【徒然なるままDIARY】

映画、音楽、写真(カメラ)、ネコ、旅行、絵画、オーディオ等…作者「NOBU」の興味があることを書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

島田洋七さん講演会

 午前中はネットでニュースを読んだり、本を読んで過ごしていた。
 従妹がロサンゼルスに行くので、昼過ぎにスーツケースを借りに来る予定だった。

 すると…従妹からメールが入った。
 島田洋七さんから連絡があって、今日、北千住で講演があるから楽屋に来ないかという内容だった。

 ということで、僕も北千住に行くことになった。
 
 小雨が降っていたが、久しぶりに北千住の町をぶらっと歩いた。
 大衆的な飲み屋が多い。これがとても魅力的だ。

 会場は駅前の丸井にある劇場だ(余談だが、丸井にこんな立派な劇場があることに驚いた)。
 受付で楽屋に行きたい旨を伝えた。
 しばし待ち…従妹と洋七さんが話しているところに入っていく。

 僕はニコニコしていたのだろう。洋七さんもニコニコ顔で迎えてくれた。
 すぐに講演のスタートなので、舞台袖に移動した。
 スタッフのみなさんと一緒に講演を聴く。

 1時間20分ぐらいだっただろうか…笑って泣いて、あっという間に時間が経つ。
 これぞ、プロフェッショナルの仕事だ。
 講演は今回で4,027回目なのだそうだ(20年前から講演を行っているとのこと)。
 お客さんを1秒たりとも退屈させない。
 笑わせるだけでなく…心にしっかりと残る、光る言葉がたくさんあった。

 講演後、楽屋で洋七さんといろいろ話す。
 しばらくして、今度、洋七さんが初メガホンをとられた映画の主題歌を唄う、RYOEIさんが楽屋にやってきた。沖縄出身の注目のミュージシャンだ。好青年で好感がもてる。

RYOIEI OFFICIAL SITE

 また、しばらくすると…映画プロデューサーがやってきた。とても親しみやすい方だ。プロデューサーが語る「佐賀のがばいばあちゃん」の撮影時のエピソードが楽しい。

 洋七さんはとんぼ返りで佐賀に戻るそうだ。
 羽田に移動するということで見送ることにした。

 それにしても…洋七さんの講演は本当に面白い。
 機会があったら、みなさんにも聴いていただきたい。

島田洋七オフィシャルサイト
 
 昨夜のこと。
 拙ブログに時々コメントしていたいている(もちろん僕もブログに寄らせていただいている)ある方と銀座で飲み語らった(もつ鍋屋で食事した)。
 とても趣味の幅が広い、誠実なお人柄を感じられる方だった。
 楽しく過ごせたことに感謝したい(どうもありがとうございました。またよろしくお願いします)。

 残念ながら…風邪で来られなかった方がいらっしゃる。
 またの機会によろしくお願いします(お大事になさってください)。

 一昨日のこと。
 学生時代からの友人と食事&JAZZバーを楽しんだ。
 気を置けない友人と飲み語らうのは人生の楽しみだ。
 ありがたいと思う。

 人生一期一会…こういう機会を大切に大切にしたいと思う。

 それでは。

スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/01/31(土) 21:31:00|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

「たらふく」

 新宿区役所の近くに「たらふく」というふぐ料理屋がある。
 大阪が本店で、比較的手頃な値段でふぐ料理をいただける。

 昨日の午後、弟から電話が入った。
 夕方、一緒に食事をしようという電話だった。

 どの店にするか迷ったが、母や弟はあまりふぐを食べる機会が少ないだろうと思い、「たらふく」を予約した。

 さすが新宿…平日にもかかわらず、店内はとても活気があり、僕らが到着してからすぐに店はいっぱいになった。

 一番安いコースを頼む。それと、コースに入っていないふぐの唐揚げを追加する。

 最初に「てっさ」が出る。東京であれば、「ふぐ刺し」だろう。
 大阪を感じる。
 僕は出張時に北新地のお店(「たらふく」)で何回か食べたことがある。

 母も弟も、こういう店は初めて入ったと喜んでいる。
 母は「てっさ」をとても美味しいと言って口に運んでいる。

 唐揚げが出る。
 刻んだ大葉がどさっとのっている。新趣向だろうか。大阪でもこうだったか…記憶が定かではない。

 ふぐ料理は淡泊なものが多く、また、ポン酢でいただくものが多い。
 「焼き」や「唐揚げ」を入れると変化があって美味しくいただける。
 弟が「美味しい」と言う。とても気に入ったようだ。

 僕も瓶ビールをグラスについで、唐揚げとビールの相性のよさを味わう。

 次に「てっちり」が出る。そう、「ふぐ鍋」だ。
 店員さんが鍋に具材を入れる。薄めの出汁に、豆腐や骨がついたふぐの身を先に入れる。こうすると、ふぐの出汁も出やすいのだろう。それから野菜やふぐの身を入れてしばし待つ。

 ポン酢でいただくが、あっさりとしていて美味しい。ふぐも美味しいが、白菜の甘さがとても印象的だ。

 母も弟もゆっくり味わっている。
 「美味しいね」…この一言に幸せを感じる。

 鍋がきれいになってから…しめの雑炊だ。
 要は玉子雑炊なのだ。これもしばし待ち…熱々をいただく。
 
 とても上品な味付けだ。
 手元にはてっちりのポン酢がある。
 これを少し入れると味が締まる。
 雑炊をいただき、身体があたたまるのを感じる。

 母も弟もこういう店は初めてだったようだ。
 庶民的な店だが、「たらふく」は安心して食べられるよさがあると思う。

 少人数になってしまったが…家族一緒に食事をすることの大切さをあらためて感じた。

 父と家内の笑顔が懐かしい。

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

  1. 2009/01/29(木) 06:12:11|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

散歩してきました

 みなさん、こんにちは。

 今日は、とてもよい天気だったので、洗濯等の雑事をすませてから外に出かけました。
 コンタックスTVSⅡの試写も兼ねて出かけました。

 しばらく前になりますが、仏壇を購入しに蒲田に出かけました。
 親しみやすいアーケードや商店街が魅力的でした。
 蒲田は歩いたことがありません。
 今日は蒲田を散歩してきました。

 朝食をとっていなかったので…駅前でカツカレーをいただきます。
 これがボリュームがありました。
 最近は食欲が戻ってきているので大丈夫だと甘くみました。
 食べ進むうちに、満腹感といいますか…無理したようです(完食でした)。

 街を少し歩いた後でしたが…残念…この後、写真を撮ることが出来ませんでした。
 
 西口がにぎやかです。
 駅前の八百屋の安いこと…。
 地元との物価の違いに驚きます。
 モノが安いのがうらやましいです。

 東口はちょっとさびしいかな…。
 
 それでも、取りあえず12月以来の初散歩が出来ました。
 ここまでくるのに1ヶ月と3週間かかりました。
 今度はしっかり写真を撮られるようにしたいと思います。
 
 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/01/25(日) 17:11:34|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

久しぶりに好き勝手に書きます3

 近いうちに、一人旅をしようと思っている。
 
 家内と出会う前に…銚子を一人で旅した。
 銚子大橋が夕焼けでとてもきれいだった。
 空は雲一つない。
 河口から海鳥が飛んでくる。
 とても静かだ。

(以前にもアップした写真です)

銚子夕景1

銚子夕景2

銚子夕景3

 この時はとてもさびしかった。
 さびしかったけれど、静かな風景を見て自分の心と向き合った。

 以前も書いたが、ある日、急に浮島の夕景を撮りたくなった。
 いや、「撮れる」という気持ちがふっと浮かんできた。
 これも家内と出会う前のことだ。

 撮影後、飛び込みで民宿に泊まった(浮島は安房勝山の沖にあるが…この近くにはホテルや旅館がない)。女将さんから「お一人?」と怪訝そうに聞かれたことを思い出す。急に一人で民宿に泊まるヤツは珍しいだろう(写真は以前にもアップしたものです)。

浮島夕景

 僕はさびしさと対峙して自分を見つめ直したい。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/01/21(水) 22:32:55|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

病院に行ってきました

 昨日、病院に行ってきました。
 久しぶりです。

 何度も何度も行こうと思ったのですが…足を運べませんでした。
 ようやく病院に行く気持ち・気力が出てきたのだと思います。

 家内に約束していました。
 それは。看護師さん、助手さんにはお世話になったので、クリスピー・ドーナッツを持って行くということです。事務所近くのお店でバラエティ・セットを多めに買います。それと、家内ととても親しくしていただいた栄養管理士さんに気持ちだけですがお菓子を買いました。

 3階のナース・ステーションに行く途中…すれ違う看護師さん、みなさんが…驚いた顔で挨拶してくれます(長期間通っていたのでみなさん顔を覚えてくれたのでしょう)。そして、ナース・ステーションで看護師さん、助手のみなさんに挨拶しました。久しぶりです。最後は3週間以上泊まり込みました。通院したときも含めると、あっという間の一年間でした。

 入院費を精算します。どの病院でも同じなのでしょうか。受付の女性は無愛想です(ニコニコする必要はないですが、普通にしてくれればと思います)。受付の方は精算後「お大事に」と言っていました。身体の力が抜けます。どこに「お大事に」する人がいるのでしょう。

 精算途中、僕に声をかけてくれた方がいらっしゃいます。
 栄養管理士のMさんです。
 Mさんは、プライベートでお子さんと一緒に実家の店にいらっしゃってくれています。

 栄養管理室を訪れます。

 Mさんは、家内は患者だから毎日病室を訪れたのではなく、かけがえのない友だちだから訪れていたと話します。家内のやさしさ、ユーモア、機知を素晴らしいと話します。涙腺がゆるみそうになります。

 生前、家内はMさんの前では涙を流していたようです。僕に涙を見せると心配するから、涙は見せないと言っていたそうです…。心に曇りがある人はすぐに見抜いてしまう…弱い立場の人にはやさしく接していた…Mさんは家内のことを思い出しながら話します。

 次回は家内の写真を持ってくることを約束して栄養管理室を出ました。

 それと…家内にとてもよくしてくださった、看護助手のAさん。Aさんは家内が亡くなった数日後、定年で病院を辞められたそうです。Mさんに、Aさんにお礼をしたい旨を話したところ…病院宛に送付したら転送してくれるそうです(安心しました…)。

 家内は本当に素晴らしい人でした。
 そして、とてもやさしい人でした。
 意地悪な人には厳しく接しますが…悩んでいる人、苦しんでいる人に手をさしのべる…そんなやさしさがありました。

 病院を出ると我慢していた涙が流れてきます。
 バス停まで涙を流し続けました。
 
 取りあえず病院に行けた…こんな小さなことですが、僕なりに少し前進したように感じています。
 それでは。

 

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/01/20(火) 21:50:09|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

四十九日の法要

 みなさん、こんにちは。

 今日、家内の四十九日の法要が無事に終わりました。
 
 心にぽっかりと穴があいています。
 成仏して安らかに眠って欲しいです。

 本当に大変な一ヶ月半でした。
 これをお読みの方…人生の伴侶・相棒をなくすと、僕のようになります。
 とても一言で表現出来ない、本当につらい思いをします。
 そうならないよう、奥さん、ご主人の健康に気を遣ってください。
 定期的な検診(出来たら年2回受けたいところです)が重要だと思います(当たり前のことですが…ご自身の健康も大切です)。

 また、写真を撮りたいと思います。
 それと、みなさんのブログに寄らせていただきたいです。
 ただ、まだ気持ちに波があり…コントロールに苦慮しています。

 取りあえず、ご報告まで。

 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/01/18(日) 18:43:19|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

仏壇が届く

 今日、仏壇が届けられた。
 家内は西洋アンティークが大好きだったので、和風ではなく家具調の仏壇にした。

 午前11時に業者が到着した。
 ドアの前にユキマルが待機している。
 ドアが開く。ユキマルが業者の方を迎える。

 「可愛いですね」と業者の方が一言。
 「ラグドールという種類です。」
 「そうですよね。」…この方はラグドールをご存知なのだ。

 業者の方は仏壇店に入る前はペットショップで働いていたそうだ。
 ラグドールはなかなか入荷しなかったので、とても珍しいと話す。

 「写メを撮ってもいいですか?」
 「いいですよ。」
 ユキマルを明るいところに移す。
 携帯を向けられても、ユキマルは動じない。

 「目がブルーなんですね。」
 「そうです。こいつは大らかで人見知りしないんです。性格はラグドールらしくないかもしれません。」

 ユキマルはもてもてだった。
 
 仏壇について一通り教えてもらう。
 業者の方は最後までユキマルを見て「可愛い」と言っていた。
 ネコや犬がとても好きなのだろう。

 近々、四十九日の法要がある。
 もうそんなになるのだ…。

 家内の遺影に語りかける。
 本当に本当に大好きだった。
 もう会えない、話せないのかと思うと、涙があふれてくる。
 それでも、僕の人生を歩まなければならない。

 さっきまでTVを見ていた。
 ポン吉とユキマルに囲まれている。
 おまえら…大切な家族だからな…と、声に出して言う。

 家内はこの仏壇を気に入ってくれるだろうか。
 ロシアのアンティークの家具の上に仏壇がちょこっとのっている。

 「私を忘れないでね。」…生前、家内は言っていた。
 忘れるはずがない。
 僕はこの言葉をかみしめつつ…前を向いて歩かなければならない。
 
 頑張ろう。
 頑張って生きていこう。

 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/01/17(土) 21:21:39|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

盛り上がりました

 滋賀からの帰りの新幹線を降りると、従妹からメールが入っていた。
 どこで何を食べたいか…というメールだった。何も考えていないので、従妹がいる恵比寿で下車した(僕を元気づけようといろいろなところに引っ張り出してくれている)。

 金曜日の夜はどこも混んでいる。
 仕方がないので、駅近くの庶民的な焼鳥屋に入った。
 従妹のお気に入りの店なのだが…気取りがなく、浅草にいるような雰囲気のお店だ。

 地下に降りていく。お店は9割は入っている。
 店員さんに案内されて…席についたが、隣に見た顔の方がいらっしゃる。

 ビールを飲んで注文していたら…従妹が隣の2人連れと話し出した。
 絶妙のタイミングというか、自然と話し出したようだ。

 見たことがある方は島田洋七さんだった。
 もうお一人は洋七さんとコンビを組んだことがある国分健二さんだ。

 僕も話に加わり…今度、洋七さんが監督された映画「がばいばあちゃん」(今春公開予定)のことや、その他お笑いや映画のことで話が盛り上がった。

 普段は一般の方とはお店で話はしないらしい。
 プライベートなのだから声をかけないのが当たり前というかマナーだろう。
 ところが、自然と話をするような雰囲気になり…あっという間に2時間が経ってしまった。

 意気投合するというのはこういうことを言うのだろう。
 また、今度食事を一緒にしようと約束して、洋七さん、健坊さんは帰って行った。

 実際に話をすると、洋七さんはとても懐が深い方だということがわかった。
 洋七さんとは「寅さん」の話で盛り上がり、まるで浅草で飲んでいるような気分になった。
 健坊さんは浅草の演芸場に出ているとのこと。今度観に行こうと思う。

 おかげで、とても楽しい時間を過ごすことが出来た。
 こういう偶然も楽しい。

 それでは。

 

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/01/17(土) 09:34:42|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

久しぶりの出張

 昨夜、ホテルにチェックインした。
 一年、あるいはそれ以上になるだろうか…久しぶりの出張だ。
 家内の病気があったので、出張からははずしてもらっていた。

 多いときは出張は年間100日以上あった。
 2日に1日は泊まっていたような感じだ。

 特に出張が好きなわけではないが、自宅にいるよりも気分転換になるような気がする。

 これまた久しぶりに新幹線に乗った。
 隣の年配の男性が僕の肩にもたれかけて眠りだす。
 こんなことは前にはなかった…久しぶりだといろいろなことがある。

 ポン吉とユキマルは留守番だ。
 寝室と音楽部屋のドアを開けておいた。
 寒かったら布団にもぐりこんでおくれ。

 さあ、仕事を頑張ろう。
 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/01/15(木) 07:34:50|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

久しぶりに好き勝手に書きます2

 昨日の日曜日は、実家の母、弟と近所のデニーズで朝食をとった。
 メニューを見て…値段が安くなっていると思う。
 
 僕はだいたいいつも同じものを注文する。
 「コンビーフハッシュモーニング」(コンビーフハッシュドポテト、目玉焼きのセット)でパンはグリルドチーズサンドを選ぶ。ドリンクとセットで620円だ。

 母はベジタブル・モーニング、弟はハムエッグ朝食を注文した。1年ちょっと前まで…僕らの朝食はとてもにぎやかだった。父と家内が一緒だ。いつも5人でにぎやかに食事をとっていた。

 家内とロサンゼルスに旅行した際、デニーズで朝食をとった。正直なところ…日本のデニーズの方が明るく清潔で、丁寧に調理されている。

 昔(1980年代)はファミリー・レストランはちょっとしたごちそうだった。
 学生の頃、すかいらーくのランチの大きなチキンカツが好きだった。サークルのみんなと伊豆に旅行して…湯河原のすかいらーくでチキンカツを食べたことを思い出す。友人と用賀のアメリカ村(20年ちょっと前になるが、東名用賀インター近くにアメリカ調のファミリー・レストランがいくつかあった)で何度も徹夜した。酒を飲まないでコーヒーや食事だけで議論した。

 今は朝食以外ではファミリー・レストランに行く機会はほとんどなくなった。
 確かにファミリー・レストランはそれほど美味しくないのだが…家族一緒の食事は最高のごちそうだと思う。家族の笑顔を見たら、食べ慣れたハンバーグの味がぐっとよくなる。

 これをお読みの方で、家族一緒の食事なんて「当たり前」と思われている方…この「当たり前」こそ、とても大切なことだと僕は思う。短期間で、5人が3人になってしまった。

 さびしい。
 外で人に会っても、何をしていてもさびしい。
 このさびしさに打ち勝たなくては…。 

 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/01/12(月) 07:49:45|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

5時に夢中!

 前にも書いたことがあるが、大好きな番組の一つに東京MXテレビの「5時に夢中!」がある。
 12月はとても気持ちが沈んでいたが…録画していた「5時に夢中!」を見ていると気持ちが軽くなった。

 MCの柴田光太郎さんの大ファンなのだ。いつも一生懸命で人柄を感じる。もちろん、アシスタントの上田さんや各曜日のコメンテーター、黒船ボーイズの面々も楽しい。

 ところが…柴田さんは12月いっぱいで番組を卒業してしまった。これがとてもさびしい。新MCは逸見太郎さん(逸見政孝さんのご子息)だが、これから番組に慣れるところだ。

 柴田さんのHPの掲示板に書き込んだところ、拙ブログに寄ってくださったとのこと(ありがとうございます)。

 今、かなりメジャーになってきたが、マツコ・デラックスはこの番組のコメンテーターで注目されたと思う。水曜日のコメンテーターはマツコ・デラックスと中村うさぎなのだが…このコンビがデンジャラスというかスリリングで面白い。だいたい、午後5時台でこれだけきわどい下ネタを連発する番組は他にないだろう。先日の水曜日は、逸見MCは2人を相手にタジタジだった。

 岩井志麻子と中瀬ゆかりの木曜日コンビもすごい。他番組ではありえない、フリーなトークを繰り広げる。

 基本的に上品とは言いにくい番組なのだが…出演者の人柄を感じられるところが最大の魅力だ。
 柴田さんのMCが見られなくなって、本当にさびしい。

 それでは。

 

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/01/10(土) 23:00:15|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

銀座を歩く

 夕方、事務所を出てから銀座を歩いた。
 メガネが合わなくなっているので、行きつけのメガネ店まで歩く。

 7年前…銀座の某画廊で家内と出会った。
 出会った時のことを思い出しながら歩く。
 
 ご存知の方は多いだろう。
 「ライオン」は有名チェーン店だが、銀座7丁目店は少し趣が違う。
 天井が高くて店内がクラシックな雰囲気なのだ。
 画廊で家内と出会って一緒に絵を見た後に、「ライオン」(銀座7丁目店)でビールを飲んだ。
 家内が焼きそばをとても美味しそうに食べていたことを昨日のように思い出す。

 出会った日(平成13年12月1日)は、愛子様が誕生した日だった。
 ライオンの店内で、愛子様ご誕生のアナウンスがあった。
 すると、店内で大きな拍手がわきおこった。

 愛子様ご誕生はもちろん素晴らしいことだが…不遜を承知で書くが…僕らの出会いを祝福している拍手にも感じた。家内はこの時、僕と結婚すると直感的に思ったらしい。

 突然、天使が地上に降りてきて…スーッといなくなったような気がする。

 銀座を歩くと涙があふれてくる。
 走る必要がないのに…僕の姿を見つけると全力で走ってくる…そんな家内の姿を思い出してしまう。

 僕は生きなければならない。
 家内の分までしっかり生きなければならない。

 前を向いて歩こう。
 しっかり、ゆっくり歩いていこう。

 それでは。

  

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/01/08(木) 02:32:07|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

初仕事

 今日は事務所で初仕事だった。
 
 初日から焦っても仕方がないが、仕事の遅れを実感する。
 少しずつじっくり取り組んでいこう。

 僕は、家族揃って笑顔で正月を迎えられることが「幸せ」だと思う。
 1年健康に過ごすことが出来た。その喜びを家族と味わう…これ以上の「幸せ」はあるだろうか。

 昼は大勢で「過門香」という中華料理店に入る。
 重慶式麻婆豆腐セットを注文したが…かなり強烈に辛い。辛いものは苦手ではないので、普段だったら完食間違いないのだが…今日は半分程度残してしまった。いや、逆に半分食べられたと思った。何事もポジティブにとらえる方がよい。

 さあ、僕の新しい生活がスタートした。
 頑張ろう。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/01/05(月) 22:08:13|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

久しぶりに好き勝手に書きます

 正月のTVはお笑い番組ばかり見ている。
 昔、コメディアンに憧れていた時期があり、お笑いが大好きなのだ。

 家内もお笑い好きだった。
 まだ結婚する前は、「ガキの使い」等で面白い番組があると、メールで連絡していた。

 家内は僕のどうしようもない冗談にも付き合ってくれた。

 お笑いが好きな女性は魅力的だ。
 気取りがなくて自然体な方が多いと思う。

 お笑い番組を見て笑っていると気持ちが軽くなるのを感じる。

 小田和正の歌が流れる保険会社のCM…素晴らしいと思うが、すぐにチャンネルをかえてしまう。こういう歌は今聴きたくない。

 東京FMのサイトで、「江頭2:50のpppするぞ!」というインターネット放送がある。
 
江頭2:50のpppするぞ!

 これが面白い。
 とても上品とは言えないが…江頭2:50は間違いなく笑える。
 笑いのパワーはかなりのものだ。
 興味がある方は一度ご覧になることをおすすめする(下品な番組が嫌いな方にはおすすめしない)。

 以前も書いた記憶があるが…「空飛ぶモンティ・パイソン」は最高だった。
 BBC制作だが、この番組を超えるものはまだないと思う。
 
 「サタデー・ナイト・ライブ」も面白い。
 今、リアルタイムで見ることが出来るのだろうか…。

 先日、日本テレビの特番があった。
 初日がさんま、2日目がタモリで…3日目がビートたけしがメインの番組だった。
 ビートたけしの番組は、家内と一緒に病室で途中まで見た。
 「お笑いウルトラクイズ」や「元気が出るテレビ」を思い出した。

 笑うことは健康につながる。
 映画「パッチアダムス」はご覧になっただろうか。
 医療現場に「笑い」を取り入れた医師の物語だった。
 
 ついさっきまで、実家で「ドリームマッチ」を見ていた。
 これは久しぶりに面白かった。
 ご覧になった方は多いと思うが、芸人がいつもと違う相手とコンビになって漫才やコントをやる。意外性や即興性が楽しい。それにしても…ホリケンの自由奔放な動きやしゃべりは天才的だと思う。コンビを組んだ宮迫の戸惑いもおかしい。優勝は別のコンビ(番組ではカップルと呼んでいる)だったが、ホリケン、宮迫コンビが一番面白かった。

 映画はもちろん、本も読みたいし音楽も聴きたい。
 でも、今はお笑い番組を見ているのが一番気持ちが軽くなる。

 笑うことで気持ちが変化するのだろうか…。
 
 少しずつ心のリハビリをすすめて立ち直りたいと思う。
 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/01/04(日) 00:35:41|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

ポン吉・ユキマルとTV鑑賞

 大晦日の夜は、お笑い番組を見ていた。
 僕は床に転がり、ポン吉もすぐそばで横になっている。
 
 ポン吉をなでながらTVを見ていたら…ユキマルがいないことに気づく。
 ユキマルは2階の音楽部屋のシートが大のお気に入りなのだ。

 「ユキマル!」と大声で呼ぶ。
 すると、階段をトコトコと下りてくる。
 ユキマルは座卓の上にのって、横になる。

 「おまえ、テレビが見えない」と文句を言いつつ、ユキマルをなでてやる。

 座卓の下にポン吉、上にユキマルがごろりと寝転がっている。
 そのすぐわきに僕がごろりと横になる。
 なんてだらしない1人と2匹だろうか…。

 ユキマルは僕の顔を覗き込む。
 ポン吉は身体を上にして恍惚の表情を見せる(ガス温風ヒーターの前なのだ)。

 ポン吉、ユキマル…ありがとうな。
 君らに癒してもらっている。

(また、今度、ポン吉とユキマルの写真をアップします)

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

  1. 2009/01/02(金) 10:54:09|
  2. ペット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

上を向いて歩こう

 この歌が好きです。



 上を向いて歩こう
 涙がこぼれないように
 思い出す春の日 一人ぼっちの夜

 上を向いて歩こう
 にじんだ星をかぞえて
 思い出す夏の日 一人ぼっちの夜

 幸せは 雲の上に
 幸せは 空の上に

 上を向いて歩こう
 涙がこぼれないように
 泣きながら歩く 一人ぼっちの夜

 思い出す秋の日 一人ぼっちの夜

 悲しみは 星のかげに
 悲しみは 月のかげに

 上を向いて歩こう
 涙がこぼれないように
 泣きながら歩く 一人ぼっちの夜

 一人ぼっちの夜
 一人ぼっちの夜


テーマ:邦楽 - ジャンル:音楽

  1. 2009/01/01(木) 07:05:23|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

新年になりました

 年が明けました(喪中のため、新年の挨拶は控えさせていただきます)。

 何とか気持ちを切り替えて、前向きにいろいろなことに取り組みたいと思います。
 もう少し時間がかかると思いますが、僕がこの世の中に存在している意義はここにあると思っています。

 以前から、何か一つまとまったものを書きたいと思っていました。
 頭の中で構想をまとめるばかりでしたが…是非、実行したいです。

 写真も楽しみながら撮っていきたいです。
 面白いもの、その他何かを感じられるものがありましたら気軽にシャッターを切りたいです。

 昨年(特に後半)はなかなかみなさんのブログに寄ることが出来ませんでした。
 楽しみにしているのですが、気持ちに余裕がありませんでした。
 今年は、気持ちに余裕をもちたいです。

 心のリハビリを焦らず、少しずつ動きたいと思います。

 みなさん…本年もよろしくお願いします。
 

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/01/01(木) 01:01:44|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

NOBU

Author:NOBU
【徒然なるままDIARY】にようこそ!

 映画、音楽、カメラ、写真、美術、小説、旅行、グルメ等…好奇心が旺盛です(これだけが取り柄です)。

 相互リンク大歓迎です。よろしくお願いします。
 
 気軽にご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。