【徒然なるままDIARY】

映画、音楽、写真(カメラ)、ネコ、旅行、絵画、オーディオ等…作者「NOBU」の興味があることを書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雑記

 つい先ほど、実家から帰ってきた。
 今日はお店が休みで、弟がゴルフに出かけている。
 母が一人なので、夕食を一緒にとってきた。

 「さぼてん」のお弁当を買っていった。
 エビフライ、ヒレカツが入った弁当だ。
 もう少しあたたかいと、もっと美味しいのだが…残念。

 母はひざが痛かったのだが…注射をうってもらい、痛みがひいてきたそうだ。
 まだまだ元気で頑張ってもらわないと…。
 そう父の分まで長生きして欲しい。

 僕も早く新しい生活を始めなければと思う。
 うちの2ニャンのお母さんネコをさがさなければ。
 どこかに、いいお母さんネコはいるだろうか…。

 週末にクルマが戻ってくる。
 「マイクロロン」は一度入れればよいそうだが…また買ってしまった。
 うちのような大中古車には効果が大きい。

 心の梅雨明けを早く目指そう。
 それでは。

スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/07/29(水) 20:25:14|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

火曜日も好き勝手に書きます

 新コンデジを使ってみて、画質は素晴らしいし便利なのだが…やはり、フィルム装填や、巻き上げる感触は捨てがたい。と言うか…一連の作業がテンポやリズムになっていて、「写真を撮った」という満足感につながる。

 今回、新しいコンデジを使って感心したのは、デジタル特有の「ツルツル」がなくなっていたことだ。
 やや彩度は高めだが、ナチュラルで違和感がない。
 これは技術の進歩だと思う。

 そうではあっても…僕はまだメインはフィルムで撮り続けると思う。
 フィルムの方が面白い。

 映画でフィルムにこだわっているのがスピルバーグ監督だ。
 ご存知の方は多いだろう…。今、映画製作ではフルデジタルで撮影出来る環境にある。最終的にフィルムに焼いて上映するのが一般的だが、デジタル上映出来るシアターが増えている。こうなると、撮影・編集から上映までデジタルで処理される。

 スピルバーグ監督は、フィルムの質感、色にこだわっているのだと思う。
 何故、デジタルではなくフィルムなのか…。

 大林宣彦監督は、ビデオは昼のメディアで、フィルム(映画)は夜のメディアという趣旨の発言をされていた。フィルムは上映時にシャッターが用いられる。人間の目には残像現象があり、コマ間の「闇」も見ている。闇があるからこそ、夢も見られるし自分の心も見つめることが出来る…。それがフィルムが夜のメディアという意味につながるのだと僕は理解している。

 スピルバーグ監督がそう思ってフィルムを好んでいるのではないだろうが…あの質感、色味はフィルムならではだと思う。みなさんは「プライベートライアン」はご覧になっただろうか。すさまじいまでの戦場リアリズムだった。劇中、風にはためく星条旗が冒頭とラスト近くで映される。星条旗はザラッとした画質で色褪せている。あえて粒状性を目立たせてザラッとさせ、保存の悪いフィルムのような色褪せ…これで「静かな怒り」を表現しているように僕には思えた。

 デジタルもフィルムも併存して欲しい。
 フィルムって楽しい…と、僕は思う。

 話題はかわって…。
 最近、ポン吉は僕のことを真正面から見る。
 目をしっかり見つめて何かを伝えようとしている(ように思える)。
 「何だい、ポン」というと「ニャー」と鳴く。
 僕が「ポンニャン」というと、それにこたえるように「ニャー」と鳴く。
 
 ポン吉は、彼なりに僕を心配しているようなのだ。
 「少し元気だせニャン」
 そう言っているのかもしれない。

 それでは。

ポン吉ありがとう

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/07/28(火) 23:49:49|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

しばしば好き勝手に書きます

 帰宅して、いつものようにリビングのドアを開ける。
 ユキマルが迎えに来てくれる。

 「ユッキー元気だったか?」と話しかけ、頭をなでてやる。
 2階で着替えて戻ってくる。

 ユキマルをなでてやるが…ポン吉の姿が見えない。
 TVをつける。まだポン吉が出てこない。

 「ポン!」「ポン吉、どこにいるんだ~」と大声で呼ぶ。
 それでもポン吉は姿を見せない。
 次第に不安になってくる。

 まさか…ベッドの下に潜り込んで、体調を悪くしたのではないか…。
 何か喉に詰まらせたのではないか…。
 ポン吉に何かあったらと益々不安になってくる。

 「ポン!」と大声で連呼する。

 10分ぐらい経っただろうか…ポン吉が階段を下りてきた。
 あくびをしている。ベッドの下か音楽部屋で眠っていたのだろう。

 「何やっていたんだポン吉」「心配させるな」
 そう言ううち、涙がボロボロと流れる。ポン吉は知らん顔であくびをしている。
 ここに家内がいたら、「立派なネコ飼いになった」なんて言うのだろうか…(短期間で色々なことがあったので、涙もろくなっているのかもしれない)。

 近くのしゃぶしゃぶ専門店で昼食をとった。
 事務所の先輩らと3人だった。
 黒豚しゃぶしゃぶのランチをいただく。
 なかなか美味しかった。

 食後に、銀座をぶらっとコンデジで撮るつもりだった。
 食事に時間がかかったので、数枚だけ撮った。
 曇りだったが発色がいい(サイズだけ調整しています)。

 ちょっとだけアップします。
 こんな感じに撮れました。

 それでは。

銀座の昼休み①

銀座の昼休み②

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/07/27(月) 21:45:00|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

日曜日も好き勝手に書きます

 午前中、クルマをディーラーに車検に出してきた。
 エアコンの冷えがあまりよくない。
 初回登録から12年経過している大中古車だ。エアコンのガス補充が必要なのだろう。

 前にも書いたが、「マイクロロン」というオイル添加剤を入れてから、加速と燃費がよくなった。
 しばらく前になるが、新潟を往復した際の燃費はリッター13キロだった。
 6気筒(2,500CC)でATでこの燃費はいい線いっていると思う。

 朝食は母、弟と一緒に「デニーズ」でとった。

 外食産業は一部を除いてどこも苦戦している。
 節約志向で外食が減り、内食が増えている(調味料等の売上は増加している)。
 某スーパーでは290円台の弁当が大人気らしい。銀座のデパートでも390円台の弁当が人気を博している。消費者にとって低価格は歓迎すべきことだと思うが、それがすべてになってしまうと…何か違うような気がする。

 「デニーズ」はファミリー・レストランでは頑張っていると思う。
 朝食メニューで写真と実物で差を感じることがない。
 目玉焼きはターンオーバーを注文したが、ちゃんと半熟だった。

 ポン吉とユキマルの最新の写真(今日撮りました)をアップします。
 ユキマルの写真は少しピンぼけです。すみません…ご容赦ください。
 2ニャンは平和に暮らしています。

ポン吉最新画像

ユキマル最新画像

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/07/26(日) 20:19:35|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

新宿スケッチ~DSC-W300試写篇~

 
 新宿スケッチ①

新宿スケッチ②

新宿スケッチ③

新宿スケッチ④

新宿スケッチ⑤

新宿スケッチ⑥

新宿スケッチ⑦

(ソニー・サイバーショット・DSC-W300)

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2009/07/25(土) 20:56:16|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

新宿エイサーまつり~DSC-W300試写篇~

 今日は「新宿エイサーまつり」に出かけた。

 代田橋の沖縄タウンのイベント等で、「美ら星エイサー」の大ファンになった。
 演舞はもちろん迫力があるが…それ以上に、みなさんの素晴らしい笑顔に感動した。

 「美ら星エイサー」のみなさんは、「新宿エイサーまつり」に出演される。

 そして…ようやく、サイバーショットのDSC-W300を試写することが出来た。
 今週は、毎日バックに入れて持ち歩いていたが、試写する機会がなかった。
 
 逆光やコントラストが強い状況だった。
 撮影者の腕は脇に置いておいて…カメラの写りは素晴らしいと思う。

(ソニー・サイバーショット・DSC-W300)

新宿エイサーまつり①
 高野フルーツ・パーラーの前に到着した時、「エイサーかりゆし会」の演舞が始まるところだった。
 川越を拠点に活動されているとのこと。年配の方から小さな子まで、年齢層が広い(女性が多いようだ)。
 光のコントラストが強い状況だが、よく写っている。

新宿エイサーまつり②
 激しいエイサーではない。とても優雅だ。

新宿エイサーまつり③
 こんな小さな子も踊っている。

新宿エイサーまつり④
 さて、次は「美ら星エイサー」の番だ。

新宿エイサーまつり⑤
 商店街ではスペースが限られるが、広々としたスペースで伸び伸び演舞されている。

新宿エイサーまつり⑥

新宿エイサーまつり⑦
 笑顔が素晴らしい。演舞するみなさんと観客が一体になったように感じた。
 とても素晴らしかった。

 サイバーショット・DSC-W300は、逆光等、かなり厳しい条件だったが破綻なくよく写ったと思う。
 
 ご覧になっていただき、ありがとうございました。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2009/07/25(土) 20:48:55|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

空と灯台

 ちょっと寒かったけれど、真っ青な空を見上げたら気持ちがよかった。

(コンタックスRTSⅡ、ディスタゴン28ミリF2.8)

犬吠埼灯台

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/07/24(金) 22:13:26|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今日も好き勝手に書きます

 昨日、遅くなってからAmazonからメモリー等が届いた。
 佐川急便だったが…午後10時過ぎに配達された。
 どうやら、宅配便ではなくメール便扱いだったようだ(郵便受けに入らなかったそうだ)。

 小指のケガが十分でなかったことと、メモリーがなかったので、昨日、新コンデジの試写は行わなかった。今日、試写しようと思ったが…打合せその他でずっと隙間がなく…先ほど帰った。
 夕方は雨が降っていたから無理だったが…早めに試写したいと思っている(今週、忙しいので数日かかるかもしれません。アップを楽しみにされている方…遅くなってすみません)。

 明日は南で皆既日食が見られる。
 東京でも三日月程度まで欠けるらしい。
 観に行きたいがとうていかなわぬこと…と、最初からあきらめている(もちろん仕事がある)。

 愚痴を承知で書く。
 僕はもうしばらくの間…心が皆既日食に入っている。
 何とか脱しようと思うが、果たせていない。
 きちんと前を向いて歩かなければならない。

 またしても愚痴を承知で書く。
 オイオイ…帰ってきたら、大切にしているレコードプレイヤーやアンプに、ニャンが盛大にリバースしていた…。勘弁してくれよな…と言いたくなるが、あそこに乗るのはユキマルしかいないから…たぶんユキマルの仕業だろう。怒るわけにはいかない。後できれいに掃除しよう(シクシク…)。

 さて、少し録画していたお笑い番組でも見て気分転換しよう。
 外でポン吉がうるさい。

 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/07/21(火) 23:47:18|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

下北沢・赤・青・黄


下北沢・赤・青・黄①

下北沢・赤・青・黄②

下北沢・赤・青・黄③

下北沢・赤・青・黄④

下北沢・赤・青・黄⑤

下北沢・赤・青・黄⑥

下北沢・赤・青・黄⑦

下北沢・赤・青・黄⑧

下北沢・赤・青・黄⑨

下北沢・赤・青・黄⑩

下北沢・赤・青・黄⑪

下北沢・赤・青・黄⑫

下北沢・赤・青・黄⑬

(オリンパスOM-1、OMズイコー28ミリF2.8MC)

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/07/20(月) 00:20:54|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

続・本郷・春日ぶらり散歩~オリンパスOM-1・OMズイコー28ミリF2.8MC篇~

 本郷を歩くと驚かれると思う。
 下町の風情とは少し違うような気がするが…昔ながらの路地がたくさん残っている。
 特に菊坂界隈は、タイムスリップしたような感覚に陥る。

 アルバイトしていた時の「散歩」を越えてしまった。
 昼休みの制約がない。

 僕は自由だ。

(オリンパスOM-1、OMズイコー28ミリF2.8MC)

続・本郷・春日を歩く①
 菊坂下で見つけた葡萄棚。理容店の横に葡萄がたわわになっている。

続・本郷・春日を歩く②
 調べたら「木立朝鮮朝顔」と言うそうだ。珍しい。下を向いて咲いている(恥ずかしがり屋なのだろうか…)。

続・本郷・春日を歩く③
 花街道。

続・本郷・春日を歩く④

続・本郷・春日を歩く⑤

続・本郷・春日を歩く⑥
 銭湯が健在(僕が住む街には銭湯がなくなってしまった)。

続・本郷・春日を歩く⑦
 向こうに見えるのは文京区役所。春日はもう近い。

続・本郷・春日を歩く⑧

続・本郷・春日を歩く⑨
 春日の「源覚寺」(別名こんにゃく閻魔)の境内のすみにある「塩地蔵」。歯痛に御利益があるそうだ(塩が固まって一部が岩塩のようになっている)。

続・本郷・春日を歩く⑩
 春日から少し水道橋方面に歩くと、にぎやかなスポットがあらわれる。
 「東京ドームシティ」だ。タイムスリップして時代をさかのぼったような本郷から一気に現代に戻る。

 これで「本郷・春日ぶらり散歩」は終わりです。
 ご覧になっていただき、ありがとうございました。

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/07/19(日) 23:10:48|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

本郷・春日ぶらり散歩~オリンパスOM-1・OMズイコー28ミリF2.8MC篇~

 水道橋駅近くのパーキングにクルマを駐める。

 頭に浮かんだのは、本郷と春日の街並みだった。
 久しぶりに歩きたくなり、外に出かけた。

 懐かしい。
 もう十数年経ってしまった。
 僕は本郷で4ヶ月間アルバイトをした。

 今日は、思い出をたどりながら歩こうと思う。

(オリンパスOM-1、OMズイコー28ミリF2.8MC)

本郷・春日を歩く①
 讃岐金比羅宮はもちろん香川にある。その東京分社が水道橋駅近くにある。
 僕は毎日この近くを通った。しかし、この神社を知っていたかどうか…記憶は定かではない。
 
本郷・春日を歩く②
 都心にありながら境内はとても静かだ。
 東京にいることを忘れてしまう。

本郷・春日を歩く③
 アルバイトをしていたときの楽しみに「散歩」があった。
 職場のみんなと手作り弁当(毎朝、自分で弁当を作っていた)をいただく。
 昼休みの残りの時間で散歩をする。
 これは学校。タイルの外壁が楽しい。

本郷・春日を歩く④
 横断歩道で信号を待っていると…斜向かいのお店が目に入る。
 青銅色が美しい。

本郷・春日を歩く⑤
 菊坂方面を歩く。
 歴史を感じさせる建物が目に入る。
 和風旅館「朝陽館本家」だ。かわらない姿が嬉しい。

本郷・春日を歩く⑥

本郷・春日を歩く⑦
 本郷は坂が多い。
 裏路地だからか…苔の緑が美しい。

本郷・春日を歩く⑧

本郷・春日を歩く⑨
 これも坂の一つ。

本郷・春日を歩く⑩
 控えめで可愛らしい紫陽花。

 次回は本郷から春日に向かいます。
 ご覧になっていただき、ありがとうございました。

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/07/19(日) 21:05:40|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

残念×2

 午前中、フィルムをスキャンしていた。
 キヤノンの純正ソフトでうまく取り込めた。
 
 Vuescanでスキャンしたが…残念。
 スリープのフィルムをコマごとに認識しない。
 1コマずつ指定すればよいのかもしれないが…どうにもうまくいかない。

 仕方ない…キヤノンの純正ソフトとうまく付き合っていこう。

 2ニャンにネコ缶をあげようと思い…たまった空き缶を袋に入れていた。袋から手を離した瞬間…近くにあった、先日こわれてしまったオールド・ノリタケの水差し(花瓶?)の割れ口で、小指をざっくり切ってしまった。血がボタボタと落ちる。これにはさすがの僕も驚いた。救急絆創膏で手当てする。血が出るので、固定用テープをグルグル巻きにして止血した。血がかなりにじんでいるが、取りあえず落ち着いた。今はほんの少し痛みはあるが、血は止まっている。

 どこかに出かけようと思ったが…安静にせざるをえなくなった。
 人生色々。まあ、こんなこともあるさ…(ちょっと残念)。

 友人、知人と飲む約束をしているが…どうにもまだ気持ちが積極的に楽しんで飲もうという気にならない。落ち着いたら、思いっきり飲みたい(一人では飲み過ぎるぐらい飲んでいるくせに…)。

 午後、注文していたコンデジが届いた。早い。
 
 早速箱を開ける。
 ボディがとても小さい。
 メモリーもケースも付いていない。割り切っていると思う。
 好み、用途は人それぞれだから確かにこの方が無駄がない。

 現在、バッテリーを充電している。
 明日、天気と調子がよかったら試写に出かけよう。

 ということで、本郷・春日と下北沢の写真をスキャンしました。
 後ほど、アップします。

 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/07/19(日) 17:57:07|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コンパクト・デジタルカメラ購入

 みなさん、こんにちは。

 定額給付金の使い途について、久しぶりにコンパクト・デジタルカメラを購入することは前に書きました。

 ネットで調べたのですが、なかなか思うような機種が見つかりません。
 もちろん、どれもよく撮れるのは間違いないと思うのですが…どこか気持ちに響いてきません。

 ようやく、これは使ってみたいと思う機種がありました。
 ソニーのDSC-W300のデザインや仕様等が気に入りました。
 ツァイスのレンズもよさそうです。

DSC-W300

 楽天で注文しました。
 ポイントを使って、21,000円ちょっとです。
 定額給付金12,000円に9,000ちょっとの支出になります。

 ソニーのファンではありますが、カメラは買ったことがありません。
 それでも…この性能のカメラがこんな価格で買えるのですね…。
 楽しみです。

 それでは。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2009/07/18(土) 10:58:22|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

何気に好き勝手に書きます

 スキャナは明日の午前中に配達してもらうことにした。
 スキャナなしの生活は…もう3週間ぐらいになるだろうか。

 以前も書いたが、本郷と春日をぶらっと歩いて20枚ぐらい写真を撮った。
 もう一つ気分が乗らず、36枚撮りきることが出来なかった。
 この時使ったカメラはオリンパスOM-1だ。
 残りを撮ったら、新スキャナで取りこもう。

 僕は今の事務所に入る前…本郷で4ヶ月ほどアルバイトをした。
 電子コネクタを扱う商社の倉庫が本郷にあった。
 ここで出荷作業を手伝った。

 とても懐かしい。
 久しぶりにアルバイトをしていた倉庫近くを歩いた。
 残念ながら、倉庫は廃止されてしまったようだが…周囲の風景は同じだった。

 昼休みになると、近所を散歩するのが好きだった。
 本郷には昔ながらの旅館がいくつかある。
 菊坂方面を歩くと…映画のセットのような路地がたくさん残っている。
 ちなみに、菊坂は樋口一葉の住まいがあったことで有名だ。
 懐かしい思い出と一緒に、本郷を歩いた。

 新スキャナではブローニーも取り込める。
 これは嬉しい。
 手元にミノルタ・オートコードと小西六のパールⅡ型がある。
 写真の師匠の形見なのだが…いつか使おうと思いつつ、除湿庫にしまったままになっている。

 そう…師匠からはいろいろいただいている。
 除湿庫もそうだし、ミノルタのAFカメラが数台(一番新しい機種を弟にあげた)、ミノルタAFレンズが数本(数えていない…)、ニッコール・レンズ、オリンパスXA…ミノルタの500ミリRFレンズもある。師匠は晩年、ミノルタを中心に使っていた。譲ってもらったニッコール・レンズはあまり好きではなかったそうだ(僕は好んで使っている)。

 師匠は高円寺に住んでいた。
 もうそろそろ阿波踊りの季節だ。
 高円寺の阿波踊りは何回か見たが…とても本格的だ。
 
 先日、高円寺で師匠の墓参りをした。
 懐かしい…。
 飾らない人柄を思い出した。
 写真も飾りがなかったな…。

 明日から3連休だ。
 ここのところ、気持ちが滅入っていて外出する気にならなかった。
 何とか気持ちを立て直して…ぶらっと散歩にでも出かけたい。

 あるいは獅子丸(うちのクルマの愛称なのだ。家内が名づけた)で出かけようか。
 もうしばらく前になるが…新潟まで頑張ってくれた。
 そうだ思い出した…。今月、車検だった。明日にでもディーラーに連絡しよう。
 忘れるところだった。

 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/07/17(金) 23:51:02|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ユキマルの真実

 いつも可愛く撮ろうと思っているが、たまに「?」となってしまう。

 これが写真のこわいところだ。

 ユッキーのちょっと面白写真をお見せします。
 ユキマルの真実はどこに…。

ユキマルの真実①

ユキマルの真実②

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

  1. 2009/07/16(木) 22:33:26|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

俺もそんな男に生まれたかったよ

 3年ぐらい前になるだろうか…。
 家内と浅草を訪れた。

 サンバカーニバルの時だったか…浅草寺の境内にはたくさんの屋台が出ていた。
 にぎやかで嬉しくなる。

 アンズ飴の屋台があった。
 子供の頃、お祭りでよく買って食べた。
 僕の好みは、アンズではなく真っ赤で大きなスモモの飴だった。

 懐かしい…。
 早速、買うことにした。

 と、思ったら…その前にお店の方とジャンケンをするシステムだ。
 ジャンケンに勝つと本数が増えるようだ。

 「最初はグー、ジャンケンポン!」
 おきまりのセリフでジャンケンをする。

 僕はこの時は、無意識だったと思うが…何と、最初にパーを出してしまった。

 「おにいさん素だね。俺もそんな男に生まれたかったよ」
 と、屋台のお兄さん…。
 恥ずかしい…。

 その後のジャンケンでは負けてしまった。
 それでも、大きなスモモ飴をゲットした。

 その後…家内はずっと笑っていた。
 「素だって…ケケケ」(こういう笑い方ではなかったが、あえて書いてやる…)。

 「素」と言われたことと、僕がパーを出して嬉しそうにしていたのがおかしかったそうだ。
 
 えいっ…うるせい!

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/07/15(水) 22:31:21|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

映画「BU・SU」

 昨年、市川準監督が亡くなった。
 大好きな映画監督だった。

 みなさんは、映画「BU・SU」をご覧になったことがあるだろうか。
 市川準監督の劇場用映画デビュー作だ。

 主演は富田靖子。
 富田靖子は、半玉(芸者のインターン)を演じる。転校先の学校では、なかなか周囲に溶け込めず、誤解を生んでしまう。そんなうちに、学園祭で「八百屋お七」を演じることになる。

 題名の「BU・SU」は主人公の性格ブスを意味している。
 映画全体の調子は…正直、明るいものではない。
 それでも、他人と交流し…芝居に打ち込むうちに光り輝く姿は観る者の心をあたたかくする。

 彼女が、学園祭の舞台にあがる前に流した一筋の涙…ここに感じるものがあった。
 このシーンは劇中の白眉だと思う。

 市川準監督は、CMでも有名だった。
 「タンスにゴン」や「私はこれで会社をやめました」の「禁煙パイポ」は覚えていらっしゃる方が多いだろう。

 「BU・SU」に戻るが…一人の少女の成長をみずみずしい映像で描いている。
 久しぶりに映画館でこの作品を観たくなった。

 市川準監督作品で…僕は、「BU・SU」と「トキワ荘の青春」が好きだ。
 人に対する視線があたたかい。作品に捨て駒がない。

 素晴らしい作品の数々を僕は忘れない。
 ご冥福をお祈りします。

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

  1. 2009/07/15(水) 00:13:52|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ポン吉・ユキマルとの生活

 汗をかきかき帰る。
 ドアを開けると、暗がりの中でポン吉、ユキマルが座っている。
 2ニャンとも僕を迎えに来てくれている。

 キッチンの方に行くと、2ニャンが一緒についてくる。
 僕の足下をユキマルがじゃれつく。

 テレビの方に歩いていくと、2ニャンが前を歩き、エサの近くで顔を見上げる。
 ユキマルがネコらしくない鳴き声で僕に話しかける(ラグドールはあまり鳴かない)。
 そうかエサが欲しいのか…と思い、ネコ缶をあげる。

 ネコ缶を開けている時、2ニャンは遠足に行く時の幼稚園生のようだ。
 ウキウキ、ワクワクするのだろう…足下をじゃれつく。

 テレビをつける。
 僕の前をポン吉、後ろにユキマルが座る。
 ポン吉はテレビの方向をただ向いているのではない。
 確実に番組を鑑賞している。

 作業や本を読むため、2階の書斎に移動する。
 階段を上ろうとすると、ポン吉が前を歩きブロックする。
 何とかやり過ごして、2階に上がる。

 作業中、ポン吉の鳴き声が廊下に響く。
 仕方がないので、ドアを開ける。
 ポン吉、ユキマルが目の前に座っている。

 1階に下りる。
 もちろん、彼らもついてくる。

 僕の目の前にポン吉が座る。
 テレビをつけて一緒に鑑賞する。
 ユキマルの姿が見えない。
 椅子の下に隠れているようだ。
 「ユッキー!」と呼ぶとやってくる(ユキマルのあだ名は「ユッキー」なのだ)。

 こんな毎日を僕と2ニャンは送っている。
 こんな気持ちの時でも2ニャンがいてくれるおかげで何とかやっていけている。

 ありがとう、ポン吉、ユキマル。

(写真は以前にもアップしたものです)

ありがとうポン吉

ありがとうユキマル

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

  1. 2009/07/13(月) 21:25:49|
  2. ペット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

またしても好き勝手に書きます

 前にも書いたが、フィルム・スキャナでスキャンしていて…周辺のフォーカスは甘いし、画像がもう一つだと思っていた。気のせいかと思っていたが、やはり故障していたのだ。

 最近、写真が少ないと思われる方…フィルムを取りこむ作業が出来ないのでご容赦いただきたい。
 来週末には、間違いなくスキャンすることが出来ると思う。

 フィルム・スキャナという形態は、今は需要がないのだろうか。
 今度、交換する機種はフラット・ヘッド・スキャナだけれども、フィルムも直接スキャン出来るそうだ。
 解像度は、今まで使っていたスキャナは4,000だが新しい機種は4,800で取りこめる。
 レビュー・サイトによると、解像感はフィルム・スキャナ並とのこと。
 取りあえず、これでいけるような気がする。

 スキャナ・ソフトは、Vuescanを使っている。
 これはかなりの優れもので、純正ソフトの不満が解消された。
 9950Fの附属ソフトも試そうと思うが、Vuescanの方がよいだろうと予想している(スキャン結果がもう一つと思われている方におすすめしたい)。

 メインの預金口座の入出金記録を確認したところ…定額給付金が入金されていた。
 スキャナ交換に伴う支出に充てるということも考えられるが…どのように「消費」するかを考える。
 給付金の金額だけでなく、莫大な事務費用がかかることから…決してほめられた制度だとは思えない。しかし、現実問題としてこれはもう走っていることだから…支出を検討する必要があると思う。

 定額給付金で久しぶりにコンパクト・デジタル・カメラでも買おうかと思っている(もちろん、追加支出は必要だろう)。
 家内に譲ったIXYは、やはり使うのがつらい。
 クールピクス5000は普段持ち歩くのに大きすぎる。
 それでは何がよいか…こう迷うのも楽しい。

 「ラースと、その彼女」という作品(映画)をずっと観たかった。
 三軒茶屋中央劇場でかかっていた。
 ここのところ、ものすごく腰が重くなっている。理由は書かないでおく。僕が解決しなければいけない問題だ。

 僕のエネルギーが低下しているときは映画を観ていない時期と重なる。
 それじゃ、映画を観ればいいじゃないかと思われるかもしれないが、映画を観に行くエネルギーがない。こんな堂々めぐりを書いていても仕方がないが、そのうち、「映画を映画館で観る」という最低限のエネルギーは出てくると思う。

 そう…僕は業界団体の洋画同好会に所属しているのだ。
 最近は、例会も毎年恒例の展覧会も失礼しているので絵を描く機会がない(恥と汗ばかりかいている)。

 僕の絵はほめられたものではないが…描いている時の楽しさ、非日常性は確かにある。
 義父は知る人ぞ知る日本画家だ(自慢ではないが海外での評価は驚くほど高い)。家内は美術の専門家だった。美術にかこまれた環境だと言える。それを忘れてしまいがちだ。僕は自分が好きなことも忘れてしまっている…。これではイカンと思う。

 どんどん好きなことをやって、自分を表現していきたい。
 それが僕の存在意義につながる。
 家内もそれを望んでいたと思う。

 ちょっとかたい内容になってしまったが…今、正直に思うところだ。

 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/07/12(日) 07:40:57|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

フィルム・スキャナ顛末記

 キヤノン・サービスから連絡があった。
 フィルム・スキャナの内部を確認したところ、部品が壊れているそうだ。
 部品のストックがないため、別機種に交換して欲しいとのこと。

 CanoScan 9950Fという機種に交換されるそうだが…画質が気になるのでネットで調べてみたら、大丈夫そうだ。スリープを一度に6本スキャン出来るのであれば、今よりも早く仕上がると思う。

 修理代で対応とのことで送料を含めて18,000円ちょっとの金額だ。

 また、ぶらっと街を歩いて写真を撮ってこようと思う。

 それでは。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2009/07/11(土) 10:49:11|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

相変わらず好き勝手に書きます

 高校時代の友人から電話があった。
 懸案だった取引先から営業未収金が入金されたとのこと。
 とても嬉しい。

 昨年の4月だったか…友人は建築業を営んでいるが、ある取引先から回収がなく、僕に回収方法について相談があった。建築業はあまり詳しくないが、代金回収方法等でアドバイスでした。1年超かかったが、取りあえず決着したと聞いてホッとした。

 他記事のコメントにも書いたが…今日はちょっと特別な日だった。
 仏壇に話しかける。涙があふれて止まらない。

 なかなかブログには書けなかったが…ここ1ヶ月は本当に大変だった。
 気持ちに波がある。これを谷と言っていいのか…沈みっぱなしだった。

 家内は本当に素晴らしい人だった。
 とてもやさしくて、高潔な人だった。
 どうやってこの気持ちに決着をつけるか…それが僕の課題だと思う。

 決着の仕方だが…家内のことを書き始めた。
 闘病のことをそのまま書いても仕方がない。
 あの明るさ、強さ、やさしさ…これを小説にしようと思った。
 この夏に、僕なりの決着をつけようと思う。

 みなさんのブログになかなか寄れず失礼しています。
 ぶれる気持ちと闘っています。
 まだ出来ていませんが…家内に恥ずかしくないように生きていきたいと思います。

 今日は僕の誕生日でもありますが…結婚記念日でもあります。
 平成15年7月10日に結婚しました。
 あっという間の6年です。

 頑張って決着をつけます。
 それでは。

   

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/07/10(金) 23:34:27|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

目の輝き

 大好きなことがある。
 大好きなものがある。

 そんな時…目が輝いている。
 そんな時…人は美しい。

(ニコンNewFM2、Aiズーム・ニッコール43-86ミリF3.5)

美ら星エイサーのみなさん①

美ら星エイサーのみなさん②

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/07/09(木) 23:21:21|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

空が見えた

 駅を出たら、風景が違っていた。

 空が見えた。
 大きい空が見えた。

空

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/07/07(火) 19:52:49|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

イケメン・カフェ

 家内に話して全く受けなかった話。
 ストーリー仕立てで再構成する。


 あるOLが同僚のOLに誘われてカフェにやってきた。
 「ねぇ、B子…今日、イケメンだらけのカフェがあるから行かない?」
 「へぇ、そんなカフェがあるんだ…。いいね」
 B子はA子の話に興味津々だった。

 カフェは下町の路地裏にある。
 やや立地が地味だが、イケメンという誘因力がカバーしているのだろう。
 B子は薄暗い店内に入ってそんなことを考えた。

 スタッフが注文を取りに来た。
 
 「私はカフェラテ」
 A子は常連らしく注文する。
 B子はも取りあえず同じものを注文した。

 「A子…こんなこと言って悪いけれど、あの人イケメンだった?」
 「えっ、違った?」
 「エラが張っているし目は細いし…イケメンとは思えない」

 A子はニコニコ笑って言った。
 「あなた勘違いしているでしょう。私が言ったのはイカメン・カフェ。ここはみんなイカメンなのよ」
 「ええっ!」

 確かに今注文に来たスタッフはイカに似ていた。
 ザブングルの加藤をアレンジしたような顔だ。

 「お待たせしました」
 
 A子「あなた、確かマイカのイカメンだよね」
 スタッフ「はい、そうです」
 B子「………」

 A子「あの人、見てみて」
 A子が指さす方には、浅黒く、三角顔で細身というか身体が薄っぺらいスタッフがいる。
 B子「まさか…スルメじゃないよね」
 A子「ピンポーン!」
 何でも、他にモンゴウイカ、アオリイカに似たスタッフがいるそうだ。先日やめてしまったが、小柄なホタルイカに似たスタッフもいたそう。まさか頭が光っているのだろうか…。

 メニューにはコーヒー類もあるが、イカ素麺、イカの塩辛、ポッポ焼き等…イカのメニューが多い。もちろんイカとっくりで飲む日本酒も置いてある。

 そう…このお店は都内で唯一のイカメン・カフェなのだ。

 B子「あなたがシーフード好きなのは知っていたけど…まさかここまでとは…」
 A子「面白いでしょう。先月、タコメン・カフェが出来たから行ってみようか」

 B子は思った。
 寅さんに出てくるタコ社長みたいな人がやっているのだろうか。
 資金繰りが苦しいかも…。

 イカにもありそうな(あるわけない…自己突っ込み)、イカメン・カフェの話…。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/07/05(日) 20:33:26|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

またまた好き勝手に書きます

 先週の土曜日、キヤノンのサービスにフィルム・スキャナを修理&OHに出した。
 病院に通っている時は、フィルム・スキャナをほとんど操作することがなかった。

 今年になって久しぶりにスキャナを使ったところ、5、6コマ目がずれてスキャンされるようになった。1~4コマと、フィルムをひっくり返して1~2コマをスキャンしていた。周辺のフォーカスも若干甘くなっていたし、色も冴えなくなってきた。ニコンのフィルム・スキャナに買い替えることを考えたが…目星をつけていた機種は製造中止になっていた。仕方がないので修理することにした。

 キャノンのサービスのページには3日~5日で修理・返却するとあるが、まだ何も連絡がない。
 このままでは写真をアップ出来ないので、明日連絡してみようと思う。

 今日はさっき、ファミリー・マートから買ってきた「ぶぶか」の「油そば」というインスタント・ラーメンを食べた。以前はきちんと料理をしたのだが…僕一人になってから、かなりいい加減になっている。これでいいのだろうか…と思う。もう少し食事に配慮した方がよいと反省する。

 僕の食事はいい加減でも、ポン吉とユキマルの食事はそうはいかない。
 いつも安めのカリカリをあげているので、一昨日はちょっと奮発して「銀のスプーン」を買ってきた。ところがどうだろう…あまり食いつきがよくない。その前の「フリスキー」の方が好評だった。慣れもあるだろうが…どのカリカリがいいか、少し検討してやろう。

 ネコ缶は「黒缶」が好評だ。モンプチの緑缶と青缶は食べるが、喜んでというレベルではない。2ニャンとも大衆的なネコ缶で育ってきたのだと思う。

 今、書斎のPCでこれを書いているのだが…ドアの外でポン吉が鳴いている。ユキマルも一緒だろう。ほんの少しの時間でも彼らは許してくれない。これでは僕の時間がとれないので…ちょっとだけ勘弁してもらう。

 他のネコ飼いの方もそうなのだろうか。
 うちでは一日家にいると…起きている時は、ほとんどポン吉、ユキマルと一緒に過ごすことになる。
 あまりにも僕らはべったりし過ぎなのではないか…と、やや不安になってくる。

 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/07/03(金) 23:20:14|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

慰労会ラッシュ

 みなさん、こんにちは。

 連日、クライアントの慰労会が続いています。
 帰宅が深夜になり、PCを立ち上げていません。

 みなさんのブログになかなか寄ることが出来ませんが、一段落しましたらまた寄らせていただきたいと思っています。

 ユキマルのダークな一面をお見せします。
 カーペットの下に潜り込んで…何かたくらんでいるユキマルです。

ダーク・ユキマル

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/07/01(水) 10:31:17|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

プロフィール

NOBU

Author:NOBU
【徒然なるままDIARY】にようこそ!

 映画、音楽、カメラ、写真、美術、小説、旅行、グルメ等…好奇心が旺盛です(これだけが取り柄です)。

 相互リンク大歓迎です。よろしくお願いします。
 
 気軽にご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。