【徒然なるままDIARY】

映画、音楽、写真(カメラ)、ネコ、旅行、絵画、オーディオ等…作者「NOBU」の興味があることを書きます。

フランクフルトの朝市

 以前、フランクフルトの朝市の写真をアップしました。その後、ドイツ出張時に撮った写真のネガをフィルム・スキャナで取りこみました。

 興味深い朝市の写真がいくつかあります。
 アップするのをためいましたが…食文化の違いを認識出来ると思います。あちらではウサギの肉をこうして売っています。日本の食材、感覚の違いを感じます。

 移動パン屋では、窯でしっかりドイツパンを焼いています。
 リンゴは日本のように、見栄えがよくないですが、実質本意という感じが伝わってきます。

(コンタックスT2)

フランクフルトの朝市①


フランクフルトの朝市②


フランクフルトの朝市③


フランクフルトの朝市④


フランクフルトの朝市⑤


フランクフルトの朝市⑥

テーマ:ドイツ旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2007/09/30(日) 10:33:46|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ポン吉写真館

 ポン吉は人間の歳だと28歳ぐらいになった。

 ユキマルがやってきて、少し大人になったけれど、まだこどもなのだ。ビビリで怖がりだけれど、ユキマルに対してはお兄さん顔している。

 普段のポン吉はこんなやつです(すべて携帯電話のカメラで撮ったものです)。

ポン吉①


ポン吉②


ポン吉③


ポン吉④


ポン吉⑤


ポン吉⑥


ポン吉⑦


ポン吉⑧


ポン吉⑨


ポン吉⑩


ポン吉⑪


ポン吉⑫


ポン吉⑬


ポン吉⑭

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

  1. 2007/09/28(金) 22:27:21|
  2. ペット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ホテルから眺める空

 ロサンゼルス出張の時は、アーバイン近くのホテルに宿泊する。

 窓の外を眺めると、隣は味気ないビルだし、何もない。

 それでも、時間があると外を眺めてしまう。

 ロサンゼルスの空の大きさと空の色が好きなのだ。

(ニコン・クールピクス5000)

ホテルから眺める①


ホテルから眺める②

テーマ:空の写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/09/26(水) 22:08:29|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

国境の街・ティファナ

 ロサンゼルス出張の休日に、メキシコのティファナを訪れた。
 
 ロサンゼルス郊外(オレンジ・カウンティ)からクルマで2時間ぐらいだっただろうか。サンディエゴを過ぎるといつの間にか着いてしまった…そんな感じなのだ。

 ティファナは、国境に接している街だが、メキシコらしさは街を歩くと感じられた(メキシコの他の街に行ったことがないので、映画等で知った「らしさ」であるが)。
 観光地なので、お土産屋が多い。また、薬が安くて、ドラッグ・ストアが多い。何でも、アメリカからまとめて薬を買いに来るのだそうだ。

(ニコン・クールピクス5000)

ティファナ①


ティファナ②


ティファナ③


ティファナ④


ティファナ⑤


ティファナ⑥


ティファナ⑦


ティファナ⑧


ティファナ⑨


ティファナ⑩


 ご覧になっていただき、ありがとうございます。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2007/09/25(火) 22:45:56|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

見つかった

 ヴェネツィアは運河と迷路の街だ。

 かくれんぼをするのにちょうどいい。

 せっかく隠れていたのに見つかってしまった。

(コンタックスT2)

見つかってしまった

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/09/22(土) 10:39:18|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

青いサカナ

 沖縄の名も知らない(ガイドも何も見ていなかった)ビーチにたどり着いた。海を見たかった。

 ビーチを歩いていくと、ガラス・ボートがある。
 ちょうど乗船時刻だったので、飛び乗った。

 真っ青な海にサカナが泳いでいる。
 どこを向いても真っ青なので方向感覚がわからない。

 サカナがグルグル踊っているように見えた。

(コンタックスT2)

青いサカナ

テーマ:「コンパクトカメラ通信」 - ジャンル:写真

  1. 2007/09/22(土) 10:30:54|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

窓の中の空

 地元の商店街を歩く。クルマでは見えないものが目に入る。

 新しい建物が出来た…と、思った。
 いやいや、ずいぶん前からあったような気もする。

 窓の中に木がある。
 窓の中に空がある。

(ニコンF2AS、Aiズーム・ニッコール25-50F4)

窓と空


テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/09/22(土) 10:16:59|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

飛んで飛んで

 尾道で撮った一枚。

 古いスキャナで取りこんだので、少し画像が悪い。

 それでも、この写真を見ると気持ちがスーッとする。

 くだらないことを忘れて、このカモメのように、どこかに飛んでいけたらいいなと思う。

(コンタックスT2)

青空とカモメ

テーマ:「コンパクトカメラ通信」 - ジャンル:写真

  1. 2007/09/21(金) 20:42:01|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

懐かしのサンタモニカ

 初めてロサンゼルスに行ったときの感動・衝撃は忘れられない。
 アメリカのスケールの大きさ、明るい日差しに感激した。

 PCのフォルダに、懐かしい写真が保管されている。

 サンタモニカの写真を少々アップします(古いスキャナで取りこんだ画像なので、画質が悪いです。この点、ご容赦ください)。

(ライカ・ミニ3)

サンタモニカ・ピアのガムボール・マシン



サンタモニカ・ピア


サンタモニカのビーチ


回転木馬


サンタモニカ・ピアの入り口


ビーチのパーム・ツリー

テーマ:アメリカ - ジャンル:旅行

  1. 2007/09/20(木) 22:43:04|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

ユキマル伝説~第一章~

 昨日、テレビで「HERO'S」なる格闘技をやっていた。

 ユキマルは、テレビ前のテーブルの上で横たわっていた。「HERO'S」の試合が始まると、ユキマルは二本足で立ち上がった。

 そして…テレビを見ながら、両前足を前後に振り出す。そう、ボクシングのような格好をするのだ。

 腹を抱えて大笑いしてしまった。ユキマルはげらげら笑う僕を振り返り、怪訝そうな表情を見せる。そして、またテレビに向かって、ジャブやストレートを繰り出す。

 こんなことがあるのだろうか。
 ネコが二本足で立って、ボクシングの格好をしているのだ。

 あまりのことに驚き笑うだけだった。
 写真を撮っておくべきだった…。

 今度は、必撮である。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

  1. 2007/09/18(火) 22:20:36|
  2. ペット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すし~仕入の話~

 業界誌を読むと面白い。
 書店の隅の方に分厚い、飲食関係の本があると思う。

 すしロボットの広告に「潤滑油に植物油を使用。万が一身体に入っても大丈夫」とあった。う~ん…こいつは嫌だと思ってしまった。潤滑油が漏れない構造にするのが第一だろう。

 なるほど…ホシザキという大手の厨房設備メーカーがあるのか…「ミオラ」という米飯用の酵素(ご飯がふっくら炊きあがるのだとか)があるのだ、等々。

 飲食業界の原価率は興味深い。すし屋は、40%強~50%程度なのだそうだ。おすしは高いと思われる方が多いと思うが、原価率が高いため、売値が高くなってしまう。
 すし屋(業界)では、昔から「ばいづけ」という言葉がある。買ってきたものを倍の値段で売るという意味だ。お得感のあるお店だと、50%を超えることも珍しくない。東京の話になるが、梅ヶ丘に美登里寿司という人気店がある。ここは、穴子の一本握りで有名になったのだが、原価率は50%を超えるそうだ(業界誌情報)。
 ちなみに、ラーメン店の原価率は20%前後だと言われている。ラーメン店が「当たる」とすぐにビルがたつ。原価率が低いので、当たれば儲けが大きいのだ。

 それでは、すし屋の仕入で何が高いのか…。客からすると、逆に何を食べれば得なのか。それは「マグロ」だ。マグロがもっと安ければ…すし屋の主人、経営者はみんなそう思っているのではないか。

 東京近郊の街のすし屋であれば、キロ8,000円から10,000(以上)はするマグロを仕入れているだろう。銀座の高級店ともなるとキロ25,000円~30,000円はくだらないと思う。

 すし屋が仕入れるマグロは「さく」ではなく、ブロックだ。そのままでは使えない。血合いやスジを取り除く(つまり、キロ当たりの値段はさらにアップする)。
 ブロックとなると、赤身、中トロ、大トロ等…すべて含めての値段である。需要と供給のバランスを考慮すると大トロが高くなるということがわかると思う。

 仮に高級店で扱うキロ30,000円のマグロを考えてみる。歩留まりが90%とすると、キロ当たり33,000円程度となり、100グラムだと3,300円となる(スーパーの牛肉と比較するといかに高いかわかると思う)。一貫のネタは、すしの大きさにもよるが15グラム~20グラムだ。計算しやすいことから、仮に一貫当たりマグロを20グラム使用するとしよう。3,300×20/100=660円である。意外に安いと思われるだろうか?いやいや、これはブロックの値段がベースになっていることを思い出していただきたい。赤身、中トロ、大トロ。ひっくるめて平均の値段だ。

 銀座の高級店では、大トロは一貫2,000円~3,000円だろう。平均をとって2,500円とすると…50%の原価率だと、原価は1,250円だと考えられる。ブロックの平均660円…こうは考えにくい。赤身の部位と比較して、大トロは量が少ない。どう考えても3倍以上の値段をつけないとおかしい。

 660×3=1,980円…少なくとも大トロ一貫に原価はこれだけかかっていると思う(実際はもっとだろう)。

 そう、実は銀座の高級店で一貫2,000円、3,000円の大トロは「バーゲン価格」なのだ。恐ろしい…。すし屋から言わせると、仕入値だけを考えたら、一貫6,000円、7,000円で提供したいに違いない。しかし、これでは食べ物として成立する値段ではない。だから、「ここまでなら許せる」という、2,000円~3,000円としているのだと思う。

 高級店でなくても、キロ10,000円のマグロとなると、一貫当たりの平均の原価(単価)は220円となる。赤身、中トロ、大トロをひっくるめた金額である。利益が薄いことはおわかりになると思う。

 すし屋で元をとろうと思ったら、マグロをひたすら注文すればよい。しかし、よほどのマグロ好き以外はこんな食べ方をしたって美味しくないだろう。

 すし屋の経営は大変なのだ。もちろん、回転寿司やチェーンのすし屋は別である。ここは一括大量仕入が出来るので、原価率は普通のすし屋と違う。

 と、長くなってしまったが、以上、すし屋の仕入の話。

テーマ:お寿司 - ジャンル:グルメ

  1. 2007/09/18(火) 22:11:56|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

佐原の街~補足~

 佐原は運河沿いを歩くと楽しい。

 運河沿いはこんな感じだ。

(コンタックスTVSⅡ)

佐原の街⑬


佐原の街⑭

テーマ:レトロを巡る旅 - ジャンル:旅行

  1. 2007/09/17(月) 22:49:44|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

佐原の街

 最近は、雑誌やTVで佐原が紹介されることが多いようだ。

 NHKのTV番組で佐原が紹介されたのを見て、6月に佐原を訪れた。

 明治時代に建てられた倉庫、昔ながらの製法を守る白みりんが有名な造り酒屋、定期的に水が流れ出す橋…どれも、佐原らしい心地よいものだった。

(コンタックスTVSⅡ)

佐原の街①


佐原の街②


佐原の街③


佐原の街④


佐原の街⑤


佐原の街⑥


佐原の街⑦


佐原の街⑧


佐原の街⑨


佐原の街⑩


佐原の街⑪


佐原の街⑫

 ご覧になっていただき、ありがとうございます。

テーマ:レトロを巡る旅 - ジャンル:旅行

  1. 2007/09/15(土) 19:13:50|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

出張から帰ると…。

 掛川の出張から帰って、一休みしていた。
 しかし、うちの阿呆2巨頭が横でガサガサとうるさい(すべてニコン・クールピクス5000で撮影)。

眠りから覚めるユキマル

 巨体を揺らしユキマルが起きる。ボケッとした顔をしているが、まだ子猫なのだ。

眠りから覚めたら…。

 ポン吉兄さんが、あふれんばかりの愛情でユキマルをなめ始める。

執拗になめるポン吉①


執拗になめるポン吉②


恍惚の表情を浮かべるユキマル


満足げなポン吉と恍惚のユキマル

 そして静かになった。恍惚の表情を浮かべるユキマル。その奥で満足げなひとみを輝かせるポン吉。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

  1. 2007/09/14(金) 23:19:00|
  2. ペット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

大衆的な味が好み

 高級フランス料理よりも、大衆食堂の定食を好む。
 料亭よりも、市場の食堂を好む。
 高級ワインよりも、ビールや焼酎を好む。

 最近は昔ほどではないが、それでも仕事で会食することは多い。
 出張となると、ほぼ100%…海外出張だと連夜の会食だ。
 料理人の技が冴えた料理に感激はする。しかし、いつか食べた港町(清水)の定食屋の、アジフライ定食の感動の方が心に残る。安い値段なのに…小骨をすべてとり、食べやすいように工夫してある。生臭みは皆無。食べていたら涙が出てきた。

 地方を歩いて大衆的なお店があると写真に撮ってしまう。
 この写真は、小田原の街をぶらぶら歩いている時に撮った。残念ながら時間がなくて入れなかったが、店のたたずまいに魅力を感じてしまう。

(コンタックスRTSⅡ、ディスタゴン28ミリF2.8)

小田原で見かけた食堂

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2007/09/09(日) 21:59:33|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

ツタに覆われた温泉

 ツタに覆われた建物…これをすぐに特定出来る方はすごいと思う。

 甲子園ではない。窓に写っているものがヒントになる。
 
 九輪の先が見えるだろうか。

 答は浅草観音温泉だ。

 ツタに覆われて「地肌」が見えない。

(ニコンF3HP、Aiズーム・ニッコール25-50F4)

ツタに覆われた温泉

テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

  1. 2007/09/08(土) 01:31:53|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ドイツの街で

 旅行、出張のともにコンタックスT2を持って行くようになってからどれぐらい経つだろうか。7~8年ぐらいにはなると思う。

 京セラ製なので、Made in Japan なのだが、レンズはカール・ツァイスの設計だ。T2にはゾナー38ミリF2.8というレンズがついている。何度か書いているが、これは相当、優れもののレンズだと思う。シャープさはそこそこなのだが、立体感というのか空気感がよく感じられるのだ。

 ドイツ出張時にも、コンタックスT2を持って行った(写真はすべてコンタックスT2で撮りましたが、フィルム・スキャンではなく、プリントをスキャンしています)。

デュッセルドルフ市内

 デュッセルドルフではニッコー・ホテルに宿泊することが多い。デュッセルドルフは日本企業が多く進出している。その中でも、ニッコー・ホテル周辺は、日本関係の店や領事館があって便利なのだ。この写真は会社にお伺いしする途中で、パチリと撮った。

旧市街へ向かう

 デュッセルドルフの旧市街に向かう途中、次第に店が増えてくる。

美味しそうな薫製

 店先の薫製が見事だったので、パチリと撮る。

旧市街の路地

 デュッセルドルフの旧市街の裏道だ。表通りはにぎやかだが、少し裏に入ると静かになる。

ライン川の夕べ

 旧市街を抜けるとライン川に出る。ここの夕日がとても美しい。

フランクフルトの路面電車

 フランクフルトでは路面電車が堂々と活躍している。合理的な交通手段として、ドイツでは路面電車が見直されているようだ。

フランクフルトのオブジェ①


フランクフルトのオブジェ②

 フランクフルトの街中で見かけた2つのオブジェ。イタリアのものと違って、僕にはどこか「カチッ」としているように感じられる。

グリルしたチキン


これが人参

 フランクフルトの朝のマーケットで見かけたグリルしたチキンを売る店と、店先の鮮やかな人参。どちらも美味しそうだ…と、写真を撮ってしまう。

レーマー広場

 旧市庁舎があるレーマー広場。本来ならば像を真正面から撮るべきところだろうが、僕にはこの角度がベストと感じられた。

 少々アップする予定だったのに長くなってしまいました。
 ご覧になっていただき、ありがとうございます。

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/09/06(木) 22:44:10|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

旅先で見かけた犬とネコ

 ネコと同居するようになってから、彼らがどういう生き物かよくわかった。

 まず、相当に頭がいい。ネコを馬鹿にしてはいけない。推理もするし、観察もするし、学習もする。喜怒哀楽だってはっきりしている。ネコの表情はとても豊かなのだ。

 旅先で犬やネコを見かけると、カメラを向けてしまう。

九分の犬

 台湾の九分で見かけた犬だ。堂々とした眠りっぷりが見事。

(ニコン・クールピクス5000)

ムラノ島のネコ①


ムラノ島のネコ②

 一枚目のネコは、以前にアップした写真にも写っていたと思う。ヴェネツィアのムラノ島を歩くとネコをよく見かける。二枚目のネコはガラス工房近くで見かけた。

(コンタックスT2)

レストランがすみか

 このネコはヴェネツィアのリアルト橋の近くのレストランで見かけた。暑いせいだろう。のんびりと昼寝をしている。

(コンタックスT2)

コロッセオのネコ

 ローマのコロッセオの脇で見かけた女の子とネコ。のんびり昼寝(ネコに昼寝はつきものだろう)をするネコを女の子が可愛がっている。カメラを向けるとこちらを向いてニコッと笑った。

(コンタックスT2)

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2007/09/02(日) 11:28:34|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

龍山寺の神様

 台北市内の龍山寺は、有名な観光スポットだ。
 ご存知の方がいらっしゃると思うが、台湾の寺は日本の寺と違ってとてもカラフル。

 写真は本堂の屋根の飾りだ。
 カラフルな神様をとくとご覧あれ。

(ニコン・クールピクス5000)

龍山寺の神様

テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2007/09/01(土) 20:32:05|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

九分の鬼のお面

 九分の街を歩く。

 観光客向けのお店が多いが…おおっ、と驚くお面。
 鬼のお面のようだ。

 お面は誰かに似ているような気がする。
 吸血鬼のお面はあのお笑い芸人に似ていると思うが…。

(ニコン・クールピクス5000)

九分の鬼のお面

テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2007/09/01(土) 16:03:18|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

プロフィール

NOBU

Author:NOBU
【徒然なるままDIARY】にようこそ!

 映画、音楽、カメラ、写真、美術、小説、旅行、グルメ等…好奇心が旺盛です(これだけが取り柄です)。

 相互リンク大歓迎です。よろしくお願いします。
 
 気軽にご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する