【徒然なるままDIARY】

映画、音楽、写真(カメラ)、ネコ、旅行、絵画、オーディオ等…作者「NOBU」の興味があることを書きます。

身体のこと

 数年前、二度貧血で入院した。
 貧血ぐらいでと思われるかもしれないが、血液が一般の4分の1ぐらいの薄さ(ヘモグロビンが減少した)になった。こうなると、まともに5メートル歩くことができない。最初入院した時は、医師から命の危険があるとも言われた。

 二度目に入院したときはビックリした。
 病院で朝起きると、枕のまわりが毛だらけだ。毛をかき集めてベッドの下に落とす。清掃される方に説明してきれいに髪を拾い集めていただいた。その次の日も毛が抜けた。おそるおそる鏡を見ると、ロード・オブ・ザ・リングのゴラムのような生き物がいた。

 退院後、髪の毛は生えてきた。身体が反応したのだろう。
 さすがに、これには懲りてアルコールは付き合い以外では一切口にしなくなる。

 今は明らかに以前より免疫力が低下している。出張等で疲れるとストレスがたまって発熱する。
 音楽や映画とうまく付き合って、ストレスを減らすように努めている。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2018/07/07(土) 22:50:26|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日曜日でも好き勝手に書きます

 Cocosというファミリー・レストランをご存知だろうか。
 店にもよるが、朝食ビュッフェが食べられる(平日実施している店、土日祝日に実施する店、未実施の店があるので興味がある方はサイトで確認してください)。

 今朝、Cocosで朝食ビュッフェをいただいた。
 洋食中心のメニューだが、週替り(?)で一品違う料理が出る。以前、冷凍肉団子を薄味でとろみをつけた、ご飯のおかずにはなりにくい料理が出た。コスト優先はわかるが、せめて味付けぐらいきちんとしてもらいたい。ということで、今日の謎メニューは、なんと、「肉じゃがの肉抜き」が出た。味付けはそこそこ。しかし、いくらコストをかけないにしても、肉じゃがの肉抜きは普通考えないだろう。もし、肉抜きにするぐらいだったら、普通に煮物にするほうがいい。

 肉じゃがから肉を抜いてどれだけコストを低減できるのだろう?
 不思議だ。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2018/07/01(日) 21:38:54|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

事務的にやると決めたこと

 亡くなった叔父の預金や投資信託のデータを整理・分析している。
 叔母や従兄弟がやっていたことに、いちいち腹を立てていても仕方がないし、バカバカしい。
 調停準備のため、相続財産の使い込みの分析は事務的にやっていくことに決めた。
 調停も事務的に対応する。こんなことで気持ちを乱したくない。

 先週、弟と一泊で温泉に行ってきた。
 兄弟で温泉に行くのは珍しいかもしれない。
 立ち仕事で疲れからだろう。あるいは日本酒が入っているからかもしれない。
 夕食を食べている途中で寝てしまう。頭をテーブルにぶつけて「痛っ」と言って起きる。

 弟はテレビ東京で放映している温泉番組を毎日録画して楽しんでいる。
 

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2018/06/24(日) 20:31:45|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

土曜日でも好き勝手に書きます

 みなさんは辛い料理はお好きだろか。
 僕は、年齢を重ねるつれて辛いものが大丈夫になってきた。

 先日、郡山に出張した際、ランチでCoCo壱番屋に入った。
 10辛のビーフカツカレーを注文する。一緒にランチをとるOさんは3辛とのこと。これでも十分に辛いらしい。

 10辛ビーフカツカレー登場。一口……甘い。仕方がないのでテーブルにおいてあるスパイスをさらにかける。
 これでようやく落ち着く辛さになる。感覚的には15辛ぐらいでもいけそうな気がする。

 弟が面白いことを言っていた。「お兄ちゃんにはみらいがないんだよ」
 ダブルミーニングだとおわかりになるだろうか。

 地元の本格インドカレー店に入ると激辛を頼む。中辛ではないかと思い、ここでもスパイスを多量にかける。
 
 先日、中華街のお店の麻婆豆腐に苦戦した。カプサイシン系の辛さは慣れているが、本格的な花山椒がたっぷりかかっている。舌がしびれるだけでなく執拗に舌面を刺激する。何とかクリア。

 LEEの30倍カレーは中辛だと思う。数字の桁を上げてほしい。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2018/06/09(土) 19:52:25|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日曜日でも好き勝手に書きます

 多少、落ち着いて叔父の相続関係を進めることにした。
 先日、新たに入手した預金・証券の資料を持って弁護士と打ち合わせてきた。

 通常、身内が亡くなると金融機関等に死亡した事実を届けでて、預金等は相続手続以外で出金が出来なくなる。

 毎月、叔父の預金口座には証券会社から少なくない投資信託等の配当がある。
 叔父が亡くなったあとも、毎月引き出しがなされていた。僕が銀行に取引明細をもらいにいった後も、1ヶ月は配当入金が引き出されていた(1ヶ月後に停止処理がなされたようだ。この銀行は手続きが遅い)。弁護士は預金取引を見て「これは悪質だ」と一言。「彼ららはNさんを怒っているでしょうね」と続けておっしゃる。僕が叔父の死亡を知らせなければ、今でも毎月お金を引き出せたのだからそうかもしれない。でも、僕が叔母や従兄弟の立場だったら不気味に感じるかもしれない(彼らは僕が相続関係で調べているのは知っている)。

 彼らの行為をどうこういうつもりはない。裁判所の相続財産の調停ですべて明らかにしたい。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2018/06/03(日) 11:53:40|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

NOBU

Author:NOBU
【徒然なるままDIARY】にようこそ!

 映画、音楽、カメラ、写真、美術、小説、旅行、グルメ等…好奇心が旺盛です(これだけが取り柄です)。

 相互リンク大歓迎です。よろしくお願いします。
 
 気軽にご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する