【徒然なるままDIARY】

映画、音楽、写真(カメラ)、ネコ、旅行、絵画、オーディオ等…作者「NOBU」の興味があることを書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

明日も晴れ

 午前6時に病院を出る。
 東の空がうっすらと明るい。
 透明感のある紺青の空が美しい。

 ラジオでニュースを聞く。
 慎重に運転するが、交通量が少ないので気持ちがよい。

 日の出の時刻になると、建物がシルエットになって東の空が輝き出す。

 
 夕食は病院近くのスーパーから弁当類を買ってくることが多い。
 今日は、いつものスーパーではなく少しだけ離れたスーパーに出かけた。

 三日月だろうか。西空低く月がとてもきれいだ。
 その上に宵の明星、金星が光り輝いている。
 となりの明るい星も惑星だろうか…。

 月や星を見ながら、暗くて細い道を歩く。
 左前方に点滅する光がある。
 クリスマスの飾り付けをしている家がある。
 平和な光景だ。
 静かで幸せなクリスマスを迎えられたらと…思う。

 今日は夕日がとてもきれいだった。
 明日も晴れるだろう。

 いつか、気持ちもきっと晴れると思う。
 さあ…明日も頑張ろう。

スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2008/11/30(日) 18:39:32|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

素晴らしい天気

 ついさっき、病院に着いた。

 今朝、病院から自宅に戻る途中のこと。
 交差点の前でDレンジから3,2速に落とした。ところが、信号が青にかわったので、またDレンジに戻そうとしたところ、誤ってニュートラルに入れてしまった。それほどスピードは出ていなかったが、またDレンジに入れたら少しショックがあった。
 インパネのギア(ミッション)の警告灯がつき、ATが3速にホールドされた。

 またドック入りかと落ち込んだ(クルマは病院の行き来に使う)。
 ディーラーに電話したところ、次回始動時に警告灯がついていなければOK、ついていれば持ってきてくれと言われた。

 再始動したところ、警告灯はつかなかった。
 よかった…。

 病室から外を見ると、とてもよい天気だ。
 東京は土、日曜日は天気がよいそうだ。

 お出かけになる方…晩秋のよい一日を楽しんでください。
 僕は昨日に引き続いて、マッサージをしっかりとやります。
 頑張って、退院・治癒を目指します。
 
 こんなよい天気に出かけられたらな…と、思うけれど、これはまだまだ先のこと。
 頑張っていこう。

 それでは。

(コメントしていただき、またブログに寄っていただき、ありがとうございます。みなさんのブログに寄ってコメントさせていただきたいのですが、落ち着いてからの楽しみにしたいと思います。)

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2008/11/29(土) 10:57:48|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

院内孤立無援

 病院の担当医は、フコイダンで改善をみているときは場が悪そうにしていたが…その後、例の事件があって病状が悪化してからは違った。

 ある日、洗面所近くで担当医に会ったら、ニコニコして話しかけてきた。

 「最近の病状を知っていますか。腫瘍は小さくなっていますが腫瘍マーカーがアップしています。水ぶくれだった腫瘍が固まって小さくなってきたのだと思います。癌細胞は増えていますね。」

 僕は「それではどうすればいいですか。」と聞く。

 「手だてはありません。抑えようがありません。」とニコニコ笑いながら話した。
 ほら、言ったとおりだろう…そんな風に感じられた。

 看護師さんや助手さんはとてもよくしてくれる。栄養管理士さんも同様だ。
 ただ、家内の病状が悪化したら…みんな別れの挨拶に来るのだ(他フロアで働いている方等)。
 僕にはこれがやりきれない。

 病院長は「頑張りなさい」と声をかけてくれるが、所在なさそうだ。
 顔に可哀想という文字が書いてある。

 前にも書いたが、僕らは決して治ることをあきらめていない。
 いや、従来からかわらずに治癒することを目標としている。
 そのために実行していることもある。

 病院のみなさんは「普通の対応」なのだと思う。
 しかし、僕には担当医だけはどうしても許せない。
 何一つ励みになる言葉をかけず、「手だてがない」「抑えきれない」とニコニコ笑いながら話す。これが医師の言うことだろうか。入院時に緩和ケアしかやらないと言っていたが、緩和ケアどころか、担当医は家内の身体に負担がかかる処置しか行っていない。

 主治医は別にいるのだが…さすがに、もうやることはないと考えているのだろうか。
 病室にも滅多に顔を出さなくなった。
 
 院内では孤立無援だが…応援してくれる方はたくさんいる。
 家族のみんな、家内や僕の友人(特にKさん…ありがとうございます。)…本当にありがたい。

 もちろん、このブログを読まれて励ましてくださる方には感謝している。
 とても励みになっている。
 ありがたいと思う(>みなさん ありがとうございます。)。

 まだ、寝るまで時間がある。
 しっかりマッサージしてゆっくり眠れるようにしよう。

 それでは。

 

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2008/11/27(木) 17:18:25|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

ポン吉・ユキマルの留守番

 一昨日、自宅に帰ったときのこと。
 クルマから降りた時、視線を感じた。

 上を見上げると…2階の窓からポン吉がこちらを見ている(ちょっと怖い…)。
 「ポン吉!」と言って手を振ると、ヤツはじっとこちらを見る。
 玄関方面に動くと、ポン吉の視線も動く。

 ポン吉はちょっと怒っているようだ。

 ドアを開けると、ユキマルとポン吉がいる。
 ポン吉は2階から急いで降りてきたのだろう。

 2階の一室に入って驚く。
 掃除用にトイレット・ペーパーを置いていたが…奴らがトイレット・ペーパーをちぎって部屋が紙だらけになっていた。遊んでいたな…。

 ポン吉もユキマルも、短い時間だが思いっきりかわいがってやる。
 ユキマルは抱き上げられると足で抵抗するが「グルグル」となく。
 しかし、昨日は抱き上げると僕の顔をぺろぺろとなめた。
 ユキマルは「あっ」と思い出したような表情になり、いつものように僕の目を見ないかたい表情に戻った(しまったと思っているのだろう…)。

 カリカリ(えさ)を大盛りにし、水も器にいっぱい入れて出かける。

 ポン吉、ユキマル…悪いけれど、もう少し辛抱してくれ。
 
 僕らは闘病のチームだ。
 頑張っていこう。

(写真は以前にもアップしたものです。1枚目がポン吉、2枚目がユキマルです)

(留守番)ポン吉

(留守番)ユキマル

 

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

  1. 2008/11/24(月) 14:57:11|
  2. ペット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

白血球の増加

 家内は10日ちょっと前からアラビノキシランを摂っている。
 含有量が3グラムのものを一日に3回飲んでいる(一日だとアラビノキシランの摂取量が9グラムになる)。

 昨年、病気だとわかってからアラビノキシランは摂っていた。しかし、このときは抗癌剤治療等を行っていなかった。一説によると、抗癌剤等でガン細胞にキズがついて免疫細胞が攻撃しやすくなるそうだ。この時は免疫力が活性化されても癌細胞を攻撃出来なかったのかもしれない。

 今回は状況が違う。少量抗癌剤を点滴している。

 3日前の夜、吐血があった。
 家内は真っ赤な血を吐いたが…僕はあまり驚かなかった。
 昨年、アラビノキシランを摂りはじめた後、同様の症状が出た。
 家内は体質上、きつめの好転反応が出るようだ。

 昨日、血液検査があった。
 白血球が増加しているとのこと。
 医師はそれが不思議だったのだろう…体内に炎症があるかどうか気にしていたらしい(胃潰瘍が原因になっている可能性もあるが医師は違うと思ったのだろうか。目を丹念に調べて黄疸が出ていないかチェックしていたとのこと。もちろん、黄疸はない)。

 ご存知の方がいらっしゃると思うが…アラビノキシランには白血球を増殖させる効果がある。アラビノキシランがレスポンスしてきたのだと思う。

 さあ、足をマッサージしよう。
 まだまだよくなる可能性は十分にある。

テーマ: - ジャンル:心と身体

  1. 2008/11/22(土) 13:28:15|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

病院からです

 家内は、なかなか眠れなかったのだが…一昨日から眠れるようになった。
 病気と闘うためには体力をつけなければならない。
 睡眠をとれるのはありがたい。

 僕は早めに爆睡している(一週間前から病院に泊まっている)。
 朝5時に起床してからマッサージ等でほぼ全力疾走している。
 午後8時を過ぎると、ガクンとパワーダウンする。

 もう一週間前になるだろうか。
 京セラサービスから連絡があった。
 コンタックスTVSⅡの修理完了の報せだった。
 やはりレンズが曇っていたそうだ。もやっとした描写は個性でも何でもなく単なるレンズの曇りだったのだ…。クリーニングで対応出来るとのことで修理を依頼した。
 松本さんのコメントがとても参考になった(>松本さん ありがとうございます)。

 CPLは結局飲めなかった。
 味がよくない上、一日に20グラム摂る必要がある。
 家内の体調では、これは無理だった。
 身体に負担にならないサプリメントを摂ることにした。
 
 本来であれば、今の時間はマッサージしているのだが…昨夜、担当医が処方した下剤を飲んだところ、おなかのガスが動いて夜中に痛くなった。今朝もガスが動いておなかが痛かったようだ。少しガスが出たので楽になったようだが…マッサージは中断して、睡眠をとっている。

 朝、いったん自宅に戻るが…今日はすごいことになっていた。
 ユキマルのおしりがう○こでとても汚かった(食事中の方失礼…)。
 早速、風呂場でユキマル(の下半身)をシャワーで洗った。
 タオルで拭いてやると「グルグル」ないていたので、嬉しかったのだろう。

 まだまだ重篤な状況にかわりはない。
 しかし、前を向いて2人で協力して全力で病気と闘おうと思う。

 それでは。

(>みなさん 応援、激励のコメントありがとうございます。みなさんのブログになかなか寄ることが出来ませんが、落ち着いたら寄らせていただきたいと思います。楽しみにしています。)

 

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2008/11/15(土) 11:41:55|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

頑張ります

 みなさん、こんにちは。

 昨日、2人部屋から個室に移りました(安めの個室がありました)。

 まだ、危ない状況です。
 今日は病院に泊まろうと思います。

 頑張ります。

 それでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2008/11/09(日) 11:44:36|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

命の大切さ

 まだ、新しいサプリメントの効果は出ていないように感じる。
 摂り始めて4日目だ。辛抱辛抱…。

 病状は少し落ち着いてきたが、安心は出来ない。
 2週間前の、過度のストレスがすごかったことをあらためて感じている。

 病院の部長より説明を受けた。
 認知症のおばあさんが緊急入院し部屋がなかったので仕方がなかった、仕方がない処置だったことを了解して欲しいと話す。全身状態が悪化しているので(隣に入院患者を入れることは出来ないので)個室に移ってくれと言われた。月額で30万円近く負担が増える計算になる。病院の事情もあるだろうが、あの一件で病状が悪化した上、なおかつ経済的な負担も負えというのは承諾しかねる。どういう事情があっても、病状が悪化した事実と我々が受けたショックは大きいこと、及びこれ以上の支出は出来ないと答えた。

 病状が落ち着いてきたからだろうか…昨日より、あらたに隣に入院患者が入った。
 病院の経済的な損失はこれで回避出来るだろう。

 時間があれば、家内の足をマッサージしている。
 むくみをとって楽になってもらいたい。血流がよくなれば、サプリメントの効果も上がるだろう。

 病院で食べる夕食(の弁当)を買うため、近くのスーパーに出かける。いつものスーパーの弁当や食べ物は飽きてしまった。ちょっと離れたスーパーに足を運ぶ。

 休日の夕食準備だろうか。
 みんな楽しそうに買い物をしている。
 そんな姿を見ていたら、涙があふれてきた。

 消灯近くまでマッサージを続ける。
 何とか早くよくなってもらいたい。
 命の大切さを思う。
 そう、僕にとって特別に大切な命だ…。

 今日も命をつむぐことが出来た。
 また、明日頑張ろう。

 それでは。  

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2008/11/03(月) 22:30:49|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

プロフィール

NOBU

Author:NOBU
【徒然なるままDIARY】にようこそ!

 映画、音楽、カメラ、写真、美術、小説、旅行、グルメ等…好奇心が旺盛です(これだけが取り柄です)。

 相互リンク大歓迎です。よろしくお願いします。
 
 気軽にご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。