【徒然なるままDIARY】

映画、音楽、写真(カメラ)、ネコ、旅行、絵画、オーディオ等…作者「NOBU」の興味があることを書きます。

金曜日でも好き勝手に書きます

 銀座のヤマハホールで「時をかける少女」を観た。もちろん、原田知世が主演だ。

 「転校生」を観て、日本にもこんなに繊細な映画を撮る映画監督がいるのだ…と、驚きショックを受けた。その次回作が「時をかける少女」だった。ご覧になった方はご存知だと思うが、楽しくて仕方がないエンドクレジットでニコニコ顔になってホールを出た。

 原田知世はいつまでも十代のイメージがあったが、なんとアラフィフなのだ。うーむ、と唸ってしまう。
 
 徹夜で大林宣彦監督の「僕のアメリカンムービー」を読んで、明るい空を眺めた。
 僕は学生だった。小津作品、黒澤作品を観ていたが、大林作品がそれに加わった。もちろん、ハリウッド映画も観ていた。

 大林さんが敬愛する福永武彦さんの小説も読んだ。
 
 つらい、嫌なことがあると大林監督の作品を観た。「青春デンデケデケデケ」「北京的西瓜」は、あまり知られていない作品だと思うが、観ると勇気をもらえる。「北京的西瓜」のエンドクレジットは、今観ても涙が溢れてくる。「青春デンデケデケデケ」のロケ地、観音寺を何度歩いただろう。カメラを持っていたなかった時は「写ルンです」を持って街を歩いた。主人公の家があった。レンガ塀で囲まれた素敵な家だ。そして、二回目に歩いた時はレンガ塀の住居がある一画が取り壊されていた。今は映画でしか観ることができない。

 「異人たちとの夏」の今半別館での両親との別れのシーンで何度涙を流しただろう。「なごり雪」のラストで僕は嗚咽した。号泣した。映画館で観たがそれが恥ずかしくなかった。

 「転校生」をご覧になった手塚治虫さんは大林監督に「こういうい映画は人生で一本撮ればいいですね」とおっしゃったそうだ。これはどういう意味だろうか、と、その時は思った。、「転校生」こそ、僕は大林監督の最高傑作だと思っている。手塚治虫さんが言いたかった事は、ここかと思うが今でもわからない。ちなみに、「転校生」は最近流行りの「入れ替わり」の元祖的映画と言えるかもしれない。大ヒットしたアニメーション映画「君の名は」は新海監督によると「転校生」のオマージュでもあるそうだ。

 男女が入れ替わって…戸惑いつつ、性差があるからこそ相手を思いやる気持ちが芽生える。そう、「転校生」は淡い初恋を描くとともに、少年と少女が成長する姿を描いている。僕はテレビ放映版を観てショックを受けた。テレビ放映版は若干カットされ、音楽が再編集されている。「転校生」の映画版は明治大学和泉校舎の映研の上映会で観た。本来は35ミリ版なのだが、ここでは16ミリフィルムでの上映だった。それでも嬉しかった。カタカタという映写機のわきで映画を観て…そしてラストシーンが映し出される。僕は映画が終わってからしばらく立つことが出来なかった。涙はない。心で泣いていたのだろうか。

 黑澤監督は晩年、大林監督、北野監督と交流があった。
 黑澤監督は「さびしんぼう」を大いに気に入り、黒澤組スタッフ全員に「さびしんぼう」を観るように指示したそうだ。「さびしんぼう」をご存知の方は、この繊細な大林作品と豪快な黒澤作品とが結びつかないように思われるだろう。しかし、「赤ひげ」の二木てるみの演技・役どころには「さびしんぼう」と通じるものがあると思う。

 黑澤監督は大林監督に、これからの日本映画を頼むとおっしゃったそうだ。
 映画は世界を平和にする力がある。あと40年映画が頑張れば世界は平和になる…これが黑澤さんの遺言だった。

 大林監督の最新作「花筐」は今秋公開される。最後の作品とのこと。
 いや、是非是非是非、体調を回復されて、次の作品を撮っていただきたい。
 最終となるかは未定、と勝手に言いたくなる。

 僕が1番好きな映画監督・映画作家は大林宣彦監督だ。
 これは変わらない。絶対に。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2017/06/16(金) 22:38:33|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土曜日でも好き勝手に書きます

 仕事がない時と比べたら、現状は恵まれていると思う。それでも、ストレスフルな日々を送っている。
 みなさんのブログにお伺い出来ず申し訳ないと思う。また、Facebookやmixiもアクセスする余裕がない。

 前任者が内部監査をやっていた時は、社内に内部監査室があるということを知らない人が多かったと思う。前任者は上場企業の役員をやったとても優秀な方で、監査は初めてだったがテキスト等で勉強して頑張っていた。しかし、いかんせん、監査は経験がものを言う。全社レベルで改善を図るには十分とは言えない状況だった(その方は手抜き一切なし、非常に真面目に取り組んでいいらっしゃった)。

 内部監査室長とは言え、たった1人だし、これでグループ全体を見ている。今日は支店や子会社等のフォルダ内資料を確認していた。「内部監査」のフォルダを作成しているところはごく一部で、内部監査資料が見当たらないところがほとんどだ。ぐっと気持ちが落ち込んで、マイナスのモチベーションが暴れだす。しかし、僕が内部監査を担当して日が浅いこともあり、また、実際に内部監査の内容もまだまだだったと反省する。支店等で保管する価値がないもの…それが事実だと思う。ここでくさっていたら、プロフェッショナルとして失格た。

 常勤監査役(税理士資格をもっている)と、よく打ち合わせをする。僕がやっていることを全社内で認めてくれている数少ない方だ。どうやったら、社内の管理レベルがアップするか、業務が改善されるか…内部監査の結果等を交えながら意見を交換する。

 毎朝、スタバで30分~1時間ぐらい、一息つくようにしている。音楽を聴いたり、動画や映画を見て過ごす。好みにもよると思うが、スタバのコーヒーは雑味がなく、後味がとてもいい。前職の赤坂の会社の時は、エクセルシオールに毎朝入っていたが、後味がスッキリしない。スタバでは「ドリップコーヒーのショートをマグカップで下さい」という注文しかしないので、見慣れた方は僕が注文する前にマグカップを持っている。スタバを出る時に、内心「グッド・ジョブ」と独り言ち、これで一日が終了………しない。僕には貴重な時間であり、ストレスを多少でも緩和するのに役立っている。スタバを利用される方は、レシートを持っているとその日のうちならお代わりが108円で飲める事をご存知だろう。僕は朝コーヒー、昼はお代わりコーヒーですませている。つまり、朝と昼に食事をしない。体調を崩した時は70キロを切るまでに体重が落ちたが、今はここで書けないほど体重が増えてしまった。毎年の健康診断で「肥満要治療」「脂質代謝異常」という結果から、もうだめだと観念し…メガダイエットを数週間前から始めた。またの名をユニバーサル・ダイエットとも言う。もはや宇宙レベルのダイエットなのだ。

 こんなメディカル・レベルの肥満体にも関わらず、女性社員の中には僕に関心を持ってくださる方がいらっしゃる。正直に書くと、僕は女性とお付き合いするというより、日々何とか暮らしているというレベルで過ごしている。疲れ果てて帰ってくる弟…足が悪く、高齢にも関わらず、毎日店に出る母親…この2人が健康を保って過ごしてもらう事が何より大切だ。僕は、家内が亡くなった時は、やれることは全てやりきった。その後、僕は心身のバランスを崩した。精神的な弱さから2度も入院した。そんな時に、支えになってくれたのは家族と友人だった。中でも弟には頭が上がらない。僕が毎晩、弟の夕食を作るのは罪滅ぼしにもならない、申し訳ないという気持ちが大きい。

 僕は、こうやって日々過ごしているうちに人生を終えるような気がする。
 人より10年、天国(地獄?)が近い。せめて、難病で苦しまないでポックリと逝けたらと思う。家内はもちろん、ポン吉やユキマルも思い出そう。楽しい日々をありがとう。

 そうは言いつつ、全社レベルで管理等アップして……社会貢献が出来たらと思う。毎月、都合がよい時は弟、母と一泊二日で温泉に行っている。今は、三浦マホロバマインズというリゾートホテルがお気に入りだ(今週も行ってきた)。

 僕が亡くなる時は、たぶん、ネットかDVDで映画を観ているだろう。自分が気づくか気づかないうちに、そのまま眠って起きない。
 弟には迷惑をかけたくないので、区役所に相談して簡単に火葬等を済ませてもらう。バタバタした中途半端な人生を終えるにはちょうどいいと思う。

 などと考えつつ、また来週からも頑張ろう。
 長々と失礼しました。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2017/06/10(土) 21:28:40|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

週末でも好き勝手に書きます

 叔父の遺産をめぐるトラブルに進展がありました。
 メイン口座がわかり、10年間分の取引履歴を請求中です。
 現在の残高は、2,150円です。何も考えずにつかっていたのでしょう。

 調べれば簡単に、法定相続人は叔母だけでなく、僕と弟だとわかります。
 遺産を相続するためには遺産分割協議書が必要です。相続ではなく、その前にすべて預金を引き出したのでしょう。
 分割協議をするとなると、遺産をすべて手にする事は出来ません。
 それで、ほとんど引き出したのでしょう。叔母も従兄弟も高級マンションに住んでいます。

 従兄弟は「あまり残っていない」などと言っていましたが、残っていないどころか何もない状況です。
 
 とにかく、叔母と従兄弟に一泡吹かせたいです。
 叔父の事を我々から切り離して、死亡したことまで知らせない…こんな嫌らしいやり方が気に食わないです。
 まあ、陳腐な世の中にはよくある小さなイザコザです。しかし、汚いやり方は許しません。
 
 明日、取引履歴が手に入ります。
 入出金記録をまとめて、近々、弁護士と相談します。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2017/05/20(土) 23:12:04|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

GWでも好き勝手に書きます

 1週間の出張後の日曜日は疲労感に包まれて、一日横になっていた。体質が変わってきていることもあるが、それだけ仕事がストレスフルなのだと思う。僕が勤めている会社(グループ)は、300数十人という小ささだが、内部監査は僕1人でやっている。支店は2日間、子会社、本社各部署は3日間の予定で内部監査を行う。もちろん、準備はその倍以上かけている。

 内部監査室はグループ内で一番嫌われている部署だろう。僕自身も嫌われていると思う(仕事柄仕方がない)。好かれようと思わないし、嫌われる方が仕事の内容からは正しい。

 先日、叔父の相続関係で金融機関を回ってきた。どの銀行に口座があり、残高や履歴がどうなっているかを調べるのが目的だ。弁護士に依頼すると、弁護士照会という手続きで2ヶ月はかかる。僕が手続きをすれば、ゆうちょ銀行を除いてその場で調べが出来る。これはもう事務的というか淡々とすすめるしかない。叔母と従兄弟に対していい気持ちはしないが、これで煩わされるのも嫌だ。早く解決させたい。

 映画「トイレのピエタ」を観る。手塚治虫さん原案だが…原案をベースにして、手塚さんが意図したものとは別の素晴らしい作品が出来たと思う(手塚さんの意図はもっと苦しくて激しいものだと思う)。静かで透明感のある映像、魅力的なキャラクタ等、映画の世界観に魅了された。

 映画館でなかなか映画を観る機会はないが、DVDやネット配信では貪るように映画を観ている。ジャンル、製作国を問わず、興味を惹かれる作品を時間があれば観ている(iphoneでも観ている)。映画は僕の「ナノ・ワールド」を少しでも広げてくれるような気がする。かたくなりがちな頭がガツンとたたかれて、軌道修正が出来る。

 カメラの新製品のニュースや記事に目がいく。ソニーα9の仕様等を見ると、もうこれ以上何が要るのだろう…と思ってしまう。ソニーはミラーレス機、Eレンズに注力しているが、Aレンズも重要と考えていると正式なアナウンスがなされた。ちょっと安心する。ソニーのミラーレス一眼は買う予定はないし、個人的に魅力を感じない(デザインが好みではない)。今は、α900、α100を中心にして、また写真をどんどん撮ろうと思っている。また、フィルム・カメラもそろそろ手にしていい頃だと感じている。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2017/05/04(木) 20:54:27|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

日曜日でも好き勝手に書きます

 明日、叔父がお世話になっていた介護施設を訪問する。

 最初、介護施設に連絡したところ担当者は身元引受人(叔母)以外は受け付けないと話していた。かなり感情的だった。死亡すると、個人情報保護法の対象外となり、社会福祉法人は遺族・相続人の情報開示請求に応える義務がある。労働省ガイドラインでも示されているが、本人の介護情報開示請求権が相続されたと考えるとわかりやすいかもしれない。仕方がないので、本部や東京都に連絡し、厚生省ガイドラインに従ってもらうように依頼した。ようやく、入居していた状況を聞くことが出来る。

 これを初めて読まれた方は、何故このような事になっているか、不思議に思われるだろう。
 父方の叔父が昨年の10月に亡くなった。それを知ったのは、母と弟が墓参りに行った時だった。墓誌が外されていたので、管理事務所で理由を聞いたところ、叔父が亡くなったため墓誌を一時的にはずしているという話だった。叔母と従兄弟は、叔父が亡くなったことをうちに知らせなかった。以前、弟が叔母に叔父の介護施設について聞いたところ「構わないで」と言われたそうだ。叔父には配偶者、子供がいない。相続人は叔母と僕、弟になる。叔母と従兄弟が遺産を独り占めにしたかったのだろう。遺産はともかく、彼らが叔父が亡くなった事を知らせなかった事に腹が立った。

 父は叔父が肺病にかかった際、多額の治療費をすべて負担した。また、父が東京に出てくる際、実家等をすべて叔父、叔母に譲った。生前、叔父は父に感謝していた。父は自分の利益を考えない人だったので、特別な事をしたと思っていなかっただろう。弟によると、叔母は父をよく思っていなかったらしい(父が前妻の子だからかもしれない)。

 親族間のトラブルであり、実にお恥ずかしい。また、世の中によくある話だと思う。

 東京は桜が開花した。もうすぐ満開になる。お世話になっている霊園は今月下旬が桜の見頃だ。

 父と家内…そして、叔父と一緒に花見をしようと思う。もちろん、母と弟も一緒だ。にぎやかな花見になりそうだ。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2017/04/02(日) 22:49:29|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

NOBU

Author:NOBU
【徒然なるままDIARY】にようこそ!

 映画、音楽、カメラ、写真、美術、小説、旅行、グルメ等…好奇心が旺盛です(これだけが取り柄です)。

 相互リンク大歓迎です。よろしくお願いします。
 
 気軽にご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する