

上海小南国

 どの料理もはずれがなくなかなか美味。
 上海料理店らしく小籠包が美味。四川料理の代表、麻婆豆腐も本格的でなかなかいける。
 
 先輩が一言。
 自分以外は全員独身なんだ…という言葉にちょっと驚く。
 そうか…僕も独身というか再独身なのだとあらためて思う(少しだけ心がちくりと傷む)。

 別に今お付き合いしている人がいるわけではないし…特定の人がどうこうという状況ではないが…「いいな」と思う人はいる。笑顔がすてきな人はその笑顔を見ているだけで気持ちがホッとする(やはり僕も生きているのだ…)。

 ポン吉、ユキマルと暮らしていると…ペットといるという感じがしなくなる。
 彼らも同様だと思うが…お互いの顔を見ているとだいたい何をしたいか何を考えているかがわかっている(2ニャンも僕の顔をよく見る。何をしたいかがだいたいわかっているようだ)。

 嫉妬というのは人間だけの感情ではない。前にポンを可愛がっている時のユキマルのちょっと不細工なにらみ顔をアップしたが…逆にポンの前でユキマルを可愛がると、ポンの目(の虹彩)が細くなる(虹彩がタテに細くなる)。もちろん、これではまずいと思い、ポンもユッキーも同じように可愛がる。

 ラグドールという種類のニャンはほとんど鳴かない。たまに「ミャー」と頼りない感じで小さく鳴く。
 毎朝、ユキマルはエサの前で僕を見上げて「ミャー」と小さく鳴く。仕方がないので2階にいるポンを大声で呼んで、ネコ缶をあげる。前にも書いたが、最近の彼らの好みは「魚正」なのだ。ネコ缶をあげる間があくと飛び跳ねて喜ぶが、連日だと普通に歩く。何事も慣れというのは喜びを減殺させるものだ。

 街を歩いて気になる店がある。
 「すしまみれ」という店名はインパクトがあるが…個人的に体中すしまみれになっているように感じてしまう。
 よくよく考えれば、僕の生活は「ねこまみれ」ではないか…。
 
 ポン、ユッキー…ありがとうな。
 おまえらも「ひとまみれ」だもんな。
 お互い、文句言えないよな。

 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2010/06/07(月) 21:37:25|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

今日も好き勝手に書きます

 昨日は事務所の後輩の結婚式だった。
 とても素敵な結婚式だった(彼の人柄が出ていたと思う)。

 出張から帰ってからいろいろなことがあった。
 まだ気持ちに波があるのだが…いろいろな出来事と重なって気持ち(のエネルギー)が低くなっている。

 家内とは結婚式をあげていない。
 当時、いろいろなことがあってお祝いできる状況ではなかった。
 写真だけでも撮ればよかったと後悔している…。

 いろいろ考えても仕方がない…これはよくわかっている。
 あれから1年半経ったけれども、気持ちの波がおさまるにはもう少し時間がかかると思う。

 なかなかみなさんのところに寄ることが出来ずに失礼しています。
 気持ちの波とたたかって…そのうちよくなると思います。
 また寄らせていただきますね(気持ちが落ちると動けなくなってきます)。

 今日は写真を撮りに出かけたかったのだけれど…パスしてしまった。
 少しずつ、気持ちをたかめていこうと思う。
 条件を同じにしてズミクロン50ミリF2とプラナー50ミリF1.4の撮り比べをしたら面白いと思う。高感度フィルムを入れて、夕方から夜の街を撮りたい。2つのレンズはどんな違いを見せてくれるだろう。

 すこしずつ元気を取り戻すと思います。
 前向きに考えますね。

 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2010/06/06(日) 22:45:05|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

出張から帰りました

 みなさん、こんにちは。

 昨夜、出張から帰りました。
 なかなかハードな3日間でした。

 昨日は水車小屋のあるそば屋で昼食をいただいたのですが…残念…カメラを持っていません。

 ホテルの部屋から見た景色だけ写真に撮りました。

 また、後で書きますね。

 それでは。

(ソニー・サイバー・ショット・DSC-W300)

つくばのホテルから①

つくばのホテルから②

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2010/06/03(木) 19:36:42|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

プロフィール

NOBU

Author:NOBU
【徒然なるままDIARY】にようこそ!

 映画、音楽、カメラ、写真、美術、小説、旅行、グルメ等…好奇心が旺盛です(これだけが取り柄です)。

 相互リンク大歓迎です。よろしくお願いします。
 
 気軽にご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する